2013秋季京都大会 | 龍谷大平安 VS 京都学園

2013秋季京都大会 | 龍谷大平安 VS 京都学園

観戦記

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2013年9月22日、太陽が丘球場で行われた、秋季京都大会の二次戦に観戦にいきました。

今春のセンバツに出場した龍谷大平安と、古豪京都学園の一戦です。

平安の夏までの前チームには福岡くんという絶対的エースが存在しましたが、
この秋からの新チームはどんな戦力だろうと注目。

京都学園の先発山本くんは変則的なフォームのサウスポー。
一回から平安打線は活発で、終わってみれば8-1の7回コールド勝ち。

平安は左の犬塚くん、右の中田くんの継投。
両投手ともストレートもそこそこ速く、さすが選手層は厚いなと感じさせましたが、絶対的なエースという存在ではなかったように感じます。

打線もよかったのですが、見ている私の平安に求めるレベルが高いということもありますが、このゲームでの感想は、「平安大丈夫かな?次戦の京都翔英戦は乗り越えられるかな?」という印象。

名門強し!という印象は受けなかったのが事実でした。

スコア

京都学園
000 100 0=1
300 300 2x=8
龍谷大平安

7回コールドゲーム

京 山本、上茶谷 - 河本
龍 犬塚、中田 - 高橋