[ 準々決勝 ] 搭南 VS 宮津

[ 準々決勝 ] 搭南 VS 宮津

2016年5月7日、春季京都大会2次戦準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

宮津

8 大西
4 廣居
9 塩見
5 橋本
3 河邉
6 今岡
1 上山
2 臼井
7 坂根

塔南

8 平塚
6 深田
3 島野修
1 築山
5 波多野
7 尾崎
2 明河
9 中川
4 谷口

夏のシード権を獲得した8チームの対決。
まずは搭南と宮津の公立対決。先攻は宮津で始まります。

まず守る搭南はエース築山投手。

搭南エース築山投手
搭南エース築山投手

1回表の宮津は、先頭の大西選手、廣居選手と続けて三振に倒れた後、3番塩見選手が四球で出塁します。
4番橋本選手の打席3球目でパスボールがあり2塁まで進塁しますが、橋本選手はセカンドゴロに倒れ無得点に終わります。

対する宮津。
エース河邊投手ではなく、背番号10の上山投手を先発させます。

宮津先発の上山投手
宮津先発の上山投手

1回裏の搭南は簡単に2死走者無しとなりますが、3番島野選手、4番築山選手がセンター前に連打を放ち2死から12塁と先制のチャンス。
ここで5番波多野選手、2-1からの4球目を、宮津臼井捕手が大きく後ろへ逸らしてしまい、この間に一気に島野選手がホームイン。
1-0と搭南が先制します。

島野修選手が還り搭南1点先制
島野修選手が還り搭南1点先制

さらに波多野選手が四球を選び2死13塁から、6番尾崎選手がライト前は弾き返し2-0と搭南がリードを広げます。

2点目のタイムリーヒットを放ち、送球間に2塁へ進んだ尾崎選手
2点目のタイムリーヒットを放ち、送球間に2塁へ進んだ尾崎選手

なお2死23塁となり、8番明河選手に死球を与え満塁とすると、9番谷口選手には押し出し四球を与え3-0とさらに搭南が追加点を挙げます。

波多野選手が還り搭南3点目
波多野選手が還り搭南3点目

さらに止まらない搭南は続く9番谷口選手のショートゴロが、敵失を招きさらに1点を追加4-0でなお満塁のチャンスが続きます。

ここで先日の京都文教戦は全打点を稼いだ1番平塚選手。
投手ゴロかと思いましたが、俊足を活かし内野安打となり5-0とさらにリードを広げます。

平塚選手が内野安打
平塚選手が内野安打

この後さらに深田選手に押し出し四球を与え、結局2死走者無しから6点を搭南が先制し1回の長い攻撃を終えます。

一方の宮津は3回表。
2死走者無しから、3番塩見選手がチーム初安打をレフト前へ放ちます。

チーム初安打を放った塩見選手
チーム初安打を放った塩見選手

この後橋本選手もレフト前へ弾き返し、12塁としますが、5番ファーストで出場の河邊選手がセカンドゴロに倒れ無得点に終わります。

2死12塁のピンチを凌いだ搭南バッテリー
2死12塁のピンチを凌いだ搭南バッテリー

その直後の3回裏、搭南は先頭6番の尾崎選手がセンターオーバーの3塁打で出塁します。

3塁打で出塁の野崎選手
3塁打で出塁の野崎選手

さらに続く7番明河選手もセンター前へ弾き返し、7-0と搭南がリードを広げます。

明河選手がタイムリーヒット
明河選手がタイムリーヒット

中盤、やや膠着状態に入ったこの試合、グラウンド整備明けの6回裏から、宮津は左腕エース河邊投手をマウンドへ送ります。

宮津エースの河邊投手
宮津エースの河邊投手

変わった6回裏は2死走者無しから、2番深田選手を四球で出塁させますが、3番島野選手を空振り三振にとり、無失点に抑えます。

そして迎える7回表。
ここまで7点差がついているため、宮津が1点以上獲らなければコールドゲームが成立します。

まず先頭の8番臼井選手が四球で出塁すると、コールドゲーム阻止へ大量得点差があるものの、坂根選手が犠打を決め1死2塁とします。
ここで1番の大西選手がレフト前へヒット。
さらに搭南・尾崎選手が打球処理をもたたついている間に、臼井選手が還り、まず1点を返します。

臼井選手が還り宮津1点返す
臼井選手が還り宮津1点返す

さらに1死2塁から、2番廣居選手の2球目でパスボールがあ1死3塁とするとライトへの犠牲フライで1点を返し2-7とします。

3塁へ進む大西選手
3塁へ進む大西選手
廣居選手がライトへ犠牲フライ
廣居選手がライトへ犠牲フライ

勢いにのる宮津は、さらに2死走者無しから、3番塩見選手が四球で出塁すると、4番橋本選手の捕手前のゴロがヒットとなり、12塁のチャンスになります。

宮津橋本選手の捕手前のゴロはラッキーな内野安打
宮津橋本選手の捕手前のゴロはラッキーな内野安打

ここで5番河邊選手がレフト前へ弾き返し、さらに1点を返し3-7と4点差に詰め寄ります。

レフト前タイムリーヒットを放った河邊選手
レフト前タイムリーヒットを放った河邊選手

3点返された搭南は直後の7回裏、先頭の4番築山選手がレフト線への二塁打で出塁すると、波多野選手の犠打で1死3塁と追加点のチャンスを作ります。

ここで6番尾崎選手がレフト前へ弾き返し、8-3と搭南が1点を追加します。

尾崎選手が8点目のタイムリーヒット
尾崎選手が8点目のタイムリーヒット

さらにこの後、四球とヒットを挟み1死満塁とし、一打でればサヨナラコールドゲームという展開になりますが、9番谷口選手が投手ゴロ併殺打に倒れます。

搭南1死満塁の場面も併殺打で追加点ならず
搭南1死満塁の場面も併殺打で追加点ならず

流れが徐々に宮津へ傾くこのゲーム。
8回表、1死後8番臼井選手がライト前ヒットで出塁します。
ここで坂根選手の投手ゴロは3-4-3の併殺打成立かと思われましたが、まさかの築山選手、セカンドへの悪送球で1死12塁となります。
2死後、廣居選手の四球で満塁となると、塩見選手の2-0からのボール球がパスボールとなり宮津が1点を返し4-8とします。

臼井選手が宮津4点目のホームイン
臼井選手が宮津4点目のホームイン

さらに搭南には信じられないプレーが。
4番橋本選手のセンターフライが、ライトと交錯してしまいまさかの落球。
走者一掃となり7-8とその差わずか1点差にまで宮津か攻め寄ります。

平凡な外野フライを搭南外野陣が落球
平凡な外野フライを搭南外野陣が落球
宮津、走者一掃で7-8と詰め寄ります
宮津、走者一掃で7-8と詰め寄ります

しかし搭南も黙っていません。
8回裏、2死走者無しから3番島野選手がレフト前ヒットを放つと、盗塁の後、連続四死球で2死満塁とすると、6番尾崎選手がこの試合4打点目となるタイムリーヒットをライト前へ放ち10-7と詰めよる宮津を突き放します。

尾崎選手がライト前にタイムリーヒット
尾崎選手がライト前にタイムリーヒット
ライト前に抜ける尾崎選手の打球
ライト前に抜ける尾崎選手の打球
築山選手が10点目のホームイン
築山選手が10点目のホームイン

脅威の粘りを見せた宮津打線ですが9回表は、2三振で簡単にあと一人とされると、9番坂根選手のセンターフライでゲームセット。
10-7で搭南が勝ちベスト4に進出しました。

激闘を終えた直後の搭南築山投手
激闘を終えた直後の搭南築山投手

まず勝った搭南は、中盤以降、やや疲れも見えた築山投手が打ちこまれるという、予想外の展開で「圧勝ペース」が一転、僅差の逃げ切り勝ちとなりました。

打線は先日の京都文教戦と打って変わり、好投手の宮津のWエースに襲い掛かり、大量10点を奪いました。

築山選手、島野選手などは体格もよく、京都を代表する好打者でもあると思います。
これからさらに難敵が待ち構えますが、2死からも粘り強く得点を重ねたことは評価できると思います。

一方でディフェンス面に課題が見つかりました。
中盤、明らかにストレートの威力も落ち、制球もままならなくなった築山投手を、守備陣がさらに足を引っ張る形になりました。

築山投手はスタミナの強化、守備陣にはさらに基本に忠実なプレーを心がけて欲しいと思います。
文教戦後の記事にも書かせていただきましたが、今年の搭南は初の甲子園を狙うことができるチームだと思っていますので、期待の裏返しで、敢えて厳しい評価をさせて頂きます。

敗れた宮津。
1回、8回とそれぞれ2死走者無しから合せて8点を失ってしまいました。
好投手の上山投手、河邊投手がここまで「ボロボロ」になることは想定していなかったのではないでしょうか?

しかし思い出すのは昨年の春季大会。
夏の甲子園で2勝を挙げ「レジェンド旋風」を起こした鳥羽。
京都すばる戦で、好投手の松尾投手が「メッタ打ち」されて大敗。

そこから夏の反攻が始まりました。
追い詰められてからの怒涛の反撃は凄まじいものがありました。

宮津も搭南同様、このチームには期するものがあると思います。
決して体つきも大きな選手たちではありませんが、名将守本監督が久々に陽の目を浴びる完成度のチームを作ってこられたと思います。

夏には河邊投手、上山投手のWエース体制は、搭南同様に相当有利に働くと思います。
足りないものをあと2ヶ月ほどですが、クリアして満開の花火を打ち上げて欲しいと思います。

一塁側応援席に勝利の報告を行う搭南ナイン
一塁側応援席に勝利の報告を行う搭南ナイン

宮津
000 000 340=7
601 000 12x=10
塔南

宮 上山、河邉ー臼井
塔 築山ー明河

宮H9 E2
塔H12 E1

【打撃成績】

宮津

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
大西 空振三振 遊ゴロ 遊ゴロ 左前安打(1) 二ゴロ
(23塁)
廣居 空振三振 遊ゴロ 左前安打 (パスボール)
右犠飛(1)
四球
塩見 四球 左前安打 空振三振 四球 (パスボール)(1)
四球
橋本 (パスボール)
二ゴロ
左前安打 一直併殺打 捕前安打 中飛失(3)
河邉 二ゴロ 二ゴロ 二ゴロ 左前安打(1) 死球
今岡 四球 左飛 右邪飛 空振三振 二直
上山 (パスボール)
四球
中前安打
(二盗)
中飛 左飛 空振三振
臼井 見逃三振 空振三振 四球 右前安打 空振三振
坂根 捕邪飛 四球 三犠打 投ゴロ失
(12塁)
中飛

搭南

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
平塚 投ゴロ 投安打(1) 左邪飛 遊飛 空振三振
深田 二ゴロ 四球(1)
(牽制死)
遊ゴロ 四球 右飛
島野修 中前安打 二ゴロ 投飛 空振三振 左前安打
(二盗)
築山 中前安打 三ゴロ 二ゴロ 左線二塁打 四球
波多野 (パスボール)
四球
遊ゴロ 遊ゴロ 投前犠打 死球
尾崎 右前安打(1) 中越三塁打 中前安打 左前安打(1)
(二盗)
右前安打(2)
(牽制死)
明河 四球 中前安打(1) 二ゴロ
(尾崎2塁へ)
四球
中川 四球(1) 投前犠打 空振三振
長村 右前安打
谷口 遊ゴロ失(1) 左飛 中飛 投ゴロ併殺打


【投手成績】

宮津

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
上山 5 7 4 1 7 4
河邉 3 5 4 2 3 3

搭南

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
築山 9 9 9 8 7 4