龍谷大平安 VS 立命館

龍谷大平安 VS 立命館

2015年5月17日、春季京都大会2次戦決勝

わかさスタジアム京都

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

立命館

4 大杉
5 小野
9 宮崎
3 奈良
8 松本
6 森本
7 山本
2 西山
1 美馬

龍谷大平安

7 小川
4 久保田
8 城島
3 西川
5 橋本
2 吉村
6 城ヶ原
9 岡田
1 市岡

観戦記

2015年の春季京都大会もいよいよ決勝戦。
快晴のわかさスタジアムで、平安と立命館の対戦となりました。

龍谷大平安試合前恒例のアップ風景
龍谷大平安試合前恒例のアップ風景
立命館の試合前ベンチ風景
立命館の試合前ベンチ風景

平安は背番号17番のサウスポー市岡投手が先発しました。
2年生の選手でセンバツでは野手で出場していましたね。

龍谷大平安先発の市岡投手
龍谷大平安先発の市岡投手

その立ち上がり、四球のランナーを出すも、まずまずの内容で無失点。
目測ですがストレートのMAXは130そこそこは出ている感じですね。

対する立命館は背番号19の美馬投手。
昨日の立命館宇治戦に投げた野口、守山両投手同様の右横手投げの投手です。

トルネードのように体の回転をいかした右横手投げの美馬投手
トルネードのように体の回転をいかした右横手投げの美馬投手

1回裏、平安は2死1塁から、主砲西川選手がレフトオーバーの2塁打で、ファーストランナーの久保田選手(ヒットで出塁)が生還。
まず先制します。
続く橋本選手もレフト線へ2塁打。
初回、クリーンアップの連続長打で平安がまず2点を先制します。

タイムリー2塁打の橋本選手
タイムリー2塁打の橋本選手

2回表の立命館は初回同様ランナーは出すも、大きなチャンスにはならずに無得点に終わります。

2回裏の平安。
1死後、昨日の福知山成美戦に続きスタメン出場の1年生の岡田選手が登場します。

ここで岡田選手は右中間を破る2塁打。
この岡田選手、広島のチームで4番を打っていた選手だそうですね。
確かにがっちりした体系にも将来性を感じます。

2塁打の平安、岡田選手
2塁打の平安、岡田選手

しかしこの回は打線つながらず平安は無得点に終わります。

続く3回裏の平安。
先頭の久保田選手が内野安打で出ると、すかさず盗塁。
決まったかと思いましたが、打者の城島選手が守備妨害と判断されバッターアウト、ランナーもファーストに戻されますが、またもここで主砲西川選手が打ちます。

ピント外れてますが平安西川選手
ピント外れてますが平安西川選手

レフト線へ2打席連続となるタイムリー2塁打。
平安が序盤3回を終え、3-0と優位にゲームを動かします。

対する立命館は4回に反撃します。
この回先頭の小野選手が 死球で出ると、続く宮崎選手が野選気味の内野安打、主砲奈良選手もレフト前に弾き返し無死満塁と絶好のチャンス。

チャンスに盛り上がる立命館ベンチとスタンド
チャンスに盛り上がる立命館ベンチとスタンド

ここで、1死後、森本選手がレフト前に2点タイムリーを放ち1点差に詰め寄ります。

タイムリーヒットの森本選手
タイムリーヒットの森本選手

セカンドランナーがアウトになりますが、2死1塁で山本選手が左中間を破るタイムリー2塁打で立命館が同点に追いつきます。

同点タイムリー2塁打の立命館山本選手
同点タイムリー2塁打の立命館山本選手

ここで平安はピッチャー交代。
市岡選手は3 2/3を投げて2奪三振、3与四死球、被安打5の失点3でした。

平安2番手の大野投手
平安2番手の大野投手

大野投手は同志社戦で先発した2年生投手です。
大野投手が西山選手を打ち取ると、続く4回裏、立命館も立命館宇治戦同様に3イニングごとの投手交代作戦に出ます。

立命館2番手の野口投手
立命館2番手の野口投手

先頭の城ヶ原選手が死球で出塁すると、さきほどの岡田選手がレフト前ヒットでチャンスを拡大。
ここでパスボールがあり無死23塁となりますが、1死後1番打者の小川選手の打球がファースト正面で城ヶ原選手がホームイン。
1点を勝ち越します。

城ヶ原選手が4点目のホームイン
城ヶ原選手が4点目のホームイン
この試合はたびたび原田監督の厳しい叱責が飛びました
この試合はたびたび原田監督の厳しい叱責が飛びました

5回、6回と平安・大野投手が立命館打線を抑えていると、6回裏、平安打線が再び野口投手にたたみかけます。

1死後、小川選手がレフト前ヒットで出塁すると2死後、盗塁。
その後四球でチャンスが拡大し、この試合当たっている主砲の西川選手。

ここでまずパスボールで1点が入った直後、西川選手はレフト前にタイムリーでさらに1点を追加します。

タイムリーヒットの西川選手
タイムリーヒットの西川選手

さらに橋本選手がセンターオーバーのタイムリー2塁打でこの回3点を追加します。

タイムリー2塁打の橋本選手
タイムリー2塁打の橋本選手

7回裏から立命館はエースナンバーの西成投手がマウンドにあがります。

立命館3番手のエースナンバー西成投手
立命館3番手のエースナンバー西成投手

西成投手はいきなり2奪三振と平安打線をしっかりと抑えます。

すると、ここまで代わってから立命館打線を押させてきた大野投手から、2死後、宮崎選手がレフト前ヒットで出塁すると、すかさず盗塁でチャンスを広げたところで、立命館主砲の奈良選手がライト前タイムリーで1点を返します。

左は代走の藤田選手、右がタイムリーの奈良選手
左は代走の藤田選手、右がタイムリーの奈良選手

8回裏の平安も西成投手の前に三振一つを含む三者凡退でいよいよ9回表を迎えます。

ここまで代わってからの大野投手は3奪三振、1与四死球、被安打4の1失点。
この回も簡単に2死を取ると、西成投手のところで代打幣選手がライト前ヒット。
しかし、最後の大杉選手が空振り三振となり、龍谷大平安が5季連続の京都大会優勝。
京都での公式戦はこれで26連勝となりました。

龍谷大平安優勝の瞬間
龍谷大平安優勝の瞬間

試合後閉会式が。

優勝の平安ナイン
優勝の平安ナイン
準優勝の立命館ナイン
準優勝の立命館ナイン

この決勝も平安は高橋投手は温存。
しかし、決して相手を「舐めた」采配とは感じませんでした。
十分に大野投手、市岡投手とも他のチームであれば主戦力になっていても不思議でない選手。

実際に京都翔英に勝った同志社や、立命館宇治を倒した立命館を大野投手も抑えていますからね。

改めて平安の強さが浮き彫りになったと思います。

対する立命館。
絶対的エースが不在というのは夏に向けての不安材料だと思いますが、体格のいい選手も多く、夏も十分に上位に食い込んでくる実力のチームだと思います。

また別途総評を書きますので、決勝戦についての観戦記はここまでとさせて頂きます。

スコア

立命館 000 300 010=4
龍平安 201 103 00x=7