仙台育英 VS 滝川第二

NO IMAGE

2015年8月14日、第97回全国高校野球選手権二回戦

阪神甲子園球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

仙台育英

5 佐藤将
8 青木
6 平沢
2 郡司
3 佐々木良
7 紀伊
9 佐々木柊
4 谷津
1 佐藤世

滝川第二

8 根来
7 大嶋
5 川北
3 建畑
6 結城
9 青木
4 山根
2 芝本
1 友井

実力校同士のベスト16をかけた戦い。
まず初回の仙台育英は1死後、2番の青木選手がライト前にポテンヒットで出塁。
二盗、三盗と四球で2死13塁と先制のチャンスを作りますが、ここは友井投手が踏ん張り、仙台育英、無得点に終わります。

仙台育英のマウンドはプロ注目の好投手・佐藤世那投手。

まず滝川二の同じくプロ注目の外野手・根来選手がライト前にヒットで出塁。
いきなり足を魅せて二盗を狙いますが、ここは仙台育英バッテリーが勝り盗塁失敗に終わります。

結果、初回の滝川二の攻撃は三人で終えます。
佐藤投手は初回から140台中盤のストレートを投げ込んでいきました。

仙台育英は2回表、先頭の紀伊選手が出塁すると、犠打、パスボールなどで2死3塁のチャンスを作ります。
ここで8番の佐藤世選手がセンター前タイムリーで1点を先制します。

3回裏の滝川二は、この回先頭の芝本選手がライト前ヒットで出塁すると、2死3塁のチャンスを作りますが、ここは無得点に終わります。

すると4回表の仙台育英、この回先頭の佐々木良選手が、左中間を破る2塁打で出塁。
続く紀伊選手の時にパスボールで無死3塁とすると、紀伊選手はレフト前にタイムリーを放ち2点目を取ります。

なおもこの回、仙台育英は四球とヒットで攻め、2死満塁のチャンスを作りますが、ここは滝川二の友井投手が踏ん張り、0-2と2点のビハインドで止めます。

しかし、タイミングの合ってきた仙台育英打線。
続く5回表は先頭平沢選手があわやライトスタンドへのホームランという大飛球(ライトフライ)の後、4番の郡司選手がレフトスタンドへソロホームランを放ち3-0と仙台育英がリードを広げます。

この回さらに2死走者無しから、紀伊選手がヒットで出塁すると、続く佐々木柊選手が四球で12塁とし、8番打者の谷津選手がレフトオーバーのタイムリー2塁打で一気に5-0とリードを広げます。

この後、さらにピッチャーの佐藤世選手が、この日2打点目のタイムリーで6-0と大きく仙台育英がリードします。

滝川二は6-0となったところで、森投手へ交代。

5回裏の滝川二は、この回先頭の青木選手が四球で出塁すると、エラーも絡み1死23塁とチャンスを得ます。
2死後、注目の根来選手を迎えますがセンターフライに倒れ無得点。
前半5回を終え6-0と仙台育英がリードし、グラウンド整備に入ります。

7回表も仙台育英は四球のランナーを進め、2死2塁から1番打者の佐藤将選手がライト前タイムリーで7-0とリードを広げます。

滝川二の反撃は8回裏でした。
この回は8番の芝本選手からの打順ですが代打攻勢。
濱中選手が倒れた後、ピッチャー森選手の代打・吉井投手がセンターオーバーの2塁打を放ちます。
2死後、2番打者の大嶋選手がライト前タイムリーで、ようやく滝川二が1点を返します。

9回から滝川二は沖山投手へ。
2死2塁のピンチを招きますが、佐藤将選手の代打・西巻選手をライトフライに打ち取り無失点。
滝川二の9回裏の攻撃へ移ります。

1死から青木選手の打順に途中から入っている、里選手が内野安打で出塁するも山根選手、濱中選手が連続三振に倒れ仙台育英が7-1で勝ってベスト16へ進出しました。

終わってみれば、終始仙台育英が危なげない試合運びで勝利しました。

仙台育英の佐藤世那投手は奪三振は3つ。
前半はストレートも144キロも計測していましたが、終盤は137、8あたりが多かったのは、まだ本調子ではないのでしょうか?

打線も破壊力もありますが、振り回すというイメージもなく、ホームランや長打も安打の延長上といった感じでした。

一方の滝川二。
地元ということで、観客席も巻き込んだ応援でしたが、一歩及びませんでした。
初回、根来選手がヒットで出たあと、結果論ですがもう少し慎重に試合を進めても良かったかもしれません。

しかし、今年は不祥事で春季大会に参加できないまま、神戸国際や報徳学園などの強豪がひしめく兵庫大会を勝利し3年ぶり4度目の甲子園は立派な成績だったと思います。
根来選手ら、さらに上で野球を続けていく選手も多いチームだと思いますので、今後も頑張っていって欲しいと思います。

仙育英 010 140 100=7
滝川二 000 000 010=1

育 H12 E1
滝 H6 E0