[ 四回戦 ] 日大三 VS 東大和

[ 四回戦 ] 日大三 VS 東大和

2018年4月14日、春季東京大会4回戦
神宮第二球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

東大和
5 島崎
7 山上
3 弓場
9 岡
2 石坂
8 倉石
4 森
6 後藤
1 三井→1 吉崎→H 上山→1 小川

日大三
5 金子
4 木代
6 日置
8 大塚
3 飯村
1 中村
7 上野
9 前田
2 齊藤

観戦記

共に夏のシード権を獲得した両チーム。
ベスト8をかけての一戦です。

先攻は東大和。
日大三の先発はエースナンバーの中村投手。

日大三先発の中村投手

1回表、東大和は1死から、2番・山上選手のセカンド内野安打でランナーを出しますが後続続かず無得点に終わります。

代わって守りにつく東大和の先発は、エース左腕の三井投手。

東大和先発の三井投手

1回裏、日大三は先頭の金子選手が、レフト前ヒットで出塁、2番・木代選手も四球で繋ぎ無死12塁のチャンスを作ります。
絶好の場面で主軸の日置選手を迎え、左中間へ鋭い打球。間を破ったかと思いましたが、東大和センターの倉石選手がファインプレー。
ピンチを救います。

東大和の倉石選手がファインプレー

しかし4番・大塚選手が四球で繋ぎ1死満塁と、再度チャンスを広げると、飯村選手がレフトに犠牲フライを打ち上げ1点を先制します。

金子選手が先制のホームイン

2回裏も日大三は先頭7番・上野選手がレフト線に2塁打で出塁り追加点のチャンスを作りますが、後続続かず無得点に終わります。

東大和も2回、3回とヒットのランナーを出しますが、得点圏にランナーを進めることが出来ず、チャンスを広げられません。

日大三の中村投手は、秋よりも威力を増したストレートと変化球を混ぜ、完全に東大和打線を抑え込むと、4回裏、先頭7番・上野選手が二打席連続の2塁打をライト線に放つと犠打で1死3塁と追加点のチャンスを作ります。

東大和は1回目の伝令を使い、一旦「間」を入れます。

東大和伝令

伝令が解けた直後、9番・齊藤選手がセンター前にタイムリーヒットを放ち1点追加。
2-0とリードを広げます。

タイムリーヒットの齊藤選手

さらに1番に回り、金子選手もレフト前にヒットで繋ぎ ぐと、東大和はすでに投球数70を越えてきた三井投手を諦め、背番号10番・右の吉崎投手へ継投します。

東大和2番手の吉崎投手

しかし代わり端、木代選手が左中間を破る2塁打で1点
を追加をあげ3-0とリードを広げ、尚1死23塁とさらにチャンスも広がります。

2塁上の木代選手

チャンスに畳みかける日大三は、3番・日置選手が四球で1死満塁とすると、4番・大塚選手がセンター前に2点タイムリーヒットでこの回4点目で5-0とリードをさらに広げます。

大塚選手のタイムリーヒット

この後、飯村選手がセカンドゴロで2死13塁(ファーストランナー入れ替わり)になると、6番・中村選手は初球を逆方向のレフトスタンドにスリーランホームラン。
この回大量7点を挙げた日大三が8-0と大きくリードをする展開に変わります。

ホームランの中村選手(左)

東大和は5回裏から背番号11番・右の小川投手へ継投します。

東大和3番手の小川投手

その5回裏、日大三は先頭8番・前田選手がレフトへ2塁打で出塁、3塁まで進みますが、ここは後続続かず追加点は入りません。
2 齊藤 捕邪飛
5 金子 一ゴロ→3塁へ
4 木代 三ゴロ

日大三は6回裏も2死から、5番・飯村選手がライトフェンス直撃の2塁打を放ちますが無得点。
8点差のままで7回表の東大和の攻撃を迎えます。

円陣を組み気合を入れる東大和ナイン

2点以上を取らないと、規定でコールドゲームになる東大和は、先頭4番・岡選手がセンター前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁の岡選手

しかし続く石坂選手が8球粘るもサードゴロ併殺打。
それでもあきらめない東大和は、倉石選手がライト前ヒットで出塁すると、森選手もセンター前ヒットと意地を見せますが、森選手は2塁を狙いタッチアウト。
8-0で日大三がコールド勝ちを納めました。

まず勝った日大三。
直接観戦するのは昨秋以来ですが、先発の中村投手、選抜で140キロオーバーを記録していましたが、秋とはストレートの威力や雰囲気が一段と成長していました。
7回こそ反撃にあったものの、危なげないピッチングで7回を完封しました。

打線は相変わらず好機に畳みかける集中打はさすが。
長打力もついてきていますし、2季連続甲子園に向かっていい調整が出来ていると感じました。

一方敗れた東大和。
総合工科戦に続いて観戦しました。
正直、力の差はあるかなと思ってましたが、どこまで日大三にくらいつけるかと見ていましたが、中盤まではほぼ互角の内容。

前半から球数も多かったエース三井投手が4回に捕まると、一気に突き放されましたが上位勢相手にも戦い方によっては十分勝負になるという自信も得れたのではないかと思います。
野手陣も中村投手に抑え込まれていましたが、7回には3安打を集中。

夏までにもう少し力強さも必要かと思いますが、西東京の夏を日大三と共に熱く盛り上げてくれることを期待しています。

Advertisement

スコア

東大和
000 000 0=0
100 700 x=8
日大三

7回コールドゲーム

東 三井、吉崎、小川 - 石坂
日 中村 - 齊藤

東 H6 E0
日 H9 E0

本塁打
日 中村③

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
東大和

 

選手名 第一打席 第二打席 第三打席
5 島崎 空振三振 右前安打 中飛
7 山上 二安打 空振三振 一邪飛
3 弓場 一ゴロ 中飛 見逃三振
9 岡 見逃三振 二ゴロ 中前安打
2 石坂 投ゴロ 投ゴロ 三ゴロ併殺打
8 倉石 空振三振 遊ゴロ 右前安打
4 森 右安打 二直 中前安打
6 後藤 三ゴロ 右飛
1 三井 捕邪飛
1 吉崎
H 上山 空振三振
1 小川

日大三

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
5 金子 左前安打 四球 左前安打  一ゴロ
4 木代 四球 空振三振 (吉)左中間二塁打(1) 三ゴロ
6 日置 中飛 中飛 四球 遊ゴロ
8 大塚 四球 四球 中前安打(2) 中飛
3 飯村 左犠飛(1) 左飛 二ゴロ 右越二塁打
1 中村 二ゴロ 遊ゴロ 左本塁打(3) 左飛
7 上野 左線二塁打 右線二塁打 凡退
9 前田 右飛 投犠打 (小)左二塁打
2 齊藤 中飛 中前安打(1) 捕邪飛

投手成績

東大和

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 三井 3 1/3 5 4 0 2 4
10 吉崎 2/3 3 1 0 6 4
11 小川 2 2 0 0 0 0

日大三

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 中村 7 6 0 6 0 0