鳥羽 VS 塔南

鳥羽 VS 塔南

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

2015年9月21日、秋季京都大会2次戦二回戦

太陽が丘球場

塔南

8 尾崎
6 深田
9 島野
3 藤林
7 築山
1 西原
5 木野村
2 明河
4 谷口

鳥羽

6 上原
4 奥村
8 伊那
7 松下
9 徳澤
1 杉沢
3 吉岡
2 大友
5 上山

観戦記

鳥羽先発のエース杉沢投手
鳥羽先発のエース杉沢投手

新チームの公式戦は先日の京都学園戦に続き2試合目となる、今夏甲子園で2勝をあげた「レジェンド」鳥羽。
先発はエースの杉沢投手です。

夏の経験者が多く残った同じ公立の強豪塔南との対戦は、初回塔南がノーアウトのランナーをヒットで出すも併殺打で無得点に終わります。

塔南の先発西原投手
塔南の先発エース西原投手

西原投手は丁度1年前の秋季大会。
京都国際戦以来の観戦です。

1年たって西原投手、ストレートも力強くなりました。
今シーズンの京都を代表する右腕の一人だと思います。

1回裏の鳥羽、エラーのランナーを2塁へ進めますが、後続断たれ無得点に終わります。

2回裏、鳥羽はこの回先頭の5番徳澤選手のセンターへの当たりは平凡なセンターフライかと思いましたが、太陽が直接目に入ったか、完全に打球を見失い2塁打にしてしまいます。

鳥羽はさらに1死3塁とチャンスを広げ7番吉岡選手を迎え、痛烈なライナーを放ちますが、サードのほぼ正面となり、飛び出したサードランナーも戻れず併殺打となり先制のチャンスを逃します。

序盤3回は両チームともチャンスは掴むものの、あと一本が出ず無得点で終わります。

4回表の塔南は無死走者無しから、5番築山選手がレフト線に痛烈な2塁打を放つと、続く西原選手の当たりは、鳥羽も太陽か、打球を見失いレフトオーバーの2塁打となり1点を先制します。

塔南1点先制
塔南1点先制

塔南は続く5回表も、この回先頭の8番明河選手が四球で出塁。
鳥羽のまずい守備も重なり1死23塁となったところで2番深田選手の当たりはライトへの犠牲フライとなり、貴重な追加点をあげ2-0とリードします。

塔南深田選手の犠牲フライ
塔南深田選手の犠牲フライ
塔南2点目のシーン
塔南2点目のシーン

前半5回は塔南エースの西原投手が、今夏甲子園に出場した鳥羽を相手に2奪三振、被安打2、無失点と上々の内容で抑え、塔南ペースでゲームが進みます。

鳥羽はグラウンド整備が明けた6回裏。
先頭の8番大友選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打とヒットで1死13塁とし2番奥村選手のセンターへの犠牲フライでまずは1点を返し、塔南2-1鳥羽とします。

ホームに還る鳥羽大友選手(背番号13)
ホームに還る鳥羽大友選手(背番号13)

追い上げられた塔南は、直後の7回表、1死から3連打で1死満塁と攻めると、2番深田選手へ。
ここでこの試合2打点目となる犠牲フライをレフトへ放ち、3-1と再度塔南がリードを広げます。

塔南3点目のホームイン
塔南3点目のホームイン

しかし直後の7回裏、塔南にミスが続きます。
まず先頭の4番松下選手を内野ゴロ失策で出塁を許すと、続く徳澤選手死球与無死12塁。
ここでさらに杉沢選手の打席で、塔南明河キャッチャーのセカンドへの牽制球が大きくセンターへそれる間に無死23塁と、鳥羽はノーヒットでビッグチャンスを得ます。

西原投手も踏ん張り、2者連続三振で2死までこぎつけますが、8番大友選手にレフト前へ同点タイムリーを浴び、試合は振り出しに戻ります。

同点タイムリーの大友選手
同点タイムリーの大友選手

8回は両チームチャンスは作りますが、あと一本が出ないまま、試合は9回裏の鳥羽の攻撃を迎えます。

1死後、7番吉岡選手が左中間に2塁打で出塁すると、先ほど同点タイムリーの大友選手へは敬遠の四球を与え1死12塁と鳥羽が一打サヨナラの場面を迎えます。

さらに代打高田選手のライトへの浅いフライが敵失を生み、1死満塁とサヨナラ勝ちの絶好のチャンスが訪れます。

ここで再三の好守備を見せ、かつここまで4打数2安打の1番上原選手が放ったライトへの打球は、打った瞬間「サヨナラ犠牲フライは確実」と思いましたが、なんと打球はそのままライトスタンドへ!

劇的な幕切れで鳥羽がベスト8に進出し、夏春連続甲子園へまた一歩近づきました。

サヨナラ満塁ホームランで生還する上原選手
サヨナラ満塁ホームランで生還する上原選手

勝った鳥羽ですが、京都学園戦に続き厳しい戦いになりました。
この試合目だったのは、この上原選手でしたが、ショートの守備での安定性も光りました。

対する塔南がチームとして4失策、対して鳥羽はノーエラーでした。
同じような実力を持ったチーム同士の戦いは、目立たない地味なコツコツとしたゲームメイクが必須ですね。

エースの杉沢投手ですが、球威はそこそこあります。
しかし、ストレートを武器に力で抑え込むような投手ではなく、この数年の鳥羽らしく打たせてチーム全体でアウトを重ねていくスタイル。
まだまだ近畿大会にでるまではあと2勝が必要。
次戦は、夏の準々決勝の再戦となる京都翔英との戦い。

一戦一戦逞しくなってきた鳥羽が、この後どんな戦いを見せてくれるか楽しみです。

一方の敗れた塔南。
肝心なところでの守備の乱れが致命傷になりました。

選手個々の力ではむしろ鳥羽を上回っていたのではないでしょうか?
今チームは奥本監督も密かに甲子園を狙っていらっしゃるチームではないかと思っています。
試合終了後、ベンチでは監督の声でしょうか、コーチでしょうか・・・
激しい怒声が聞こえていました。

この悔しさを乗り越えて、夏の甲子園を目指して欲しいと思います。

Advertisement

スコア

塔南 000 110 100=3
鳥羽 000 001 204x=7

塔 H9 E4
鳥 H7 E0