[ 二次戦・二回戦 ] 龍谷大平安 VS 花園

[ 二次戦・二回戦 ] 龍谷大平安 VS 花園

2016年9月24日、秋季京都大会二次戦二回戦

太陽ヶ丘球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

花園

9 安田
7 稲葉
8 小瀬
3 板谷
5 上山
1 加地
6 牧野
4 木村
2 小林

龍谷大平安

8 松本
4 木村
3 前田
5 松田
7 岡田
9 金本
6 大本
2 田島
1 小寺

観戦記

かつて京都大会の上位で争った名門同士の対戦になったこの試合。

まず守るは今春選抜ベスト4、2年前も優勝と、春に滅法相性の良さを見せてくる京都の王者・龍谷大平安。
夏もベンチ入りし、
京都両洋戦などで登板実績のある1年生エース・小寺投手が先発します。

龍谷大平安エースの小寺投手
龍谷大平安エースの小寺投手

1回表の花園は三振2つを含む三者凡退に終わります。 代わって守りにつく花園はエース右腕、加地投手が先発。

龍谷大平安エースの小寺投手
花園エースの加地投手

1回裏の龍谷大平安の攻撃。 先頭・松本選手が四球で出塁すると、すかさず二盗を決め、木村選手の犠打、前田選手、松田選手が連続四球と1死満塁の場面で、一次戦は「懲罰」的な意味合いでベンチ入りを外された、ドラフト候補生の岡田選手を迎えます。

岡田選手の先制タイムリーヒット
岡田選手の先制タイムリーヒット

このチャンスでライト前へ2点タイムリーを放ち、まず平安が2-0とリードします。 このあとさらに金本選手のショートゴロが敵失を誘い1点を追加。 続く7番・大本選手がライト線への二塁打でこの回、4点を平安が先制し優位に試合を進めていきます。

タイムリー2塁打の大本選手
タイムリー2塁打の大本選手

さらに平安は3回裏。
先頭4番・松田選手がセンター前ヒットで出塁すると、またしても岡田選手。 振りぬいた打球は打った瞬間に「ソレ」と分かるライトオーバーの本塁打で6-0とさらにリードを広げます。

ツーランホームランでホームインする岡田選手
ツーランホームランでホームインする岡田選手

一方の花園打線。
4回表1死まで、6者連続三振を奪われるなど、一人のランナーも出せずに平安・小寺投手にパーフェクトピッチングを許してしまいますが、2番・稲葉選手が四球で出塁し、ようやく初めてのランナーを出します。

花園チーム初ランナーの稲葉選手
花園チーム初ランナーの稲葉選手

しかしこの後、犠打で2死2塁と得点圏に進めるも、捕手からの牽制でアウトになりチャンスを生かすことができません。

すると直後の4回裏の龍谷大平安。
1死後、2番・木村選手がファーストへのセーフティバントで出塁すると、すかさず盗塁、牽制悪送球も重なり1死3塁とします。 続く前田選手が四球でつなぎ、1死13塁から、4番・松田選手がレフト線へタイムリー二塁打を放ち1点を追加。 尚23塁とします。

タイムリー2塁打の松田選手
タイムリー2塁打の松田選手

この後2死13塁となりますが、6番・金本選手の打席でパスボールがありさらに1点を追加8-0とします。

パスボールで松田選手が8点目のホームイン
パスボールで松田選手が8点目のホームイン

さらに金本選手にデッドボールを与えたところで、花園は背番号10の時井投手へ継投します。

花園2番手、時井投手
花園2番手、時井投手

しかし代わり端、パスボールや四球で満塁にすると、田島選手にレフト線を破られる走者一掃の2塁打を浴び11-0とさらに点差を広げられます。

走者一掃のタイムリー二塁打を放った田島選手
走者一掃のタイムリー二塁打を放った田島選手

この後、花園は3番手に背番号11の黒飛投手へ継投しますが時遅し。

花園・黒飛投手
花園・黒飛投手

5回表も、平安小寺投手が2奪三振を含む三者凡退に抑え大会規定によるコールドゲームが成立。

名門対決は思いのほか点差がつき11-0で龍谷大平安がベスト8へ進出を果たしました。

五回をノーヒットノーランに抑えた平安・小寺投手
五回をノーヒットノーランに抑えた平安・小寺投手

まず勝った平安、夏とはガラッとメンバーが代わってきました。
最近の平安のイメージとすれば、夏のメンバーが何名か残り、比較的完成度高く秋から、センバツにかけて大活躍といった印象がありますが、このチームは明らかに冬を越した後が本領発揮ではないでしょうか。

それでも中心打者も体格よく、また完成形とは思えないまでも、5回参考記録で10奪三振、ノーヒットノーランをやってのけた小寺投手など素材は一級品。
今後の成長に大いに期待をしたいと思います。

対する花園。
冬の前に大きな課題を突きつけられましたが、この時期に平安クラスとの実力差がはっきりしたことは、かえってプラスではないでしょうか?

どこが足りなくて、どこの箇所は互角だったか。
それらをしっかり把握、克服して春には両チームさらにグレードアップして再び上位で再戦していただけることを期待したいと思います。

Advertisement

スコア

花園
000 00=0
402 5x=11
龍谷大平安

平安5回コールド勝ち

花 加地、時井、黒飛 - 小林
平 小寺 - 田島

花 H0 E4
平 H10 E0

個人成績

打撃成績

花園

選手名 第一打席 第二打席
9 安田 左飛 空振三振
7 稲葉 空振三振 四球 牽制死
8 小瀬 空振三振 犠打
3 板谷 二ゴロ 一ゴロ
5 上山 空振三振 空振三振
1 加地 空振三振 見逃三振
6 牧野 空振三振
4 木村 見逃三振
2 小林 空振三振

龍谷大平安

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 松本 四球
二盗
遊ゴロ 三振 四球
4 木村 犠打 遊ゴロ 一安打
二盗
遊ゴロ
3 前田 四球
二盗
投ゴロ 四球
5 松田 四球 中前安打 左線二塁打(1)
7 岡田 右前安打(2) 右越本塁打(2) 二ゴロ
9 金本 遊ゴロ失(1)
二盗
二ゴロ パスボール(1)
死球
6 大本 右線二塁打(1) 中前安打 (時)パスボール
四球
2 田島 遊ゴロ 遊ゴロ 左線二塁打(3)
1 小寺 二安打  三ゴロ (黒)左前安打

投手成績

花園

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
加地 3 2/3 8 5 1 8 8
時井 0/3 1 1 0 3 1
黒飛 1/3 1 1 0 0 0

龍谷大平安

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小寺 5 0 1 10 0 0