福知山成美 VS 乙訓

福知山成美 VS 乙訓

2015年5月3日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

福知山成美

7 田井中
4 大内
8 矢野
2 西元
9 植村
6 岡本
3 辻上
1 大村
5 近藤

乙訓

7 橋本
8 岩田
2 土井
5 山根
4 松川
3 加藤
9 坂田
6 浅掘
1 上野

観戦記

この両チームの対決は、昨夏のベスト8をかけた一戦の再来。
実力チーム同士の対決だけに楽しみです。

乙訓と言えば、この春から前北稜監督で、鳥羽時代に甲子園に出られている市川監督が就任され、さらに元横浜ベイスターズのドラフト1位染田投手がなんとコーチとして就任されたということで注目しています。

自信ないですが染田さん?違うコーチ?
自信ないですが染田さん?違うコーチ?

試合は乙訓が上野投手、福知山成美が大村投手。
両エース投手同士でスタートします。

乙訓エースの上野投手
乙訓エースの上野投手
福知山成美エースの大村投手
福知山成美エースの大村投手 

ゲームは初回、田井中選手、大内選手が連続三振に倒れますが、矢野選手がライト前ヒットで出塁後、福知山成美の主砲西元選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打で先制します。

先制タイムリーでセカンドベース上の西元選手
先制タイムリーでセカンドベース上の西元選手

続く2回表も福知山成美打線が爆発。
1死後、辻上選手がレフト前にヒットで出塁、大村投手四球で1死12塁とし、近藤選手がライト線へ走者一掃のタイムリー3塁打で2点追加を追加します。

福知山成美3点目のシーン
福知山成美3点目のシーン

その後、田井内選手がライト前タイムリーで4点目
さらに矢野選手がレフトスタンドへ2ランホームランでこの回一気に5点を追加します。

ホームランの矢野選手
ホームランの矢野選手

対する乙訓は、初回こそヒットのランナーを出すものの、2回、3回と2つづつ三振を喫し、無得点。
序盤から福知山成美のペースでゲームが進みます。

3回、4回と抑えられていた成美打線ですが、5回表再び、打線が繋がります。

矢野選手が内野ゴロエラーで出塁、ここで、強打の成美が4番西元選手に犠打のサインで1死2塁とします。
続く植村選手は倒れますが2死後、矢野選手が三盗、続く岡本選手四球で2死13塁とします。

ここで辻上選手がセンターオーバーの走者一掃のタイムリー2塁打を放ちさらに2点を追加。前半で8-0と大きくリードを広げます。

走者一掃タイムリーの辻上選手
走者一掃タイムリーの辻上選手

一方的な展開になりかけていた乙訓ですが、後半になりやや疲れも見えかけた大村投手を6回裏にようやく掴まえます。

先頭の橋本選手がセンター前にヒット、続く岩田選手もライト前ヒットで無死12塁とチャンスを作ります。
3番土井選手は併殺打で2死3塁となりますが、ここでバッテリーミスがあり1点を返します。

バッテリーエラーで生還する橋本選手
バッテリーエラーで生還する橋本選手

さらに山根選手がライト前ヒット後、松川選手がレフトスタンドへ2ランホームランで一気に3点を返します。

ホームランの松川選手
ホームランの松川選手

乙訓は8回表からエースナンバーの二階堂投手がマウンドへあがります。

二番手の二階堂投手
二番手の二階堂投手

すると先頭の大村投手がライト前にヒット、途中から入った立澤くんが犠打で1死2塁とします。2死後、同じく途中出場の山下選手が右中間破るタイムリー2塁打で1点を追加します。

2塁打の山下選手
2塁打の山下選手

試合はこのままゲームセット。
福知山成美が2年前の秋季大会準優勝以来、ベスト8へ進出。
夏のシード権を獲得しました。

福知山成美は相手のミスではなく、力づくで骨っぽい相手をねじ伏せた印象で復活へ虎視眈々と力を付けてきているように思えました。
成美が低迷してから、京都では龍谷大平安の独走態勢に入ったように思えます。
やはり、強力なライバルあってこそ盛り上がりますので、成美にはこれから先も期待したいと思います。

乙訓はコールドかと思ったゲームでしたが終盤、やや疲れが見えた大村投手を捉えたあたり、隙を見せると畳み掛けてくる姿勢はさすが京都の上位常連チーム。

まだ市川・染田体勢になって日も浅く、本当に「イズム」が定着するのはまだまだ先でしょうが、これからも注目したいチームです。

Advertisement

スコア

成美 150 020 010=9
乙訓 000 003 000=3