[ 準々決勝 ] 東山 VS 福知山成美

2016年10月1日、秋季京都大会準々決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

5 岡本
2 楠田
6 藤田
3 坂野
7 谷
4 廣瀬
9 藤井
1 中島
8 森

東山

3 田中
8 宮口
7 高倉
5 長谷川
6 村井
9 増田
2 大杉
1 金和
4 木村

昨秋の準々決勝でも顔を合わせた両チームの対決(その際は福知山成美が7-6で勝利)。
両チームとも昨秋の準々決勝のスタメンに名を連ねた選手はゼロと、大きく様変わりをしてきました。

まず守る東山はエース右腕、金和投手。

東山エースの金和投手
東山エースの金和投手

1回表の福知山成美。

先頭・岡本選手は3球目をレフトスタンドへ先制のソロホームラン。
先頭打者ホームランで成美が1点を先制します。

成美、岡本選手が先頭打者ホームラン
成美、岡本選手が先頭打者ホームラン

続く2番・楠田選手もセンターの好プレーの前にセンターフライに倒れますが、初回から成美打線の振りの鋭さを見せ、1-0とリードします。

福知山成美は昨秋の東山戦でも登板した速球派の藤山投手がチームに残りましたが、故障もあり中島投手がエースとして先発マウンドへ上がります。

福知山成美エースの中島投手
福知山成美エースの中島投手

1回裏、東山打線は三者凡退に終わり、中島投手、まずまずの立ち上がりの内容を見せます。

2回は両チームランナーは出しますが無得点に終わり、迎えた3回裏の東山。

先頭9番・木村選手がセンター前ヒットで出塁すると、すかさず続く1番・田中選手がレフトスタンドへ逆転のツーランホームランを放ち、2-1と東山が試合をひっくり返します。

逆転ホームランの田中選手
逆転ホームランの田中選手

1点をリードした東山は、5回裏も先頭・9番木村選手のライト前ヒット、1番・田中選手のレフト前ヒットで出塁すると、犠打で1死23塁とします。

ここで3番・高倉選手のファーストゴロで、木村選手がホームを狙いますがタッチアウトになります。

木村選手ホーム狙うもアウト
木村選手ホーム狙うもアウト

東山は2死13塁と代わり(すかさず高倉選手二盗で2死23塁)チャンスが潰えたと思いましたが、4番・長谷川選手のサードゴロで、成美坂野選手が送球を捕球しきれず、東山・田口選手がホームインし3-1とリードを広げて前半5回を終了します。

3点目のホームを踏んだ田中選手(背番号3)を迎える東山ベンチ
3点目のホームを踏んだ田中選手(背番号3)を迎える東山ベンチ

2点を追う福知山成美は7回表、1死から5番・谷選手がセンター前ヒットで出塁すると、2死後7番・藤井選手がセンター前ヒットで2死13塁とチャンスを広げますが、中島投手に代わる、代打・藤岡選手がファーストライナーに倒れ無得点に終わります。

直後の7回裏の東山。

成美は代打が出ましたので、背番号11の今城投手へ継投します。

成美、2番手の今城投手
成美、2番手の今城投手

7回裏の東山、1死後2番・宮口選手が右中間を破る二塁打で出塁、続く3番・高倉選手のカウントが1ボール2ストライクとなったところで、成美は背番号19の左腕・相馬投手をマウンドへ送ります(今城選手はライトへ)。

成美3番手の相馬投手
成美3番手の相馬投手

代わり端、牽制悪送球でランナーを3塁へ進めさらに、打者高倉選手が四球を選び1死13塁となったところで、福知山成美は再度・今城投手へ継投します。

東山は4番・長谷川選手の打席、初球パスボールで宮口選手が4点目のホームを踏みます。

宮口選手が4点目のホームイン
宮口選手が4点目のホームイン

このあとさらに2死満塁となり、7番・大杉選手が押し出し四球を選び、5-1と東山が4点のリードにその差を広げます。

勢いに乗る東山は、8回裏も先頭9番・木村選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、1死後2番・宮口選手へのファーストへの犠打が、悪送球を生み一気に、木村選手がホームに戻り6点目が入ります。

さらに3番・高倉選手がセンターオーバーのタイムリー三塁打を放ち7-1と東山がリードを広げます。

タイムリー3塁打の高倉選手
タイムリー3塁打の高倉選手

あと1点でコールドゲーム成立という場面になり、福知山成美バッテリーは満塁策を選択。
1死満塁となりますが、ここは福知山成美が粘り、7-1のまま9回表の攻撃を迎えます。

なんとか一矢を報いたい成美打線ですが、2死走者なしとなりますが、5番・谷選手がレフト前ヒットを放ち最後の意地を見せますが、反撃もここまで。
7-1で東山が勝ち、ベスト4へ駒を進めました。

9回にヒットを放った成美・谷選手
9回にヒットを放った成美・谷選手

この試合、1回表の福知山成美の攻撃を見たときは、この結果は予想しませんでした。
むしろ強打の成美がコールドに近い点差で勝利するのではと失礼ながら思いました。

実際、成美打線も「いつでも得点は取れる」と言った気分になり、それが東山・金和投手の術中にはまったように思えました。

一方の東山。
このチーム、本当に「元気」です。
監督も20代の足立監督に代わられて、フレッシュになりました。

先発完投した金和投手は、上背はそこそこありますが、ストレートの速さは恐らく目視ですが、130キロも出ていないのではないでしょうか?
しかし、変化球を主体に上手く強打の成美打線をかわし、初回の先頭打者ホームランによる1点に抑えこみました。

両チームの新チームはこれが初観戦。
敗れた成美は、冬を越すと恐らく藤山投手も帰ってくると思います。
まだまだ成長途上を感じる両チームだけに、今後に期待をして見ていきたいと思います。

福知山成美
100 000 000=1
002 010 22x=7
東山

福 中島、今城、相馬、今城 - 楠田
東 金和 - 大杉

福 H7 E3
東 H10 E0

本塁打
福 岡本①
東 田中②

【打撃成績】
福知山成美

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
5 岡本 左本塁打(1) 左飛 右前安打 空振三振
2 楠田 中飛 二ゴロ 中飛 中飛
6 藤田 中飛 一ゴロ 空振三振 左邪飛
3 坂野 右邪飛 遊ゴロ 投ゴロ 三ゴロ
79 谷 二安打 遊ゴロ 中前安打 左前安打
4 廣瀬 投前犠打 遊ゴロ 三直 三ゴロ
9 藤井 空振三振 二ゴロ 中前安打
1 相馬
9 平田
9 藤井 空振三振 二ゴロ 中前安打
1 中島 遊直 右飛
H 藤岡 一直
191 今城
8 森 右前安打
二盗死
三ゴロ 遊ゴロ

東山

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
3 田中 二ゴロ 左越本塁打(2) 左前安打 (今)空振三振 中飛
8 宮口 左飛 遊邪飛 投前犠打 右中間二塁打 一ゴロ失(1)
7 高倉 左飛 左前安打
二盗
一ゴロ
二盗
(相)四球 中越三塁打(1)
5 長谷川 中飛 三ゴロ 三ゴロ失(1) (今)パスボール(1)
四球
二盗
四球
6 村井 二邪飛 投ゴロ 左飛 三ゴロ
二盗
四球
9 増田 四球
二盗
二飛 遊飛 四球 二ゴロ
2 大杉 四球 見逃三振 右前安打 四球(1) 左飛
1 金和 一邪飛 一邪飛 投前犠打 空振三振
4 木村 中前安打 右前安打 遊ゴロ 二安打


【投手成績】

福知山成美

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
中島 6 6 2 1 3 2
今城 1/3 1 0 1 0 1
相馬 0/3 0 1 0 0 1
今城 1 2/3 2 5 1 4 2

東山

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
金和 9 7 0 4 1 1