甲子園

龍谷大平安 VS 明徳義塾

2016年3月21日、第88回選抜高等学校野球大会一回戦

阪神甲子園球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません
※大会主催者より球場の写真を掲載することを禁止されていますので写真はありません

龍谷大平安(京都)
8 小川
4 久保田
6 西川
3 橋本
7 岡田
1 市岡
5 冨田
9 竹内
2 竹葉

明徳義塾(高知)
8 立花
4 金田
9 西浦
2 古賀
7 西村
3 平石
5 大北
6 高村
1 中野

いつもわかさスタジアム等で観戦している平安を甲子園で観るのは思えば初めて!
秋と比べると岡田選手がクリーンアップに入り、秋季大会でホームランを打つなど活躍した強打者の冨田選手が7番に入った以外はほぼ秋と同じメンバー。

まず攻める平安ですが、明徳義塾のマウンドはエース右腕の中野投手。

1回表の平安は先頭の小川選手がライト前にヒットを放ちますが、2塁を狙いタッチアウト。
しかしイヤな雰囲気になる前に、続く久保田選手が四球で出塁、3番の西川選手がセンター前ヒットで1死12塁とチャンスを作ります。

しかし橋本選手、岡田選手がそれぞれ見逃三振に終わり平安無得点に終わります。

その平安の先発はエース左腕の市岡投手。
1回裏の明徳義塾は1死後、2番の金田選手がセンター前ヒットで出塁。
2死後、4番の古賀選手がライト線を破り金田選手が本塁を狙いますが、平安の素晴らしい中継プレーの前にタッチアウト。
先制することが出来ません。

2回表の平安。
先頭の6番市岡選手がライト前ヒットで出塁。
続く冨田選手のセンター前ヒットはヒットエンドランが成功し無死13塁とチャンスが拡大します。
ここで竹内選手が初球をセンター前に弾き返し1点を先制します。

1点を先制された直後の2回裏の明徳義塾。
先頭の5番西村選手のレフトへの大飛球を岡田選手がフェンスにぶつかりながらも好捕。
しかし続く平石選手がセンター前ヒットで出塁。
2死後、8番の高村選手が四球で2死12塁とすると、続く中野選手が打席の際、2球続けてバッテリーミスが起き1-1の同点に追いつきます。

チャンスを作るもあと1本が出ていない印象の平安でしたが3回表。
1死後から4番橋本選手がレフトスタンドへソロホームラン。
2-1と勝ち越すと、続く5番岡田選手もセンターへ弾丸ライナーのホームラン。
3-1とリードを広げます。

明徳義塾は4回表から背番号18の右腕北本投手へ継投します。

5回表の平安は、1死から5番岡田選手がレフト前ヒットで出塁。
市岡選手が打席の際にボークが宣告され1死2塁とすると、市岡選手自身もセカンドへの内野安打で1死13塁とチャンスを拡大します。
続く冨田選手が打席の際に、市岡選手が二盗を成功させますが、冨田選手はライトへの浅いフライ。
またもチャンスをモノに出来ないかと思った矢先、先制点をたたき出した竹内選手が一塁手強襲の2塁打で貴重な2点を追加し5-1と平安がリードを広げます。

グラウンド整備後の7回表の平安。
先頭の橋本選手が四球で出塁、続く岡田選手のファーストゴロの間に1死2塁と追加点のチャンスを迎えます。

続く市岡選手が初球をライト前に弾き返し橋本選手が還り6-1とリードを広げます。
さらに冨田選手がセンター前ヒットで1死13塁とチャンスを広げ、さらに自身の盗塁で23塁とすると、またも竹内選手がレフト前ヒットで7-1と平安が大量リード体勢に入ります。

秋はストレートとスライダーで三振を奪うも制球難から崩れる場面もあった市岡投手ですが、この試合はまとまりもよく中盤以降ほぼ明徳義塾にチャンスらしいチャンスを与えないピッチングを見せます。

8回表から明徳義塾は背番号11の右横手の林田投手が3番手のマウンドへ。
8回、9回の平安の攻撃をきっちりと抑え、味方の反撃を迎えます。

9回裏の明徳義塾は4番古賀選手からの攻撃も、市岡投手の前に2死走者無しとされ、平石選手を迎えますが、カウント2-2からのスライダーを空振三振に取られゲームセット。
1回戦屈指の好カードと戦前の評判にあった戦いは7-1と思いもよらず一方的な展開のまま平安が2年ぶりの頂点に好発進しました。

まず勝った平安、打線は秋同様強力。
3回表の岡田選手のバックスクリーン右へのライナー性のホームランは、見事の一言。

なかなかチャンスをモノに出来ず、重い空気になりそうなところを一気に流れを平安に引き寄せました。

市岡投手も7奪三振に加え、課題だった四死球も2つと安定した内容。
ストレートは最速137キロでしたが、ほとんど130キロ台の前半。
それでも名門明徳打線を6安打に抑え、勝利に大きく貢献しました。

対する明徳義塾。
昨夏の敦賀気比戦に続き2季続け甲子園初戦で敗退となりました。

初回の先制のチャンスでもし生還していれば、少しは違った展開になったかもしれませんが、この試合に関して言えば完敗といった内容。
しかし名門明徳義塾ですから、必ず夏に向けてチームを立て直してくると信じています。

龍谷大平安
012 020 200=7
010 000 000=1
明徳義塾

平 市岡 – 竹葉
明 中野、北本、林田 – 古賀

平H15 E1
明H6 E0

本塁打
平 橋本①、岡田①

 

スポンサードリンク