[ 三回戦 ] 国士舘 VS 関東一

[ 三回戦 ] 国士舘 VS 関東一

2018年10月21日、秋季東京大会 三回戦
ダイワハウススタジアム八王子

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

国士舘
4 黒川R
9 松室L
7 冨田R
3 黒澤L→3 山田R
8 森中L
2 澤野R
6 鎌田L
1 白須R→1 石橋L
5 遠山L

関東一
9 平川L
8 大久保L
2 野口R
3 平泉R
6 渋谷R
4 岡澤L→H7 重政R
7 根崎L→H 吉安L→4 村岡L
5 長嶋R
1 谷L→1 土屋R→H 谷口R

観戦記

上位常連、実力校同士の対戦は先攻・国士舘。

まず守る関東一は、エース右腕・谷投手が先発。

関東一の谷投手

1回表、国士舘は1死から2番・松室選手が四球で出塁すると、3番・冨田選手が左中間を破るセンターへ2塁打を放ち1点を先制します。

松室選手が先制のホームイン

さらに4番・黒澤選手がレフト前ヒットで、13塁とチャンスを広げます。

特徴的なフォームの黒澤選手

追加点のチャンスに5番・森中選手がライト前へタイムリーヒットで、さらに1点を追加します。

森中選手のがタイムリーヒット

関東一は早くも、背番号5・金森選手を伝令に走らせますが、6番・澤野選手もレフト前ヒット。
4連打でさらに1死満塁と攻める国士舘。

ビッグイニングのチャンスは、後続続かずさらなる追加点は挙げられませんが、まず2-0とリードを奪います。

代わって守りにつく関東一の先発は、背番号3・右の白須投手。

国士舘の白須投手

1回裏、関東一は2死から3番・野口選手がセンター前ヒットで出塁すると、4番・平泉選手、5番・渋谷選手が連続四球で2死満塁と攻めますが、後続続かず無得点に終わります。

3塁まで進む野口選手

関東一は2回裏も、先頭7番・根崎選手がセンターオーバーの3塁打で出塁しますが、後続続かず無得点と、初回に続きチャンスを生かせません。

3塁打の根崎選手

すると3回表・国士舘は、先頭4番・黒澤選手がレフトオーバーの2塁打で出塁。
犠打で1死3塁とします。

ここで6番・澤野選手はスクイズを試みますが、空振り。
三本間に黒澤選手が挟まれますが、野口捕手も追いかけすぎたかセーフになります。

黒澤 選手が三本間挟まれるもセーフ

助かった澤野選手は、仕切り直しでファーストゴロ。
黒澤選手はホームを狙い、関東一・平泉選手はバックホームも、野口捕手が落球(野選)。
1点を追加し、3-0とリードを広げます。

黒澤 選手がホームイン

さらに鎌田選手が、四球を選び1死12塁としたところで、関東一は背番号10・右の土屋投手へ継投します。

関東一の土屋投手

国士舘はさらなるチャンスでしたが、後続続かず追加点は奪えません。

直後の3回裏、関東一。
2番・大久保選手がセンター前ヒットで出塁すると、バッテリーミスで2塁へ進塁。
3番・野口選手が四球を選び、4番・平泉選手の犠打で1死23塁と三たび決定機を作ります。

しかしこのチャンスに5番・渋谷選手はショートライナー。
セカンドランナーが飛び出し、戻り切れず併殺打となり、またもチャンスに無得点に終わります。

野口選手がセカンドでアウト

関東一はさらに5回ウラ。
1死から1番・平川選手がライトへ2塁打で出塁。2番・大久保選手が内野安打で13塁とすると、国士舘は背番号11・左の石橋投手へ継投します。

国士舘の石橋投手

しかし代わり端、3番・野口選手に死球を与え1死満塁。
関東一は初回から、4度走者を3塁に進めていきます。

しかしここも4番・平泉選手がセカンドゴロ併殺打。
関東一は決定機をモノに出来ず、3-0と国士舘がリードして前半5回を終えます。

リードしているとは言え、関東一の度重なる攻撃から耐えてきた国士舘。

6回表、先頭1番・黒川選手がショートゴロも、1塁悪送球で2塁まで進みます。

さらに続く松室選手の犠打が、内野安打となり13塁。
二盗の後、3番・冨田選手が四球で繋ぎ無死満塁と絶好のチャンスを作ります。

ここですかさず、4番・黒澤選手がレフトへ犠牲フライ。
1点を追加。尚1死12塁とします。

黒川選手が4点目のホームイン

止まらない国士舘打線。
5番・森中選手がライト前ヒットで1死満塁とすると、6番・澤野選手がライトへ犠牲フライ。

松室選手が5点目のホームイン

2点を追加した国士舘が、5-0とリードを広げます。

直後の6回裏、関東一は四球から、またも2死23塁と攻めますが、9番・土屋選手がサードゴロ。
関東一は、ホームベースが遠いゲーム展開が続きます。

土屋選手サードゴロで無得点

しかしようやく7回裏、関東一は先頭1番・平川選手がレフトオーバーの2塁打で出塁すると、犠打で1死3塁に。

3番・野口選手がライトへ犠牲フライをはなち、1点を返します。

平川選手がホームイン

しかし反撃もここまで。
8回、9回の関東一の攻撃を、三者凡退に抑えた国士舘が5-1で勝利。

前チームの超強力「左3本柱」が揃って引退しましたが、打線が繋がりベスト8進出を決めました。

関東一は度重なる、得点機を逃したことが、最後まで響き敗退となりました。

スコア

国士舘
201 002 000=5
000 000 100=1
関東一

国 3白須、11石橋 - 2澤野
関 1谷、10土屋 - 2野口

国 H11 E0
関 H6 E1

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
国士舘

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
4 黒川R 空振三振 投犠打 三ゴロ 遊ゴロ失 中前安打
9 松室L 四球 空振三振 見逃三振 三安打
二盗
投犠打
7 冨田R 左中間(中)2塁打(1) 遊ゴロ 四球 四球 三ゴロ
3 黒澤L 左前安打 左越2塁打 空振三振 左犠飛(1) 空振三振
3 山田R
8 森中L 右前安打(1)
投牽制死
三犠打 左邪飛 右前安打 遊ゴロ
2 澤野R 左前安打 一ゴロ野選(1) 三ゴロ 右犠飛(1) 中飛
6 鎌田L 四球 四球 左前安打 右中間(右)2塁打
牽制死
二ゴロ
1 白須R 三ゴロ (土)投飛 左前安打 投飛
1 石橋L
5 遠山L 右前安打 右飛 投ゴロ 空振三振

関東一

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 平川L 右飛 一ゴロ 右2塁打 左越2塁打 二ゴロ
8 大久保L 空振三振 中前安打 三安打 投犠打
2 野口R 中前安打
二盗
暴投
四球
(石)死球 右犠飛(1)
3 平泉R 四球 投犠打 二ゴロ併殺打 二飛
6 渋谷R 四球 遊直併殺打 四球 右飛
4 岡澤L 二ゴロ 左飛
H7 重政R 四球 左飛
7 根崎L 中越3塁打 中飛
H 吉安L 空振三振
4 村岡L 中飛
5 長嶋R 遊ゴロ 遊ゴロ 右飛 中飛
1 谷L 空振三振
1 土屋R 空振三振 三ゴロ
H 谷口R 右飛

投手成績

国士舘

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
3白須 4 1/3 5 3 3 0 0
11石橋 4 2/3 1 2 1 1 1

関東一

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1谷 2 1/3 5 2 2 3 3
10土屋 6 2/3 6 2 4 2 0