[ 二次戦 ] 京都外大西 VS 京都明徳

[ 二次戦 ] 京都外大西 VS 京都明徳

2016年5月3日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都外大西

8 福尾
6 緒方
4 谷本
3 大黒
7 米地
9 原田
5 野村
2 伊藤
1 宮城

京都明徳

5 大草
4 辻
7 吉岡
2 中澤
6 高木
3 宮脇
9 小西
1 清水
8 前田

まず守る京都明徳の先発はエース清水投手。

京都明徳エース清水投手
京都明徳エース清水投手

1回表、外大西は2死走者無しから、3番谷本選手がレフト線への二塁打で出塁すると、続く4番大黒選手がレフト前へタイムリーヒット。
まずは外大西が1点を先制します。

京都外大西、谷本が生還し1点先制!
京都外大西、谷本が生還し1点先制!
先制タイムリーを放った大黒選手
先制タイムリーを放った大黒選手

1点を先制した外大西の先発はエース宮城投手。

京都外大西エース宮城投手
京都外大西エース宮城投手

1回裏の京都明徳は先頭の大草選手がレフト前に抜けそうな打球。
これを外大西の緒方選手がよくとめますが、遊安打となり出塁しますが、犠打失敗などで2死1塁となります。
4番の中澤選手が四球を選び12塁とチャンスを広げますが、続く高木選手の当たりはファースト正面。ライナーで無得点に終わります。

2回表の外大西もヒットで出塁した原田選手が3塁まで進みますが、後続続かず無得点に終わります。

原田選手が三塁まで進むも無得点
原田選手が三塁まで進むも無得点

すると直後の京都明徳。
先頭6番の宮脇選手が打った瞬間というあたりはレフトスタンドへ突き刺さる同点ホームランを放ちます。

京都明徳・宮脇選手が同点ホームラン
京都明徳・宮脇選手が同点ホームラン

この後さらに四球が続き、2死12塁と勝ち越しのチャンスを作りますが、2番辻選手がセカンドフライに倒れ、この回が同点までで終わります。

しかし京都明徳は3回裏もチャンスを作ります。
先頭3番吉岡選手がレフト前にヒット。守備がもたつく間に2塁へ進みます。
ここで4番中澤選手がセンター前に弾き返し、2-1と明徳がこの試合初めてリードする展開になります。

吉岡選手が生還し京都明徳1点勝ち越し!
吉岡選手が生還し京都明徳1点勝ち越し!
勝ち越しタイムリーを放った明徳中澤選手
勝ち越しタイムリーを放った明徳中澤選手

中盤は京都明徳が流れを掴んだこの試合。
5回裏も先頭1番大草選手が四球で出塁すると、犠打などで2死2塁。
ここで先ほど勝ち越しタイムリーを放った4番中澤選手には頭部に死球を当ててしまい、2死12塁となります。
さらに続く5番高木選手の初球でパスボールがあり、2死23塁と、明徳が追加点のチャンスを作りますが、ここはセンターフライに倒れ、無得点に終わります。

チャンスの場面で高木選手の打球はセンターフライに終わります。
チャンスの場面で高木選手の打球はセンターフライに終わります。

グラウンド整備明けの6回表、中盤耐えていた京都外大西打線が爆発します。

まず先頭2番の緒方選手がライトスタンドへ同点のソロホームランを放ちます。

同点ホームランを放った外大西・緒方選手
同点ホームランを放った外大西・緒方選手

さらに1死後、4番大黒選手がサード強襲安打で出塁すると、5番米地選手がレフトスタンドへツーランホームランを放ち、この回、2本塁打で3点と豪快に逆転します。

勝ち越しツーランホームランを放った米地選手
勝ち越しツーランホームランを放った米地選手

直後の6回裏、外大西の先発宮城投手が、先頭6番の宮脇選手に1球投じたところで突然の降板。
何かアクシデントでも発生したのでしょうか・・・
外大西は背番号10の朝倉投手へ継投します。

京都外大西2番手の朝倉投手
京都外大西2番手の朝倉投手

先頭の宮脇選手にはショートへの内野安打を許しますが、後続を抑え6回裏の京都明徳の攻撃を無失点に抑えます。

京都外大西は7回表、先頭8番の伊藤選手がライト前ヒットで出塁。
さらに明徳小西選手が打球を後逸した間に、一気に3塁まで進塁します。

続く朝倉選手が四球を選ぶと、1番福尾選手がライトへ犠牲フライを放ち、5-2と外大西が3点にリードを広げます。

福尾選手が犠牲フライを放つ
福尾選手が犠牲フライを放つ
伊藤選手が5点目のホームイン
伊藤選手が5点目のホームイン

しかし、京都明徳も諦めません。
直後の7回裏、先頭1番の大草選手がライト前ヒットで出塁すると、続く辻選手が送り1死2塁となります。
さらに3番吉岡選手がセンター前ヒットで13塁とすると、4番中澤選手がセンターへ犠牲フライを放ち3-5とその差を2点に縮めます。

大草選手が3点目のホームイン
大草選手が3点目のホームイン

京都明徳は続く8回裏も外大西投手陣を攻め立てます。

先頭の6番宮脇選手がレフト前に運び出塁すると、続く小西選手が送り、さらに8番投手の清水選手もセンター前ヒットで1死13塁としたところで、外大西は背番号11の山田投手へ継投します。

京都外大西3番手の山田投手
京都外大西3番手の山田投手

しかし代わり端、9番の前田選手にセンター前へ弾き返され4-5と1点差に詰め寄られます。

前田選手のタイムリーヒットで京都明徳4点目
前田選手のタイムリーヒットで京都明徳4点目

さらに1番に打順が帰り大草選手が四球を選び1死満塁と、1打同点、逆転のシーンを作ります。

ここで2番辻選手がライト前に弾き返し5-5とついに京都明徳が同点に追いつき、なお1死満塁とチャンスを作ります。

清水選手が同点のホームイン!
清水選手が同点のホームイン!
同点タイムリーヒットの辻選手
同点タイムリーヒットの辻選手

ここで京都外大西は大幅な守備の変更を行います。

背番号2ながらレフトの守備についていた米地選手がキャッチャーへ。
センターを守っていた福尾選手がレフトへ。
伊藤捕手の打順に、円城寺選手が入りセンターのポジションへつきます。

一打逆転の緊迫した場面。
しかしここは山田投手が踏ん張り、吉岡選手を三振、中澤選手をセンターフライと、京都明徳のクリーンアップを抑え同点で踏ん張ります。

2死満塁のピンチを切り抜けた外大西の山田投手
2死満塁のピンチを切り抜けた外大西の山田投手

同点に追いつかれた直後の9回表の京都外大西。
簡単に2死を取られますが、1番に打順が帰り福尾選手がセンターオーバーの3塁打を放ち、一打勝ち越しのチャンスを作ります。

センターオーバーの3塁打を放った福尾選手
センターオーバーの3塁打を放った福尾選手

ここで6回には一時同点となるホームランも放っている、2番緒方選手に回り、カウント1-1からセンター前へ弾き返し、土壇場で京都外大西が再び6-5とリードする展開になります。
(緒方選手はセカンドを狙いタッチアウト)

緒方選手が勝ち越しタイムリーを放った瞬間
緒方選手が勝ち越しタイムリーを放った瞬間
福尾選手が勝ち越しのホームイン
福尾選手が勝ち越しのホームイン

しかし、京都明徳も最後まで粘ります。
9回裏、先頭5番の高木選手は三振に倒れますが、この試合ホームランを含む3安打と当たっている6番宮脇選手がセンター前に4本目となるヒットを放ち出塁します。

この試合4安打目のヒットを放つ宮脇選手
この試合4安打目のヒットを放つ宮脇選手

この後2死1塁となりますが、8番の清水選手がセカンドへ内野安打を放ち2死12塁と一打同点の場面を作ります。

気迫のこもったヘッドスライディングで清水選手内野安打
気迫のこもったヘッドスライディングで清水選手内野安打

しかし最後は9番前田選手が空振りの三振に倒れ、どちらに転ぶか分からない大熱戦は京都外大西が6-5で逃げ切り、ベスト8進出。
京都外大西は春季大会では2年ぶりのベスト8進出となりました。

試合終了の瞬間
試合終了の瞬間

勝った京都外大西、秋季の福知山成美戦以来、今チームは3試合目の観戦になりましたが、やはり打線は強力。

秋には4番を打っていた麻生川選手が見当たらなかったのが心配ですが、得点能力の高さは京都でもトップクラスだと思います。
かつて三原監督の頃のイメージと言えば、機動力を生かした野球という記憶なのですが、この試合でも盗塁を4つ試み、3つを成功させるなど、強打と機動力が上手くかみ合っていました。

一次戦でも投手層の厚い京都学園から大量得点を奪っていたようなので、準々決勝の龍谷大平安戦も楽しみです。

一方、不安はやはり投手陣。
先発の宮城投手はじめ3人と投手は粘り強く投げていましたが、夏までにさらにワンスケール大きな成長があれば、久しぶりの甲子園も見えてくるのではと思いますので期待したいと思います。

敗れた京都明徳。
初めて観戦しましたが、実力差は全くありませんでした。

互角の展開というよりも、どちらが勝っていてもおかしくない内容でした。

目立ったのは打線。
特に6番を打つ宮脇選手。この試合では5打数4安打(1本塁打)と大活躍。
夏も、どんな活躍をしてくれるのか非常に楽しみな選手です。

先発完投した清水投手も粘り強く投げましたが、あと一歩及びませんでした。
夏はノーシードになりますが、一次戦は二次戦常連の立命館や、京都成章の入ったブロックを勝ち上がってきました。
十分に台風の目になる可能性を持ったチームだと思いますので、注目していきたいと思います。

夏に期待したい京都明徳ナイン
夏に期待したい京都明徳ナイン

京都外大西
100 003 101=6
011 000 130=5
京都明徳

西 宮城、朝倉、山田ー伊藤、米地
明 清水ー中澤

西H11 E0
明H13 E1

本塁打
西 福尾(1)、米地(2)
明 宮脇(1)

【打撃成績】

京都外大西

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
福尾 二ゴロ 一ゴロ 左飛 右犠飛(1) 中越三塁打
緒方 遊ゴロ 遊飛 右本塁打(1) 遊ゴロ
(二盗)
中前安打(1)
二塁でアウト
谷本 左線二塁打 空振三振 二ゴロ 二ゴロ
大黒 左前安打(1) 空振三振 三強襲安打 左線安打
奥田 二盗死
齋藤
米地 遊ゴロ 中前安打
(二盗)
左本塁打(2) 中飛
原田 右越安打
(二盗)
二飛 右邪飛 死球
野村 捕邪飛 二飛 三ゴロ 一飛
伊藤 三ゴロ 中飛 右前安打
(後逸で3塁へ)
円城寺 右飛
宮城 左飛 左飛
朝倉 四球
山田 右飛

京都明徳

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
大草 遊安打 四球 四球 右前安打 四球
投ゴロ 二飛 投前犠打 捕前犠打 右前安打(1)
吉岡 三ゴロ 左前安打
(2塁へ)
中飛 中前安打 空振三振
中澤 四球 中前安打(1) 死球 中犠牲飛(1) 中飛
高木 一直 二ゴロ併殺打 (パスボール)
中飛
中飛 空振三振
宮脇 左本塁打(1) 中飛 遊安打 左前安打 中前安打
鳥川    
小西 空振三振 一ゴロ (パスボール)
右飛
投前犠打 空振三振
清水 四球 遊ゴロ 空振三振 中前安打 二安打
前田 左飛 二ゴロ 右飛 中前安打(1) 空振三振


【投手成績】

京都外大西

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
宮城 5 4 5 1 2 2
朝倉 2 0/3 5 0 1 1 3
山田 2 4 1 4 2 0

京都明徳

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
清水 9 11 2 2 6 5