花園 VS 布施

花園 VS 布施

2016年4月16日、春季大阪大会二回戦

花園中央公園野球場

【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。

布施

7 背番号7
4 背番号4
2 背番号2
9 背番号9
5 背番号5
3 背番号14 オカダ
6 背番号6
8 背番号8
1 背番号1

花園

7 背番号7
4 背番号4
2 背番号2
6 背番号6
3 背番号3
8 背番号8
5 背番号5
9 背番号9
1 背番号1

まず守る花園はエースナンバーの左腕が先発。

花園先発のエース左腕
花園先発のエース左腕

布施は2死から3番・捕手がレフト前ヒットで出塁しますが、続く4番・背番号9の選手がセカンドゴロに倒れ無得点に終わります。

直後の1回裏の花園の攻撃。
布施はエース右腕が先発します。

布施先発のエース右腕
布施先発のエース右腕

花園も2死後、3番捕手が四球で出塁すると、4番・背番号6の選手がライト前にヒットを放ち、2死12塁とチャンスを作りますが、5番・背番号3の選手がセカンドフライに倒れ無得点に終わります。

花園は続く2回裏、2死から8番、9番打者が連続四球で出塁。
続く1番・背番号7の選手が空振り三振!
というシーンでしたが、捕手がやや後ろに逸らし、ランナーは降り逃げ狙いでファーストへ。
ここで、布施の捕手からファーストへの送球が悪送球になり、花園は2死からノーヒットで1点を先制します。

空振り三振!も捕手が後ろへ逸らし降り逃げ!
空振り三振!も捕手が後ろへ逸らし降り逃げ! 
背番号9の選手が先制のホームイン!
背番号9の選手が先制のホームイン!

さらに13塁から、2番・背番号4の選手がライト前にタイムリーヒットを放ち2-0と花園がリードを広げます。

ライト前タイムリーヒットの花園背番号4の選手
ライト前タイムリーヒットの花園背番号4の選手

2点を先制された布施は直後の3回表。
1死から9番・投手がレフト線へ2塁打を放ちます。

布施、先発投手がレフト線2塁打で出塁
布施、先発投手がレフト線2塁打で出塁

続く1番・背番号7の選手もセンター前に弾き返し、布施が1点を返し1-2とその差を1点とします。

布施、背番号1の選手がホームイン!
布施、背番号1の選手がホームイン!
タイムリーヒットの背番号7の選手
タイムリーヒットの背番号7の選手

後続が続かず、布施3回の攻撃は1点に終わると4回裏、花園は1死から8番・背番号9の選手が四球で出塁すると犠打で2死2塁となり、1番・背番号7の選手のセンターへの飛球はフライアウトかと思いましたが、センター追いつけずセンター前ヒットとなり、1点を追加。
再び3-1と花園のリードは2点と変わります。

3点目のタイムリーヒットの花園背番号7の選手
3点目のタイムリーヒットの花園背番号7の選手

グラウンド整備明けの6回表。
貴重な次の追加点を挙げたのは布施でした。

この回先頭の2番・背番号4の選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロの間に2死3塁と進塁します。
ここで5番・背番号5の選手のサードゴロを、花園三塁手がトンネルしてしまい布施が1点を返し2-3とその差を1点とします。

布施、2点目のホームイン!
布施、2点目のホームイン!

6回裏の花園は、この回先頭の6番・背番号8の選手がレフト前ヒットで出塁。
犠打と内野ゴロで2死3塁としますが、9番・背番号1の選手が空振り三振に倒れ無得点に終わります。

すると直後の7回表、ここまで粘投が光った花園エースにアクシデント!
投球練習中に軸足をつったようで、マウンドに倒れこんでしまいます。

足をつったあと、軽く投球練習する花園エース左腕
足をつったあと、軽く投球練習する花園エース左腕

1死後、8番・背番号8の選手のセカンドゴロを失策で出したところで、再び、足にアクシデントが起きたようでマウンドにナインが集まります。

タイムが取られ水分をエース左腕に渡す
タイムが取られ水分をエース左腕に渡す

ここを踏ん張り、7回表を無失点に抑えると、7回裏から、布施は背番号5の右腕が2番手のマウンドへ上がります。

布施2番手の背番号5の右腕
布施2番手の背番号5の右腕

しかしいきなり花園1番・背番号7の選手にレフト線を破る2塁打を許しますと、続く背番号4の選手がセンター前ヒットで無死13塁と花園が追加点のチャンスを作ります。

3塁へ進塁する花園背番号7の選手
3塁へ進塁する花園背番号7の選手

ここで3番・背番号2の選手がセンターへ犠牲フライを放ち4-2と花園が再び2点リードとします。

花園4点目のホームイン!
花園4点目のホームイン!

一進一退の攻防を広げる好勝負となったこの試合。
8回表、布施も2死から粘りを見せます。

3番・背番号2の選手がライト前にヒットで出塁すると、続く4番・背番号9の選手がレフトオーバーの2塁打を放ち、ファーストランナーが生還し3-4と再び1点差に詰め寄ります。

布施3点目のホームイン!
布施3点目のホームイン!
タイムリー2塁打の布施主砲・背番号9の選手
タイムリー2塁打の布施主砲・背番号9の選手

しかし花園も8回裏、粘る布施を突き放しにかかります。

1死から7番、8番打者が連続四死球で出塁すると、9番投手が犠打で送り、2死23塁とチャンスを広げます。
ここで1番背番号7の選手がセンター前に弾き返し6-3とこの試合、最も大きな差がつきます。

センター前タイムリーを放ち花園が2点を追加
センター前タイムリーを放ち花園が2点を追加

粘る布施打線を、9回表、花園のエース左腕が2つの三振を含む力投を見せ、無得点に押さえ6-3で花園が勝利しました。

地元花園の登場というだけあって、第一試合の大阪桐蔭戦の熱気を上回るスタンドの盛り上がり。
ほぼ実力は同じと思えたこの試合、実力伯仲の好勝負になりました。

同じ試合を再現するのがこれほど難しい試合もないと思われるほど、両チームとも春季とは思えないほど、死力を使い果たしたかのような激闘。

特に花園エース左腕。
この時期であれば、足のアクシデントでもムリをする時期ではないと思いますが、最後まで投げきり被安打6、奪三振4、与四死球0の3失点という力投でした。

花園、これからさらなる強敵が待ち受けますがスタンドの熱い声援に応えるためにも頑張って欲しいと思います。
また敗れた布施。
実力に大差はなかったと思います。

夏までに課題をクリアして、悔いの無い集大成を作り上げて欲しいと思います。

布施
001 001 010=3
020 100 12x=6
花園

布 背番号1、5ー背番号2
花 背番号1ー背番号2

布H6 E1
花H8 E4