[ 準々決勝 ]京都国際 VS 日星

[ 準々決勝 ]京都国際 VS 日星

2015年9月26日、秋季京都大会2次戦準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

日星

3 稲葉
9 浅野
5 松田
2 上野宙
6 島田
4 岡安
1 波多野
7 上野青
8 田多

京都国際

4 野崎
8 柳
2 土居
7 木村
3 中西
9 清水
6 西川
5 佐藤
1 中川英

恐らく共に勝てば、秋季大会初のベスト4入りとなるはずの両チームの対戦。

京都国際先発の中川投手
京都国際先発の中川投手

まず守る京都国際、先発は背番号10の中川投手。
豪快なライアン投法からサイドで投げる変則的な投手です。

まず1回表の日星の攻撃を、四球のランナーを許しますが、2奪三振と上々の内容で抑えます。

日星の先発エース波多野投手
日星の先発エース波多野投手

日星の先発はエースの波多野投手。
京都廣学館戦に続く先発マウンドです。

1回裏の国際の攻撃。
2死ランナー無しから、3番土居、4番木村両選手に連打が生まれ、2死12塁とチャンスを作ると、5番中西選手がレフト前へタイムリーヒットを放ち、国際が1点を先制します。

先制タイムリーの中西選手
先制タイムリーの中西選手

国際のこの回の攻撃は1点に終わりますが、続く2回から、国際中川、日星の波多野両投手による熱い投手戦が始まります。

まず中川投手、序盤3回を被安打1、奪三振4つ(スリーバント失敗1つ含む)と完璧な内容で日星の攻撃を無失点に抑えると、波多野投手も負けじと序盤3回を被安打3、奪三振は1つながらも、京都国際に追加点を許しません。

4回表の日星、この回先頭の3番松田選手の放った打球はグングン伸びて、ライトフェンス直撃。
あわやホームランというあたりの2塁打でチャンスを作ります。

しかしここも中川投手が踏ん張ります。
続く4番上野宙選手はバントを試みますが、スリーバント失敗(記録三振)、続く島田選手も空振り三振と後続を抑え無失点に抑えます。

すると直後の4回裏の国際の攻撃。
2死後、6番清水選手のライトオーバーの3塁打でチャンスを作りますが、波多野投手が西川選手をショートライナーに打ち取りピンチを脱し、両者チャンスを生かすことができません。

しかし5回表、ようやく中川投手にも慣れてきたか、日星は波多野選手がノーアウトで四球を選ぶと1死から9番田多選手がレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち、同点に追いつきます。

日星同点の場面
日星同点の場面
同点タイムリーの田多選手
同点タイムリーの田多選手

このまま前半5回を終えますが、ここまで中川投手が被安打3、奪三振は7つ、与四死球は2つ、1失点という内容。

対する波多野投手は被安打5、奪三振が3つ、与四死球は1つで同じく1失点と両投手持ち味を生かした素晴らしい内容で締まった試合展開になりました。

7回表、日星が大きなチャンスを作ります。
まずこの回先頭の6番岡安選手がセンター前ヒットで出塁すると、波多野選手の犠打がポップフライになります。

これを国際キャッチャー土居選手が併殺を狙ったか、直接取らず、ファーストへ送球しますがこれが暴投となって無死12塁と日星が思わぬチャンスを得ます。

さらに犠打で1死23塁と攻めた日星。
ここで先ほどの打席、同点タイムリーを放った9番田多選手を迎えますがショートフライ。
続く代打柴田選手もショートゴロに倒れ、絶好の勝ち越しのチャンスを生かすことができません。

日星は9回表にも2死13塁とランナーを3塁まで進めますが、あと一本が出ずに無得点に終わります。

試合はこのまま1-1で、延長戦にもつれこみます。

10回表の日星が無得点に終わると、その裏の京都国際でした。
簡単に2死を取られますが、2番柳選手がライト前ヒットで出塁すると、続く土居選手もライト前へ弾き返し2死ながら12塁とサヨナラの場面を作ります。

ここで国際は主砲木村選手がライトオーバーのタイムリーヒット!
劇的な幕切れで京都国際が2-1で勝ち、秋季大会初のベスト4入りを果たしました。

京都国際サヨナラの場面
京都国際サヨナラの場面
サヨナラ勝ちに沸く国際ナイン
サヨナラ勝ちに沸く国際ナイン

まず勝った京都国際。

京都大会でのベスト4は2008年の春季大会以来2度目の快挙だと思います。

延長10回を投げきった中川投手の力投が素晴らしかったです。
被安打7、奪三振は8つ、与四死球は2つと上々の内容で完投しました。

打線ですが、野崎、柳、土居、木村選手は覚えがあると思えば、昨年のこの秋季大会ベスト8進出した時もレギュラーで出ていた選手達ですね。

2014年秋季大会、塔南戦を勝ってベスト8進出した際の記事

今夏も期待された選手達ですから、京都国際、実力は本物だと思います。
次は平安と大谷の勝者と決勝進出をかけた大一番。
特に打線は派手さはありませんが、本当に粘り強いバッティングが出来るチーム。
初の甲子園も見えてきました。

重圧もかかってくると思いますが、とにかく楽しんで戦って欲しいと思います。

一方の日星。
今チームは洛星京都廣学館に続き3試合目の観戦でした。
福知山球場で洛星戦を観戦した際、バックネット裏には日星を応援されている熱いファンの方も多数いらっしゃいました。

舞鶴市の学校ですので、京都市での試合になるとアウエーになってしまうかもしれませんが北部で非常に期待されているチームなんだと感じました。

本日は4回の無死2塁、7回の1死23塁。
このビッグチャンスであと一本が出なかったことが悔やまれます。
試合内容としては互角だったと思います。

最近、急速に力をつけてきているチームですが、ひょっとすると京都大会でのベスト8進出は初めてでしょうか?
今チームは経験豊かなエース波多野選手を中心に、打者も松田選手、本日は下位打線に回っていましたが、洛星京都廣学館戦ではそれぞれ4番を打っていた上野青選手、さらに上野宙選手と中軸もしっかりしています。

厳しい舞鶴の冬ですが、上手く調整してさらにパワーアップできれば、来夏、峰山、福知山成美に続く新たな北部の甲子園出場校になっても決して驚かない実力を持ったチームだと思いました。

個人的にも注目しながら来春また再会できることを楽しみにしています。

日星
000 010 000 0=1
100 000 000 1x=2
京都国際

日 H7 E0
京 H11 E1