[ 決勝 ] 大阪桐蔭 VS 滋賀学園

2015年11月1日、秋季近畿大会決勝

皇子山球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

大阪桐蔭

6 中山
4 永廣
5 吉澤
7 三井
3 古寺
9 越智
8 川中
2 栗林
1 高山

滋賀学園

9 徳留
4 井川
2 後藤
3 馬越
5 松岡
8 西村
7 山口
6 小浜
1 神村

いよいよ近畿の頂点を争う一戦。
まず守る滋賀学園の先発は1年生エース右腕の神村投手。

滋賀学園エース右腕の神村投手
滋賀学園エース右腕の神村投手

1回表の大阪桐蔭は先頭の中山選手が死球で出塁。
2死後、盗塁を成功させ、さらに後藤選手の送球が外野に逸れている間に3塁へ進みますが、4番三井選手がサードへのファールフライに倒れ無得点に終わります。

対する大阪桐蔭の先発はエース左腕の高山投手。

大阪桐蔭の左腕エース高山投手
大阪桐蔭の左腕エース高山投手

1回裏の滋賀学園。
先頭の徳留選手が初球をライト前へ運び無死1塁のチャンスを作ります。
続く井川選手が犠打で送ったあと、3番の後藤選手がライト前ヒットで1死13塁とチャンスを広げ、主砲の馬越選手を迎えます。

頭上でバットを回す姿が印象的な馬越選手
頭上でバットを回す姿が印象的な馬越選手

しかしここはセカンドゴロ。
併殺打かと思われましたが、二塁への送球が逸れてしまい徳留選手が先制のホームを踏みます。

先制のホームを踏んだ徳留選手(背番号9)
先制のホームを踏んだ徳留選手(背番号9)

1点を先制した滋賀学園は2回裏も、1死から7番の山口選手、続く小浜選手が連打で1死12塁とチャンスを作りますが、神村選手が投手ゴロに倒れ無得点に終わります。

序盤、試合のペースを握った滋賀学園は、4回裏先頭の4番、馬越選手からの攻撃。

ライト線へ2塁打を放った瞬間
ライト線へ2塁打を放った瞬間

上手く外角のボールを逆らわずに右方向へ。
ライト線を破る2塁打となります。

2塁へスライディングする馬越選手
2塁へスライディングする馬越選手
2塁塁上の馬越選手
2塁塁上の馬越選手

続く松岡選手が三振に倒れますが、6番の西村選手の投手前への犠打が内野安打となり、さらに盗塁も決め1死23塁と絶好の追加点のチャンス。

しかしここは大阪桐蔭の高山投手が、山口選手、小浜選手をそれぞれゴロアウトに抑え、滋賀学園追加点を奪うことができません。

4回を終えてまだ無安打の大阪桐蔭は、5回表の攻撃。
5番の古寺選手からの攻撃ですが、センターオーバーの3塁打。
チーム初安打がいきなり同点のチャンスとなります。

3塁打の古寺選手(右端)
3塁打の古寺選手(右端)

この後、越智選手は三振に倒れますが、7番川中選手が四球で1死13塁となり、8番の栗林選手を迎えます。
栗林選手はショートゴロに終わりますが、アウトカウントを間違えていたのか、なぜか滋賀学園の小浜選手はファーストへ送球。

この間に古寺選手がホームインし1-1の同点に追いつきます。

ホームインしベンチに戻る古寺選手(背番号3)
ホームインしベンチに戻る古寺選手(背番号3)

同点に追いつかれた直後の滋賀学園。
5回裏は2死から2番の井川選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く後藤選手もショート強襲安打で2死12塁のチャンスを作りますが、4番馬越選手がセカンドゴロに倒れ無得点に終わります。

5回を終えて、滋賀学園が8安打を放ち、勝ち越しのチャンスをたびたび迎えるも、土俵際で大阪桐蔭の高山投手が踏ん張るといった展開になります。

グラウンド整備明けの6回表、大阪桐蔭は先頭の1番中山選手が四球で出塁。
1死後、3番の吉澤選手がレフト前ヒットで1死13塁と勝ち越しのチャンスを作りますが、三井選手がショートゴロ併殺打に倒れ無得点に終わります。

大阪桐蔭の主砲三井選手
大阪桐蔭の主砲三井選手

試合はこのまま9回表の大阪桐蔭の攻撃を迎えます。
ここまで滋賀学園の神村投手の前に2安打に抑えられていた桐蔭打線は、先頭の2番永廣選手がレフト前ヒットで出塁すると、続く吉澤選手の右中間への当たりで、一気に永廣選手がホームインし1点を勝ち越します。

勝ち越しタイムリーヒットの吉澤選手
勝ち越しタイムリーヒットの吉澤選手

さらに4番三井選手が犠打で1死3塁とすると、この試合チーム初安打を放っていた5番の古寺選手がセンターへ犠牲フライを放ち、3-1とリードを広げます。

吉澤選手が3点目のホームイン
吉澤選手が3点目のホームイン

2点差を追う展開になった9回裏の滋賀学園。
先頭の7番山口選手が四球で出塁すると、1死の後、9番神村選手の代打に背番号11の武井選手が打席に。
死球で1死12塁となります。
さらに、1番の徳留選手がレフト前にヒットで1死満塁となります。

続く2番井川選手のレフト線への飛球が犠牲フライになり、滋賀学園2-3と1点差に追い上げます。

ホームインした山口選手
ホームインした山口選手

最後まで強豪大阪桐蔭相手に食い下がる滋賀学園ですが、続く3番後藤選手がフルカウントまで粘りますが、最後は空振り三振。

大阪桐蔭が12年ぶり2度目の優勝を果たしました。

優勝直後の高山投手(帽子を脱いでいる中央の選手)
優勝直後の高山投手(帽子を脱いでいる中央の選手)
近畿大会4度目の校歌を歌う大阪桐蔭ナイン
近畿大会4度目の校歌を歌う大阪桐蔭ナイン
優勝インタビューを受ける西谷監督
優勝インタビューを受ける西谷監督

優勝した大阪桐蔭。
優勝した瞬間の高山投手のマウンドでの小さなガッツポーズがこの試合の厳しさを物語っていました。

この大会通じ、感じたのは近畿屈指の強打線を持ちながら、あと一本が出ないもどかしさ。
この試合も神村投手を捕まえられそうで、最後までその術中に抑えられてしまった印象を受けました。

しかし、最後には力ずくで勝利をもぎとった印象。
これが大阪桐蔭らしいといえばらしい勝利でした。

次は明治神宮大会で関東大会の覇者との対戦。
一帯、今年の近畿勢が、全国の強豪相手にどんな試合をしてくれるのか非常に楽しみです。

一方敗れた滋賀学園。
前半にあと一本が欲しい試合でした。

しかしここまでの健闘はお見事。
1回戦で、大阪桐蔭を直接対決で倒し、大阪1位で近畿大会に乗り込んできた大商大堺戦で投打に圧倒して勝利し、高校野球ファンを驚かせてくれた後、報徳学園、龍谷大平安といった近畿を代表する強豪チームを倒しての準優勝は見事の一言。

この活躍でセンバツはノーマークとはいかないと思いますし、厳しい戦いになるかもしれませんが、センバツでも神村投手を中心にしっかりと守り上位進出を目指して欲しいと思います。

滋賀県勢初の秋季近畿大会優勝はおあずけとなりましたが、この秋の滋賀学園の旋風はしっかりと記憶に残りました。

大阪桐蔭
000 010 002=3
100 000 001=2
滋賀学園

桐 高山 ー 栗林
滋 神村 ー 後藤

桐 H4 E1
滋 H11 E1