[ 一次戦代表決定戦 ] 安田学園 VS 日大櫻丘

[ 一次戦代表決定戦 ] 安田学園 VS 日大櫻丘

2018年9月22日
秋季東京大会一次戦 第18ブロックBグループ
代表決定戦 佼成学園G

スタメン

※グラウンドアナウンスをメモしていますので聞き間違いなどあるかもしれません

安田学園
8 9井上L
6 6伊澤L
4 5熊本R
9 8タガミ?L→3 13
7 7安藤R
2 2細川R
3 3木之内R→9
5 15カトウR
1 10ツノダR→1 1 ノハラ

日大櫻丘
8 8オオタL
6 6オオモリ
5 7シゲミズL
3 3ヤマモトR
7 10川端R
9 11キムラ?R
2 2オギノR
1 1宮崎→H 5L→1 15タカハラ
4 小暮L

観戦記

夏の東東京大会ベスト8の安田学園と、古豪日大櫻丘の一戦。

まず守る日大櫻丘はエース右腕・宮崎投手が先発。

日大櫻丘先発の宮崎投手

1回表、安田学園は1死から2番・伊澤選手がセンター前ヒットで出塁しますが、後続続かず無得点に終わります。

代わって守りにつく安田学園の先発は、背番号10番、右のツノダ投手。

安田学園先発のツノダ投手

1回裏、日大櫻丘は先頭オオタ選手が四球で出塁。
その後盗塁に失敗し、走者無しの場面で2番オオモリ選手が右中間を破る3塁打で出塁。
しかし後続続かず無得点と、ややちぐはぐな攻撃でチャンスを生かすことができませんでした。

2回は両チームとも得点圏に走者を進めるも、お互いにあと一本が出ずに無得点。
0-0のまま迎えた3回表。

安田学園は9番ツノダ選手が四球で出塁すると、犠打と敵失で1死13塁の好機を作り、3番・熊本選手のライト前タイムリーヒットで1点を先制します。

熊本選手のライト前タイムリーヒット

尚2死満塁と場面が変わり、さらに6番・細川選手がレフト前に2点タイムリーヒット。
この回3点を先制します。

細川選手のタイムリーヒット

安田学園は4回表も、先頭8番カトウ選手がセンター前ヒットで出塁すると、犠打で進塁。
さらに1番・井上選手が犠打で送ろうとしますが、宮崎投手が焦ったか、ファーストへ悪送球。
1点を追加。

さらに1死2塁から2番・伊澤選手が三塁方向へセーフティバントを決め、13塁とすると3番・熊本選手がライトへ犠牲フライ。
この回2点を加え5-0とリードを広げます。

井上選手が5点目のホームイン

しかしその直後、4回表でした。
日大桜丘は1死から4番ヤマモト選手、5番・川端選手がセンター前に連続ヒットで12塁とすると、6番キムラ(?)選手がレフト線に走者一掃のタイムリー2塁打で2-5とその差を縮めると、7番オギノ選手がレフトへツーランホームラン。

ヤマモト選手が1点目のホームイン
ホームランのオギノ選手がホームイン

一気に4点を返したところで、安田学園はエース右腕ノハラ投手に継投します。

安田学園エース、ノハラ投手

しかし止まらない日大櫻丘。
2死から9番・小暮選手のレフト前ヒットをきっかけに、連続四球で2死満塁と、一打逆転のチャンスを迎えますが、ここはあと一本が出ずに4点止まり。

しかし4-5と一気に1点差へと詰め寄ります。

5回表の安田学園攻撃から、日大櫻丘は背番号15番、右のタカハラ投手へ継投します。

日大櫻丘タカハラ投手

代わり端、タカハラ投手は安田学園を三者凡退。
流れを相手に渡さない素晴らしい「立ち上がり」を見せます。

しかし6回表でした。
安田学園は先頭8番カトウ選手がセンター前ヒットで出塁すると、続くツノダ選手の捕手ゴロをファーストへ悪送球。
これで無死13塁とるすと、1番・井上選手がレフトへ犠牲フライ。
再び6-4とその差を広げ始めます。

カトウ選手が6点目のホームイン

さらに7回表、安田学園は先頭4番のタガミ(?)選手がセンターオーバーの2塁打で出塁。
続く安藤選手がレフト前ヒットで無死13塁とすると、続く6番・細川選手が投手前スクイズ(記録野選)で1点を追加。

さらに無死12塁から犠打で進塁すると、8番カトウ選手がレフトへ犠牲フライ。
この回2点を追加し8-4とリードを再び広げます。

安藤選手が8点目のホームイン

しかし日大櫻丘も諦めません。
直後の7回裏、2死から4番ヤマモト選手、5番カワバタ選手の連続四死球から6番キムラ(?)選手のセンター前ヒットで1点を返し5-8とします。

ヤマモト選手が5点目のホームイン

8回裏の日大櫻丘の攻撃から、安田学園は3人目の背番号11番、右のムコウハラ投手へ継投。

安田学園ムコウハラ投手

2死から9番・小暮コグレ選手にライト前ヒットを浴びますが、後続をしっかりと抑えまずまずの投球内容。

3点差のまま迎えた9回の攻防。
まずは安田学園。

7番・木之内選手が三塁線へセーフティバントを決めると、犠打で進塁、途中出場のムコウハラ選手がライト前ヒットで1点を追加。

さらに1番・井上選手の捕手前の犠打を2塁悪送球の間に、1死13塁とチャンスを広げ2番・伊澤選手のセンターへの犠牲フライでさらに1点。
9回に2点を追加し10-5とします。

伊澤選手の犠牲フライ

その裏、日大櫻丘は先頭2番オオモリ選手がレフト前ヒットで出塁・
盗塁などで2死3塁とすると、5番・川端選手がライト線にタイムリー2塁打で1点。

オオモリ選手がホームイン(捕手右の選手)

さらにキムラ(?)選手もレフト前ヒットで2死13塁と最後まで意地を見せましたが、反撃もここまで。

10-6で安田学園が勝利し、本戦への出場を決めました。

Advertisement

スコア

安田学園
003 201 202=10
000 400 101=6
日大櫻丘

安田学園は本戦出場

安 10ツノダ、1ノハラ、11ムコウハラ - 2細川
日 1宮崎、15タカハラ - 2オギノ

安 H12 E0
日 H13 E5

本塁打
日 オギノ②

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
安田学園

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席
8 9井上L 中飛 一犠打 投ゴロ失(1) 左犠飛(1) 四球 捕ゴロ失
6 6伊澤L 中前安打
二盗死
三ゴロ失 三安打 右飛 投ゴロ 中犠飛(1)
4 5熊本R 右飛 右前安打(1) 右犠飛(1) 二ゴロ 三ゴロ失 三ゴロ失
二盗死
9 8タガミ?L 空振三振 一ゴロ 投ゴロ 中越2塁打 遊ゴロ併殺打
3 13
7 7安藤R 右飛 四球 (タ)捕邪飛 左前安打 中越2塁打
2 2細川R 四球 左前安打(2) 三ゴロ 投野選(1) 二ゴロ
39 3木之内R 右前安打 右飛 右飛 一犠打 三安打
5 15カトウR 投飛 中前安打 中前安打 左犠飛(1) 捕犠打
1 10ツノダR 四球 投犠打 捕ゴロ失
1 1 ノハラ 死球
1 11 ムコウハラ 右前安打(1)

日大櫻丘

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 8オオタL 四球
二盗死
二ゴロ 四球
二盗
二ゴロ 中飛
6 6オオモリ 右中間3塁打 右飛 四球 左飛 左前安打
二盗
5 7シゲミズL 右飛 二ゴロ 遊飛 遊ゴロ 二飛
3 3ヤマモトR 左飛 中前安打 遊飛 四球 空振三振
7 10カワバタR 右飛 中前安打 右飛 死球 右線2塁打(1)
9 11キムラ?R 三ゴロ 左線2塁打(2) 右飛 中前安打(1) 左前安打
2 2オギノR 左中間2塁打 左本塁打(2) 中飛 (ム)左飛 二飛
1 1ミヤザキ 右飛
H 5L (ノ)投ゴロ
1 15タカハラ 中飛 空振三振
4 コグレL 二ゴロ 左前安打
三盗
中前安打
二盗
右前安打
二盗

投手成績

安田学園

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
10ツノダ 3 1/3 6 1 0 4 4
1ノハラ 3 2/3 3 4 0 1 1
11ムコウハラ 2 4 0 2 1 1

日大櫻丘

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1宮崎 4 6 3 1 5 4
15タカハラ 5 6 2 0 5 3