2017年度 高校野球

8/8ページ

[ 一次戦 ] 乙訓 VS 同志社国際

2016年9月11日、秋季京都大会一次戦敗者復活戦 Dゾーン第二代表決定戦 立命館宇治グラウンド スタメン ※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。 観戦記 ゾーン2位での二次戦進出を狙う乙訓と、同志社国際の対決。 まず守る乙訓は背番号10の左腕・富山投手が先発。 1回表、同志社国際は三振を一つ含む三者凡退と、富山投手が上々の立ち上がりを見せます。 対する同志社国際は背番号9の左腕・小 […]

[ 一次戦 ] 京都外大西 VS 洛東

2016年9月4日、秋季京都大会一次戦敗者復活戦 Gゾーン3回戦 洛東グラウンド 【スタメン】 ※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。 夏の主力メンバーの多くが引退し、大きくチームが入れ替わった京都外大西に、ここ数年、毎年面白いチームを作り上げてくる公立の洛東の一戦。 まず守るは外大西、背番号3の右腕、田渕投手が先発します。 1回表の 洛東。 先頭・ 背番号4の選手がレフト前ヒットで […]

[ 一次戦 ] 同志社国際 VS 京都産業大附

2016年9月4日、秋季京都大会一次戦敗者復活戦 Dゾーン3回戦 洛東グラウンド 【スタメン】 ※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。 敗者復活戦、二次戦への代表決定戦に挑むチームを決める一戦は、同志社国際と京都産業大附の一戦。 まず守る同志社国際はエース右腕の江上投手が先発します。 1回表の京産大附。 先頭・背番号6の選手が四球で出塁すると、すかさず二盗を成功させ、犠打を絡め1死3 […]

[ 一次戦 ] 立命館 VS 桂

2016年9月3日、秋季京都大会一次戦Gゾーン決勝戦 桂グラウンド 【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。 毎年コンスタントに上位に名前を見せる立命館と、かつて甲子園に出場経験もある公立の桂の一戦。 まず守る立命館の先発はエース多田投手。 夏もベンチに入っており、京教大附戦にも登板していました。 1回表の桂の攻撃を三振一つを含む三者凡退に抑える、上々の立ち上がりを見せます […]

[ 一次戦 ] 京都成章 VS 洛星

2016年9月3日、秋季京都大会一次戦Aゾーン決勝戦 桂グラウンド 【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。 到着した時は、1回表の洛星の攻撃終了直後。 1回裏の京都成章の攻撃から観戦しています。 まず洛星の先発はエース右腕の水江投手。 1回裏の京都成章。 1死から、2番・ 背番号14の選手がレフトオーバーの二塁打で出塁すると、2死後、夏も4番を打っていた川岸選手が、牽制悪 […]

[ 一次戦 ] 大谷 VS 洛南

2016年8月28日、秋季京都大会一次戦Dゾーン二回戦 洛南グラウンド 【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。 この日の第二試合はホスト校の洛南が登場。 昨秋ベスト8だった大谷はこの試合、背番号10右腕の黒岩投手が先発。 外野からの観戦ですが、威力のあるストレートを投げる投手。 初回は2つの三振を奪い三者凡退と上々の立ち上がりを見せます。 一方の洛南はエース左腕の宮川投手 […]

[ 一次戦 ] 京都学園 VS 木津

2016年8月28日、秋季京都大会一次戦Eゾーン二回戦 洛南グラウンド 【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。 朝から雨が降るあいにくの天候の中、予定時間の10時より早めにプレーボールしていたため、到着した頃には京都学園がすでに1点を先制していましたので、この試合の観戦記録は、1回裏の木津からカウントしています。 京都学園はエースナンバーサウスポーの竹中投手が先発します。 […]

[ 一次戦 ] 立命館宇治 VS 城陽

2016年8月27日、秋季京都大会一次戦Bゾーン一回戦 立命館宇治グラウンド スタメン ※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。 ※立命館宇治は公式サイトが登録メンバーを公表されているため、そちらを参考にさせていただいています。 観戦記 2年ぶりのセンバツ出場を目指す立命館宇治と、公立の好チーム、城陽の一戦。 立命館宇治は、前チームは夏まで苦しい戦いが続きましたが、その夏。 ベスト4と […]

[ 一次戦 ] 京都廣学館 VS 京都教育大附

2016年8月27日、秋季京都大会一次戦Aゾーン一回戦 立命館宇治グラウンド 【スタメン】※球場から発表がありませんので正式な情報は不明です。 2016年度のチームは、秋は二次戦進出。 春夏はベスト8と京都高校球界の中心に常にいた京都廣学館と、わずが9名での新チーム発足となった京都教育大附のそれぞれ、新チームの公式戦初試合。 まず守る廣学館、夏の主力メンバーが多く抜け、本当に新しいチームになりまし […]

1 8