日星 VS 洛星

日星 VS 洛星

★上野青選手を上野清選手としていましたので、お詫びと訂正をします。

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

2015年9月19日、秋季京都大会2次戦一回戦

福知山市民球場

日星

3 稲葉
9 浅野
5 松田
7 上野青
2 上野宙
6 島田
4 澤田
1 小川
8 田多

洛星

4 佐藤
5 岸野
8 酒井
3 安土
9 河野
7 伊藤
1 岩本
6 松田
2 小倉

全国屈指の進学校で、本当に野球で入ってきた生徒が皆無の洛星。
毎年野球でも安定した実力をみせてくれるのは見事の一言。

洛星先発の岩本投手
洛星先発の岩本投手

1回表の日星ですが、2死から四球と内野安打で2死12塁のチャンスを作りますが5番の上野宙選手がショートゴロに倒れ無得点に終わります。

日星先発の小川投手
日星先発の小川投手

日星は背番号10の小川投手がマウンドへ。

1回裏の洛星は全員がバットを短く持ったスタイルで挑みます。
1死後、2番岸野選手が四球で出塁すると、酒井、安土両選手がヒットでつなぎ1死満塁と絶好のチャンスを迎えます。

ここで5番の河野選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち2-0と洛星が先制します。

洛星先制の場面
洛星先制の場面
先制タイムリーの洛星河野選手
先制タイムリーの洛星河野選手

2回裏にもチャンスを作りながらも無得点に終わった洛星ですが、3回裏にも1死後から、先制タイムリーを放った河野選手がセンター前にヒットを放つと二盗、三盗と続けて成功させ1死3塁と絶好の追加点のチャンスを作ります。

ここで岩本選手のライトフライで河野選手が三本間に挟まれてしまいタッチアウト。
貴重な追加点のチャンスを物にすることができません。

すると4回表の日星は3番の松田選手から。
センター前ヒットで出塁すると、1死2塁となり5番の上野宙選手がライト線へ2塁打を放ち、1-2と日星が反撃に転じます。

タイムリー2塁打の上野宙選手
タイムリー2塁打の上野宙選手

4回裏から早くも日星は背番号11の南投手がマウンドへ上がります。

日星2番手の南投手
日星2番手の南投手

この後、前半5回まで両チームチャンスらしきチャンスもなく、2-1で洛星がリードしたまま、終了します。

ナイター設備のない福知山球場は日没の恐れがあるため、グラウンド整備を行わずにゲーム続行となります。

その6回表でした。
1死後、上野宙選手のヒットなどで2死13塁のチャンスを作ると、南投手が死球を受け2死満塁のビッグチャンスを迎えます。
ここで田多選手がレフト前タイムリーを放ち2-2の同点に追いつきます。

同点タイムリーの田多選手
同点タイムリーの田多選手

同点に追いつかれた6回裏の洛星は、この回先頭の河野選手がセンターオーバーの3塁打で無死3塁の勝ち越しのチャンスを作ります。

ここで続く伊藤選手のスクイズが決まり、3-2とまたも洛星がリードを奪う展開になります。

さらに四死球で2死満塁となったところで、日星は3番手に噂のエース波多野投手をマウンドへ送ります。

日星3番手の波多野投手
日星3番手の波多野投手

ここをなんとか凌いだ波多野投手は、直後の7回表の日星の攻撃につなげます。

先頭の2番浅野選手がレフト線へ2塁打で出塁すると、犠打などで2死3塁とすると、上野宙選手がセンター前に同点タイムリーを放ち3-3とします。

同点タイムリーの上野宙選手
同点タイムリーの上野宙選手

8回裏の洛星は先頭の伊藤選手がセカンドのエラーで出塁すると、続く岩本選手の犠打が野選を呼び無死12塁と勝ち越しのチャンスを得ますが、続く松田選手が三振、さらに併殺打で無得点に終わります。

残念ながらこの試合は、京都市内へ帰る電車の時間の問題で、ここで球場を後にすることになりました。

試合は延長11回に2点をあげた日星が5-3で勝利しましたが、この試合は観戦していた間、ほぼ洛星がゲームを支配していたように感じました。

選手の個々の力では日星が上回っていましたが、それぞれが考える野球で「野球は腕力だけではない」を見事に体現してみせたナイスゲームでした。

対する日星。
苦しみましたが、それでも最後「うっちゃった」のは地力の違いでした。
この苦戦はこれから続く強豪との対戦で必ず生きてくるものだと思います。

最近すっかり京都北部の強豪校として定着してきた日星。
上位進出の期待が出来るチーム力を持っていると思います。

また敗れた洛星。
野球だけではない学生生活だと思いますが、また春に面白いゲームを見せて欲しいと思います。

日星 000 101 100 02=5
洛星 200 001 000 00=3