2013秋季近畿大会 | 福知山成美 VS PL学園

2013秋季近畿大会 | 福知山成美 VS PL学園

2013年10月26日、奈良県の佐藤薬品スタジアムで行われた、事実上のセンバツ予選。
秋季近畿大会の観戦へ。

第一試合は、この夏に甲子園に出場している、京都2位の福知山成美と、名門復活なった大阪2位のPL学園。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このPLのユニフォームを見ると、小学生時代にKK時代を経験している世代としては、なんとも言えない威圧感を感じてしまいます。

試合は序盤、成美が2点を先制したところで、私も遅ればせながら現地到着。

5回裏にPLが一気にたたみかけ一時は2-2の同点に追いつきますが、成美もすかさず6回表に1点を勝ち越し、3-2のまま試合は終盤戦へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

京都大会の紫野戦で初めて見た石原くんも調子が良さそう。
単打は打たれるタイプですが、連打は許しません。
コントロールもよく、見逃し三振の場面もありました。

試合は9回裏にPLはランナーを3塁まで進めますが、最後のバッターがサードへのファールフライでゲームセット。

成美がベスト8へ進出しました。

今年の成美は打力があるという評判ですが、まだつながりという点ではイマイチという印象。
ただ個々はしっかりとバットも触れていたので、つながりが出てくると、石原くんは安定度では、前チームの仲村渠(なかんらかり)くんよりも同等か、上な感じもするので、成美自身に期待が持てそうです。

一方のPL学園。
打力は成美とほぼ同レベルだったと思います。

好投手が揃う近畿大会や、全国大会では大阪府大会序盤のような猛攻は出来なくて当然だと思います。
やや感じたのは投手力。
先発の鈴木くんは見れませんでしたが、二番手のサウスポー谷くん、三番手の右の澁谷くん、まとまった好投手だと思いますが、誰か抜けてエースと呼べる存在にはまだなりきれていないように感じました。

PL学園の久しぶりの甲子園は事実上断たれた敗戦ですが、もう一回り成長して、夏の甲子園を期待しています!