準々決勝の組み合わせ

NO IMAGE

ベスト8が出揃いました。
明日(17日)の関西地方の天気は少し怪しいですが、予定通り行えれば下記の4試合が予定されています。

早稲田実(西東京)-九州国際大付(福岡)
花咲徳栄(埼玉)-東海大相模(神奈川)
秋田商業(秋田)-仙台育英(宮城)
興南(沖縄)-関東一(東東京)

近畿勢は残念ながら京都代表の鳥羽が興南に4-3で逆転負けしましたので、ベスト8には残れませんでした。

しかし、早実の清宮、加藤選手の強打線と、すでにこの大会3本塁打を放っている九国大付の山本武白志(むさし)選手の戦い。

東海大相模の小笠原、吉田の超高校級投手陣に、花咲打線がどのように立ち向かうのか?

秋田商業、仙台育英の東北対決は成田、佐藤という好投手対決。

興南は2戦続けて終盤で逆転した粘り強いチーム。
ここにオコエ選手擁する関東一がぶつかります。

まだまだ熱戦が続く夏の甲子園。
ここからは平日に入りますので現地観戦は出来ませんが、注目していきたいですね!