[ 二次戦二回戦 ] 帝京 VS 創価

[ 二次戦二回戦 ] 帝京 VS 創価

2017年10月14日、秋季東京大会二次戦二回戦
神宮第二球場

スタメン

※球場の音声をメモしていますので聞き間違いなどあるかもしれません

創価
6 門脇
4 藤井
9 浪川
1 菊地
2 中野
3 杉田
5 小林
7 大野
8 古川

帝京
8 志田
4 遠藤
6 田中
3 白石
9 トラン
5 笹川
7 藤波
2 竹田
1 松澤

観戦記

初戦は共にコールド勝ちを収めてきた、甲子園出場経験校同士の対戦。

先攻は創価、スタンドにはブラスバンドも入り夏さながらの応援です。

試合前円陣を組む創価ナイン

まず守る帝京の先発はエース松澤投手。

帝京エースの松澤投手

1回表、創価は簡単に2死走者なしとなりますが、3番・浪川選手が高めに入ったボールを鋭く振り抜くと、放物線を描きながらライトスタンドへ。
ソロホームランで創価が1点を先制します。

ソロホームランの浪川選手

代わって守りにつく創価の先発は、エース菊地投手。

創価エースの菊地投手

1回裏の帝京の攻撃を三振1つを含む三者凡退
と上々の立ち上がりを見せます。

しかし2回裏、その菊地投手に制球の乱れが。

先頭4番・白石選手が四球で出塁。
続くトラン選手はスリーバント失敗に終わりますが、6番・笹川選手が四球でつなぐと、7番・藤波選手が死球で出塁し1死満塁とします。

このチャンスに8番・竹田選手はショートゴロに倒れますが、その間に白石選手がホームインし、この回ノーヒットで帝京は同点に追いつきます。

白石選手還り同点

同点に追いつかれた3回表の創価は1死から2番・藤井選手が四球で出塁。
続く先制ホームランを放った浪川選手の打球は角度もよく2打席か、と一瞬思いましたが大きなライトフライに終わります。

この後、菊地選手のショート内野安打で得点圏にランナーをすすめますが創価は無得点に終わります。

するとその裏、帝京は先頭1番・志田選手がライト方向に逆らわず打ち返すと、そのままライトスタンドへ。
勝ち越しホームランで2-1と帝京がリードします。

ソロホームランの志田選手

さらに1死後、3番・田中選手が四球で出塁。
続く白石選手は空振り三振に終わりますが、5番・トラン選手が死球で出塁、2死12塁とします。

このチャンスに6番・笹川選手がライト前に弾き返し1点を追加。2点を勝ち越した帝京が3-1と2点のリードを取ります。

笹川選手のタイムリーヒット

あいにくの天気に10月序盤と思えない肌寒い気象の影響もあるか、ややストレートに伸びを欠いてるように見えた松澤投手は、4回表。

スライダーか、変化球を主体に2三振を奪い、この試合初めて創価の攻撃を三者凡退に抑えます。

するとその直後の4回裏、帝京は先頭8番・竹田選手がセンター前ヒットで出塁。
9番・松澤選手は投手前に犠打を転がしますが、菊地投手はセカンドへすかさず送球。

しかしこれがフィルダースチョイスとなり無死12塁となったところで、創価は背番号14番・右横手の吉澤投手へ継投します。
(菊地選手はレフトへ入ります。)

創価2番手の吉澤投手

代わり端、志田選手がしっかりと送り1死23塁とすると、2番・遠藤選手がライト線を破る2塁打を放ち2点追加。
5-1と帝京がリードを広げます。

松澤選手が還り帝京5点目

しかし創価もすぐに反撃。

5回表、先頭9番・古川選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く1番・門脇選手の当たりは打った瞬間それと分かる打球。

神宮第二球場のライト後方に設置されたバックスクリーン直撃の特大ホームランで3-5と追い上げます。

特大ホームランの門脇選手

両チームランナーを出し続け、落ち着かない展開の中、6回裏、帝京は先頭1番・志田選手がレフト線2塁打で出塁。

追加点のチャンスを作りますが、続く遠藤選手の初球。犠打を見送ると大きく塁上を離れてしまい、中野捕手からの牽制球に刺されアウト。
大きなチャンスを逃し無得点に終わります。

帝京にとってはリードしつつも重い展開の7回裏。

1死から7番・藤波選手がレフト前ヒット。
その打球を途中からレフトの守備に入っていた、菊地選手が後ろへ逸らす間に2塁へ進塁します。

すると2死後、9番・松澤選手がライト前に弾き返し1点を追加。6-3とします。

藤波選手が6点目のホームイン

さらに1番に回り、志田選手がこの試合3安打目をレフト前ヒットでつなぐと、2番・遠藤選手が死球で2死満塁と大きなチャンス。
ここで3番・田中選手の打球はセンター頭上、フェンス一杯の走者一掃、タイムリー2塁打で3点を追加します。

田中選手が走者一掃の2塁打を放つ

創価はここで3人目の背番号10番、右の笹岡投手へ継投します。

創価3番手の笹岡投手

代わった笹岡投手が一打でると、サヨナラコールドとなるピンチを凌ぎますが、この回一挙4点を追加した帝京が、9-3と大きくリードする展開となります。

結局試合はこのまま。
最後は9回裏、創価・古川選手がファーストゴロに倒れ9-3で帝京が勝利しました。

古川選手ファーストゴロでゲームセット

この試合、スコアは大差がつきましたが、試合内容は全くの五分とも言える展開。

特に中盤は創価の大応援が球場を支配し、創価が押し気味に試合を進める場面も見られました。

その創価、3番の浪川選手はホームラン以降も何度も外野にいい角度の飛球を上げ、これからも楽しみな長距離打者。
チームとしても打球が鋭くよく鍛えられている印象を受けました。

先発、菊地投手も3点取られた後、リミッターを外したような力のあるストレートを何球か見せましたが、パワーで押し切る投球もできそうな投手。
2番手、吉澤投手も横手から力のあるボールを投げていましたし、一冬越し、さらに逞しくなったチームに期待したくなる好チームです。

一方勝った帝京。
この秋、これが3試合目の観戦になりましたが、一番松澤投手の調子も上がらない試合だったように思います。

松澤投手は今シーズンの東京を代表する速球派の好投手ですが、そのストレートが走らず、高めに浮くと創価こ打者に鋭く打ち返されました。

それでも悪いなりに変化球に切り替え、打たせて最少失点に抑えることが出来たのはこれからの戦いを考えるといい経験が出来たと言えると思います。

打線も切れ目なくどこからでも得点が取れるチームですので、まだまだ厳しい相手が続きますが、名門復活を目指した戦いを見続けられることを期待したいです。

スコア

創価
100 020 000=3
012 200 40x=9
帝京

創 菊地、吉澤、笹岡 - 中野
帝 松澤 - 竹田

創 H8 E1
帝 H12 E0

個人成績

【打撃成績】

創価

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 門脇 捕邪飛 投ゴロ 右本塁打(2) 遊ゴロ
4 藤井 遊ゴロ 四球 中直 右飛
9 浪川 右本塁打(1) 右飛 中飛 空振三振
17 菊地 四球 遊安打 右線二塁打 一ゴロ
2 中野 三ゴロ 三ゴロ 二飛 中前安打
3 杉田 中飛 空振三振 二ゴロ 投ゴロ併殺打
3 若林
5 小林 三ゴロ 中飛 遊飛 三ゴロ
7 大野 左前安打 空振三振
1 吉澤 三安打
H 中山 見逃三振
1 笹岡
8 古川 空振三振 中前安打 中飛 一ゴロ

帝京

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 志田 二ゴロ 右本塁打(1) 投犠打 左線二塁打
捕牽制死
左前安打
4 遠藤 二ゴロ 一ゴロ 右線二塁打(2) 死球 死球
6 田中 空振三振 四球 左前安打
二盗死
死球 中越二塁打(3)
3 白石 四球 空振三振 四球 二飛 四球
9 トラン 三振
(スリーバント失敗)
死球 右飛 二ゴロ 二ゴロ
5 笹川 四球 右前安打(1) 空振三振 空振三振 中飛
7 藤波 死球 二安打 左前安打 左前安打
左失
二飛
2 竹田 遊ゴロ(1) 中前安打 中飛 左飛 中飛
1 松澤 遊ゴロ 投ゴロ野選 左飛 右前安打(1)

創価

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
菊地 3 0/3 4 5 3 3 5
吉澤 3 2/3 8 4 2 6 4
笹岡 1 1/3 0 1 0 0 0

帝京

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
松澤 9 8 2 4 3 3