[ 二次戦・一回戦 ] 綾部 VS 乙訓

2017年5月3日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

綾部
8 材木
4 中島
3 湯浅
6 梅原
7 津田
2 曽根
9 河村
1 四方裕
5 蘆田

乙訓
8 大森
4 大上
9 吉田
5 池田
3 大西
6 片岡
2 牧
7 横山
1 冨山

昨秋はまさに一戦ごとに力をつけベスト4進出。
快進撃を見せこの春も、選抜前の練習試合では強豪の滋賀学園にも勝利したという乙訓と、北部で最近安定した強さを見せる綾部の公立勢の一戦。

先攻は綾部、乙訓の先発は昨秋も活躍した、背番号11、左腕の冨山投手。

乙訓先発の冨山投手

1回表、綾部は先頭の材木(ざいき)選手がレフト前ヒット、続く中島選手もライト前ヒットと2安打を放ちますが、攻撃がちぐはぐで無得点に終わります。

代わって守りにつく綾部の先発はエース右腕、四方投手。
1回裏、乙訓は先頭の大森選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く大上選手が四球でつなぎチャンスを作ります。

綾部エースの四方投手

しかし続く3番・吉田選手は何度かバントの構えを見せるも決めることが出来ず、結果セカンドゴロ併殺打でチャンスをつぶし無得点に終わります。

両チームチャンスを生かすことができなかった初回。
試合が動いたのは直後の2回表の綾部でした。

2死後、7番・河村選手が左中間を破る三塁打で出塁すると、続く四方選手がセンター前に弾き返し1点を先制します。

綾部四方選手の先制タイムリーヒット

直後の2回裏の乙訓。
先頭5番の大西選手が四球で出塁しますが、またもしっかりと送ることが出来ず、結果「三振ゲッツー」などチグハグな攻撃が目立ちチャンスを生かせません。

3回途中ですでに60球に到達していた冨山投手に代え、秋はエースナンバーをつけていた川畑投手が背番号10で2番手のマウンドへ上がります。

乙訓2番手の川畑投手

1死13塁というピンチでしたが、ここは川畑投手が踏ん張り、綾部はさらに追加点のチャンスを生かすことができません。

すると直後の3回裏、乙訓は先頭1番・大森選手の内野安打を皮切りに、1死2塁から3番・吉田選手の左中間を破る二塁打で1-1の同点に追いつきます。

吉田選手の二塁打で大森選手が同点のホームイン

しかし流れは綾部。
前半終了間際の5回表、先頭3番・湯浅選手がセンター前ヒットで出塁すると、4番・梅原選手の右中間への二塁打で無死23塁と絶好の勝ち越しのチャンスを作ります。

1死後、6番・曽根選手がレフト前に2点勝ち越しタイムリーヒットを放つと、河村選手、四方選手の連打でさらに1点を追加。
蘆田選手のスクイズも決まりこの回一気に4点を勝ち越し5-1で綾部がリードして前半を終了します。

曽根選手の2点タイムリーヒット

グラウンド整備明けた6回裏、乙訓は先頭6番・片岡選手がレフト前ヒットで出塁すると、四球などで2死満塁のチャンスを作りますが後続続かず無得点に終わります。

続く7回裏も乙訓は1死後、4番・池田選手が右中間を破る二塁打で出塁するも、5番・大西選手のショート後方への飛球(ヒットか飛球かという当たり)で、池田選手が飛び出してしまい、結果ショートフライ併殺打となり、またもチャンスを生かすことができません。

綾部は8回表、先頭1番・材木選手がセンター前ヒットを放つと、犠打と四球で1死満塁の追加点のチャンスを迎えますが後続続かず無得点。
両チーム決定機を逃し5-1で綾部がリードしたまま最終回の攻防へ入ります。

3塁へ進む材木選手

9回表のマウンド、乙訓はエースナンバーの右腕・田中投手がマウンドへ上がります。
代わり端、綾部の攻撃をきっちりと三人で抑えて、9回裏の乙訓の攻撃を待ちます。

乙訓エースの田中投手

追い詰められた乙訓。
9回裏は1番からの功打順。1死後、2番大上選手が四球で出塁しますが、反撃もここまで。
後続続かず無得点に終わり、5-1で綾部が勝利しベスト8入りを果たしました。

この試合、秋の実績だけを見れば「格上」の乙訓に綾部が挑む構造でしたが、試合は終始綾部が流れも掴んで支配し続けた印象でした。

特に14安打を放った打線ですが、秋には龍谷大平安打線も抑えていた乙訓・冨山投手らから「ラッキーヒット」ではなく芯に捉えた打球が多く思いました。
先発した四方投手も手元でカウントしていると140球を超える熱投でしたが、最後まで球威も衰えず勝利に大きく貢献しました。

一方の乙訓。
この試合は秋に感じた勢いは残念ながらなく、この試合に関して言えば完全な「力負け」に終わってしまいました。
特に初回、2回の走者が出た後に、バントを狙うのですが上手く決めることが出来ず、結果カウントを悪くして強攻策に出てそれが裏目に出る等、打線の繋がりが機能しませんでした。

それでも先発の冨山投手、2番手の川畑投手ともに秋より力強さも出てきましたし、体格のいい田中投手と投手陣も豪華になっていますし、この試合は乙訓にとって「上手くいかなかった」ゲームだと思います。
この内容が実力ではないと思いますので、夏巻き返しを期待したいです。

綾部
010 040 000=5
001 000 000=1
乙訓

綾 四方裕 - 曽根
乙 冨山、川畑、田中 - 牧

綾 H14 E1
乙 H7 E0

【打撃成績】

綾部

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 材木 左前安打
牽制死
空振三振 中前安打 左飛 中前安打
4 中島 右前安打 四球 遊ゴロ 二飛 投前犠打
3 湯浅 空振三振 右前安打
二盗
中前安打 見逃三振 四球
6 梅原 空振三振 投飛 右中間二塁打 右前安打 四球
7 津田 遊ゴロ (川)二ゴロ 三ゴロ 二ゴロ 遊飛
2 曽根 二飛 空振三振 左前安打(2) 三ゴロ 中飛
9 河村 左中間三塁打 二ゴロ 中前安打 四球 (田)左飛
1 四方裕 中前安打(1) 投ゴロ 左越二塁打(1) 一前犠打 左飛
5 蘆田 右前安打 四球 投前犠打(1) 二ゴロ 空振三振

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 大森 中前安打 二安打 二強襲安打
二盗死
四球 左飛
4 大上 四球 三前犠打 空振三振 左飛 四球
9 吉田 二ゴロ併殺打 左中間二塁打(1) 四球 二飛 中飛
5 池田 見逃三振 中飛 中前安打 右中間二塁打 一邪飛
3 大西 四球
盗塁死
四球 空振三振 遊飛併殺打
6 片岡 空振三振 左飛 左前安打 四球
2 牧 遊ゴロ失 一邪飛 四球 中飛
7 横山 パスボール
四球
二飛 投前犠打 空振三振
1 冨山 空振三振
1 川畑 右飛 空振三振
H 渋谷 右飛

【投手成績】

綾部

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
四方裕 9 7 9 7 1 1

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
冨山 2 1/3 6 1 3 1 1
川畑 5 2/3 8 4 1 4 4
田中 1 0 0 1 0 0