[ 二回戦 ] 町田工業 VS 筑波大附駒場

[ 二回戦 ] 町田工業 VS 筑波大附駒場

2018年7月7日、第100回全国高校野球西東京大会 二回戦
多摩一本杉球場

スタメン

※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

町田工業
6 猿田
5 谷脇
3 高林
8 芳元
2 八巻
4 佐野
7 服部
9 佐藤
1 中野

筑波大駒場
9 上野
8 青木→1
1 田中→8
6 鈴木
7 山下→7 山西
2 若林
4 浦田
5 大谷
3 津田

観戦記

秋春とも一次戦の初戦で敗退している筑波大駒場は、新チーム公式戦初勝利をかけて。
対する町田工業は秋は一次戦初戦で敗退していますが、春は二次戦まで勝ち進みました。

その両チームの対戦は、町田工業の先攻で開始。
まず守る筑波大駒場の先発はストレートの速いエース右腕・田中投手。

筑波大駒場のエース田中投手

1回表町田工業は、1死から2番・谷脇選手が四球で出塁しますが、後続続かず無得点に終わります。

代わって守りにつく町田工業の先発は、右アンダーハンドの中野投手。

町田工業のエース中野投手

1回裏、筑波大駒場は先頭・上野選手が左中間へ2塁打で出塁すると、続く青木選手が四球、さらに3番・田中選手の打席、2塁へ中野投手が牽制悪送球で無死23塁、田中選手は四球で無死満塁とビッグチャンス。

ここで4番・鈴木選手がライトへ犠牲フライで1点を先制。
尚13塁から5番・山下選手が四球で1死満塁とさらに追加点のチャンスを作りますが、後続続かず1点に終わります。

上野選手が先制のホームイン

すると2回表の町田工業。
先頭4番の芳元選手が死球で出塁すると、犠打で1死2塁と同点のチャンス。
6番・佐野選手が死球、続く7番・服部選手の打席、暴投で1死23塁とし、自身も四球で1死満塁とチャンスが広がります。

2死後、9番・中野選手がストレートの四球を選び同点に追いつきます。

芳元選手が同点のホームイン

続く1番・猿田選手の打球はレフト前へ。
さらにレフト山下選手が後逸し走者一掃となり3点勝ち越し。
4-1と町田工業がリードします。

中野選手も還り4点目

直後の2回裏、筑波大駒場は1死から9番・津田選手が四球で出塁し、1番・上野選手が右中間へ2塁打を放ち23塁とチャンスを作ります。

しかし2番・青木選手のショートゴロで津田選手が本塁を狙うもタッチアウト。
結局このチャンス、筑波大駒場は無得点に終わります。

津田選手はホームでタッチアウト

町田工業は4回表、先頭7番・服部選手がレフト線に2塁打で出塁すると、続く佐藤選手の打席、捕逸で無死3塁となります。

さらに内野ゴロと四球で1死13塁となると、1番・猿田選手のショートゴロで1点を追加。

これで終わらない町田工業は、1死2塁から2番・谷脇選手が四球でつなぎ、3番・高林選手のレフトへの走者一掃の2塁打で2点を追加。

タイムリー2塁打の高林選手

続く4番・芳元選手も三塁横を抜く2塁打で1点を追加。

芳元選手もタイムリー2塁打

8-1となったところで、筑波大駒場はセンターの青木選手が2番手でマウンドに上がり、田中投手がセンターへ回ります。

筑波大駒場2番手の青木投手

代わり端、5番・八巻選手はサードゴロに倒れたかと思いましたが、筑波大駒場の大谷選手の1塁への送球が大きく逸れてさらに1点。
この回5点を追加した町田工業が9-1と大きくリードを広げていきます。

しかし筑波大駒場も粘ります。
直後の4回裏、先頭8番の大谷選手、9番・津田選手が連続四死球でチャンスを作って上位打線に繋ぎます。

しかし1番・上野選手のライトフライでセカンドの大谷選手が飛び出してしまい併殺打に。
2死1塁とチャンスが潰えたように思えましたが、2番・青木選手のライトオーバーの2塁打で1点を返すと、3番・田中選手もセンター前にタイムリーヒット。

タイムリーヒットの田中選手

この回2点を返し3-9と6点差に縮めます。

しかし試合の流れはまだ町田工業でした。
5回表、1死から8番・佐藤選手が四球で出塁すると、9番・中野選手の犠打を、青木投手がファンブルし12塁とすると、1番・猿田選手の犠打をまたも青木投手が1塁へ送球するも逸れてしまい満塁となります。

ノーヒットで作ったチャンスに、2番・谷脇選手が右中間に走者一掃のタイムリー2塁打を放ち12-3と9点差に。

走者一掃のタイムリー2塁打の谷脇選手

3点を返さないとコールドゲームが成立する7回裏。
筑波大駒場は3番・青木選手がセンター前ヒットで出塁すると1死後、4番・鈴木選手のサードゴロを町田工業の谷脇選手がセカンドへ悪送球。
1死13塁とチャンスが広がり、途中出場の山西選手のセカンドゴロで1点を返します。

反撃のホームを踏む青木選手

しかし筑波大駒場の反撃もここまで。
12-4で町田工業が7回コールドで初戦を突破しました。

勝利の瞬間喜び合う町田工業バッテリー

勝った町田工業、秋の東村山戦以来の観戦でしたが、当時に比べて守備も安心して見ていられましたし、中野投手のボールも伸びがあり、初回の大ピンチ。

試合の流れが逆に行った可能性もある場面を最小失点に抑え、その後の逆転劇に繋げていきました。

秋から大きく成長したナインが躍動しました。

一方の筑波大駒場。
エース田中投手はMAX135キロを超えるとのことですが、特徴的なテークバックから威力のあるストレートを投げ込んでいましたが、制球難から崩れてしまったのは残念でした。

選手個々のポテンシャルでは上回っていた選手も多かったように見えた筑波大駒場。
結果はコールドですが力の差は点差ほどなかったと思います。

町田工業は次戦も自信をもって堂々と試合をして欲しいと期待しています。
そして筑波大駒場の3年生の選手たち、本当にお疲れさまでした。

進学校のためこれからは野球から勉強へと活躍のステージを変えると思いますが、新しい道でのご活躍を期待しています。

Advertisement

スコア

町田工業
040 530 0=12
100 200 1=4
筑波大駒場

7回コールドゲーム

町 1中野 - 八巻
筑 1田中、8青木 - 若林

町 H7 E1
筑 H5 E4

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
町田工業

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
6 猿田 空振三振 左前安打(2)
高逸(1)
遊ゴロ(1) 投ゴロ失 一ゴロ
5 谷脇 四球 四球 四球 右中間2塁打(3)
3 高林 遊ゴロ併殺打 遊ゴロ 左2塁打(2) 遊直併殺打
8 芳元 死球 一ゴロ 左線2塁打(1) 左越2塁打
2 八巻 投犠打 投ゴロ (青)三ゴロ失(1) 中飛
4 佐野 死球 空振三振 左直 右越2塁打
7 服部 暴投
四球
左線2塁打 投ゴロ 投ゴロ
9 佐藤 空振三振 捕逸
二ゴロ
四球 空振三振
1 中野 四球(1) 四球 投ゴロ失 遊飛

筑波大駒場

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
9 上野 左中間2塁打 右中間2塁打 右飛併殺打 投ゴロ
81 青木 四球 遊ゴロ 右越2塁打(1) 中前安打
18 田中 牽制悪送球
四球
二飛 中前安打(1) 右飛
6 鈴木 右犠飛(1) 二飛 右飛 三ゴロ失
7 山下 右犠飛 四球
二盗
空振三振
7 山西 二ゴロ(1)
二盗
2 若林 空振三振 左飛 遊飛 左飛
4 浦田 二ゴロ 空振三振 一飛
5 大谷 三振 四球 三ゴロ
3 津田 四球 死球 投直

投手成績

町田工業

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 中野 7 5 6 4 4 3

筑波大駒場

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1 田中 3 1/3 4 8 3 8 7
8 青木 3 2/3 3 1 1 4 3