塔南 VS 東山

塔南 VS 東山

2015年5月4日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

東山

4 立原
6 松下
2 村井
7 川間
1 吉川
3 安田
5 徳田
9 田中
8 秋森

塔南

8 藤原
7 松本
2 松山
3 島野
5 築山
4 木野村
9 尾崎
6 深田
1 竹田

観戦記

塔南は秋の2次戦、京都国際戦以来の観戦でした。
当然、その時の印象が強かったチームですが、一冬越してそのチームは別のチームのように大きくメンバーも変わっていました。

東山エースの吉川投手
東山エースの吉川投手

その塔南の初回、先頭の藤原選手が内野ゴロのあと、松本選手のセカンドゴロを東山がエラーで出塁します。
その後、松山選手がセンター前にヒットで1死12塁のチャンスで主砲・島野選手に回りますが三振、秋はホームランを打っていた印象が残っている築山選手が投ゴロで無得点に終わります。

ところで秋は築山選手キャッチャーで松山選手がサードでしたが、今日の試合は二人のポジションが入れ替わっていました。

塔南エースの竹田投手
塔南エースの竹田投手

秋は西原投手がエースでしたが、今日は竹田投手がエースナンバー。
ストレートは昨夏のエース大江投手のように目測ですが、130前半程度はコンスタントに出す投手です。

1死後、松下選手がヒットで出塁。
続く3番村井選手はライト線へのタイムリー2塁打を放ち東山が先制します。

先制タイムリーの東山・村井選手
先制タイムリーの東山・村井選手

2回表、3回表と塔南はチャンスを作りますが、東山・吉川投手が粘って無得点。
すると3回裏の東山にビッグチャンスが訪れます。

1死後、松下選手が内野安打で出塁すると、続く村井選手はライト前にヒット!
ここで松下選手が3塁を狙いますがサードタッチアウトで2死1塁となります。
しかし、東山はここから川間選手がセンター前にヒットで2死12塁、さらに吉川投手が四球で満塁のチャンスを迎えます。
しかし、このチャンスは安田選手が投ゴロでチャンス生かせず無得点に終わります。

この回2度のピンチを防いだ後、塔南にチャンスが生まれます。

先頭の尾崎選手のショートゴローがエラーとなり出塁、深田選手が犠打で1死2塁となります。2死後、1番打者の藤原選手がライト前にヒットで13塁とチャンスを広げ、松本選手が同点タイムリーを放ちます。
しかし藤原選手がサードでタッチアウトとなりこの回は同点とまり。

タイムリーヒット直後の松本選手
タイムリーヒット直後の松本選手

さらに塔南は5回表にもチャンスを作ります。
1死後、島野選手がレフト前にヒットで出塁、続く築山選手がライトオーバーの2塁打で23塁とします。

2塁打の築山選手
2塁打の築山選手

ここで木野村選手は投ゴロでサードランナーがタッチアウトとなりますが、ランナー残って2死23塁の場面。ここで7番の尾崎選手が左中間破るタイムリー3塁打で2点を勝ち越します。

塔南勝ち越しのシーン
塔南勝ち越しのシーン

さらに7回表でした。
先頭の島野選手がショートのエラーで出塁します。築山選手の内野ゴロは併殺打崩れとなり、ランナー代わって1死1塁で木野村選手は犠打で2死2塁とします。
ここで、さきほど勝ち越しタイムリーの尾崎選手がまたもセンターオーバーのタイムリー3塁打で1点を追加します。

2打席連続3塁打の尾崎選手
2打席連続3塁打の尾崎選手

さらに深田選手がのレフト前タイムリーでこの回2点を追加し、5-1とリードを広げます。

対する東山は7回裏、先頭の田中選手がライト前ヒットで出塁しますが、続く秋森選手がショートへの併殺打で2死となります。
しかしここから、1番打者の立原くんがセンターオーバーの3塁打で出塁、さらに松下選手がレフト前にタイムリーを放ちで1点を返します。

生還する立原選手
生還する立原選手

この回の最後、当たっていた塔南尾崎選手が右中間に落ちそうな当たりを好捕し、足を痛めてしまいそのまま交代になってしまいました・・・
その後の情報がないので心配です。

8回裏から塔南は2番手の宮崎投手をマウンドへ。

塔南2番手の宮崎投手
塔南2番手の宮崎投手

先頭の川間選手を三振にとった後、吉川投手に四球を与え、安田選手は敵失で出塁、東山は1死12塁のチャンスを迎えます。
ここで徳田選手がセンター前ヒットで1死満塁も、田中選手が三振、秋森選手はショートゴロでまたも満塁機を生かすことができません。

東山は万事休すかと思いましたが、続く9回裏も東山はチャンスを作ります。
まず先頭の立原選手がショートエラーで出塁、松下選手もセカンドがトンネル。連続エラーで無死13塁となりクリーンアップを迎えます。
ここで村井選手はいい当たりのセンターフライで1死13塁。
続く川間選手のゴロはまたもショートのエラーを招き1点を返し、3-5と2点差となり、1死12塁で代打・田渕選手を迎えます。

東山3点目!
東山3点目!

しかしその田渕選手は三振で2死12塁。
安田選手はファーストゴロでゲームセットとなり、塔南が昨春に続きベスト8進出。
夏の京都大会でシード権を獲得しました。

塔南は冒頭で触れたとおり、昨秋とは全く別のチーム。
奥本監督、一冬越していいチームを作ってこられました。
前日、京都すばる VS 鳥羽乙訓の福知山成美戦と京都を代表する強豪公立チームを観ましたが、それらと比べても全くヒケを取らないチームだと思います。

正直秋に観たときは、今シーズンの塔南はやや厳しいかなと感じましたが、夏に向けても非常に楽しみなチームの一つだと思います。

対する東山。
昨夏の経験者も残っているチームで、今年は久々に甲子園も意識できるチームでは?
と思っていましたが、あまりにもチャンスを逃しすぎましたね・・・
あと吉川投手。
ストレートも力強く好投手なのですが、塔南に完全に捕まっていました。
甲子園を意識するなら、この後は平安や成美などを相手にすることになると思いますので、夏に向けて課題をクリアして、久々に強い「ガシ高」を見せて欲しいと思います。

スコア

塔南 000 120 200=5
東山 100 000 101=3