狭山 VS 北かわち皐が丘

狭山 VS 北かわち皐が丘

2016年4月9日、春季大阪大会一回戦

住之江公園野球場

【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。

北かわち皐が丘

背番号8
背番号7
背番号1
背番号2
背番号6
背番号5
背番号3
背番号9
背番号4

狭山

背番号8
背番号4
背番号9
背番号7
背番号3
背番号5
背番号2
背番号1
背番号6

1回表の皐が丘の攻撃。
守る狭山の投手はエースナンバーの右腕。

狭山エース右腕
狭山エース右腕

部員はわずか13名ほどでしょうか?
決して野球環境に恵まれてはいない、北かわち皐が丘ですが、初回、いきなり先頭、背番号8の選手のサードゴロを、狭山三塁手がトンネルしてしまい無死1塁と、盗塁と犠打で1死3塁と先制のチャンスを迎えます。

2死後、またもサードのエラー(公式記録は不明)でまず皐が丘が1点を先制します。

北かわち皐が丘先制のシーン
北かわち皐が丘先制のシーン

さらにファーストランナーを牽制で誘いだせましたが、詰めが甘く2塁へ進塁されると、5番背番号6の選手にセンターオーバーの2塁打を放たれ2-0と皐が丘がリードを広げます。

タイムリー2塁打の皐が丘背番号6の選手
タイムリー2塁打の皐が丘背番号6の選手

さらに続く背番号5の選手もほぼ同じような打球の軌道を描きタイムリー2塁打!3-0と皐が丘のリードを広げます。

北かわち皐が丘、3点目のホームイン
北かわち皐が丘、3点目のホームイン

3点をリードした北かわち皐が丘の先発は背番号4の右アンダースロー投手。

北かわち皐が丘先発、背番号4の右下手投手
北かわち皐が丘先発、背番号4の右下手投手

3点をリードされた狭山ですが、まず先頭の背番号8の選手が四球で出塁します。続く背番号4の選手の三塁への犠打が皐が丘の守備の乱れを誘うと、無死12塁から3番、背番号9の選手がライト前にタイムリーヒットを放ちまず1点を返します。

狭山、背番号9の選手のライト前タイムリーヒット
狭山、背番号9の選手のライト前タイムリーヒット

さらに続く背番号7の選手がレフト前ヒットで繋ぎ、無死満塁とすると、背番号3の選手がセンター前タイムリーヒットで2-3と1点差に迫ります。

2点目のタイムリーヒットを放った背番号3の選手
2点目のタイムリーヒットを放った背番号3の選手

なお無死満塁と狭山が同点、逆転のチャンスを作りますが、ここは皐が丘が踏ん張り1回を終わり3-2と皐が丘がリードします。

2回表、皐が丘は先頭の背番号9の選手がセンターオーバーの2塁打で出塁するも、後続続かず無得点に終わると、続く2回裏、狭山は先頭の8番、背番号1の選手がセカンドゴロエラーで出塁。
1死後、盗塁で2塁へ進塁すると、背番号8の選手がレフト前ヒットでホームを狙いますが、間一髪タッチアウト!
皐が丘がここは踏ん張り、狭山は同点のチャンスを逃します。

狭山同点ならず!
狭山同点ならず!

4回表の皐が丘。
2死走者無しから8番、背番号9の選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く打者の初球で二盗を決め、さらにその背番号4の打者がサードへの内野安打で2死13塁とチャンスを広げます。

ここで1番、背番号8の選手がライト前ににタイムリーヒットを放ち4-2と皐が丘が再びリードを広げます。

北かわち皐が丘背番号8の選手がライト前にタイムリーヒット
北かわち皐が丘背番号8の選手がライト前にタイムリーヒット

直後の4回裏の狭山は先頭の7番、背番号2の選手がセンター前ヒットで出塁すると、四球と犠打で1死23塁と一打同点のチャンスを作りますが、ここは皐が丘バッテリーが凌ぎ、狭山無得点に終わります。

狭山、ランナーを3塁に進めるも無得点
狭山、ランナーを3塁に進めるも無得点

4回のチャンスを逃し狭山は5回裏、先頭の3番、背番号9の選手が四球で出塁すると、続く背番号7の選手がレフト前ヒットで無死12塁とチャンスを拡大します。
さらに続く背番号3の選手が四球で歩き無死満塁となりますが、途中出場の6番の背番号15の選手のファーストへのファールフライを、皐が丘のファーストがフェンスに激突しながらも好捕!
1死満塁とします。

しかし続く7番、背番号2の選手にライト前にタイムリーヒットが生まれ3-4と皐が丘のリードは1点となり前半の5回を終わります。

狭山3点目のホームイン!
狭山3点目のホームイン!
3点目のタイムリーヒットを放った狭山、背番号2の選手
3点目のタイムリーヒットを放った狭山、背番号2の選手

グラウンド整備後の6回裏、北かわち皐が丘は背番号6の右腕がマウンドへ。
先発投手はセカンドへ入ります。

北かわち皐が丘2番手の背番号6の右腕
北かわち皐が丘2番手の背番号6の右腕

先頭打者は空振り三振に倒れますが、続く背番号4の選手がストレートの四球で歩くと、続く背番号9の選手の打席で二盗を決めると、その背番号9の選手がレフト前タイムリーヒットを放ち4-4の同点に狭山が追いつきます。

狭山同点のシーン
狭山同点のシーン
同点タイムリーを放った狭山背番号9の選手
同点タイムリーを放った狭山背番号9の選手

さらに続く背番号7の選手がライト前ヒットで1死12塁とし、2死後、6番、背番号15の選手がライト前に勝ち越しタイムリーヒットを放ち5-4と遂に狭山が逆転に成功します。

狭山背番号15の選手の勝ち越しタイムリーヒット
狭山背番号15の選手の勝ち越しタイムリーヒット

さらに続く背番号2の選手がライト前ヒットで繋ぎ2死満塁とすると、8番、背番号1の選手がファースト頭上への飛球。
これがライト前へ落ち2点タイムリーヒットとなり7-4と狭山のリードは3点に広がります。

狭山7点目のシーン
狭山7点目のシーン
2点タイムリーヒットの狭山エース
2点タイムリーヒットの狭山エース

さらに狭山は続く7回裏も2死無走者から、3番背番号9の選手がレフトオーバー2塁打で出塁すると、連続四球で2死満塁となります。
ここで先ほど勝ち越しタイムリーヒットを放った背番号15の選手も、押し出し四球を選び8-4と狭山がリードを4点に広げます。

狭山、押し出しで8点目のホームイン
狭山、押し出しで8点目のホームイン

北かわち皐が丘は、8回裏からエースナンバーの右腕が3番手のマウンドへ。
ストレートの伸びが素晴らしい右腕です。

北かわち皐が丘3番手のエース右腕
北かわち皐が丘3番手のエース右腕

その8回裏の狭山の攻撃を3人で終わらせると、9回表の北かわち皐が丘の攻撃。
簡単に2死走者なしとなりますが、8番、背番号9の選手がレフト線へ2塁打を放ちます。

レフト線へ2塁打を放つ北かわち皐が丘の背番号9の選手
レフト線へ2塁打を放つ北かわち皐が丘の背番号9の選手

さらに続く背番号4の選手がセカンドへ内野安打でつなぎ、2死13塁とすると、1番に帰り、背番号8の選手がセンター前ヒットで1点を返します。

土壇場で5点目のタイムリーヒットを放つ北かわち皐が丘の背番号8の選手
土壇場で5点目のタイムリーヒットを放つ北かわち皐が丘の背番号8の選手

しかし反撃もここまで。
狭山が8-5で勝ち、次戦に駒を進めました。

まず勝った狭山。
序盤は皐が丘の軟投派投手の術中にハマっていたように思います。
押し気味に試合を進めるもあと一本が出ずに苦しみました。

しかし、「普通」の公立らしく派手さは決してあるチームではありませんが、高校生らしく、チーム一丸となって戦っていくチーム。
次戦以降も楽しみにしたいチームです。

そして敗れた北かわち皐が丘。
継投は恐らくこれがベストなパターンでしょう。
この試合は結果逆転されてしまいましたが、粘り強く戦いました。

こちらもプロ注目などといった選手がいる強豪チームではありませんが、チーム一丸となり、少人数の野球部でも最後までくらいつきました。

この日の勝利は、夏の楽しみにとっておき、それまでの数ヶ月間悔いのないように練習に励んで欲しいと思います。
序盤のチャンスで見せた集中力は素晴らしいものがあったと思います。

これぞ高校野球という熱い試合を見せていただきました。
両チームの選手達、ありがとうございます!

北かわち皐が丘
300 100 001=5
200 014 10x=8
狭山

皐 背番号4→6→1
狭 背番号1

皐H10 E2
狭H14 E2