[ 二次戦・二回戦 ] 洛星 VS 大谷

2016年9月24日、秋季京都大会二次戦二回戦

太陽ヶ丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

大谷

7 杉浦
6 小笠原
4 本城
3 門脇
8 田中
2 小塚
5 久我
9 西川
1 若駒

洛星

9 藤山
2 内藤
6 松田
8 酒井
5 荻野
1 水江
7 渡辺
4 並川
3 安田

昨秋ベスト8のメンバーも何名か残り、前評判も高い大谷と、わずか10名ながら、すでに二次戦もを倒し勢いに乗る洛星の一戦。

まず守る洛星はエース水江投手が先発。

洛星エース水江投手
洛星エース水江投手

1回表の大谷。

先頭・杉谷選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、内野ゴロ続きで2死3塁と先制のチャンスを作りますが後続続かず無得点に終わります。

1死2塁で注目の本城選手はショートゴロ
1死2塁で注目の本城選手はショートゴロ

代わって守りにつく大谷の先発はエースナンバーの若駒投手。

大谷エースの若駒投手
大谷エースの若駒投手

1回裏の洛星の攻撃。

先頭の藤山選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打と内野ゴロで2死3塁とし、4番・酒井選手がセンター前へ弾き返し、まずは洛星が1点を先制します。

藤山選手が先制のホームイン
藤山選手が先制のホームイン
先制タイムリーヒットの酒井選手
先制タイムリーヒットの酒井選手

1点を追う大谷は3回表。

1死から1番・杉浦選手がセンター前ヒット、続く小笠原選手もレフト前ヒットで12塁とチャンスを広げると、続く本城選手もレフト前へ3連打。

杉浦選手がホームを狙うもタッチアウト。
大谷は絶好の得点機をいかすことができません。

本城選手のヒットで杉浦選手ホームを狙うも、内藤選手がタッチアウト
本城選手のヒットで杉浦選手ホームを狙うも、内藤選手がタッチアウト

その後、互いにランナーは出すものの、両投手が要所を抑え、1-0で洛星がリードしたまま前半の5回を終了します。

洛星・水江投手はここまで被安打5、奪三振2、与四死球1。
大谷の若駒投手は被安打4、奪三振4、与四死球2とほぼ互角といった内容のまま後半戦を迎えます。

1点を追う7回表の大谷は、先頭・若駒選手に、代打・背番号7の今井選手を送ったため、7回裏から背番号10の黒岩投手がマウンドへ上がります。
(今井選手は空振り三振、結局7回表は小笠原選手にヒットが出ましたが大谷無得点。)

大谷・黒岩投手
大谷・黒岩投手

1点を争う好ゲーム。
鍵となる次の1点は洛星でした。

8回裏、洛星は先頭1番・藤山選手が四球で出塁すると、犠打で2塁へ進み、3番・松田選手のセンターオーバーの三塁打でホームイン。
2-0とリードを広げます。

藤山選手が2点目のホームイン
藤山選手が2点目のホームイン
タイムリー3塁打の松田選手
タイムリー3塁打の松田選手

大谷はさらに四球を出し、1死13塁となったところで、昨秋の準々決勝・龍谷大平安戦などにも登板していた森岡投手が背番号14を付けて登板します。

大谷3番手の森岡投手
大谷3番手の森岡投手

代わり端、洛星はファーストランナー酒井選手が二盗を決め、1死23塁としますが、荻野選手は空振り三振・・・と思った瞬間、ボールはキャッチャーの後方へ。三振振り逃げの間に貴重な3点目が入ります。

松田選手が3点目のホームイン
松田選手が3点目のホームイン

3点を追う大谷は9回表。

代打攻勢に出るも簡単に2死走者無しと追い詰められますが、9番・森岡選手の代打、背番号15の内田選手がライト前ヒットを放ち、上位につなげます。

ヒットで出塁の内田選手
ヒットで出塁の内田選手

続く杉浦選手の当たりはショートゴロ。
万事休すと思ったところ、敵失で出塁すると、2番・小笠原選手がライト前タイムリーヒットを放ち、大谷が土壇場で1点を返し、尚2死13塁で期待の本城選手へつなぎます。

内田選手ホームインしガッツポーズ
内田選手ホームインしガッツポーズ

しかし粘る大谷もここまで。
本城選手は空振り三振に終わり試合終了。

洛星がベスト8へ進出を決めました。

水江投手、最後は三振締め
水江投手、最後は三振締め

この秋季大会、前評判も高く優勝候補にも挙がっていた大谷でしたが、この試合は洛星のエース水江投手を中心に10名でもチーム一丸となって立ち向かってくる野球の前に苦しめられた印象。

結果論として前半、特に3回のチャンスなどを生かしていれば、また試合の展開は変わったかもしれませんが、それだけ洛星が要所要所で集中力を切らさないでよく踏ん張ったといえるゲームでした。

観戦前は失礼ながら、一次戦での京都成章戦は防戦となり、コールド敗退していたことからも上位陣相手にやや分が悪いかと思っていた洛星ですが、今大会のチームはいつもにも増して集中力の高いチーム。

見事に上位陣撃破となり、これで秋季ベスト8。
他校や、また他都道府県の事情も絡むと思いますが、部員わずか10名。超のつく進学校であり文武両道を地でいくチーム。
21世紀枠の有力候補に躍り出たことは間違いないのではないでしょうか。

大谷は早すぎる敗戦になりましたが、今チームのポテンシャルが高いことは誰もが疑わないと思いますので、来春、来夏、強い「タニ高」を見せてくれることを期待したいと思います。

大谷
000 000 001=1
100 000 02x=3
洛星

大 若駒、黒岩、森岡 - 小塚
洛 水江 - 内藤

大 H8 E0
洛 H6 E1

【打撃成績】
大谷

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
7 杉浦 二安打 中前安打 中飛 見逃三振 遊ゴロ失
6 小笠原 三ゴロ 左前安打 見逃三振 右前安打 右前安打(1)
R 吉岡
4 本城 遊ゴロ 左前安打 左飛 一ゴロ 空振三振
3 門脇 四球 一ゴロ 投ゴロ 遊ゴロ
8 田中 三ゴロ 死球 空振三振 二ゴロ
2 小塚 右飛 投ゴロ 二安打 三邪飛
5 久我 空振三振 一ゴロ 四球
H 河村 二ゴロ
9 西川 二ゴロ 中前安打 空振三振
H 富岡 一ゴロ
1 若駒 三ゴロ 投ゴロ
H 今井 空振三振
1 黒部
1 森岡
H 内田 右前安打

洛星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 藤山 左前安打 四球
二盗死
二飛 四球
2 内藤 投前犠打 左中間二塁打 右飛 投前犠打
6 松田 二ゴロ 中飛 空振三振 中越三塁打(1)
8 酒井 中前安打(1) 中二塁打 空振三振 四球
二盗
5 荻野 見逃三振 四球 中二塁打 (森)三振振り逃げ(1)
二盗
1 水江 見逃三振 捕ゴロ (黒)三振 見逃三振
7 渡辺 四球 三前犠打 四球 二ゴロ
4 並川 遊ゴロ 二ゴロ 四球
3 安田 空振三振 空振三振 二ゴロ併殺打


【投手成績】

大谷

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
若駒 6 5 3 6 1 1
黒岩 1 1/3 1 4 1 1 2
森岡 2/3 0 0 2 1 0

洛星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
水江 9 8 3 7 1 1

スポンサードリンク