[ 三回戦 ] 鳥羽 VS 網野

[ 三回戦 ] 鳥羽 VS 網野

2016年7月17日、第98回全国高等学校野球選手権京都大会三回戦

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

網野

8 谷口
4 松本
3 柴田
6 足立
2 宇野
7 小松
1 池田
5 田中秀
9 小森

鳥羽

4 奥村
5 田村
8 伊那夏
2 大友
6 上原
3 吉岡
7 伊那真
9 中嶋
1 小松

昨年の京都代表チーム鳥羽と網野の公立対決。

まず守る鳥羽は背番号10の右腕、小松投手が先発。

鳥羽先発の小松投手
鳥羽先発の小松投手

1回表の網野の攻撃を三振一つを含む、三者凡退と上々の立ち上がりを見せます。

次に守る網野の先発は速球派のエース右腕、池田投手。

網野先発のエース池田投手
網野先発のエース池田投手

1回裏の鳥羽は2死走者なしから、昨夏の甲子園でもレギュラーとして活躍した伊那夏生選手がセンター前ヒットで出塁し、すかさず二盗を試みるもタッチアウト。
結果として3人で攻撃を終えます。

センター前ヒットの伊那夏生選手
センター前ヒットの伊那夏生選手

2回表の網野は先頭4番の足立選手がレフト線を破る二塁打で出塁。
1死後、6番小松選手のセンターフライで3塁へ進塁、2死3塁と先制のチャンスを迎え、7番池田選手のセンターへのタイムリーヒットは3塁打となり1-0と網野がリードする展開になります。

先制タイムリーヒットの池田選手
先制タイムリーヒットの池田選手

1点を先制された鳥羽は3回裏。

先頭8番の中嶋選手がライト線を破る二塁打で出塁し、犠打と四球で1死13塁から2番、田村選手が捕手前にスクイズ!
しかし、ここは網野、宇野選手が落ち着いて裁き、鳥羽の中嶋選手はホームでアウトとなります。

鳥羽、田村選手のスクイズで中嶋選手ホーム突くもアウト
鳥羽、田村選手のスクイズで中嶋選手ホーム突くもアウト

しかし2死12塁から伊那夏生選手が四球でつなぎ、満塁と依然チャンス。
ここで迎える4番大友選手がフルカウントからライトフライに倒れ、鳥羽3回の絶好機を逃してしまいます。

2死満塁のチャンスも大友選手はライトフライで鳥羽無得点
2死満塁のチャンスも大友選手はライトフライで鳥羽無得点

直後の4回表の網野。

先頭4番の足立選手が2打席連続となるヒットをライト前に放ち出塁。
犠打と四球で1死12塁のチャンスを迎え、先制タイムリーヒットを放っている池田選手に回りますが、ここは後続続かず無得点。
網野も次の1点がなかなかあげることができません。

ネクストバッターズサークルの池田選手
ネクストバッターズサークルの池田選手

すると次は4回裏の鳥羽。

先頭5番の上原選手がセンターオーバーの二塁打で出塁、犠打で1死3塁のチャンスを作ります。

ツーベースヒットの上原選手
ツーベースヒットの上原選手

このチャンスで7番、伊那真広選手が投手前スクイズを成功させ、1-1の同点に追いつきます。

伊那真広選手のスクイズ
伊那真広選手のスクイズ
上原選手が同点のホームイン
上原選手が同点のホームイン

同点で迎えた6回裏の鳥羽。

先頭4番の大友選手が左中間二塁打で出塁、続く上原選手のライトフライで1死3塁と勝ち越しのチャンスを作ります。

3塁まで進む大友選手
3塁まで進む大友選手

2死後、伊那真広選手への代打、背番号2の高田選手が死球で出塁し、2死13塁となりますが、その高田選手への代走、背番号17の木下選手が捕手からの牽制死でチャンスを逸します。

両リームあと一歩決め手を欠いたまま迎えた7回裏の鳥羽。
2死走者無しから1番奥村選手が四球で出塁すると二盗を成功させ2死2塁とし、2番、途中出場の宇田選手が左中間を破る三塁打を放ち、2-1と鳥羽が1点を勝ち越します。

勝ち越しのタイムリー3塁打を放った宇田選手
勝ち越しのタイムリー3塁打を放った宇田選手

網野はここで、背番号10の上田投手へ継投。
池田投手はライトの守備位置に移ります。

網野2番手の上田投手
網野2番手の上田投手

しかし代わり端、伊那夏生選手が四球で出塁し、2死13塁とすると、4番の大友選手が走者一掃のレフト線への二塁打で4-1とリードを広げます。

走者一掃の二塁打を放ち、3塁まで進む大友選手
走者一掃の二塁打を放ち三塁まで進む大友選手

さらに上原選手、吉岡選手が連続四球で2死満塁とすると、6番吉岡選手も押し出しの四球を選び5-1と鳥羽がリードを広げたところで、再び網野は池田投手をマウンドへ戻し、2死満塁のピンチを凌ぎます。

さらに鳥羽は8回裏に1死から奥村選手、宇田選手への連続四死球で12塁のチャンスを作ると、3番、伊那夏生選手のセンター前ヒットで1点を追加し6-1とリードを広げます。

ネクストバッターズサークルの伊那夏生選手
ネクストバッターズサークルの伊那夏生選手

尚1死13塁から、伊那選手の二盗で23塁とすると、大友選手のセンターへの犠牲フライでさらに1点を追加、7-1とリードを広げます。

大友選手が7点目の犠牲フライを放つ
大友選手が7点目の犠牲フライを放つ

中盤まで競った試合でしたが、思わぬ大差がついたこの試合。
9回表の網野は、1死から5番宇野選手がレフト前ヒットで出塁するも、小松選手がショートゴロ併殺打に倒れゲームセット。
7-1で鳥羽が勝ち、ベスト16に駒を進めました。

レフト前ヒットの宇野選手
レフト前ヒットの宇野選手

思わぬ大差がついた試合になりましたが、7回2死まではどちらに勝利の女神が微笑むのか分からない好ゲームでした。

網野池田選手もMAX140キロ超とも言われるストレートを武器に、昨夏の優勝校。現チームも秋季ベスト8の実力校鳥羽を相手に、堂々と互角の勝負を演じました。

結果論になってしまいますが、網野は先制点をあげた序盤にあと1点先に取っていれば・・・と思ってしまう展開でした。

鳥羽にとっても苦しい展開になった試合でしたが、7回のワンチャンスを文字とおりつかみ、接戦を物にしました。
点差だけを見れば、鳥羽の一方的な試合でしたが、公立同士の一戦は実力五分の好ゲームだったことを記したいと思います。

網野
010 000 000=1
000 100 42x=7
鳥羽

網 1池田、10上田、1池田 - 宇野
鳥 10小松 - 大友

網 H4 E1
鳥 H8 E1

【打撃成績】

網野

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 谷口 一ゴロ 遊ゴロ失 空振三振 空振三振
4 松本 一直 投犠打 中飛 中飛
3 柴田 空振三振 二ゴロ 三ゴロ 遊ゴロ
6 足立 左線二塁打 右前安打 中飛 一ゴロ
2 宇野 三振 投犠打 二飛 左前安打
7 小松 中飛 四球 空振三振 遊ゴロ併殺打
191 池田 中三塁打(1) 右飛 左前安打
5 田中秀 空振三振 遊ゴロ 一犠打
9 小森 空振三振 空振三振 空振三振
1 上田

鳥羽

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
4 奥村 二直 四球 左前安打 四球
二盗
四球
5 田村 二ゴロ 捕前スクイズ 犠打
5 宇田 左中間三塁打(1) 死球
8 伊那夏 中前安打
二盗死
四球 中飛 (上)四球 中前安打(1)
二盗
2 大友 四球 右飛 左中間二塁打 左線二塁打(2) 中犠飛(1)
6 上原 三ゴロ 中越二塁打 右飛 四球 遊ゴロ
3 吉岡 空振三振 一犠打 三邪飛 四球
7 伊那真 投飛 投スクイズ(1)
H 高田 死球
R 木下 牽制死 四球(1)
9 中嶋 右線二塁打 空振三振 三ゴロ (池)空振三振
1 小松 投犠打 三ゴロ 空振三振 内野ゴロ


【投手成績】

網野

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
池田 6 2/3 6 5 3 2 3
上田 0/3 1 4 0 3 2
池田 1 1/3 1 2 1 2 2

鳥羽

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小松 9 4 1 9 1 1