鳥羽 VS 京都外大西

鳥羽 VS 京都外大西

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年5月5日、春季京都大会2次戦準々決勝

わかさスタジアム京都

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都外大西

5福尾
9島田
6森崎
4大森
3高田
1曽我
7森
8円城寺
2浅田

鳥羽

8森田
5太田
6番場
3山本
7高澤
2梅谷
9亀岡
4中嶋
1島西

観戦記

鳥羽の先発島西投手
鳥羽の先発島西投手
バッターボックスに向う鳥羽番場選手
バッターボックスに向う鳥羽番場選手

2回裏、鳥羽は島西選手がライトオーバーのタイムリー3塁打などで先制します。

続く3回裏にも鳥羽は1死満塁のチャンスを掴みますが、ここは外大西3番手の藤本投手が踏ん張ります。

4回表、外大西は1死23塁とチャンスを迎えますが無得点に終わると、直後の4回裏、鳥羽は番場選手のライト前タイムリーや、外大西の守備の乱れなどで3点を追加し鳥羽5-0外大西と大きくリードする展開となります。

番場選手のタイムリーの場面
番場選手のタイムリーの場面

5回、6回にもそれぞれ2点づつ追加した鳥羽が9-0と7回コールドで勝利しベスト4へ進出。
この後、準決勝で敗れはしましたが、3位で出場した春季近畿大会では、この年のドラフトで巨人から1位指名を受けた岡本選手の奈良智弁学園に勝利するなど、甲子園に出ても期待できた活躍を見せてくれました。

Advertisement

スコア

京外西 000 000 0=0
鳥     羽 020 322 X=9
(7回コールドゲーム)