龍谷大平安 VS 福知山成美

龍谷大平安 VS 福知山成美

2015年5月16日、春季京都大会2次戦準決勝

わかさスタジアム京都

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

龍谷大平安

7 小川
4 久保田
8 城島
3 西川
5 橋本
2 吉村
1 元氏
6 城ヶ原
9 岡田

福知山成美

7 田井中
4 大内
8 矢野
2 西元
9 植村
6 岡本
3 辻上
1 川上
5 近藤

観戦記

準決勝の第二試合は、長く京都の高校球界の雌雄を争ってきたチーム同士の対決。

昨年のセンバツ優勝校とベスト8のチーム同士の対決でもあります。

試合前の福知山成美選手達
試合前の福知山成美選手達
試合前、原田監督の指示を聞く平安ナイン
試合前、原田監督の指示を聞く平安ナイン

注目の先発はまず福知山成美。
2年生の背番号12番、川上投手がマウンドへ。

福知山成美、先発の川上投手
福知山成美、先発の川上投手

いきなり先頭の小川選手がレフト前にヒット。
守備がもたつく間に一気に2塁へ。
この後1死3塁となり、3番城島選手がセンターへ犠飛を放ち平安がまず1点を先制します。

龍谷大平安、小川選手生還で1点先制
龍谷大平安、小川選手生還で1点先制

平安の先発は昨年センバツ優勝にも貢献した背番号10の元氏投手。

龍谷大平安先発の元氏投手
龍谷大平安先発の元氏投手

昨年よりやや腕をスリークォーター気味に出すようにフォームを変えてきましたね。
それでも相変わらず、力の入った速球を投げこんでいきます。

元氏投手は序盤3回を3奪三振、1安打無失点とまずますの立ち上がりを見せます。

4回表の平安は、先頭の4番西川選手がセンター前にヒット。
その後2死3塁となり打者・元氏投手の時に、一瞬ワイルドピッチで1点追加かというシーンがありましたが、それは元氏選手に当たっていたため死球となり生還は認められません。
結局この回の平安は無得点に終わります。

西川選手のホームインは認められませんでした
西川選手のホームインは認められませんでした

するとその裏の福知山成美。
まず先頭の大内選手が右中間に3塁打で絶好のチャンス。

3塁打の大内選手
3塁打の大内選手

この後、矢野選手の犠飛で同点においつくと、2死後、植村選手がレフトスタンドにソロホームランを放ち成美が逆転に成功します。

ソローホームランの成美・植村選手
ソローホームランの成美・植村選手

5回にもチャンスを作った成美ですが無得点に終わると、次は6回表、平安の主砲西川選手が、負けじとレフトスタンドに同点のソローアーチ!

同点ホームランの西川選手
同点ホームランの西川選手

成美の先発、川上投手は結局6回を投げきり、三振1つ。
4安打、2死四球、2失点とまずまずの内容でマウンドを降ります。

7回表から成美は2番手の背番号10、矢野目投手がマウンドへ。

福知山成美2番手の矢野目投手
福知山成美2番手の矢野目投手

先頭の元氏投手がライト線へ2塁打で出塁すると、続く城ヶ原選手の打球がフィールダースチョイスとなり無死13塁。
ここで1年生の岡田選手がレフト前にタイムリーを放ち、平安が再度リードを奪います。

勝ち越しタイムリーの平安・岡田選手
勝ち越しタイムリーの平安・岡田選手

続く8回表、福知山成美は3番手の背番号11番、中田投手をマウンドへ送ります。

福知山成美3番手の中田投手
福知山成美3番手の中田投手

この回、ノーヒットで1死2塁のチャンスで、橋本選手がレフト前にヒット。
しかしここで、橋本選手は2塁を伺いタッチアウト、2死3塁となります。
打者吉村捕手の時に、バッテリーにほんの一瞬の隙ができ、この機になんと3塁走者の城島選手がホームイン!
貴重な1点を追加します。

4点目のホームインの城島選手
4点目のホームインの城島選手

しかし、福知山成美も粘りを見せます。
7回までで8奪三振とまずまず成美の強力打線を抑えてきた元氏投手から連打で無死12塁のチャンスを作ります。

ここで平安は今年のドラフト候補の呼び声高いエース高橋投手をマウンドへ!

特徴的なフォームの平安エース高橋投手
特徴的なフォームの平安エース高橋投手
吉村捕手と言葉を交わす高橋投手
吉村捕手と言葉を交わす高橋投手

しかしここで1死後、成美主砲の西元選手がレフト前にタイムリーを放ち、成美が3-4と追い上げます。

タイムリーヒットの西元選手
タイムリーヒットの西元選手

1点差の9回表のマウンドは、福知山成美のエース大村投手。

福知山成美エース大村投手
福知山成美エース大村投手

平安が高橋投手がでてきて俄然沸いてきたスタンドですが、大村投手もライバルチームのエースとして十分すぎる内容。

9回表を三者三振に打ち取ります。

しかし、9回裏の成美。
先頭の辻上選手がレフト前ヒットで出塁しますが、大村投手、近藤選手が連続で三振に倒れ、最後は田井中選手が内野ゴロでゲームセット。

京都一の黄金カードは4-3で龍谷大平安が勝ち京都大会では公式戦25連勝を飾り、5季連続優勝に王手をかけました。

まず平安ですが、記録に残らないミスがいくつかあり、もうあと2~3点を取れていたようなゲーム。
春の浦和学院戦の雪辱を晴らすことを期しているでしょうし、こういったミスは次戦までに修正したいところ。

いずれにしても平安には求めるレベルは高くなりますね。

対する福知山成美ですが、昨年のセンバツベスト8チームが、名将田所監督の勇退など重なり、春季、夏そして秋季と連続して京都大会のベスト8にも残らないという事態に。

平安のよきライバルチームの低迷に心配しましたが、この春を見て、完全復活とは言えないものの、夏に楽しみを感じさせるいいチームに仕上がってきたと思います。

まず先発の川上投手。
見る限り、変化球主体でストレートもさほど速いとは感じませんでしたが、それでも平安打線が完全に打ちあぐねてしまっていました。

恐らく来年のエース投手でしょうが、楽しみな素材だと思います。
平安が絶対的エース高橋投手を出したことで、意識したか大村投手も素晴らしいピッチングでした。
平安の下位打線だったと言っても、三者三振は全国レベルのチームに通用したということで、大きな自信に繋がったと思います。

今日は好勝負でしたが同時に、夏を見据えてお互いに「化かしあい」も感じました。
復活した京都の黄金カード、全力での激突を夏、このわかさで魅せてもらえることを楽しみにしたいと思います。

スコア

龍谷大平安 100 001 110=4
福知山成美 000 200 010=3