[ 準決勝 ] 東山VS 龍谷大平安

2016年10月8日、秋季京都大会準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

東山

3 田中
8 宮口
9 増田
5 長谷川
7 高倉
6 村井
2 大杉
1 金和
4 木村

龍谷大平安

8 松本
6 大本
3 前田
7 岡田
5 松田
9 金本
4 木村
2 田島
1 小寺

龍谷大平安が勝てば4年連続で秋季大会決勝進出。
対する東山は勝てば20年ぶりの決勝進出をかけた大一番。
勝ったチームは近畿大会への出場が決まります。

まず守る龍谷大平安はエース小寺投手。

平安エースの小寺投手
平安エースの小寺投手

1回表の東山。

先頭の田中選手がまずライト前ヒットで出塁すると、続く宮口選手が左中間を破る三塁打を放ち、いきなり1点を先制します。

田中選手が先制のホームイン
田中選手が先制のホームイン

さらに増田選手が四球で繋ぐと、4番・長谷川の投手ゴロで、宮口選手を三本間に挟まれますが、平安守備陣が乱れホームイン。
この後、さらに無死満塁とさらなるチャンスを作りますが、ここは平安小寺投手が踏ん張り無得点に終わりますが、初回、いきなり2-0とリードします。

宮口選手がホームイン
宮口選手がホームイン

2点を追う龍谷大平安は直後の1回裏。

東山はエース右腕の金和投手が先発。

東山エースの金和投手
東山エースの金和投手

1死から2番・大本選手がライト前ヒットで出塁。
2死後、4番・岡田選手がファーストへの強襲ヒットで12塁とすると、5番・松田選手がセンター前へタイムリーヒットを放ち1点を返します。

松田選手がセンター前にタイムリーヒット
松田選手がセンター前にタイムリーヒット
大本選手がホームイン
大本選手がホームイン

2-1で迎えた3回表の東山。

先頭3番・増田選手がセンター前ヒットで出塁すると、犠打で繋ぎ、4番・高倉選手がレフト前ヒットで1死13塁と追加点のチャンスを作りますが、盗塁失敗に、村井選手はキャッチャーへのファールフライに終わり無得点に終わります。

2死3塁の場面で村井選手は捕邪飛に倒れる
2死3塁の場面で村井選手は捕邪飛に倒れる

すると直後の3回裏の龍谷大平安。

1死から1番・松本選手がライトオーバーの三塁打で出塁します。

松本選手が3塁打
松本選手が3塁打

この後2死から連続四死球で2死満塁としますが、5番・松田選手が空振り三振に倒れ、同点のチャンスを生かすことができません。

この試合、東山の元気の良さが目立ちましたが、それを象徴するシーンが、5回表の攻撃時にありました。

2死から4番・長谷川選手が頭部への死球で、一旦ベンチに下がり臨時代走で増田選手が出塁。

5番・高倉選手の打席で、他の都道府県では聴く機会がありますが、京都では平安以外が演奏したことを聴いたことがなかったのですが、平安のチャンステーマ「怪しいボレロ」を東山応援団が演奏(ブラスバンドは不参加なので、口ラッパ)。

無得点には終わりますが、東山の勢いが現れたシーンでした。

試合は2-1で東山がリードしたまま、終盤の7回表。
平安の小寺投手も100球近い球数になってきています。

先頭9番の木村選手がセンター前ヒットで出塁、1死後、2番の宮口選手が送り、2死2塁となります。

続く増田選手の打席、3ボール2ストライクから、小寺投手の牽制悪送球があり3塁へ進塁すると、セカンドへの内野安打で木村選手がホームイン。
3-1とリードを広げます。

タイムリー内野安打の増田選手
タイムリー内野安打の増田選手

さらに4番・長谷川選手のレフトへの飛球を、平安・岡田選手が完全に見失いタイムリーヒットになって、増田選手が4点目のホームイン。
4-1と3点差にリードを広げます。

盛り上がる東山ベンチ
盛り上がる東山ベンチ

3点のビハインドとなった平安は、直後の7回裏の攻撃が始まる前にベンチ前で円陣を組みますが、無得点に終わります。

攻撃前に円陣を組む平安ナイン
攻撃前に円陣を組む平安ナイン

試合はこのまま、8回、9回の龍谷大平安の攻撃は三者凡退に終わり4-1で東山が勝って20年ぶりの決勝進出と、近畿大会への出場を決めました。

まず勝った東山。
とにかく試合開始前から、元気の良さが目立ちました。
平安よりも大きな声で、存在感を見せ付けました。

福知山成美戦同様の大胆な守備シフト、そして金和投手の変化球主体のピッチングに強打の龍谷大平安打線はわずか5安打と完勝といえる内容でした。

そして敗れた龍谷大平安。
昨年の今頃に比べてチームの完成度がまだまだだと感じました。

打線はセンバツでも活躍した岡田選手や、西武ライオンズで活躍するOBの炭谷選手のいとこにあたる1年生の松田選手、前田選手など体格もいい選手が並びますので、これからのチームとしての完成度に期待していきたいです。

東山
200 000 200=4
100 000 000=1
龍谷大平安

東 金和 - 大杉
平 小寺 - 田島

東 H10 E0
平 H5 E3

【打撃成績】
東山

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
3 田中 右前安打 空振三振 遊ゴロ 捕邪飛 空振三振
8 宮口 左中間三塁打(1) 投飛 空振三振 一前犠打 中前安打
牽制死
9 増田 四球 中前安打 左飛 牽制悪送球
二安打(1)
遊飛
5 長谷川 投ゴロ野選(1) 投前犠打 頭部死球 左線安打(1)
7 高倉 打撃妨害 左前安打
二盗死
 遊ゴロ 左飛
6 村井 投ゴロ併殺打 捕邪飛 右飛 見逃三振
2 大杉 四球 空振三振 見逃三振 中前安打
1 金和 空振三振 左前安打 二ゴロ 投前犠打
4 木村 投ゴロ 投ゴロ 中前安打 遊飛

龍谷大平安

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 松本 投ゴロ 右越三塁打 遊ゴロ 中飛
6 大本 右前安打 左飛 一飛 空振三振
3 前田 左飛 死球 一ゴロ 中飛
7 岡田 一強襲安打
三盗死
四球 二ゴロ 中飛
5 松田 中前安打(1) 空振三振 中前安打 三ゴロ
9 金本 投飛 四球 左飛 捕邪飛
4 木村 三ゴロ 捕前犠打 三ゴロ 左飛
2 田島 投飛 左飛 四球 中飛
1 小寺 投ゴロ 二飛 投前犠打


【投手成績】

東山

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
金和 9 5 3 2 1 1

龍谷大平安

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
小寺 9 10 2 7 4 4