[ 二次戦・一回戦 ] 京都成章 VS 京都翔英

2017年5月4日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英
8 大谷
4 山本
6 阿部
2 川本
5 新田大
9 林ヶ谷
3 岡田
1 内橋
7 田中

京都成章
4 山本
6 椎原
3 茂木
7 川岸
9 井上
2 北田
5 江頭
1 北山
8 西畠

昨秋は共に二次戦に進出した実力チーム同士の対戦。
まず先攻は京都翔英。

先発のマウンドは洛星戦で圧巻の投球を見せたエース北山投手。

成章エースの北山投手

1回表、翔英は1死から、2番・山本選手が四球で出塁すると、続く阿部選手のライト前ヒットを成章・井上選手が後逸してしまい、その間に山本選手がホームイン。
1-0と翔英がリードします。

「先制打」を放ち2塁へ進塁する阿部選手

代わって守りにつく翔英はエース内橋投手が先発。
力強さも増したストレートと変化球のコンビネーションで2つの三振を奪い、三者凡退。上々の立ち上がりを見せます。

翔英エースの内橋投手

成章は2回裏。
先頭4番の川岸選手が四球で出塁すると、ボークで2塁へ進塁。
5番・井上選手の左中間を破る二塁打でホームに還り1-1の同点に追いつきます。
この回さらに2死満塁と勝ち越しのチャンスを作りますが、後続続かず同点止まりとなります。

同点二塁打の井上選手(サード狙いタッチアウトでベンチに戻るシーン)

続く3回裏も成章は先頭2番・椎原選手がレフト線へ二塁打を放ちチャンスメイクしますが、期待のクリーンアップが抑えられ無得点に終わります。

しっかりと耐えた翔英は4回表、1死から6番・林ヶ谷選手がレフト線を破る長打・・・
かと思われましたが、ファールと判断したかスタートを切っておらず単打に終わります。
これが影響したのが続く岡田選手のセンターオーバーの二塁打で、林ヶ谷選手一気に本塁を狙いますが、成章の中継プレーが早くタッチアウト。
二塁まで進んでいれば・・・と思いたくなるプレーで翔英絶好のチャンスを逃します。

林ヶ谷選手がホームでタッチアウト

両者譲らず1-1のまま前半5回を終了し、グラウンド整備明け直後の6回表、試合が動きます。

翔英は先頭4番・川本選手からの打席。
2球目がキャッチャーへのファールフライ・・・かと思われましたが、成章・北田捕手がミットに当てますが捕球しきれずファールとなった直後、ライトスタンドへ大きなソロホームラン。
2-1と翔英が勝ち越します。

勝ち越しホームランの川本選手(右から二人目)

しかし直後の6回裏、1死から6番・北田選手のサードゴロを翔英・新田選手がファーストへ悪送球。この間に北田選手一気に3塁まで進むと、続く江藤選手がセンター前に同点タイムリーヒットを放ちすかさず同点に追いつきます。

江藤選手の同点タイムリーヒット

両投手100球を大きく超える中、終盤も相手を寄せ付けませんが、9回表、翔英が大きなチャンスを作ります。

先頭8番・内橋選手が四球で出塁すると、犠打と内野安打で1死13塁の絶好の勝ち越しのチャンス。
さらに2番・山本選手の打席で、ファーストランナーの大谷選手が二盗を決め1死23塁とさらにチャンスが拡大しますが、山本選手のファーストゴロで、三塁ランナーの内橋選手が飛び出してしまい、三本間に挟まれアウト。
決定機を生かすことができず無得点に終わります。

終わりは突然でした。
9回裏、2死から成章は2番・椎原選手、3番・茂木(しげき)選手の連打で13塁のチャンス。
ここで迎えるはここまでノーヒットも頼れる主砲・川岸選手。

翔英バッテリーも1ボール2ストライクと追い込みながら、外角に際どく攻めましたが4球目。
まさかの暴投で三塁ランナーの椎原選手がサヨナラのホームイン。
京都成章が昨夏チャンピオン、秋も準優勝でこの大会も優勝候補の一角だった京都翔英を倒してベスト8に進出。
夏のシード権を獲得しました。

サヨナラ勝利に沸く成章椎原選手(左端)、川岸選手(右から二人目)

まず勝った成章。
翔英を相手に一歩も引かず堂々たる戦いぶり。がっぷり四つに組んでの勝利は実力がないと出来ない芸当。
今期の成章が十分甲子園を狙える実力を持っていることを示したと思います。

しかし反省点は10奪三振、2失点に強打の翔英を抑えた北山投手。
この試合与10四死球を与え、終わってみれば170~80球を数える投球数になっていました。
京都の頂点を狙うため、夏は連投もありますので、次回は制球面でも微調整が出来るところを見せて欲しいと思います。

敗れた翔英、秋にも感じましたがやや「雑」なところが見受けられるのが気になるところ。
翔英の場合、このチームカラーは良い方に進むこともあるのですが・・・

この試合では4回の林ヶ谷選手のレフト線を破ったにも関わらず・・・の場面に、9回の決定機等。
やや厳しい評価とさせて頂いたのも、このチームも十分甲子園を狙う力はありますし、翔英は次に甲子園にいけば必然的に「3度目の正直」で甲子園での勝利を回りも意識すると思います。

そこではミスをした方が不利になることは間違いありません。
良く考えればこの大会、早い時点でミスをした方が負けるという、全国大会のような厳しさを経験できたとも言えると思います。
試合終了時、内橋投手が泣き崩れていたことが印象的でした。

胸に喫する想い、夏の大会で存分に発揮して欲しいと思います。

京都翔英
100 001 000=2
010 001 001x=3
京都成章

翔 内橋 - 川本
成 北山 - 北田

翔 H6 E3
成 H9 E2

本塁打
翔 川本①

【打撃成績】

京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 大谷 四球
牽制死
空振三振 四球 見逃三振 二安打
二盗
4 山本 四球 三ゴロ 遊直 四球 一ゴロ
6 阿部 右前安打
右失(1)
四球
牽制死
中飛 左前安打
2 川本 四球 空振三振 右越本塁打(1) 投飛
5 新田大 牽制悪送球
二直
一邪飛 空振三振 空振三振
97 林ヶ谷 一飛 左線安打 四球 二ゴロ
3 岡田 左飛 中越二塁打 二ゴロ 空振三振
1 内橋 空振三振 空振三振 空振三振 四球
7 田中 四球 見逃三振 四球
R9 高田海 牽制死 投前犠打

京都成章

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
4 山本 見逃三振 中飛 空振三振 遊ゴロ 二ゴロ
6 椎原 空振三振 左線二塁打 二ゴロ失 中飛 遊安打
3 茂木 二ゴロ 中飛 空振三振 中前安打 右前安打
7 川岸 四球 一ゴロ パスボール
空振三振
左飛 パスボール(1)
9 井上 ボーク
左越二塁打(1)
死球 空振三振 遊ゴロ
2 北田 二直 左前安打 三ゴロ失 空振三振
5 江頭 右前安打 投前犠打 中前安打(1) 投ゴロ失
1 北山 右前安打 中飛 投前犠打 右飛
8 西畠 四球 左飛 三邪飛
H 今井 二ゴロ

【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
内橋 8 2/3 9 3 7 3 2

京都成章

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
北山 9 6 10 10 2 1

スポンサードリンク