春夏連覇へ大阪桐蔭16強進出

春夏連覇へ大阪桐蔭16強進出

2018年8月13日、第100回全国高等学校野球選手権記念大会 二回戦
甲子園球場

スタメン

※テレビ観戦です

沖学園
6 阿部
5 市川
1 石橋→1 齊藤
7 吉村→R 小泉→7 高原
3 吉田
4 森島→R 田川
9 沖島
8 三浦
2 平川

大阪桐蔭
7 宮崎
9 青地
6 中川→5
8 藤原
1 根尾→6
4 山田
5 石川→3
2 小泉
3 井阪→H5 俵藤→1 柿木

観戦記

史上初の2度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭に、初出場の沖学園が挑みました。

まず守る大阪桐蔭は背番号6・右腕の根尾投手。
1回表、沖学園はその根尾投手の140台中盤のストレートの前に三者凡退に終わります。

代わって守りつく沖学園は背番号10・右腕の石橋投手が先発。

こちらも143キロを記録するストレートで大阪桐蔭を抑え、1回は両チーム無得点に終わります。

試合が動いたのは直後の2回表、沖学園。
先頭4番・吉村選手がレフト線へ2塁打で出塁。
その後2死2塁となりますが、7番・沖島選手が146キロのストレートに降り負けずライト前ヒット。
13塁から、続く三浦選手がカウント2-1からの4球目、145キロのストレートがワイルドピッチとなり、思わぬ形で1点を先制します。

大阪桐蔭は序盤3回はノーヒットでしたが、4回裏、先頭・中川選手が4球目の140キロストレートをレフトオーバーの2塁打。
さらに4番・藤原選手も2球目の138キロ外低めのストレートを、低い弾道で左中間を破り2塁打。
2者連続長打で同点においつ行きます。

さらに5番・根尾選手が四球でつなぎ、6番・山田選手が犠打で送り1死23塁とすると、次の石川選手の初球。
今後は沖学園・石橋投手が134キロ抜けてしまいがワイルドピッチ。
1点を勝ち越し2-1と大阪桐蔭が逆転に成功します。

しかしその直後。
沖学園は5回表、先頭6番・森島選手が2球目の142キロストレートをレフトスタンドへ同点ホームラン。
すかさず追いつきます。

その裏、5回裏の大阪桐蔭の攻撃から、沖学園はエース右腕・齊藤投手へ継投します。

大阪桐蔭は1死から1番・宮崎選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く青地選手もセンター前ヒット。
13塁とチャンスを広げると、3番・中川選手がレフトへ犠牲フライ。
1点を勝ち越しします。

それでも沖学園は6回表。
2死走者無しから、3番途中出場の齊藤選手が、サード強襲の2塁打で出塁すると、続く4番・吉村選手はカウント0-2から、スライダーをセンター前へ。
バックホームは微妙なタイミングでしたが、小泉捕手が捕球出来ずにホームイン。
沖学園が3-3の同点に追いつきます。

どちらに流れが転ぶか分からなくなった試合。
直後6回裏、大阪桐蔭は先頭5番・根尾選手がセンター前ヒットで出塁も、二盗死、さらに山田選手が空振り三振とチャンスを逃したように思えましたが、7番・石川選手がセンター前ヒットで出塁。

さらに小泉選手もレフト前ヒットで23塁とすると、9番・井阪選手が死球でつなぎ2死から満塁とチャンスを広げます。

ここで1番・宮崎選手のサード強襲ヒットで1点を勝ち越しすると、2番・青地選手がレフト前に2点タイムリーヒット。
さらに中継プレーが乱れ、セカンドへの送球がセンターへ抜けてしまう間にもう1点。
大阪桐蔭は4点を2死走者なしから奪い、7-3とリードを広げる展開に。

大阪桐蔭は7回裏には、先頭5番・根尾選手がセンターバックスクリーンに運ぶソロホームランで1点追加し8-3とします。

しかし諦めることのない沖学園は8回表。
1死走者無しから、1番の阿部主将がレフトスタンドへ。
4-8とくらいついていきます。

それでもこれが春の全国チャンピオンの底力か。
8回裏、大阪桐蔭は1死から2番・青地選手がライトオーバーの3塁打で出塁すると、2死後、4番・藤原選手がレフトスタンドへツーランホームラン。
10-4と沖学園を突き放します。

そしてどよめいたのは9回表。

大阪桐蔭はエース右腕、柿木投手へ継投します。

沖学園先頭、6番の森島選手の打席、なんと151キロを表示。
剛腕を見せつけますが、この打席はセンター前ヒットで出塁。

暑さか、森島選手が足をつってしまい、田川選手を代走に送ると二盗を成功させ、沖学園も意地を見せますが、柿木投手、アウト3つをすべて三振で奪い試合終了。
大阪桐蔭が春夏連覇に向ってベスト16にコマを進めました。

沖学園も中盤までは、大阪桐蔭を相手に互角の試合を見せてくれました。
また終盤、点差が相手も、阿部選手がホームランを放つなど、一歩も引かない素晴らしい試合内容でした。

そして大阪桐蔭、早くもドラフト候補などと言われる藤原選手、根尾選手にアベックホームラン。
さらにその根尾選手は投手としてもこの試合のMAXは148キロ、リリーフしたエース柿木投手はMAX151キロ。

追いすがる沖学園を格で突き放したような試合展開は、まさに横綱といった内容でした。
大阪桐蔭はさすが。
しかしその大阪桐蔭に、正面からぶつかっていった沖学園のナイスファイトも光った試合でした。

Advertisement

スコア

沖学園(南福岡)
010 011 010=4
000 214 12x=10
大阪桐蔭(南大阪)

沖 H9 E1
大 H13 E0

沖 石橋、齊藤 - 平川
大 根尾、柿木 - 小泉

本塁打
沖 森島①、阿部①
大 根尾①、藤原②

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
沖学園

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
6 阿部 空振三振 空振三振 投ゴロ 左本塁打(1) 空振三振
5 市川 遊ゴロ 二飛 空振三振 右前安打
1 石橋 三ゴロ
(MAX146)
遊ゴロ
1 齊藤 三強襲2塁打 中飛
7 吉村 左線2塁打 中飛 中前安打(1) 死球
R 小泉
7 高原
3 吉田 遊直
(MAX148)
右飛 二ゴロ 遊ゴロ
4 森島 空振三振 左本塁打(1) 遊ゴロ (柿)中前安打
R 田川 二盗
9 沖島 右前安打 二ゴロ 中前安打 空振三振
8 三浦 暴投(1)
空振三振
空振三振 遊ゴロ併殺打 空振三振
2 平川 空振三振 二ゴロ 遊ゴロ 死球

大阪桐蔭

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
7 宮崎 三ゴロ 二飛 中前安打 三強襲安打(1) 四球
牽制死
9 青地 四球 二ゴロ 中前安打 左前安打(2)
敵失(1)
右越3塁打
65 中川 空振三振
(MAX143)
左越2塁打 左犠飛(1) 四球 空振三振
8 藤原 左飛 左中間2塁打(1) 一ゴロ 遊直 左本塁打(2)
16 根尾 四球 四球 中前安打
二盗死
中本塁打(1) 空振三振
4 山田 投犠打 投犠打 空振三振 左2塁打
53 石川 遊ゴロ 暴投(1)
遊直
中前安打 右飛
2 小泉 遊ゴロ 右飛 左前安打 三ゴロ
3 井阪 一ゴロ 二ゴロ (齊)死球
H5 俵藤 捕邪飛
1 柿木

投手成績

沖学園

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
10 石橋 4 2 3 1 2 2
1 齊藤 4 11 3 3 8 7

大阪桐蔭

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
6 根尾 8 8 1 7 4 4
1 柿木 1 1 1 3 0 0