Category Archives: 2016年秋季大会

[ 準々決勝 ] 乙訓 VS 塔南

2016年10月2日、秋季京都大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

塔南

2 中澤
8 森下
3 藤林
7 陣野
9 粟津
6 川合
5 中川
1 大江
4 谷口

乙訓

9 吉田
8 横山
7 宮田
3 大宅
2 牧
5 池田
4 松本
1 川畑
6 大上

毎年京都大会の上位に入ってくる実力派の公立対決。
最近では昨年の夏(2015年)の準々決勝でも対決(その試合は乙訓が勝利)しています。

まず守る乙訓。
エース右腕の川畑投手が先発します。

乙訓エース川畑投手

乙訓エース川畑投手

1回表、塔南の攻撃は今夏にも出場していた中澤選手、 藤林選手が打席に立つも三者凡退に終わります。

新チームの観戦はこれが初めてになりましたが、塔南。
西原、築山投手という強力な二枚看板が引退。
エースナンバーを受け継いだのは大江投手。
2014年チームのエースだった大江投手の弟さんのようです。
(参考までに2014年春季大会の綾部戦の大江投手)

塔南エース右腕の大江投手

塔南エース右腕の大江投手

1回裏の乙訓。

2番・横山選手が四球で出塁するも、続く宮田選手がサードゴロ併殺打に終わり無得点に終わります。

2回表の塔南は先頭・4番の陣野選手がレフト前ヒットで出塁、犠打で1死2塁とチャンスを作りますが、後続続かず無得点に終わります。

2塁に進む塔南・陣野選手

2塁に進む塔南・陣野選手

続く3回表も塔南は1死から9番・谷口選手がライトへ打ち上げた打球を、乙訓・吉田選手がつまづいてしまい二塁打となりチャンスを作りますが、またも後続続かず無得点に終わります。

2塁へ進む谷口選手

2塁へ進む谷口選手

対する乙訓は3回2死までノーヒットに抑えられてきましたが、9番・ 大上選手がレフト前ヒットで出塁。

チーム初安打の大上選手

チーム初安打の大上選手

すかさず二盗、さらに送球がセンターにそれて2死3塁とし、吉田選手も四球で13塁となり、ここで大上選手がホームスチールを狙うもタッチアウト。
チャンスを生かすことができません。

ホームでタッチアウトになった瞬間

ホームでタッチアウトになった瞬間

このあと、両チーム投手が踏ん張り0-0のまま前半5回を終了します。

グラウンド整備後も変わらず0-0のまま試合が進みましたが、先制したのは7回裏の乙訓でした。

1死後、3番・宮田選手が四球で出塁。
続く大宅選手がライト前ヒットで1死13塁とすると、5番・牧選手がセンター前へタイムリーヒットを放ち1点を先制します。

均衡破る牧選手の先制タイムリーヒット

均衡破る牧選手の先制タイムリーヒット

宮田選手が先制のホームイン

宮田選手が先制のホームイン

さらに池田選手が犠打で繋ぎ2死23塁とすると、7番・ 松本選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち3-0とリードします。

牧選手が3点目のホームイン

牧選手が3点目のホームイン

タイムリーヒット放ち自軍ベンチにガッツポーズの松本選手

タイムリーヒット放ち自軍ベンチにガッツポーズの松本選手

直後の8回表の塔南。

先頭7番・中川選手がセンター前ヒット、さらに乙訓の守備が乱れている間に2塁へ進みます。
続く大江選手が死球で繋ぐと、谷口選手が犠打を決め1死23塁とし、1番の中澤選手のセカンドゴロの間に中川選手がホームイン。
1-3と2点差に迫ります。

中川選手がホームイン

中川選手がホームイン

しかし塔南の反撃もここまで。
最終回の9回裏も三者凡退に終わり3-1で乙訓が勝ち、ベスト4に進出しました。

塔南代打の難波選手がライトフライで試合終了

塔南代打の難波選手がライトフライで試合終了

両チームとも、前チームにはプロ注目だった本格派の投手を擁していました。
この試合、まだ球威は夏のエース陣には及ばないものの、丁寧に投げぬき投手戦になりました。

勝った乙訓ですが、立命館宇治戦で見せた攻撃力は影を潜めました。
しかし、前半やや押し気味に試合を進めた塔南の攻撃を上手くかわしながら進むと、中盤からはやや乙訓ペースの展開に。

その中で掴んだワンチャンスに一気にたたみかけ、試合を決めた集中力は、このチーム、決して大型チームというわけではありませんが面白い存在になってきました。

一方敗れた塔南はこの試合が、新チーム初観戦。
前チームもブルペンで投げていた下級生の右腕がいましたが、それが大江投手でしょうか??

いずれにしても、ストレートはお兄さんの3年生時に比べると、やや物足らない感じがしましたが、この試合は少し球が走ってなかったのでしょうか。
またこちらに関しては春季大会を楽しみにしていたいと思います。

打線は完全に川畑投手に抑えられましたが前チームから、築山選手や、島野修選手などの体格のいい打者がいなくなり、まだ中心となる選手が固まりきっていないような印象を受けました。

と言っても、中澤選手、藤林選手、谷口選手と前チームから出場し、春季大会準優勝も経験した選手達もいるので、来春に向けてまた強い塔南の姿を見せて欲しいと思います。

塔南
000 000 010=1
000 000 30x=3
乙訓

塔 大江 - 中澤
乙 川畑 - 牧

塔 H4 E1
乙 H5 E1

【打撃成績】
塔南

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
2 中澤 二飛 右飛 右飛 二ゴロ(1)
8 森下 三ゴロ 中飛 一強襲安打 遊ゴロ
3 藤林 右飛 内野ゴロ 二ゴロ併殺打 遊ゴロ
7 陣野 左前安打 一ゴロ 右飛 中飛
9 粟津 投前犠打 左飛 遊直
H 難波 右飛
6 川合 左飛 四球 遊飛
5 中川 二ゴロ 左飛 中前安打
1 大江 中飛 三振
(スリーバント失敗)
死球
4 谷口 右越二塁打 中飛 投前犠打

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 吉田 二ゴロ 四球 中飛 中前安打
8 横山 四球 遊ゴロ 投飛 左飛
7 宮田 三ゴロ併殺打 二ゴロ 四球 二飛
3 大宅 三ゴロ 二飛 右前安打
2 牧 二ゴロ 一ゴロ 中前安打(1)
5 池田 一邪飛 三ゴロ 捕前犠打
4 松本 一ゴロ 三直 中前安打(2)
1 川畑 三ゴロ 遊ゴロ 三ゴロ
6 大上 左前安打
二盗
本盗死
中飛 中飛


【投手成績】

塔南

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
大江 8 5 3 0 3 3

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
川畑 9 4 2 1 1 1

[ 準々決勝 ] 龍谷大平安 VS 洛星

2016年10月1日、秋季京都大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

この秋、最大の快進撃を続ける超進学校の洛星と、秋は京都大会4連覇のかかる王者・龍谷大平安のベスト4をかけた一戦。

まず守る洛星は、この秋・大活躍のエース水江投手。

洛星エースの水江投手

洛星エースの水江投手

1回表の龍谷大平安、三振2つを含む三者凡退と、水江投手、上々の立ち上がりを見せます。

対する龍谷大平安は、水江投手と同じく1年生ながら、名門チームのエースを務める小寺投手が先発。

平安エース小寺投手

平安エース小寺投手

1回裏、洛星も三者凡退と小寺投手が上々の立ち上がり。
両投手による投手戦を予測させる内容を見せてくれます。

しかし、その直後平安が水江投手に襲い掛かります。
2回表、先頭4番・松田選手がファースト強襲安打で出塁すると、盗塁に四球などが絡み無死満塁となります。

三塁へ進む松田選手

三塁へ進む松田選手

ここで7番金本選手が左中間を破る、走者一掃のタイムリー二塁打を放ち、3-0と平安がリードを奪います。

金本選手の先制タイムリー2塁打

金本選手の先制タイムリー2塁打

平安松田選手が先制のホームイン

平安松田選手が先制のホームイン

3点のリードを貰った平安先発の小寺投手。
直後の2回裏は、三者連続三振と圧巻の内容を見せてくれます。

3回裏も洛星は、先頭の7番渡辺選手が三振に倒れ、5者連続三振となりますが、続く並川選手が死球で出塁すると、9番・安田選手がチーム初安打を放ち1死12塁とチャンスを作ります。

チーム初安打を放った安田選手

チーム初安打を放った安田選手

この後、2死満塁と洛星がチャンスを拡大しますが、3番松田選手が見逃三振に倒れ、無得点に終わります。

満塁のチャンスに見逃し三振に終わった洛星・松田選手

満塁のチャンスに見逃し三振に終わった洛星・松田選手

直後の4回表、平安は1死から、8番・田島選手から9番・小寺選手が連打で出塁、1死12塁となると、1番・松本選手がライト前へ3連打を放ち、田島選手がホームを狙いますが、ここは洛星守備陣が守り抜き、ホームでタッチアウト。
この回は無得点に終わります。

平安田島選手がホームでタッチアウト

平安田島選手がホームでタッチアウト

4回、5回と洛星は三者凡退に終わり、3-0のまま前半を終了します。

試合が次に動いたのは7回表の平安。

先頭・1番の松本選手がライト前ヒットで出塁すると、盗塁と犠打で1死3塁とすると、3番前田選手の初球がパスボールになり、松本選手がホームイン。
4-0とリードを広げます。

松本選手が4点目のホームイン

松本選手が4点目のホームイン

さらに前田選手、松田選手と連打で1死12塁とすると、5番・岡田選手がライト前へタイムリーヒットを放ち5-0とさらにリードを広げます。

5点目のタイムリーヒットを放った岡田選手

5点目のタイムリーヒットを放った岡田選手

試合はこのまま、8回裏、9回裏の洛星の攻撃は合せて4つの三振を奪われ無得点に終わり5-0のまま試合終了。
龍谷大平安がベスト4へ進出しました。

最後の打者を三振で〆め、小さくガッツポーズの平安・小寺投手

最後の打者を三振で〆め、小さくガッツポーズの平安・小寺投手

まずは飼った平安、前戦の花園戦に続き、1年生エースの小寺投手が13奪三振と2戦連続で2桁奪三振と安定感を見せつけました。

攻撃陣も2桁安打で洛星の好投手・水江投手から5点を奪い快勝となりましたが、内容的にはもう少し得点が入っていてもおかしくない内容。
ここからの戦いを勝ち抜いていくためにも、精度を上げていきたいところだと思います。

一方の洛星。
この秋の快進撃は京都の高校野球ファンの記憶にしっかりと刻まれるものと思います。

10名での活動、そして全国屈指の進学校といった側面から、21世紀枠での甲子園初出場といった声もあがりますが、まずは野球だけを行う学校でないため、この冬の過ごし方は他の強豪校とは異なると思いますが、21世紀枠の如何に関わらず、来春、水江投手を含めどれだけ成長していくのか、楽しみにしたいと思います。

龍谷大平安
030 000 200=5
000 000 000=0
洛星

平 小寺 - 田島
洛 水江 - 内藤

平 H12 E1
洛 H2 E1

【打撃成績】
龍谷大平安

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 松本 空振三振 四球 右前安打 右前安打
二盗
遊ゴロ
4 木村 空振三振 投ゴロ併殺打 二ゴロ 一前犠打 遊飛
3 前田 遊ゴロ 遊ゴロ 投飛 パスボール(1)
左前安打
三ゴロ失
5 松田 一強襲安打
二盗
中越二塁打 一飛 左前安打 中飛
7 岡田 四球 一ゴロ 中前二塁打 右前安打(1)
二盗
右飛
6 大本 投ゴロ野選 投ゴロ 遊ゴロ 遊ゴロ
9 金本 左中間二塁打(3) 一邪飛 三ゴロ 空振三振
2 田島 中飛 中前安打
本墳死
三ゴロ 遊ゴロ
1 小寺 右前安打  左前安打 一ゴロ  中飛

洛星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 藤山 右飛 四球 二ゴロ 三ゴロ
5 荻野 投ゴロ 四球 遊安打
捕牽制死
空振三振
6 松田 空振三振 見逃三振 空振三振 空振三振
8 酒井 見逃三振 空振三振 三ゴロ
2 内藤 見逃三振 失策 遊ゴロ
1 水江 見逃三振 遊ゴロ併殺打 投ゴロ
7 渡辺 空振三振 左飛 捕邪飛
4 並川 死球 二ゴロ 空振三振
3 安田 中前安打
牽制死
空振三振 三振


【投手成績】

龍谷大平安

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小寺 9 2 3 13 0 0

洛星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
水江 9 12 2 3 5 5

[ 準々決勝 ] 東山 VS 福知山成美

2016年10月1日、秋季京都大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

5 岡本
2 楠田
6 藤田
3 坂野
7 谷
4 廣瀬
9 藤井
1 中島
8 森

東山

3 田中
8 宮口
7 高倉
5 長谷川
6 村井
9 増田
2 大杉
1 金和
4 木村

昨秋の準々決勝でも顔を合わせた両チームの対決(その際は福知山成美が7-6で勝利)。
両チームとも昨秋の準々決勝のスタメンに名を連ねた選手はゼロと、大きく様変わりをしてきました。

まず守る東山はエース右腕、金和投手。

東山エースの金和投手

東山エースの金和投手

1回表の福知山成美。

先頭・岡本選手は3球目をレフトスタンドへ先制のソロホームラン。
先頭打者ホームランで成美が1点を先制します。

成美、岡本選手が先頭打者ホームラン

成美、岡本選手が先頭打者ホームラン

続く2番・楠田選手もセンターの好プレーの前にセンターフライに倒れますが、初回から成美打線の振りの鋭さを見せ、1-0とリードします。

福知山成美は昨秋の東山戦でも登板した速球派の藤山投手がチームに残りましたが、故障もあり中島投手がエースとして先発マウンドへ上がります。

福知山成美エースの中島投手

福知山成美エースの中島投手

1回裏、東山打線は三者凡退に終わり、中島投手、まずまずの立ち上がりの内容を見せます。

2回は両チームランナーは出しますが無得点に終わり、迎えた3回裏の東山。

先頭9番・木村選手がセンター前ヒットで出塁すると、すかさず続く1番・田中選手がレフトスタンドへ逆転のツーランホームランを放ち、2-1と東山が試合をひっくり返します。

逆転ホームランの田中選手

逆転ホームランの田中選手

1点をリードした東山は、5回裏も先頭・9番木村選手のライト前ヒット、1番・田中選手のレフト前ヒットで出塁すると、犠打で1死23塁とします。

ここで3番・高倉選手のファーストゴロで、木村選手がホームを狙いますがタッチアウトになります。

木村選手ホーム狙うもアウト

木村選手ホーム狙うもアウト

東山は2死13塁と代わり(すかさず高倉選手二盗で2死23塁)チャンスが潰えたと思いましたが、4番・長谷川選手のサードゴロで、成美坂野選手が送球を捕球しきれず、東山・田口選手がホームインし3-1とリードを広げて前半5回を終了します。

3点目のホームを踏んだ田中選手(背番号3)を迎える東山ベンチ

3点目のホームを踏んだ田中選手(背番号3)を迎える東山ベンチ

2点を追う福知山成美は7回表、1死から5番・谷選手がセンター前ヒットで出塁すると、2死後7番・藤井選手がセンター前ヒットで2死13塁とチャンスを広げますが、中島投手に代わる、代打・藤岡選手がファーストライナーに倒れ無得点に終わります。

直後の7回裏の東山。

成美は代打が出ましたので、背番号11の今城投手へ継投します。

成美、2番手の今城投手

成美、2番手の今城投手

7回裏の東山、1死後2番・宮口選手が右中間を破る二塁打で出塁、続く3番・高倉選手のカウントが1ボール2ストライクとなったところで、成美は背番号19の左腕・相馬投手をマウンドへ送ります(今城選手はライトへ)。

成美3番手の相馬投手

成美3番手の相馬投手

代わり端、牽制悪送球でランナーを3塁へ進めさらに、打者高倉選手が四球を選び1死13塁となったところで、福知山成美は再度・今城投手へ継投します。

東山は4番・長谷川選手の打席、初球パスボールで宮口選手が4点目のホームを踏みます。

宮口選手が4点目のホームイン

宮口選手が4点目のホームイン

このあとさらに2死満塁となり、7番・大杉選手が押し出し四球を選び、5-1と東山が4点のリードにその差を広げます。

勢いに乗る東山は、8回裏も先頭9番・木村選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、1死後2番・宮口選手へのファーストへの犠打が、悪送球を生み一気に、木村選手がホームに戻り6点目が入ります。

さらに3番・高倉選手がセンターオーバーのタイムリー三塁打を放ち7-1と東山がリードを広げます。

タイムリー3塁打の高倉選手

タイムリー3塁打の高倉選手

あと1点でコールドゲーム成立という場面になり、福知山成美バッテリーは満塁策を選択。
1死満塁となりますが、ここは福知山成美が粘り、7-1のまま9回表の攻撃を迎えます。

なんとか一矢を報いたい成美打線ですが、2死走者なしとなりますが、5番・谷選手がレフト前ヒットを放ち最後の意地を見せますが、反撃もここまで。
7-1で東山が勝ち、ベスト4へ駒を進めました。

9回にヒットを放った成美・谷選手

9回にヒットを放った成美・谷選手

この試合、1回表の福知山成美の攻撃を見たときは、この結果は予想しませんでした。
むしろ強打の成美がコールドに近い点差で勝利するのではと失礼ながら思いました。

実際、成美打線も「いつでも得点は取れる」と言った気分になり、それが東山・金和投手の術中にはまったように思えました。

一方の東山。
このチーム、本当に「元気」です。
監督も20代の足立監督に代わられて、フレッシュになりました。

先発完投した金和投手は、上背はそこそこありますが、ストレートの速さは恐らく目視ですが、130キロも出ていないのではないでしょうか?
しかし、変化球を主体に上手く強打の成美打線をかわし、初回の先頭打者ホームランによる1点に抑えこみました。

両チームの新チームはこれが初観戦。
敗れた成美は、冬を越すと恐らく藤山投手も帰ってくると思います。
まだまだ成長途上を感じる両チームだけに、今後に期待をして見ていきたいと思います。

福知山成美
100 000 000=1
002 010 22x=7
東山

福 中島、今城、相馬、今城 - 楠田
東 金和 - 大杉

福 H7 E3
東 H10 E0

本塁打
福 岡本①
東 田中②

【打撃成績】
福知山成美

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
5 岡本 左本塁打(1) 左飛 右前安打 空振三振
2 楠田 中飛 二ゴロ 中飛 中飛
6 藤田 中飛 一ゴロ 空振三振 左邪飛
3 坂野 右邪飛 遊ゴロ 投ゴロ 三ゴロ
79 谷 二安打 遊ゴロ 中前安打 左前安打
4 廣瀬 投前犠打 遊ゴロ 三直 三ゴロ
9 藤井 空振三振 二ゴロ 中前安打
1 相馬
9 平田
9 藤井 空振三振 二ゴロ 中前安打
1 中島 遊直 右飛
H 藤岡 一直
191 今城
8 森 右前安打
二盗死
三ゴロ 遊ゴロ

東山

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
3 田中 二ゴロ 左越本塁打(2) 左前安打 (今)空振三振 中飛
8 宮口 左飛 遊邪飛 投前犠打 右中間二塁打 一ゴロ失(1)
7 高倉 左飛 左前安打
二盗
一ゴロ
二盗
(相)四球 中越三塁打(1)
5 長谷川 中飛 三ゴロ 三ゴロ失(1) (今)パスボール(1)
四球
二盗
四球
6 村井 二邪飛 投ゴロ 左飛 三ゴロ
二盗
四球
9 増田 四球
二盗
二飛 遊飛 四球 二ゴロ
2 大杉 四球 見逃三振 右前安打 四球(1) 左飛
1 金和 一邪飛 一邪飛 投前犠打 空振三振
4 木村 中前安打 右前安打 遊ゴロ 二安打


【投手成績】

福知山成美

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
中島 6 6 2 1 3 2
今城 1/3 1 0 1 0 1
相馬 0/3 0 1 0 0 1
今城 1 2/3 2 5 1 4 2

東山

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
金和 9 7 0 4 1 1

[ 二次戦・二回戦 ] 京都翔英 VS 京都学園

2016年9月25日、秋季京都大会二次戦二回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英

5 大谷
7 新田広
6 阿部
2 川本
8 新田大
9 田中
3 岡田
4 松本
1 高田

京都学園

8 瀬戸
5 江本
3 井上
7 諸木
9 山根
6 村井
4 吉岡渉
1 竹中
2 松尾

今夏の甲子園に出場した「王者」京都翔英に、名門復活を賭ける京都学園。
京都学園は今チーム、木津戦以来の観戦になりますが、夏に負けず劣らず投手陣も厚い好チームです。

まず守るは京都学園、エース左腕の竹中投手。

京都学園先発のエース竹中投手

京都学園先発のエース竹中投手

1回表の京都翔英。

1死から2番・新田広選手がセンター前ヒットを放ち、2死後、新チームから前チームの石原捕手に代わり、4番、捕手を務める川本選手がライト前ヒットを放ち2死12塁と先制のチャンスを迎えますが、続く新田大選手がセンターフライに倒れ無得点に終わります。

チャンスの場面で新田大選手はセンターフライ

チャンスの場面で新田大選手はセンターフライ

代わって守る京都翔英は、背番号11・アンダースローの高田投手が先発します。

京都翔英、先発の高田投手

京都翔英、先発の高田投手

1回裏の京都学園。

1死から2番・江本選手がセンター前ヒットで出塁するも、続く井上選手がセカンドゴロ併殺打に倒れ、チャンス広がらず無得点に終わります。

京都学園は3回裏も、先頭の7番・吉岡渉選手がセンター前ヒットで出塁し、犠打や四球で1死12塁とチャンスを作りますが、1番・瀬戸選手がセカンドゴロ併殺打に倒れ、無得点に終わります。

すると直後の4回表の京都翔英。

先頭3番・阿部選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、続く 川本選手のセンター前ヒットで無死13塁と絶好のチャンスをつくります。

この場面で、5番・新田大選手はレフトへの犠牲フライを放ち、まずは1点を先制します。

京都翔英、阿部選手が先制のホームイン

京都翔英、阿部選手が先制のホームイン

さらに6番・田中選手が四球でつなぐと、2死後、8番・松本選手がレフトへの走者一掃のタイムリー二塁打を放ち2点を追加。
4回表を終えて3-0と翔英がリードする展開となります。

タイムリー二塁打の松本選手

タイムリー二塁打の松本選手

一方の京都学園。
4回終わって2安打と、京都翔英先発の高田投手に上手くかわされてきましたが、5回裏、反撃に転じます。

五回裏 京都学園

先頭5番・山根選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とします。
このチャンスで8番・竹中選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち1点を返すと、 松尾選手が四球で繋ぎ2死12塁とさらにチャンスを広げます。

山根選手がホームイン

山根選手がホームイン

タイムリーヒットの竹中選手

タイムリーヒットの竹中選手

京都学園はこのチャンスに、1番・瀬戸選手がセンターオーバーの走者一掃の二塁打を放ち一挙3点を返し、3-3の同点に追いつきます。

瀬戸選手の同点タイムリー2塁打

瀬戸選手の同点タイムリー2塁打

ファーストランナーの松尾選手が同点のホームイン

ファーストランナーの松尾選手が同点のホームイン

京都翔英はっこで、背番号10の左腕・坂田投手へ継投。
後続は抑え、3-3のまま前半の5回を終了します。

京都翔英、2番手の坂田投手

京都翔英、2番手の坂田投手

グラウンド整備空け直後の6回表、京都翔英の攻撃。

1死から6番・田中選手が敵失で出塁。
1死2塁となり、続く岡田選手のレフト前ヒットで13塁と勝ち越しのチャンスを作りますが、続く松本選手がサードゴロ併殺打に倒れ無得点に終わります。

勝ち越しのチャンスも松本選手が内野ゴロ併殺打に終わり無得点

勝ち越しのチャンスも松本選手が内野ゴロ併殺打に終わり無得点

1点を争う展開になったこの試合。
ゲームが動いたのは7回裏の京都学園。

先頭7番・吉岡渉選手がファーストへの内野安打で出塁すると、続く竹中選手の投手前への犠打が、敵失を誘い無死12塁とします。

1死後、1番・瀬戸選手はレフト前ヒットを放ち満塁とすると、続く江本選手のセンターへの犠牲フライで1点勝ち越しに成功します。

江本選手の犠牲フライ

江本選手の犠牲フライ

吉岡渉選手が勝ち越しのホームイン

吉岡渉選手が勝ち越しのホームイン

このホームインの際、ランナーのスタートが早かったか、適切だったかで、一時騒然。
スタンドからも怒声に近い声が上がります。

翔英の必死の抗議も実らず、京都学園のホームインが認められ4-3と、この試合初めて京都学園がリードします。

明らかにヒートアップしてきた、直後の8回表の京都翔英。

円陣を組み攻撃に向う京都翔英

円陣を組み攻撃に向う京都翔英

1死後、5番・新田大選手がセンターオーバーの三塁打で出塁します。

三塁打の新田大選手

三塁打の新田大選手

続く田中選手が四球で繋ぐと、続く7番・岡田選手の打球はセンターオーバーの走者一掃のタイムリー二塁打となり、5-4とすぐさま京都翔英が逆転に成功。

岡田選手の走者一掃のタイムリー2塁打

岡田選手の走者一掃のタイムリー2塁打

田中選手が逆転のホームイン

田中選手が逆転のホームイン

京都学園は背番号20の藤本投手へ継投します。

京都学園、藤本投手

京都学園、藤本投手

藤本投手が翔英のさらなる追加点を許さず、すると直後の8回裏の京都学園。

京都翔英は背番号6、ショートを守っていた阿部選手へ継投します。

京都翔英、阿部投手

京都翔英、阿部投手

8回裏、京都学園は先頭4番・諸木選手がセンターオーバーの二塁打で出塁しますが、後続が続かず無得点。

結局5-4で翔英リードのまま迎えた9回裏の京都学園の攻撃も、最後は2者連続三振で、翔英・阿部投手が抑えそのままゲームセット。

1点を争う好勝負になりましたが、夏春連続の甲子園を目指す京都翔英がベスト8入りしました。

勝利の瞬間、雄叫びを上げる阿部投手

勝利の瞬間、雄叫びを上げる阿部投手

京都翔英は夏甲子園出場のため、今秋は一次戦は免除。
この試合が2試合目(初戦は日星に5-3で勝利)。
私はこの試合が新チームの初観戦となりました。

前チームから石原捕手という絶対的な「軸」になる選手、さらに瀧野投手、高向投手が抜け新チームの戦い方に関心がありましたが、まず攻撃力に関して、前チームに劣らない力があると思いました。

特に7回に京都学園が勝ち越しに成功した後、明らかにチームの雰囲気が一変。
力ずくで試合を再度ひっくり返した「荒々しさ」は見応えがありました。

投手陣にはやや不安定さが残る印象があるので、今チームは打ち勝っていくスタイルになるのではないでしょうか。

一方の京都学園。
「金星」寸前でしたが、あと一歩及びませんでした。

しかし、最近の京都学園は龍谷大平安、福知山成美、京都翔英といった上位陣相手になると、やや力の差を感じる点差で「敗戦」となるケースがありましたが、今チームは投手力だけでなく、攻撃陣にも力があるので、復活が期待できるチームではないかと思います。

「善戦」ではなく、強豪に勝ちきれる強さを来春、観れることを期待したいです。

京都翔英
000 300 020=5
000 030 100=4
京都学園

翔 高田、坂田、阿部 - 川本
学 竹中 - 松尾

翔 H9 E0
学 H9 E1

【打撃成績】
京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
5 大谷 三ゴロ 左飛 遊安打 投ゴロ 遊ゴロ
7 新田広 中前安打 中飛 三前犠打 四球 左飛
61 阿部 捕邪飛 二安打 見逃三振 二ゴロ 捕邪飛
2 川本 中前安打 中前安打 左飛 二ゴロ
8 新田大 中飛 左犠飛(1) 右飛 中越三塁打
9 田中 二ゴロ 四球 一ゴロ失 四球
3 岡田 遊飛 右飛 左前安打 中越二塁打(2)
4 松本 空振三振 左二塁打(2) 三ゴロ併殺打 見逃三振
1 高田 投ゴロ 三ゴロ
1 坂田 一ゴロ
H 宮川 (藤)二ゴロ
6 山本

京都学園

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 瀬戸 中飛 二ゴロ併殺打 中越二塁打(2) 左前安打
5 江本 中前安打 中飛 (坂)二飛 中犠飛(1)
3 井上 二ゴロ併殺打 中飛 遊ゴロ 二ゴロ
7 諸木 二ゴロ 遊ゴロ 一ゴロ (阿)中越二塁打
R 藤田
9 山根 一ゴロ 左前安打 中前安打
H 久保 遊ゴロ
6 村井 二飛 三前犠打 空振三振 右飛併殺打
4 吉岡渉 中前安打 二ゴロ 一安打 左飛
1 竹中 投前犠打 左前安打(1) 投ゴロ失
1 藤本
H 平井 空振三振
2 松尾 四球 四球 投飛 見逃三振


【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
高田 4 2/3 5 2 0 3 3
坂田 2 1/3 3 0 1 1 1
阿部 2 1 0 2 0 0

京都学園

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
竹中 8 2/3 9 3 3 5 5
藤本 1 1/3 0 0 0 0 0

[ 二次戦・二回戦 ] 北嵯峨 VS 京都成章

2016年9月25日、秋季京都大会二次戦二回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都成章

8 松下
6 椎原
3 茂木
9 川岸
5 今井
7 倉本
2 北田
1 上林
4 山本

北嵯峨

9 尾崎
6 小西
1 浅田
2 細辻
8 俣野
3 佐藤
4 大槻
5 中嶋
7 西村直

北嵯峨、京都成章合せて9回(北嵯峨が5回、成章は4回)の甲子園出場を誇り、北嵯峨は1987年・第69回の夏の甲子園でベスト8、成章は伝説となった1998年・第80回の夏の甲子園で、横浜・松坂投手相手に惜しくも敗れはしたものの準優勝と、それぞれ栄光の過去を持つチーム同士の一戦。

復活を賭けて、勝った方がベスト8へ進出します。

まず守る北嵯峨、エース右腕の浅田投手が先発します。

北嵯峨エース浅田投手

北嵯峨エース浅田投手

1回表の京都成章は三者凡退に終わり、浅田投手上々の立ち上がりを見せます。

代わって守りにつく成章、先発は背番号10、左腕の上林投手。

京都成章、先発の上林投手

京都成章、先発の上林投手

1回裏の北嵯峨。

2死走者無しから、3番・浅田選手、4番・細辻選手が連続四球で12塁と得点圏に走者を進めるも、後続続かず無得点に終わります。

まず試合が動いたのは3回表の京都成章。

先頭7番・北田選手がセンター前ヒットで出塁すると、犠打とパスボールで1死3塁のチャンスを作ります。
この後、9番・山本選手が死球でつなぎ、盗塁で2死23塁とすると、2番・椎原選手の打席でまたも、北嵯峨バッテリーにパスボール!

バッテリーエラーが続き成章が1点を先制します。

北田選手が先制のホームイン

北田選手が先制のホームイン

しかし直後の3回裏、北嵯峨はすかさず反撃に転じます。

2死走者無しから、2番・小西選手がセンターオーバーの三塁打で出塁します。

3塁打を放った小西選手

3塁打を放った小西選手

このチャンスですかさず3番・ 浅田選手がレフト前へ弾き返し、小西選手がホームイン。
1-1の同点に追いつきます。

同点タイムリーヒットを放った浅田選手

同点タイムリーヒットを放った浅田選手

追いつかれた京都成章は5回表。

1死から1番・上林選手がライト前ヒットで出塁し、続く山本選手が死球でつなぐと、1番・ 松下選手もレフト前ヒットを放ち1死満塁と絶好のチャンスを作ります。

松下選手がレフト前ヒット

松下選手がレフト前ヒット

しかしこのチャンスで椎原選手がサードゴロ併殺打に倒れ、無得点に終わります。

すると直後の5回裏の北嵯峨。

1死後、9番・西村直選手がファースト強襲安打で出塁すると、2死後・小西選手のサードへの内野安打、3番・浅田選手の四球で2死満塁とします。

三塁に進塁する西村選手

三塁に進塁する西村選手

しかし続く細辻選手がショートゴロに倒れ、5回は両チーム絶好の勝ち越しのチャンスを生かすことができません。

グラウンド整備明け直後の6回表、京都成章。

先頭3番・茂木選手がライト前ヒットで出塁すると、主砲・川岸選手が犠打で1死2塁とすると、5番・今井選手が右中間を破る二塁打を放ち1点を勝ち越します。

茂木選手が勝ち越しのホームイン

茂木選手が勝ち越しのホームイン

勝ち越しタイムリーヒットの今井選手

勝ち越しタイムリーヒットの今井選手

続く倉本選手がレフト前ヒットでつなぎ、1死13塁とすると、7番・北田選手が敬遠気味の四球で1死満塁とします。

このチャンスで8番・上林選手がライトへの犠牲フライを放ちさらに1点を追加し3-1と2点をリードします。

上林選手の犠牲フライ

上林選手の3点目の犠牲フライ

しかし北嵯峨も諦めません。
直後の6回裏、先頭の5番・俣野選手がショートへの内野安打で出塁すると、犠打などで2死2塁とします。

ここで8番・中嶋選手がライト前ヒットで2死13塁とチャンスを広げると、9番・西村直選手がライトオーバーの走者一掃の二塁打で3-3の同点に追いつきます。

西村選手の同点二塁打

西村選手の同点二塁打

さらに1番・尾崎選手がレフトオーバーの二塁打を放ち、ついに4-3とこの試合初めて北嵯峨がリードをします。

尾崎選手の二塁打で西村選手が勝ち越しのホームイン

尾崎選手の二塁打で西村選手が勝ち越しのホームイン

一気に動き始めたこの試合。
直後の7回表の京都成章。

1死後、2番・椎原選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、3番・茂木選手がライトオーバーの二塁打で1死23塁とし、続く主砲・川岸選手も敬遠四球で1死満塁と逆転のチャンスを作ります。

打席へ向う川岸選手

打席へ向う川岸選手

このチャンスで5番・今井選手の打席でパスボールがあり4-4の同点に追いつき、さらに2死満塁から7番・北田選手が押し出しの死球で5-4と再逆転に成功します。

茂木選手が勝ち越しのホームイン

茂木選手が勝ち越しのホームイン

先ほどのイニングで上林投手に代打が送られた関係で、京都成章は背番号20の久木崎投手へ継投します。

成章2番手の久木崎投手

成章2番手の久木崎投手

7回裏の北嵯峨。

先頭3番の浅田選手がセンターへ二塁打で出塁すると、2死後、6番・佐藤選手がレフト前へ同点タイムリーヒットを放ち5-5に追いつきます。

浅田選手が同点のホームイン

浅田選手が同点のホームイン

佐藤選手は2塁へ進塁し、代走に背番号14の桜井選手が告げられると、7番・大槻選手が右中間へ勝ち越し二塁打を放ち6-5と、再び北嵯峨が逆転に成功します。

大槻選手のタイムリーヒットで桜井選手が逆転のホームイン

大槻選手のタイムリーヒットで桜井選手が逆転のホームイン

さらにつづく8番・中嶋選手がライト前ヒットで7点目が入ります。

タイムリーヒットの中嶋選手

タイムリーヒットの中嶋選手

さらに止まらない北嵯峨打線は、中嶋選手が二盗を成功させ、9番・西村選手がレフト線へ二塁打を放ち8-5と3点のリードを広げます。

西村選手のタイムリーヒットで中嶋選手がホームイン

西村選手のタイムリーヒットで中嶋選手がホームイン

ここで京都成章は3番手にエース北山投手をマウンドに送ります。

京都成章エースの北山投手

京都成章エースの北山投手

代わり端、尾崎選手もセンター前へヒットを放ち、西村選手がホームを狙うもタッチアウトとなりますが、この試合初めて北嵯峨が2点差以上のリードを奪う展開となります。

試合はこのまま、北嵯峨がリードを守りきって8-5で勝利し、ベスト8へ進出しました。

試合終了直後の北嵯峨ナイン

試合終了直後の北嵯峨ナイン

まず勝った北嵯峨。
なにより元気のいいチーム。応援スタンドも恐らく夏の主力だった三年生でしょうか。
大応援団を形成し、試合を大いに盛り上げていました。

そしてそれに応えるべく、何度か京都成章に傾きかけた試合の流れを、強引に引き戻し勝利を掴みました。
春季で準優勝し、夏もベスト8に勝ち残り甲子園に出場した福知山成美を追い詰めた2013年世代のチームもそうでしたが、このチームも独特の雰囲気を持ったチームかもしれません。

そして敗れた京都成章。
「負けに不思議の負けなし」を地でいく試合展開だったと思います。

何度か大量リードに持ち込めるチャンスがありながら、それを掴むことができませんでした。

継投についてはチーム事情もあると思いますので、触れないでおきますが、この世代の京都成章は久しぶりに甲子園を狙う戦力を持っていると思っています。
それだけに早すぎる秋の敗戦には残念の一言。

昨秋も悔しい経験をしたメンバーが、北山選手、川岸選手、北田選手など残っていると思います。
今度こそこの冬を越えて、来春、来夏には久しぶりに強い成章を見せてくれることを期待したいと思います。

京都成章
001 002 200=5
001 003 40x=8
北嵯峨

京 上林、久木崎、北山 - 北田
北 浅田 - 細辻

京 H7 E0
北 H14 E0

【打撃成績】
京都成章

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 松下 遊ゴロ 右飛 左前安打 二ゴロ 遊ゴロ
67 椎原 二ゴロ パスボール(1)
四球
二盗
三ゴロ併殺打 二安打 死球
3 茂木 左飛 見逃三振 右前安打 右越二塁打 中飛
9 川岸 空振三振 遊ゴロ 投前犠打 四球 四球
5 今井 二ゴロ 一ゴロ 右中間二塁打(1) パスボール(1)
四球
遊ゴロ併殺打
7 倉本 二ゴロ 遊ゴロ 左前安打 二飛
8 西畠
H 奥田 遊ゴロ
2 北田 中前安打 遊ゴロ 四球 死球(1)
1 上林 捕前犠打 右前安打 右犠飛(1)
H 中辻 空振三振
4 山本 パスボール
死球
二盗
死球 投ゴロ 二直

北嵯峨

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 尾崎 一ゴロ 中飛 二ゴロ 左越二塁打(1) (北)中前安打
6 小西 二ゴロ 中越三塁打 三安打 凡退 三ゴロ
1 浅田 四球 左前安打(1) 四球 (久)中二塁打 三邪飛
2 細辻 四球 三ゴロ 遊ゴロ 捕飛 左飛
8 俣野 投ゴロ 遊ゴロ 遊安打 一邪飛
3 佐藤 三ゴロ 空振三振 投前犠打 左前安打(1)
R 桜井
4 大槻 三ゴロ 二ゴロ 遊飛 右中間二塁打(1)
5 中嶋 遊ゴロ 投ゴロ 右前安打 右前安打(1)
二盗
7 西村直 三ゴロ 一強襲安打 右越二塁打(2) 左線二塁打(1)


【投手成績】

京都成章

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
上林 6 8 3 1 4 4
久木崎 2/3 5 0 0 4 4
北山 1 1/3 1 0 0 0 0

北嵯峨

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
浅田 9 7 2 9 5 5

[ 二次戦・二回戦 ] 洛星 VS 大谷

2016年9月24日、秋季京都大会二次戦二回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

大谷

7 杉浦
6 小笠原
4 本城
3 門脇
8 田中
2 小塚
5 久我
9 西川
1 若駒

洛星

9 藤山
2 内藤
6 松田
8 酒井
5 荻野
1 水江
7 渡辺
4 並川
3 安田

昨秋ベスト8のメンバーも何名か残り、前評判も高い大谷と、わずか10名ながら、すでに二次戦もを倒し勢いに乗る洛星の一戦。

まず守る洛星はエース水江投手が先発。

洛星エース水江投手

洛星エース水江投手

1回表の大谷。

先頭・杉谷選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、内野ゴロ続きで2死3塁と先制のチャンスを作りますが後続続かず無得点に終わります。

1死2塁で注目の本城選手はショートゴロ

1死2塁で注目の本城選手はショートゴロ

代わって守りにつく大谷の先発はエースナンバーの若駒投手。

大谷エースの若駒投手

大谷エースの若駒投手

1回裏の洛星の攻撃。

先頭の藤山選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とし、4番・酒井選手がセンター前へ弾き返し、まずは洛星が1点を先制します。

藤山選手が先制のホームイン

藤山選手が先制のホームイン

先制タイムリーヒットの酒井選手

先制タイムリーヒットの酒井選手

1点を追う大谷は3回表。

1死から1番・杉浦選手がセンター前ヒット、続く小笠原選手もレフト前ヒットで12塁とチャンスを広げると、続く本城選手もレフト前へ3連打。

杉浦選手がホームを狙うもタッチアウト。
大谷は絶好の得点機をいかすことができません。

本城選手のヒットで杉浦選手ホームを狙うも、内藤選手がタッチアウト

本城選手のヒットで杉浦選手ホームを狙うも、内藤選手がタッチアウト

その後、互いにランナーは出すものの、両投手が要所を抑え、1-0で洛星がリードしたまま前半の5回を終了します。

洛星・水江投手はここまで被安打5、奪三振2、与四死球1。
大谷の若駒投手は被安打4、奪三振4、与四死球2とほぼ互角といった内容のまま後半戦を迎えます。

1点を追う7回表の大谷は、先頭・若駒選手に、代打・背番号7の今井選手を送ったため、7回裏から背番号10の黒岩投手がマウンドへ上がります。
(今井選手は空振り三振、結局7回表は小笠原選手にヒットが出ましたが大谷無得点。)

大谷・黒岩投手

大谷・黒岩投手

1点を争う好ゲーム。
鍵となる次の1点は洛星でした。

8回裏、洛星は先頭1番・藤山選手が四球で出塁すると、犠打で2塁へ進み、3番・松田選手のセンターオーバーの三塁打でホームイン。
2-0とリードを広げます。

藤山選手が2点目のホームイン

藤山選手が2点目のホームイン

タイムリー3塁打の松田選手

タイムリー3塁打の松田選手

大谷はさらに四球を出し、1死13塁となったところで、昨秋の準々決勝・龍谷大平安戦などにも登板していた森岡投手が背番号14を付けて登板します。

大谷3番手の森岡投手

大谷3番手の森岡投手

代わり端、洛星はファーストランナー酒井選手が二盗を決め、1死23塁としますが、荻野選手は空振り三振・・・と思った瞬間、ボールはキャッチャーの後方へ。三振振り逃げの間に貴重な3点目が入ります。

松田選手が3点目のホームイン

松田選手が3点目のホームイン

3点を追う大谷は9回表。

代打攻勢に出るも簡単に2死走者無しと追い詰められますが、9番・森岡選手の代打、背番号15の内田選手がライト前ヒットを放ち、上位につなげます。

ヒットで出塁の内田選手

ヒットで出塁の内田選手

続く杉浦選手の当たりはショートゴロ。
万事休すと思ったところ、敵失で出塁すると、2番・小笠原選手がライト前タイムリーヒットを放ち、大谷が土壇場で1点を返し、尚2死13塁で期待の本城選手へつなぎます。

内田選手ホームインしガッツポーズ

内田選手ホームインしガッツポーズ

しかし粘る大谷もここまで。
本城選手は空振り三振に終わり試合終了。

洛星がベスト8へ進出を決めました。

水江投手、最後は三振締め

水江投手、最後は三振締め

この秋季大会、前評判も高く優勝候補にも挙がっていた大谷でしたが、この試合は洛星のエース水江投手を中心に10名でもチーム一丸となって立ち向かってくる野球の前に苦しめられた印象。

結果論として前半、特に3回のチャンスなどを生かしていれば、また試合の展開は変わったかもしれませんが、それだけ洛星が要所要所で集中力を切らさないでよく踏ん張ったといえるゲームでした。

観戦前は失礼ながら、一次戦での京都成章戦は防戦となり、コールド敗退していたことからも上位陣相手にやや分が悪いかと思っていた洛星ですが、今大会のチームはいつもにも増して集中力の高いチーム。

見事に上位陣撃破となり、これで秋季ベスト8。
他校や、また他都道府県の事情も絡むと思いますが、部員わずか10名。超のつく進学校であり文武両道を地でいくチーム。
21世紀枠の有力候補に躍り出たことは間違いないのではないでしょうか。

大谷は早すぎる敗戦になりましたが、今チームのポテンシャルが高いことは誰もが疑わないと思いますので、来春、来夏、強い「タニ高」を見せてくれることを期待したいと思います。

大谷
000 000 001=1
100 000 02x=3
洛星

大 若駒、黒岩、森岡 - 小塚
洛 水江 - 内藤

大 H8 E0
洛 H6 E1

【打撃成績】
大谷

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
7 杉浦 二安打 中前安打 中飛 見逃三振 遊ゴロ失
6 小笠原 三ゴロ 左前安打 見逃三振 右前安打 右前安打(1)
R 吉岡
4 本城 遊ゴロ 左前安打 左飛 一ゴロ 空振三振
3 門脇 四球 一ゴロ 投ゴロ 遊ゴロ
8 田中 三ゴロ 死球 空振三振 二ゴロ
2 小塚 右飛 投ゴロ 二安打 三邪飛
5 久我 空振三振 一ゴロ 四球
H 河村 二ゴロ
9 西川 二ゴロ 中前安打 空振三振
H 富岡 一ゴロ
1 若駒 三ゴロ 投ゴロ
H 今井 空振三振
1 黒部
1 森岡
H 内田 右前安打

洛星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 藤山 左前安打 四球
二盗死
二飛 四球
2 内藤 投前犠打 左中間二塁打 右飛 投前犠打
6 松田 二ゴロ 中飛 空振三振 中越三塁打(1)
8 酒井 中前安打(1) 中二塁打 空振三振 四球
二盗
5 荻野 見逃三振 四球 中二塁打 (森)三振振り逃げ(1)
二盗
1 水江 見逃三振 捕ゴロ (黒)三振 見逃三振
7 渡辺 四球 三前犠打 四球 二ゴロ
4 並川 遊ゴロ 二ゴロ 四球
3 安田 空振三振 空振三振 二ゴロ併殺打


【投手成績】

大谷

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
若駒 6 5 3 6 1 1
黒岩 1 1/3 1 4 1 1 2
森岡 2/3 0 0 2 1 0

洛星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
水江 9 8 3 7 1 1

[ 二次戦・二回戦 ] 龍谷大平安 VS 花園

2016年9月24日、秋季京都大会二次戦二回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

花園

9 安田
7 稲葉
8 小瀬
3 板谷
5 上山
1 加地
6 牧野
4 木村
2 小林

龍谷大平安

8 松本
4 木村
3 前田
5 松田
7 岡田
9 金本
6 大本
2 田島
1 小寺

かつて京都大会の上位で争った名門同士の対戦になったこの試合。

まず守るは今春選抜ベスト4、2年前も優勝と、春に滅法相性の良さを見せてくる京都の王者・龍谷大平安。
夏もベンチ入りし、
京都両洋戦などで登板実績のある1年生エース・小寺投手が先発します。

龍谷大平安エースの小寺投手

龍谷大平安エースの小寺投手

1回表の花園は三振2つを含む三者凡退に終わります。 代わって守りにつく花園はエース右腕、加地投手が先発。

龍谷大平安エースの小寺投手

花園エースの加地投手

1回裏の龍谷大平安の攻撃。 先頭・松本選手が四球で出塁すると、すかさず二盗を決め、木村選手の犠打、前田選手、松田選手が連続四球と1死満塁の場面で、一次戦は「懲罰」的な意味合いでベンチ入りを外された、ドラフト候補生の岡田選手を迎えます。

岡田選手の先制タイムリーヒット

岡田選手の先制タイムリーヒット

このチャンスでライト前へ2点タイムリーを放ち、まず平安が2-0とリードします。 このあとさらに金本選手のショートゴロが敵失を誘い1点を追加。 続く7番・大本選手がライト線への二塁打でこの回、4点を平安が先制し優位に試合を進めていきます。

タイムリー2塁打の大本選手

タイムリー2塁打の大本選手

さらに平安は3回裏。
先頭4番・松田選手がセンター前ヒットで出塁すると、またしても岡田選手。 振りぬいた打球は打った瞬間に「ソレ」と分かるライトオーバーの本塁打で6-0とさらにリードを広げます。

ツーランホームランでホームインする岡田選手

ツーランホームランでホームインする岡田選手

一方の花園打線。
4回表1死まで、6者連続三振を奪われるなど、一人のランナーも出せずに平安・小寺投手にパーフェクトピッチングを許してしまいますが、2番・稲葉選手が四球で出塁し、ようやく初めてのランナーを出します。

花園チーム初ランナーの稲葉選手

花園チーム初ランナーの稲葉選手

しかしこの後、犠打で2死2塁と得点圏に進めるも、捕手からの牽制でアウトになりチャンスを生かすことができません。

すると直後の4回裏の龍谷大平安。
1死後、2番・木村選手がファーストへのセーフティバントで出塁すると、すかさず盗塁、牽制悪送球も重なり1死3塁とします。 続く前田選手が四球でつなぎ、1死13塁から、4番・松田選手がレフト線へタイムリー二塁打を放ち1点を追加。 尚23塁とします。

タイムリー2塁打の松田選手

タイムリー2塁打の松田選手

この後2死13塁となりますが、6番・金本選手の打席でパスボールがありさらに1点を追加8-0とします。

パスボールで松田選手が8点目のホームイン

パスボールで松田選手が8点目のホームイン

さらに金本選手にデッドボールを与えたところで、花園は背番号10の時井投手へ継投します。

花園2番手、時井投手

花園2番手、時井投手

しかし代わり端、パスボールや四球で満塁にすると、田島選手にレフト線を破られる走者一掃の2塁打を浴び11-0とさらに点差を広げられます。

走者一掃のタイムリー二塁打を放った田島選手

走者一掃のタイムリー二塁打を放った田島選手

この後、花園は3番手に背番号11の黒飛投手へ継投しますが時遅し。

花園・黒飛投手

花園・黒飛投手

5回表も、平安小寺投手が2奪三振を含む三者凡退に抑え大会規定によるコールドゲームが成立。

名門対決は思いのほか点差がつき11-0で龍谷大平安がベスト8へ進出を果たしました。

五回をノーヒットノーランに抑えた平安・小寺投手

五回をノーヒットノーランに抑えた平安・小寺投手

まず勝った平安、夏とはガラッとメンバーが代わってきました。
最近の平安のイメージとすれば、夏のメンバーが何名か残り、比較的完成度高く秋から、センバツにかけて大活躍といった印象がありますが、このチームは明らかに冬を越した後が本領発揮ではないでしょうか。

それでも中心打者も体格よく、また完成形とは思えないまでも、5回参考記録で10奪三振、ノーヒットノーランをやってのけた小寺投手など素材は一級品。
今後の成長に大いに期待をしたいと思います。

対する花園。
冬の前に大きな課題を突きつけられましたが、この時期に平安クラスとの実力差がはっきりしたことは、かえってプラスではないでしょうか?

どこが足りなくて、どこの箇所は互角だったか。
それらをしっかり把握、克服して春には両チームさらにグレードアップして再び上位で再戦していただけることを期待したいと思います。

花園
000 00=0
402 5x=11
龍谷大平安

平安5回コールド勝ち

花 加地、時井、黒飛 - 小林
平 小寺 - 田島

花 H0 E4
平 H10 E0

【打撃成績】
花園

選手名 第一打席 第二打席
9 安田 左飛 空振三振
7 稲葉 空振三振 四球 牽制死
8 小瀬 空振三振 犠打
3 板谷 二ゴロ 一ゴロ
5 上山 空振三振 空振三振
1 加地 空振三振 見逃三振
6 牧野 空振三振
4 木村 見逃三振
2 小林 空振三振

龍谷大平安

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 松本 四球
二盗
遊ゴロ 三振 四球
4 木村 犠打 遊ゴロ 一安打
二盗
遊ゴロ
3 前田 四球
二盗
投ゴロ 四球
5 松田 四球 中前安打 左線二塁打(1)
7 岡田 右前安打(2) 右越本塁打(2) 二ゴロ
9 金本 遊ゴロ失(1)
二盗
二ゴロ パスボール(1)
死球
6 大本 右線二塁打(1) 中前安打 (時)パスボール
四球
2 田島 遊ゴロ 遊ゴロ 左線二塁打(3)
1 小寺 二安打  三ゴロ (黒)左前安打

【投手成績】
花園

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
加地 3 2/3 8 5 1 8 8
時井 0/3 1 1 0 3 1
黒飛 1/3 1 1 0 0 0

龍谷大平安

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小寺 5 0 1 10 0 0

[ 二次戦・一回戦 ] 乙訓 VS 立命館宇治

2016年9月22日、秋季京都大会二次戦一回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

乙訓

9 吉田
8 横山
7 宮田
3 大宅
2 牧
5 池田
4 松本
1 川畑
6 大上

立命館宇治

6 長谷川
5 今堀
8 寺田
2 藤原
7 太田
3 井上
4 荒木
9 村井
1 玉田

昨秋は躍進が期待されながらも、共に一次戦で敗退した両チームの対戦。

まず守るは立命館宇治、エース玉田投手が先発します。

立命館宇治エース玉田投手

立命館宇治エース玉田投手

1回表の乙訓は2つの三振を含む三者凡退に終わり、玉田投手、上々の立ち上がりを見せます。

対する乙訓はエース右腕、川畑投手が先発。

乙訓エースの川畑投手

乙訓エースの川畑投手

1回裏の立命館宇治。

先頭・長谷川選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く今堀選手が四球でつなぎ、犠打で1死23塁と先制のチャンスを作ります。
ここで4番・藤原選手がセンター前へ2点タイムリーヒットを放ち、まずは立命館宇治がリードを奪う展開になります。

藤原選手の先制タイムリーヒット

藤原選手の先制タイムリーヒット

2回表も乙訓は三者凡退に終わり、立命館宇治、「完璧」な滑り出しかと思われましたが、思わぬ落とし穴が3回表に待っていました。

先頭7番・松本選手が死球で出塁すると、犠打で1死2塁となりますが、9番・大上選手が見逃三振に倒れ2死となります。

さらに1番・吉田選手の放ったレフトへの打球。
太田選手が一瞬捕ったかと思ったかと思いましたが、判定は落球。
タイムリー2塁打となり、乙訓が1点を返します。

タイムリー2塁打の吉田選手

タイムリー2塁打の吉田選手

さらに続く横山選手にもレフト前へ同点タイムリーヒットが出て、乙訓が2-2の同点に追いつきます。

同点タイムリーヒットの横山選手

同点タイムリーヒットの横山選手

突如崩れだした立命館宇治の玉田投手。

4回表の乙訓は5番・牧選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打の後、7番・松本選手がセカンドへの内野安打で1死13塁となり、次の川畑選手の遊ゴロで併殺崩れの間に1点を勝ち越します。

牧選手が勝ち越しのホームイン

牧選手が勝ち越しのホームイン

乙訓は5回表も先頭1番・吉田選手が四球で出塁すると、盗塁と内野ゴロの間に1死3塁とし、3番・宮田選手のライト前ヒットで1点を追加します。

宮田選手のタイムリーヒット

宮田選手のタイムリーヒット

さらに四球と犠打で2死23塁となり、6番池田選手のセカンドへの内野安打、松本選手のレフト前ヒットで2点を追加し6-2とリードを広げます。

池田選手のタイムリー内野安打

池田選手のタイムリー内野安打

一転して防戦一方となった立命館宇治ですが、直後の5回裏。

2死走者無しから、3番・寺田選手がセンターへの二塁打で出塁し、4番・藤原選手がレフト前へこの試合3打点目となるタイムリーヒットを放ち、3-6とその差を3点差に詰めて前半5回を終えます。

藤原選手のタイムリーヒット

藤原選手のタイムリーヒット

しかし乙訓の勢いは止まりません。
6回表、先頭9番・大上選手がヒットで出塁すると、続く1番・吉田選手がレフトオーバーの二塁打で1点を追加すると、1死後、3番・宮田選手がレフト前へタイムリーヒットを放ち8-3としたところで、立命館宇治は玉田投手に代えて、背番号10の栗山投手をマウンドへ送ります。

吉田選手のタイムリー2塁打で大上選手が7点目のホームイン

吉田選手のタイムリー2塁打で大上選手が7点目のホームイン

立命館宇治の栗山投手

立命館宇治の栗山投手

直後の6回裏、立命館宇治も攻撃の手を休めません。

1死後、7番・荒木選手がセンター前へ、続く村井選手もレフト前へ連打が出ると、栗山選手が送り、2死23塁となったところで、乙訓も背番号10の左腕、冨山投手へ継投します。

乙訓2番手の冨山投手

乙訓2番手の冨山投手

このピンチに、冨山投手は長谷川選手をセンターフライに打ち取ると、直後の7回表、乙訓は先頭7番・松本選手が死球で出塁すると、ヒットや四球で1死満塁とすると、2番・横山選手がレフトスタンドへ満塁ホームラン!
12-3と大きくリードを広げます。

満塁ホームランの横山選手

満塁ホームランの横山選手

さらに四球やヒットで1死満塁となると、6番・池田選手がレフト前ヒットを放ち、13-3と大きくリードを広げます。

タイムリーヒットの池田選手

タイムリーヒットの池田選手

4点以上を取らなければコールドゲームが成立する立命館宇治。

7回裏、先頭2番・今堀選手が四球で出塁すると、寺田選手のレフト前ヒット等で無死満塁とします。

ここで5番・太田選手が投手強襲安打で1点を返し、4-13とします。

太田選手のタイムリー安打

太田選手のタイムリー安打

勢い止まらない立命館宇治は続く井上選手もレフト前へヒットを放ち、5-13とします。

荒木選手のタイムリーヒット

荒木選手のタイムリーヒット

この後荒木選手の併殺打の間にもう1点を追加しますが、立命館宇治の反撃もここまで。
13-6で7点差をつけ、乙訓が7回コールド勝ちを納めました。

まず敗れた立命館宇治から。
まさかの展開。
序盤のゲームの入り方から、逆の展開はあっても、この一方的な敗戦は意外の一言。

春から夏に向けて、潜在能力は高いチームだと思いますので、あの3回のワンプレーからまるで別人のように打ち込まれてしまった玉田投手はじめ、メンタル面での強化を期待したいと思います。

7回裏のコールドゲームを意地でも阻止するといわんばかりの、集中打はこのチームの強みの一つ。
攻撃力の高さは秋3試合観戦し、感じたところですので、ディフェンス面でのさらなる成長を期待したいと思います。

勝った乙訓。
実は、同志社国際戦の後、立命館宇治と鳥羽の試合を、乙訓の関係者の方が目前で観戦されていました。

「当たらなくてよかった・・・」

そうこぼしていらっしゃったのを覚えています。
失礼ながら、私も立命館宇治の方が、乙訓よりも勝算があると思っていましたが見事な集中力で、まさかの「圧勝」となりました。

特に試合中盤以降は、完全に乙訓がゲームを支配。

前チームの上野投手のような大型選手は見当たりませんが、チーム一丸となっての見事な戦いっぷり。
新生乙訓、これからも注目をしていきたいと思います。

勝利にわく乙訓ナイン

勝利にわく乙訓ナイン

乙訓
002 132 5=13
200 010 3=6
立命館宇治

乙訓が7回コールド勝ち!

乙 川畑、冨山 - 牧
立 玉田、栗山 - 藤原

乙 H16 E0
立 H10 E1

本塁打
乙 横山④

 

【打撃成績】
乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 吉田 空振三振 左二塁打(1) 四球
二盗
左越二塁打(1) 四球
8 横山 一ゴロ 左前安打
失策(1)
遊ゴロ 空振三振 左越本塁打(4)
7 宮田 空振三振 死球 右前安打(1) 左前安打(1) 四球
3 大宅 遊ゴロ 空振三振 四球 (栗)二飛 左前安打
2 牧 遊ゴロ 左前安打 投前犠打 左前安打 三安打
5 池田 空振三振 一前犠打 二安打(1) 中飛 左前安打(1)
4 松本 死球 二安打 左前安打(1) 死球 中飛
1 川畑 一前犠打 遊ゴロ(1) パスボール
投ゴロ
1 冨山 空振三振 空振三振
6 大上 見逃三振 見逃三振 安打 一安打

立命館宇治

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 長谷川 中前安打 四球 遊飛 (冨)中飛
5 今堀 四球 右飛 二ゴロ 四球
8 寺田 一前犠打 遊ゴロ 中二塁打 左前安打
2 藤原 中前安打(2) 三振 左前安打(1) 四球
7 太田 投ゴロ 中前安打
二盗
右飛 投強襲安打(1)
3 井上 四球 遊ゴロ 三振 左前安打(1)
4 荒木 三邪飛 遊ゴロ 中前安打 遊ゴロ併殺打(1)
9 村井 三ゴロ 右飛 左前安打 二直
1 玉田 左飛 遊ゴロ 投前犠打


【投手成績】

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
川畑 5 2/3 7 3 2 3 3
冨山 1 1/3 3 2 0 3 3

立命館宇治

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
玉田 5 1/3 10 4 7 8 7
栗山 1 2/3 6 3 2 5 5

[ 二次戦・一回戦 ] 洛星 VS 桂

2016年9月22日、秋季京都大会二次戦一回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

4 上嶋
3 岡崎
2 北村
6 牧野
8 志賀
9 松田
5 野村
7 藤関
1 岡

洛星

9 藤山
2 内藤
6 松田
8 酒井
5 荻野
1 水江
3 渡辺
7 安田
4 並川

部員わずか10名ながら、一次戦を勝ち上がってきた洛星。
試合前のノックは人数の問題で、桂から選手を借りるなど、少し珍しい風景。

洛星ノックを手伝う桂控え選手達

洛星ノックを手伝う桂控え選手達

まず守りにつく洛星は、今大会注目の投手の一人、1年生右腕の水江投手が先発します。

洛星エースの水江投手

洛星エースの水江投手

1回表の桂は、2死から3番・北村選手が左前安打を放ちますが、後続が続けず無得点に終わります。

代わって守りにつく桂は、エース左腕、岡投手が先発します。

桂エースの岡投手

桂エースの岡投手

1回裏の洛星の攻撃は、三振一つを含む三者凡退に終わり、両チーム、上々の立ち上がりを見せてくれます。

2回も両チーム三人づつで攻撃を終了しますが、最初に大きなチャンスを作ったのは洛星。

3回裏、洛星は先頭7番・ 渡辺選手が四球で出塁すると、犠打やパスボールで2死13塁とチャンスを作りますが、2番・ 内藤選手がライトフライに終わり無得点に終わります。

チャンスで凡退した内藤選手

チャンスで凡退した内藤選手

洛星は続く4回裏も1死から、4番・酒井選手がセンター前へ、続く 荻野選手がライト前へそれぞれヒットを放ち、水江選手の投手ゴロの間に2死23塁と、再び先制のチャンスを作るも無得点に終わります。

結局前半5回は、洛星・水江投手が被安打1、奪三振3、与四死球0。
桂・岡投手は被安打3、奪三振5、与四死球2と持ち味を発揮し、無失点と投手戦となりました。

グラウンド整備明けた、6回、7回それぞれ桂は無得点に終わると、再びチャンスを作ったのは洛星。

7回裏、洛星は2死から9番・ 並川選手が四球で出塁。
ここから
、藤山選手がライト前、 内藤選手がセンター前へヒットを放ち満塁としますが、またもあと一本が出ずに無得点に終わります。

内藤選手のヒットで満塁

内藤選手のヒットで満塁

一方、桂は初回の北村選手のヒット一本に抑えられてきましたが、9回表、2死走者無しから、再び3番・北村選手が右中間を破る二塁打を放ち、チャンスを作りますが、後続続けず、無得点に終わります。

2死2塁のチャンスも無得点(打者牧野選手)

2死2塁のチャンスも無得点(打者牧野選手)

その直後の9回裏、洛星。

先頭9番の並川選手がショートへの内野安打で出塁しましたが、攻撃のリズム悪く2死走者なしとなり、2試合続けての延長かと思われましたが、2番・内藤選手がライト前ヒットで出塁すると、ここから松田選手、酒井選手と3連打となり2死満塁とサヨナラのチャンスを迎えます。

2死満塁の場面で打者・荻野

2死満塁の場面で打者・荻野

この場面で5番・荻野選手の打球はレフト前へ。
サヨナラ勝ちとなり、洛星がベスト16入りを果たしました。

内藤選手がサヨナラのホームイン

内藤選手がサヨナラのホームイン

洛星、桂ともそれぞれ、この秋は2試合目の観戦。
洛星・水江投手は京都成章戦以来。
桂・岡投手も同日に同じ桂高校グラウンドで行われた立命館戦以来の観戦でした。

その試合で感じた印象そのままに、桂・岡投手もこの試合は、特徴あるフォーム。
少しトルネード気味といいますか、身体をヒネリながら伸びのあるストレートを投げ込み、最終回に一気に5安打を浴びてしまいましたが、それまでの8回で被安打6、奪三振6と洛星打線を抑え込んできました。

対する洛星・水江投手。
ストレートの速さは恐らく常時120キロ台でしょうか?
あまり急速はあるタイプだと思いませんが、コントロールの良さと、実際バッターボックスに入るとキレがあるのでしょう。

立命館戦のストレートに威力のある多田投手には、それなりに対応していた印象のある桂打線を9回、被安打2で完封勝ちと完全に抑え込んでいました。

洛星の課題は11安打でわずか1得点という「得点力不足」でしょう。
気合の入ったいいチームですし、戦術面でさらなる上位チームを「あっ」といわせるようなチームに成長して欲しいと期待しています。

また桂。
この秋は一次戦の敗者復活代表決定戦では、強豪の京都外大西に勝った実績もあります。
久しぶりに桂も京都球界を熱くさせる実力を持ったチームですので、一冬越えた来春を楽しみにしたいと思います。


000 000 000=0
000 000 001x=1
洛星

洛星9回サヨナラ勝ち!

桂 岡 - 北村
洛 水江 - 内藤

桂 H2 E0
洛 H11 E3

 

【打撃成績】

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
4 上嶋 遊ゴロ 二ゴロ 一ゴロ 三ゴロ
3 岡崎 投ゴロ 二ゴロ 三ゴロ失 二ゴロ
2 北村 左前安打 空振三振 空振三振 右中間二塁打
6 牧野 空振三振 投ゴロ 二ゴロ 遊直
8 志賀 三ゴロ 投ゴロ 空振三振
9 松田 二ゴロ 空振三振 投ゴロ
5 野村 遊直 遊ゴロ 一ゴロ
7 藤関 三ゴロ失
二塁死
二飛 三ゴロ
1 岡 投ゴロ 凡退 三ゴロ

洛星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 藤山 左飛 パスボール
四球
遊ゴロ 右前安打 捕ゴロ
2 内藤 二ゴロ 右飛 二飛 中前安打 右前安打
6 松田 空振三振 左飛 投ゴロ 右飛 中前安打
8 酒井 見逃三振 中前安打 捕邪飛 空振三振 左前安打
5 荻野 空振三振 右前安打 死球 左中間二塁打 左前安打(1)
1 水江 一ゴロ 投ゴロ 遊ゴロ 四球
3 渡辺 四球 投ゴロ 遊飛 中飛
7 安田 投前犠打 見逃三振 遊ゴロ 投ゴロ
4 並川 見逃三振 左前安打 四球 遊安打
二盗死


【投手成績】

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
8 2/3 11 4 6 1 1

洛星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
水江 9 2 0 5 0 0

[ 二次戦・一回戦 ] 峰山 VS 洛西

2016年9月22日、秋季京都大会二次戦一回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

峰山

2 楠
6 安達
7 高田
8 中川
3 谷口
1 森
5 尾崎
4 永岡
9 吉岡

洛西

7 酒徳
4 本郷
3 鳥井
6 溝口
8 森阪
1 毛利
2 村尾
5 夜久
9 南部

二次戦、太陽ヶ丘球場の第一試合は、峰山と洛西。
かつて1999年の第71回選抜大会に出場した峰山も、少子化か、このチームは12名での参加。

まず守る洛西は、今夏の城陽戦などでも投げていた、毛利投手がチームに残りエースとなって登板しました。

洛西先発のエース毛利投手

洛西先発のエース毛利投手

1回表の峰山。

1死から2番・安達選手が四球で出塁すると、2死後、4番・中川選手のセンター前ヒットで13塁と先制のチャンスを作りますが、ここで足を仕掛けた峰山は結果、本盗死となり無得点に終わります。

代わって守りにつく峰山はエース右腕の森投手がマウンドにあがります。

峰山エースの森投手

峰山エースの森投手

1回裏の洛西は、四球のランナーを一人だしますが、後続続けず無得点。
両チームの先発投手がまずまずの内容でゲームがスタートします。

ゲームが動いたのは、その直後。
二回表の峰山でした。

先頭5番・谷口選手がライト前ヒットで出塁すると、犠打で1死2塁となり、7番・尾崎選手のレフト前ヒットで1点を先制します。

谷口選手が先制のホームイン

谷口選手が先制のホームイン

先制タイムリーヒットの尾崎選手

先制タイムリーヒットの尾崎選手 

1点を追う洛西は4回裏。

先頭5番・ 森阪選手が四球で出塁すると、すかさず二盗、さらにその際、峰山・楠捕手からの送球が外野にそれる間に、三塁まで進塁。
無死3塁と絶好のチャンスを作ります。

さらにこの後、毛利選手も四球と二盗で無死23塁としますが、7番・村尾選手のサードゴロで、森阪選手はホームでアウト。
1死13塁と代わり、続く9番・夜久選手のファーストゴロは、342と渡りダブルプレー成立。
洛西は絶好の同点のチャンスを生かすことができません。

洛西、同点のチャンスをいかせず

洛西、同点のチャンスをいかせず

1-0のまま迎えた7回表の峰山。

1死から1番・ 楠選手が四球で出塁すると、犠打や四球で2死12塁となり4番・中川選手がレフト前へタイムリーヒットを放ち、待望の追加点。
2-0とリードを広げます。

タイムリーヒットの中川選手

タイムリーヒットの中川選手

さらにランナー13塁の場面。
5番・ 谷口選手への初球がパスボールとなり、高田選手がホームイン。
この回、2点を追加し3-0と峰山がリードを広げます。

しかしその直後、7回裏の洛西。

先頭7番・村尾選手が四球で出塁すると、犠打や四球で2死12塁となります。
この場面で、2番・本郷選手が右中間を破る走者一掃のタイムリー3塁打を放ち、2-3とその差1点にまで詰め寄ります。

タイムリー3塁打の本郷選手

タイムリー3塁打の本郷選手

さらに続く鳥井選手もライトオーバーの2塁打を放ち、洛西が一気に3-3と試合を振出しに戻します。

同点タイムリー2塁打を放った鳥井選手

同点タイムリー2塁打を放った鳥井選手

同点のまま迎えた9回裏の洛西。

先頭8番・夜久選手が四球で出塁すると、峰山は背番号10の金森選手へ継投します。

峰山2番手の金森投手

峰山2番手の金森投手

犠打などで2死2塁から、2番・本郷選手がショートへの内野安打で繋ぐと、鳥井選手も四球で繋ぎ2死満塁と一打サヨナラ勝ちの場面を迎えますが、4番・溝口選手がレフトフライで無得点。
洛西、チャンスを生かすことができません。

試合は延長に入り10回表の峰山。

先頭5番・谷口選手が四球で出塁すると、パスボールに犠打で1死3塁と勝ち越しの場面を迎えますが、ここは洛西・毛利投手が踏ん張り無得点。
峰山、洛西あと一本がでないまま試合はさらに進み、延長13回を迎えます。

13回表の峰山、先頭8番の永岡選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打で1死2塁の場面を迎え、1番・楠選手のセンター前ヒットで1点を勝ち越し。
4-3と峰山が均衡を破ります。

峰山・永岡選手が勝ち越しのホームイン

峰山・永岡選手が勝ち越しのホームイン

勝ち越しタイムリーヒットの楠選手

勝ち越しタイムリーヒットの楠選手

さらにランナー2塁の場面で、続く安達選手もレフト前へヒットを放ち1死13塁とすると、高田選手の投手ゴロで、安達選手は進塁、2死23塁の場面を迎え4番・中川選手がこの試合、2打点目となるタイムリーヒットをレフト前へ放ち、さらに1点を追加。
5-3とします。

この試合2打点の中川選手

この試合2打点の中川選手

さらに谷口選手が四球で満塁とすると、 金森選手も四球を選び、押し出しでさらに1点を追加。
この回、3点を勝ち越した峰山が6-3と、再度3点のリードとなります。

安達選手が6点目のホームイン

安達選手が6点目のホームイン

試合はその裏の洛西の攻撃が三者凡退に終わり、6-3のままゲームセット。
12人で挑んだ峰山が勝ち、2回戦にコマを進めました。

試合終了直後の峰山ナイン

試合終了直後の峰山ナイン

まず勝った峰山。
このチームには決して大型の選手がいるわけではありませんでした。
しかしわずか12名でもチーム一丸となって勝利を治めました。

かつて京都北部の雄として君臨した時代もありましたが、昨今はやや低迷気味。
加えて少子化などで、この人数体勢になったものと思いますが、要所要所に「名門」峰山ここにあり、と感じさせてくれる粘りを見せてくれました。

対する洛西。
実力では差はなかったと思います。
夏を経験した毛利投手は、変化球のキレも相変わらず良く、延長13回を完投し、三振も12個奪うなど、春へのさらなる飛躍を期待させてくれる内容でした。

終盤、洛西がやや押しているような場面がありましたので、あと一本出ていればと思わせるゲーム内容で、残念ながらこの試合は敗れはしましたが、この世代の洛西、面白い存在になってくるのではと期待させてくれる内容だったと思います。

この試合、両チーム合わせて19個の四死球に、5失策と、やや「投手戦」とは表現しづらい展開でもありました。
天気もあいにくという条件もありましたが、次戦、春に向けてさらなるレベルアップを期待したいと思います。

峰山
010 000 200 000 3=6
000 000 300 000 0=3
洛西

延長13回、峰山勝利!

峰 森、金森 - 楠
洛 毛利 - 村尾

峰 H10 E2
洛 H7 E3

 

【打撃成績】
峰山

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席 第七打席
2 楠 二飛 空振三振 空振三振 四球 左飛 中飛 中前安打(1)
6 安達 四球
本盗死
二飛 二ゴロ 三前犠打 見逃三振 遊ゴロ 左前安打
7 高田 見逃三振 二安打 遊ゴロ 四球 三振振逃 三ゴロ 投ゴロ
8 中川 中前安打 投ゴロ併殺打 内野ゴロ 左前安打(1) 中飛 中飛 左前安打(1)
3 谷口 右前安打 見逃三振 四球 パスボール(1)
右飛
四球 左前安打 四球
1 森 投前犠打 投ゴロ 投前犠打 遊飛
1 金森 パスボール
一前犠打
投ゴロ 四球(1)
5 尾崎 左前安打(1) 空振三振 死球 中前安打 二飛 空振三振 空振三振
4 永岡 四球 見逃三振 一飛 投前犠打 四球 左前安打
9 吉岡 三前犠打 四球 空振三振 遊ゴロ 見逃三振 投前犠打

洛西

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席
7 酒徳 遊飛 中飛 左中間二塁打 四球 投前犠打 中飛
4 本郷 四球
三盗死
四球
二盗
左飛 右中間三塁打(2) 遊安打 二ゴロ
3 鳥井 投前犠打 遊ゴロ 遊ゴロ 右越二塁打(1) 四球 中飛
6 溝口 三ゴロ 左飛三ゴロ 三ゴロ 中飛 左飛 左中間二塁打
8 森阪 二ゴロ 四球
二盗
三飛 左飛 三直 右飛
1 毛利 中前安打 四球
二盗
三ゴロ 捕飛 右飛 遊ゴロ
2 村尾 三安打 三ゴロ 四球 中飛 見逃三振 中飛
5 夜久 投ゴロ失 一ゴロ併殺打 投前犠打 四球 遊ゴロ 遊ゴロ
9 南部 三ゴロ 一飛 三ゴロ (金)捕ゴロ 右飛


【投手成績】

峰山

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
8 0/3 5 7 0 3 3
金森 5 2 1 0 0 0

洛西

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
毛利 13 10 11 12 6 6