[ 二次戦 ] 搭南 VS 京都文教

[ 二次戦 ] 搭南 VS 京都文教

2016年5月1日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都文教

1 高橋
6 菅井
8 寺本
3 菊地
7 内藤
2 田坂
5 高木
9 渡邊
4 木村

塔南

8 平塚
4 谷口
9 長村
1 築山
3 島野修
7 中川
2 中澤
5 波多野
6 深田

観戦記

秋の鳥羽戦以来の観戦になる搭南ですが、随分とスタメンを入れ替えてきました。
エースナンバーもそれ以来、雑誌などでも有名になってきている築山投手に替わりました。

京都文教戦はそのエース築山投手が先発。

搭南先発のエース築山投手
搭南先発のエース築山投手

1回表の京都文教の攻撃を三振一つを含む、三者凡退と完璧な立ち上がりを見せます。

対する京都文教はエース高橋投手が先発。

京都文教エース高橋投手
京都文教エース高橋投手

こちらも四球のランナーを許しますが、変化球のコントロールも良く、無失点と上々の立ち上がり。

2回裏の搭南は、先頭の島野選手がセカンド後方へのポテンヒットで出塁すると、犠打などで2死2塁となり、8番波多野選手がレフト前にヒットを放ち2死13塁とチャンスを広げます。

島野選手が三塁へ進塁
島野選手が三塁へ進塁

しかしここは深田選手がサードゴロに倒れ、搭南先制のチャンスは無得点に終わります。

序盤2回はランナーを出せなかった京都文教ですが、3回先頭の7番高木選手がライト前にヒットで出塁しますが、後続続かず無得点に終わります。

その直後の3回裏の搭南。
1死から谷口選手が敵失で出塁すると、3番長村選手がライト前ヒットで繋ぎ、4番築山選手の当たりはセンターオーバーかと思いましたが、文教の寺本選手のファインプレーでセンターフライ。
結局この回も搭南は得点をあげることができません。

築山選手のいい当たりはセンターフライに
築山選手のいい当たりはセンターフライに

序盤、攻撃でいいシーンが作れなかった京都文教は4回表。
先頭の2番菅井選手が死球で出塁すると、続く寺本選手の捕手ゴロで進塁します。
さらに続く菊地選手の打席でボークが宣告され、1死3塁。
この後、菊地選手も四球で1死13塁とチャンスを広げ、続く内藤選手のショートへの緩い当たりが内野安打となり、文教が1点を先制します。

菅井選手が還り文教1点先制
菅井選手が還り文教1点先制
先制タイムリーヒットの文教高木選手
先制タイムリーヒットの文教高木選手

1点を追う搭南は直後の4回裏。
2死走者無しから、8番波多野選手が四球で出塁、続く深田選手がレフト前ヒットで繋ぐと、1番平塚選手がライトオーバーの二塁打で一気に逆転に成功します。

平塚選手のライトオーバーの二塁打
平塚選手のライトオーバーの二塁打
深田選手が還り搭南逆転!
深田選手が還り搭南逆転!
逆転二塁打の平塚選手
逆転二塁打の平塚選手

京都文教も続く5回表、先頭の9番木村選手が四球で出塁すると、1死後、菅井選手がサード前への犠打がセーフティバントとなり1死12塁と同点のチャンスを作りますが、ここは築山投手が後続を断ち、文教は無得点に終わります。

ピンチを切り抜けベンチに帰る搭南バッテリー
ピンチを切り抜けベンチに帰る搭南バッテリー

6回裏の搭南は1死後、7番中澤選手が敵失で出塁すると、2死後、深田選手は打撃妨害を取られ出塁、平塚選手のサードゴロがエラーとなり2死満塁と追加点のチャンスを作りますが、続く谷口選手がレフトフライに終わり、無得点に終わります。

搭南チャンスで谷口選手がレフトフライに倒れ無得点
搭南チャンスで谷口選手がレフトフライに倒れ無得点

一方の京都文教打線、グラウンド整備後、6回から8回までランナーを出せずに、完全に搭南築山投手に抑えられてしまいます。

8回裏の搭南、1死後、8番波多野選手がサードへの内野安打で出塁すると、続く深田選手が送り、先制タイムリーを放った1番平塚選手を迎えます。

ここで平塚選手がセンター前へ弾き返し貴重な追加点を奪い3-1と搭南のリードは2点に広がります。

平塚選手、この日3打点目のタイムリーヒット
平塚選手、この日3打点目のタイムリーヒット
搭南3点目のホームイン
搭南3点目のホームイン

意地を見せたい京都文教ですが、9回数表も三人で攻撃を終え、3-1で搭南が勝ちベスト8入り。
夏の大会でのシード権を獲得しました。

最後まで逆転を信じ、元気に声を出す文教ベンチ
最後まで逆転を信じ、元気に声を出す文教ベンチ

中盤やや京都文教打線に、飲まれかけた築山投手ですが、中盤以降はパーフェクトピッチング。
終わってみれば被安打4、奪三振9、与四死球3の内容で1失点、完投勝利を挙げました。

築山投手を初めて見たのは1年の秋。
京都国際戦でしたが、あの時はキャッチャーで、チームの主軸を打つ強打者でした。

あれから2年たったこの試合、エースとして、そしてプロも注目し始めた投手になっていたとは、高校生というのは分からないものです。

この試合、優勝候補の一角にある搭南ですが、打線が完全に抑えられてしまいました。
次戦は、同じく公立ですが好投手・河邊を擁する宮津戦。

搭南にはもう一人、プロも注目する好投手・西原とWエース体制。
1点を争う好ゲームが予想されますが、このチーム。
奥本監督も期するものがあると思います。
これからの戦いにも大いに期待しています。

一方敗れた京都文教。
以前、福岡投手のいた平安戦を観戦した以来でしたが、この試合搭南相手にも互角の戦いを見せてくれました。

中盤にもう1点挙げていれば、この試合どちらに転んだか分からないほどの展開でした。

高橋投手は、相手の築山投手ほどのストレートを持っているわけではありませんが、目測130台前半のストレートをより早く感じさせる変化球のキレ、コースもよく搭南打線を被安打7としっかりと抑えました。

夏に向けて台風の目になれるだけの力のあるチームであることがよく分かりました。
打線は、この築山投手クラスになると、やはり終盤以降手も足も出ない状況になりましたが、夏の前に真剣勝負で対戦できたことは大きな糧になると思います。

攻略方法は簡単ではないと思いますが、夏に文教旋風が見れることを期待させてくれる内容だったと思います。

試合終了後の整列
試合終了後の整列
Advertisement

スコア

京都文教
000 100 000=1
000 200 01x=3
塔南

京 高橋ー田坂
塔 築山ー中澤

京H4 E3
塔H7 E0

個人成績

打撃成績

京都文教

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
高橋 左飛 空振三振 見逃三振 一ゴロ
菅井 見逃三振 死球 三安打 空振三振
寺本 二飛 捕ゴロ 空振三振 遊ゴロ
菊池 二ゴロ 四球 右飛 空振三振
内藤 投ゴロ 遊安打(1) 遊飛 二ゴロ
田坂 三ゴロ 投ゴロ 二ゴロ 見逃三振
高木 右前安打 右前安打 三飛 遊ゴロ
渡邊 投ゴロ
(二盗)
中飛 空振三振
木村 遊飛 四球 見逃三振

搭南

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
平塚 二ゴロ 中飛 右越二塁打(2) 三ゴロ失 中前安打(1)
谷口 四球 一ゴロ失
(三盗)
一ゴロ 左飛 遊ゴロ
長村 左飛 右前安打 空振三振 死球
築山 空振三振 中飛 右飛 右飛
島野修 二安打 空振三振
藤林 三ゴロ 二ゴロ
中川 投前犠打 空振三振 見逃三振
島野陽 中飛
尾崎
中澤 中飛 二直 三ゴロ失 三ゴロ
波多野 左前安打 四球 中飛 三安打
深田 三ゴロ 左前安打 打撃妨害 投前犠打

投手成績

京都文教

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
高橋 8 7 3 5 3 3

搭南

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
築山 9 4 3 9 1 1