[ 準々決勝 ] 創価 VS 帝京

[ 準々決勝 ] 創価 VS 帝京

2018年4月22日、春季東京大会 準々決勝
神宮第二球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

創価
4 藤井
6 門脇
5 浪川
1 菊池
3 吉澤
9 松田
7 桐越
2 若林
8 古川

帝京
7 笹川
2 竹田
8 志田
5 田中
3 松重→4
9 トラン
1 白石→3→1→3
6 伊藤→1 松澤→3→1
4 遠藤→6

観戦記

秋の二回戦と同じカードになった試合。
その際は帝京が9-3で創価に勝利しています。

帝京が再び退けるのか?
それとも創価のリベンジなるか?

先攻は創価。
帝京の先発は背番号3、左横手の白石投手。

帝京先発の白石投手

創価は先頭・藤井選手が四球で出塁し、門脇選手の犠打で1死2塁のチャンスを作りますが、後続続かず無得点に終わります。

代わって守りにつく創価の先発は、エース右腕の菊池投手。

創価エースの菊池投手

1回裏の帝京の攻撃。
三振2つを含む三者凡退と上々の立ち上がり。

しかし帝京は2回裏、先頭4番・田中選手がライトへソロホームラン。
1点を先制します。

ホームランの田中選手

さらに1死から、6番トラン選手がライト線を破る2塁打でチャンスを作りますが後続続かず、追加点は奪えません。

しかし直後の3回表、創価は先頭9番・古川選手が四球で出塁すると、1番・藤井選手がチーム初安打をレフト前に弾き返し無死13塁のチャンス。

ここで2番・門脇選手はセカンドゴロ。
その間に古川選手が同点のホームを踏み1-1の振り出しに戻ります。

古川選手が同点のホームイン

同点に追いつかれた直後の3回裏。
帝京は先頭9番・遠藤選手が左中間への2塁打でチャンスを作ります。

2塁打の遠藤選手

続く笹川選手が犠打で送り、1死3塁とすると、2番・竹田選手はセンターフライ。
微妙な距離でしたが、創価の中継プレーも素晴らしく遠藤選手はスタートせず。
結果この回、絶好の勝ち越しのチャンスをモノにすることができません。

ピンチを凌いだ創価は4回表。
1死から6番・松田選手がレフト線へ2塁打で出塁すると、7番・桐越選手のセンター前タイムリーヒットでホームイン。
1点を勝ち越します。

桐越選手のタイムリーヒット

さらに創価は5回表も先頭9番・古川選手がファーストへセーフティバントを成功させると、犠打と門脇選手のショート内野安打で1死13塁のチャンスを作り、3番・浪川選手がライト線へ走者一掃の2塁打で2点を追加。

4-1と帝京を突き放します。

浪川選手のタイムリー2塁打

帝京はここで背番号17、右の松澤投手へ継投。
先発の白石投手はファーストの守備につきます。

帝京2番手の松澤投手

尚1死2塁のピンチをしのぎますが、4回、5回と創価の菊池投手がエンジンをかけ直したかのピッチング。

4回、5回で5つの三振を奪い、帝京を寄せつけません。

勢い増す創価はさらに6回表、先頭6番・松田選手がヘルメットかすめる死球で出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁と追加点のチャンスを作ります。

さらに9番・古川選手が四球を選ぶと、1番・藤井選手も死球で2死満塁となり、2番・門脇選手がライト前に2点タイムリーヒット。
6-1で尚2死13塁と場面が変わります。

門脇選手のタイムリーヒット

ここで左の浪川選手を迎えるにあたり、帝京は再度白石投手へ継投。
松澤投手はファーストへ回ります。

しかし浪川選手への初球が暴投で1点を追加。
7-1となると、帝京は再び松澤選手と白石選手の守備位置を交代。

往年の阪神タイガース、遠山投手と葛西投手の継投シーンを彷彿とさせる作戦を見せます。

6回に3点を追加した創価は7回表も2死から、創価は8番・若林選手がライトオーバーの2塁打を放ち2死23塁。

追加点を挙げればコールドゲームが見える展開と、完全に試合の流れを支配します。
(古川選手がセカンドゴロで無得点)

結局帝京はその後、7回から9回まで三者凡退が続きゲームセット。
7-1で創価が、秋のリベンジを果たした格好になりました。

校歌斉唱の創価ナイン

この試合、帝京については前の明大中野八王子戦で感じた不安が的中。
ポテンシャルの高い選手は揃いますが、夏を目前にチームがまだエース含め、どのような体制で戦っていくのか姿が見えてこないまま、春季大会が終わってしまいました。

これから練習試合で夏に向けての調整が始まりますが、大いに課題が残ってしまった大会でした。

ただ繰り返しますが、この大会は背番号17を背負った秋のエース松澤投手や、野手陣も志田選手、田中選手、トラン選手など豊富なコマを揃えています。

一つの歯車が噛み合い始めると、一気に名門復活を実現しても不思議でないチームですので、夏へ期待を持って注目していきたいと思います。

対して創価。
秋も6点差で敗れたといえ、実力差はそこまでないと感じていましたが、この試合では見事にそれを証明してくれました。

春季大会では、昨秋の準優勝チーム、佼成学園に勝利するなど強豪相手にも競り勝ちながらベスト4に進出。

今チームは、菊池投手に浪川選手などポテンシャルの高い選手が多く、久しぶりの甲子園を狙える戦力を持っています。

準決勝の相手は選抜出場の日大三。
夏は同じ西東京で争うライバル。
どのような戦いを見せてくれるのか注目です。

Advertisement

スコア

創価
001 123 000=7
010 000 000=1
帝京

創 菊池 - 若林
帝 白石、松澤、白石、松澤 - 竹田

創 H9 E0
帝 H5 E0

本塁打
帝 田中①

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
創価

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
4 藤井 四球 左前安打 捕犠打 死球 左前安打
6 門脇 一犠打 二ゴロ(1) 遊安打 右前安打(2) 投犠打
5 浪川 二飛 一飛 右線二塁打(2) (白)暴投(1)
四球
空振三振
1 菊池 捕ゴロ 遊ゴロ (松)左飛 (松)左飛 捕逸
見逃三振
3 吉澤 一ゴロ失 二ゴロ 投ゴロ 遊ゴロ 凡退
9 松田 中飛 左線二塁打 死球 空振三振 投ゴロ
7 桐越 捕犠打 中前安打 投犠打 死球 空振三振
2 若林 遊ゴロ 一直併殺打 遊ゴロ 右越二塁打
8 古川 四球 一安打 四球 二ゴロ

帝京

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
7 笹川 空振三振 一犠打 空振三振 一邪飛
2 竹田 空振三振 中飛 空振三振 一邪飛
8 志田 一邪飛 二飛 中飛 二飛
5 田中 右本塁打(1) 空振三振 左前安打 右飛
34 松重 左飛 空振三振 中飛 遊飛
9 トラン 右線二塁打 右飛 右飛
1313 白石 左飛 空振三振 二ゴロ
6 伊藤 右飛
131 松澤 中前安打 右飛
46 遠藤 左中間二塁打 空振三振 中飛

投手成績

創価

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 菊池 9 5 0 8 1 1

帝京

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
3 白石 4 1/3 6 3 0 5 4
17 松澤 4 2/3 3 4 4 2 3