京都共栄 VS 亀岡

京都共栄 VS 亀岡

2015年7月19日、夏季京都大会三回戦

太陽が丘球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都共栄

7 岡本
6 森田
4 大西
8 菅田
9 藤垣
1 浅井
3 上羽
4 柿渕
5 倉掛

亀岡

8 小巻
6 西村
3 宅間
1 斎藤
2 中野
7 田口
9 宮園
4 西田
5 島崎

観戦記

春季大会でベスト8に入り、今大会はシード校として出場している京都共栄がベスト16をかけて亀岡と対戦。

亀岡先発の斎藤投手
亀岡先発の斎藤投手

初回の京都共栄。
先頭の岡本選手が三振に倒れますが、その後エラーや四球などで2死満塁とチャンスを作ります。

ここで共栄エースの浅井選手がライト前に2点タイムリーを放ち、共栄が先制します。

京都共栄2点先制
京都共栄2点先制

共栄は先制タイムリーの右横手投げの浅井選手がマウンドへ。

京都共栄エースの浅井投手
京都共栄エースの浅井投手

先頭の小巻選手を三振に奪るも、1死12塁のピンチを招きますが、ここで亀岡主砲の斎藤選手を三振に奪るなど、まずまずの立ち上がりを見せます。

3回表の共栄は2死走者無しから、藤垣選手がライト前にヒットで出塁すると、パスボールの間に2塁へ進みます。
ここで、またも浅井選手がレフト前にタイムリーを放ち3-0と共栄が優位にゲームを進めます。

タイムリーヒットの浅井選手
タイムリーヒットの浅井選手

一方の亀岡ですが、2回、3回と三者凡退に終わりますが、4回裏、チャンスを作ります。

1死後から4番斎藤選手のレフトへの当たりを、一瞬、レフトが見失ったかのように、打球は後方へ!
2塁打となり、さらに進塁打で2死3塁としますが、田口選手のあたりはファーストへのファールフライに終わり、無得点に終わります。

5回表、1死から4番の菅田選手のショート強襲安打から盗塁。
さらに藤垣選手のライト前タイムリーで4-0と共栄がリードを広げます。

タイムリーの藤垣選手
タイムリーの藤垣選手

この後、さらにまたも浅井選手のレフト前タイムリー。
上羽選手のライト前タイムリーで6-0とリード。

さらに岡本選手のライトオーバーのタイムリー3塁打などで、一気に8-0とリードを広げます。

タイムリー3塁打の岡本選手
タイムリー3塁打の岡本選手

5回裏の亀岡は三者凡退。
共栄浅井投手はこの回でマウンドを降りましたが、2安打、与1四球、4奪三振、無失点とほぼ完璧な内容でした。

6回裏から共栄は高槻投手がマウンドへ。

京都共栄2番手の高槻投手
京都共栄2番手の高槻投手

1死から、連続四死球でピンチを背負いますが、亀岡主砲の斎藤選手をサードゴロ併殺打にとりピンチを脱します。

すると7回表の共栄、この回先頭の浅井選手がこの日、4打数4安打になるライト前ヒットで出塁。
犠打で1死2塁となると、8番柿渕選手のライト線2塁打で9点目を挙げます。

タイムリー2塁打の柿渕選手
タイムリー2塁打の柿渕選手

試合はこのまま、7回裏の亀岡が三者凡退に終わり、7回コールドゲームが成立。
京都共栄は、ノーシードながら得点能力の高い、京都八幡とベスト8をかけて戦うことになりました。

まず京都共栄。
この試合は一言強かったです。
ソツのない試合運び。あと本日はあまり目立ちませんでしたが、このチームには菅田選手という打の中心選手がいます。

投の浅井、打の菅田の両選手がいる今年は絶好のチャンスでないかと思います。
まだまだ目の離せないチームだと思います。

一方わずか2安打、完封負けを喫した亀岡ですが、本日の共栄は良すぎましたね。
今チームはその前に初戦で伏見工業を倒した、東舞鶴に7-4で勝利もしており、決して実力の低いチームではなかったと思います。

今年の京都共栄は強いですよ!

校歌斉唱の京都共栄ナイン
校歌斉唱の京都共栄ナイン

スコア

共栄 201 050 1=9
亀岡 000 000 0=0