[ 一次戦 ] 乙訓 VS 同志社国際

2016年9月11日、秋季京都大会一次戦敗者復活戦
Dゾーン第二代表決定戦

立命館宇治グラウンド

【スタメン】
※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。

ゾーン2位での二次戦進出を狙う乙訓と、同志社国際の対決。
まず守る乙訓は背番号10の左腕・富山投手が先発。

乙訓先発の富山投手
乙訓先発の富山投手

1回表、同志社国際は三振を一つ含む三者凡退と、富山投手が上々の立ち上がりを見せます。

対する同志社国際は背番号9の左腕・小倉投手が先発。

同志社国際先発の小倉投手
同志社国際先発の小倉投手

1回裏の乙訓は、1死から背番号4の選手が四球で出塁すると、2死後、二盗、その際にキャッチャーからの送球が外野にそれる間に3塁まで進みます。
さらに4番・背番号3の選手も四球と二盗を成功させ2死23塁と先制のチャンスを作りますが、5番・牧選手がセンターフライに倒れ無得点に終わります。

続く2回裏、乙訓は先頭6番・背番号7の選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く7番・背番号8の選手が四球でつなぎ、8番・富山選手の打席、カウント0ボール1ストライクからボークが宣告され無死23塁のチャンスを作ります。

富山選手は空振三振に終わりますが、続く9番・背番号6の選手のサードゴロの間に、背番号7の選手が還り1点を先制します。

乙訓先制のシーン
乙訓先制のシーン

さらに2死3塁の場面で、1番・背番号9の選手が四球でつなぐと、2番・背番号4の選手の打席でダブルスチールを決めさらに1点を追加。
2回を終わって2-0と乙訓がリードする展開になります。

ダブルスチールで乙訓が追加点
ダブルスチールで乙訓が追加点

3回裏の乙訓の攻撃から、同志社国際はエースナンバーの江上投手へ継投します。

同志社国際エース右腕の江上投手
同志社国際エース右腕の江上投手

その代わり端、乙訓は先頭4番・背番号3の選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、続く5番・牧選手もレフト前ヒットでつなぐと、犠打で1死満塁とします。

このチャンスで7番・背番号8の選手がライト前ヒットで1点を追加(セカンドランナーはホームでタッチアウト)し、3-0とリードを広げます。

タイムリーヒットの背番号8の選手
タイムリーヒットの背番号8の選手

徐々にその差を広げる乙訓は、続く4回裏も先頭9番・背番号6の選手がレフト前ヒットで出塁すると、盗塁や四球で2死23塁とし、4番・背番号3の選手が打席の時にパスボールで1点を追加し4-0とします。

同志社国際は5回裏から、背番号6のディギンズ投手へ継投します。

同志社国際ディギンズ投手
同志社国際ディギンズ投手

同志社国際は前戦・京都産業大附戦では打線好調でしたが、この試合、5回を終わってノーヒットと、乙訓の富山投手を捉えることが出来ないまま、前半戦を終わります。

グラウンド整備明けた6回表。
同志社国際は打順よく1番・ ディギンズ選手からの攻撃。
サードゴロで1死となりますが、2番・背番号4の選手がセンター前にチーム初ヒットを放ち、盗塁で2塁まで進みますが後続続かず無得点に終わります。

チーム初安打を放った背番号4の選手
チーム初安打を放った背番号4の選手

直後の6回裏の乙訓。

先頭8番・背番号10の選手がセンター前ヒットで出塁、犠打で1死2塁とすると、1番・背番号9の選手が右中間を破るタイムリー三塁打を放ち5-0とリードを広げます。

タイムリー3塁打の背番号9の選手
タイムリー3塁打の背番号9の選手

さらに続く背番号4の選手もセンター前へ弾き返し6-0とします。

背番号4の選手がタイムリーヒット
背番号4の選手がタイムリーヒット

この後さらに連続死球で1死満塁とし、コールドゲームがちらつく展開となりますが、ここは同志社国際踏ん張り、さらなる追加点は許しません。

その直後でした。
7回表、同志社国際は先頭5番の江上選手がセンターオーバーの三塁打で出塁します。

三塁打の江上選手
三塁打の江上選手

しかし同志社国際は後続が続かずに、絶好の反撃機を逃し無得点に終わります。

試合6-0のまま9回表の同志社国際の攻撃を迎えるも、三者凡退に倒れ試合終了。
乙訓が勝ち、二次戦に進出を決めました。

試合終了後の整列
試合終了後の整列

まず勝った乙訓。
前チーム、去年のこの時期は上野投手はじめ、昨夏ベスト4のメンバーが残り前評判が高かったですが、まさかの一次戦敗退。
続く春、夏も一つ調子に乗り切れないまま不完全燃焼のシーズンだったと思います。

新チーム、シンボルだった緑色のユニフォームからデザインも一新し、身も心も心機一転。
先発した富山投手は背番号10ですが、キレよく変化球も決まり、被安打3、奪三振7つで見事に完封勝利。

打線もチャンスを確実にモノにし、危なげない展開で勝利しました。
まだまだこれからのチームだと思いますが、一戦一戦成長し、二次戦でも台風の目になって欲しいと思います。

そして敗れた同志社国際はこれが今チーム2試合目の観戦となりましたが、今チーム、非常に面白い存在だと思います。

投手は3人。
江上、ディギンズ、小倉の3投手はそれぞれ球威もありますし、一冬を上手く過ごせば春、夏と京都を沸かす存在になりえる潜在能力があると思います。

秋は残念ながら一次戦での敗退が決まりましたが、今チームの同志社国際、これからも注目をしていきたいと思います。

同志社国際
000 000 000=0
021 102 00x=6
乙訓

同 9小倉、1江上、6ディギンズ
乙 10富山

同 H3 E1
乙 H9 E2

【打撃成績】
同志社国際

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
6 ディギンズ 空振三振 空振三振 三ゴロ 右飛
背番号4 遊ゴロ 二ゴロ 中前安打
二盗
遊ゴロ
背番号3 遊ゴロ Gルールアウト 見逃三振 空振三振
背番号8 二ゴロ失
二盗
空振三振 遊ゴロ 中飛
1 江上 右飛 見逃三振 中越三塁打 三ゴロ
9 小倉 空振三振 Gルールアウト Gルールアウト 中飛
背番号7 二ゴロ 四球 左飛
2 江口 Gルールアウト 二ゴロ失 遊ゴロ
背番号10 死球
牽制死
三ゴロ 中前安打

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
背番号9 空振三振 四球
二盗
中飛 右中間三塁打(1) 遊ゴロ失
背番号4 四球
二盗
四球 四球 中前安打(1) 中飛
背番号5 空振三振 パスボール
空振三振
三前犠打 死球 二飛
背番号3 四球
二盗
(江)二安打 パスボール(1)
中飛
死球 中飛
2 牧 中飛 左前安打 (デ)中飛 Gルールアウト 四球
背番号7 中前安打 投前犠打 遊ゴロ 中飛 左前安打
背番号8 四球 右前安打(1) 二ゴロ 三ゴロ 遊ゴロ
10 富山 ボーク
空振三振
空振三振 中前安打 空振三振
背番号6 三ゴロ(1)
本盗(1)
左前安打
二盗
投前犠打
背番号16 四球
二盗


【投手成績】

同志社国際

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小倉 2 1 5 4 2 2
江上 2 4 1 1 2 2
ディギンズ 4 4 4 1 2 2

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
富山 9 3 2 7 0 0