[ 一次戦第5ブロックBゾーン ] 東村山 VS 町田工業

[ 一次戦第5ブロックBゾーン ] 東村山 VS 町田工業

2017年9月16日、秋季東京大会一次戦第5ブロックBゾーン
多摩一本杉球場

スタメン

※球場の音声をメモしていますので聞き間違いなどあるかもしれません

東村山
6 キムラ
5 オオヤマ
4 ヨコサワ
2 コムロ
1 シミズ→ファースト
3 ヤマダ→投手
8 タナベ
11 スズキ
7 オクアキ

町田工業
6 サルタ
3 タカバヤシ→投手
4 ヤマキ
8 ヨシモト
5 サノ
2 ハラ
1 ナカノ→ファースト
9 サトウ
10 モリモト

観戦記

町田工業は10名、東村山は11名と少数部員同士、まずは初戦突破を目指す都立勢同士の一戦。
まず守る町田工業の先発はエースナンバー、右下手投げのナカノ投手。

町田工業エースのナカノ投手

1回表、東村山は先頭、キムラ選手がセンターへ2塁打で出塁。
続くオオヤマ選手の犠打で1死3塁と先制のチャンスを作りますが、後続続かず無得点に終わります。

3塁まで進んだキムラ選手

代わって守りにつく東村山はエース左腕のシミズ投手。

東村山エースのシミズ投手

1回裏、1死から2番・タカバヤシ選手に四球を与えますが、後続を切り無得点とまずまずの内容の立ち上がりを見せます。

2回表、東村山は先頭5番・シミズ選手が三振振り逃げ、送球の乱れもあり一気に3塁まで進塁します。
1死後、7番・タナベ選手のサードへのスクイズが成功しまず1点を先制。

タナベ選手のスクイズ

さらに8番・スズキ選手が四球で出塁すると、9番・オクアキ選手がレフト線へのタイムリー2塁打でさらに1点追加。
2点を東村山が先制します。

2点目のホームを踏むスズキ選手

東村山は続く3回表も1死から3番・ヨコサワ選手が四球で出塁すると、続く4番・コムロ選手の打席、1塁走者のヨコサワ選手が二盗、三盗を決め、さらにコムロ選手自身が四球を選び、さらに二盗を決め1死23塁とすると続く5番・シミズ選手のレフトへの犠牲フライで1点を追加します。

ヨコサワ選手が3点目のホームイン

さらに6番・ヤマダ選手がレフトオーバーの2塁打で1点を追加、3回に2点を追加した東村山が4-0とリードを広げます。

4点を追う町田工業は3回裏、1死から1番・サルタ選手のレフトへの打球処理で、オクアキ選手が躓き2塁打とし出塁。
続く2番・タカバヤシ選手が左中間を破る2塁打を放ち1点を返します。

オクアキ選手がホームイン

さらに3番・ヤマキ選手がレフトへ2塁打を放ち、タカバヤシ選手がホームイン。この回、町田工業が2点を返します。

しかし東村山は直後の4回表、先頭7番・タナベ選手がライトへヒットで出塁すると1死後、9番・オクアキ選手がセンドへの内野安打で12塁とすると、1番・キムラ選手の投手ゴロで、サードでフォースアウトをとりますが、1塁への悪送球でオクアキ選手が還り5-2とリードを広げます。

さらに2死2塁から2番・オオヤマ選手が四球でつなぎ、さらにキムラ選手が三盗を決め2死13塁とすると、3番・ヨコサワ選手が走者一掃のタイムリー3塁打を右中間に放ち2点を追加。
4回に3点を追加した東村山が7-2とその差を広げます。

ヨコサワ選手のタイムリー3塁打

その直後の4回裏、町田工業は先頭6番・ハラ選手のレフトへの飛球を、オクアキ選手が落球し(記録はヒット)出塁すると続くナカノ選手の犠打で進塁、2死後、9番・モリモト選手のライト前ヒットで2死13塁とチャンスを広げ、1番・サルタ選手のショートへの強襲ヒットで1点を返します。

ハラ選手が3点目のホームイン

5回表から町田工業はファーストを守っていたタカバヤシ選手へ継投します。(先発のナカノ投手はファーストへ)

町田工業2番手のタカバヤシ投手

代わり端、タカバヤシ投手は、2つの三振を含む三者凡退に東村山の攻撃を抑え上々の立ち上がりを見せます。

序盤、両チーム共に記録には残らないミスが目立ちましたが、中盤にかけて落ち着いてきたか締まった展開に。

7回表に東村山は2死から、4番・コムロ選手がレフトオーバーの2塁打で出塁すると、四球にバッテリーミスで2死23塁としますが、後続続かず無得点。
町田工業もようやく落ち着きを見せてきます。

その直後、7回裏の町田工業は1死から1番・サルタ選手のセンター前安ヒット、2番・タカバヤシ選手がセンター前ヒットと連打を放つと、3番・ヤマキ選手の打席、捕逸と四球で1死満塁と絶好のチャンスを作りますが、4番・ヨシモト選手がショートゴロ併殺打(6-4-3)に倒れ無得点に終わります。

町田工業は1死満塁のチャンス生かせず

大きなピンチを凌いだ東村山は8回表、先頭7番・タナベ選手がレフトへの2塁打で出塁。
四球に捕逸等で1死23塁から、1番・キムラ選手への四球を再度捕逸してしまい1点を追加、8-3と東村山がリードを広げます。

タナベ選手が8点目のホームイン

さらに9回表も東村山は、1死から5番・シミズ選手が死球で出塁すると、バッテリーミスで2塁へ進塁、6番・ヤマダ選手のセンター前ヒットで1点を追加。
9-3とその差を6点に広げます。

シミズ選手が9点目のホームイン

9回裏から東村山はファーストを守っていたヤマダ選手が2番手のマウンドへ。
シミズ投手はファーストへ入ります。

東村山2番手のヤマダ投手

ヤマダ投手は落ち着いて9回裏、町田工業の攻撃を3人で抑え勝利。
この試合の前に行われた二松学舎大附と東海大菅生の勝者、二松学舎大附と二次戦をかけて対戦することが決まりました。

両チームこの試合、序盤は記録はヒットながらも、防げた当たりも多く、やや締まりの悪い展開となりましたが、中盤に入り強い当たりも体で止めしっかりとアウトに取るなど点差はつきましたが、両チーム最後まで全力を尽くした清々しい試合となりました。

特に町田工業、2番手タカバヤシ投手は代わり端、球威で東村山打線を抑えこむ等、一冬を超えた後の姿が楽しみな素材。

東村山も勝ちはしましたが序盤、ミスが目立ちました。
次戦まで時間はありませんが、集中して強豪・二松学舎大附との対戦に挑んで欲しいと思います。

Advertisement

スコア

東村山
022 300 011=9
002 100 000=3
町田工業

東 シミズ、ヤマダ - コムロ
町 ナカノ、タカバヤシ - ハラ

東 H9 E1
町 H9 E2

個人成績

【打撃成績】

東村山

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
6 キムラ 中二塁打 空振三振 投ゴロ
三失(1)
二ゴロ 四球
捕逸(1)
5 オオヤマ 一犠打 二ゴロ 四球 見逃三振 投ゴロ
4 ヨコサワ 空振三振 四球
二盗
三盗
右中間三塁打(2) 遊ゴロ 二ゴロ
2 コムロ 遊ゴロ 四球
二盗
中飛 左越二塁打 二ゴロ
1 シミズ 三振振逃 左犠飛(1) (タ)見逃三振 四球 死球
3 ヤマダ 二直 左越二塁打(1) 見逃三振 暴投
三ゴロ
暴投
中前安打(1)
8 タナベ 三犠打(1) 右安打 三ゴロ 左越二塁打 遊ゴロ
11 スズキ 四球 左飛 空振三振 四球 右飛
7 オクアキ 左線二塁打(1) 二安打 遊ゴロ 捕逸
見逃三振

町田工業

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
6 サルタ 中飛 左二塁打 遊強襲安打(1) 中前安打 左飛
3 タカバヤシ 四球 左中間二塁打(1) 中飛 中前安打
4 ヤマキ 一犠打 左二塁打(1) 三ゴロ 捕逸
四球
8 ヨシモト 捕邪飛 遊ゴロ失 中飛 遊ゴロ併殺打
5 サノ 空振三振 三ゴロ併殺打 捕邪飛 三飛
2 ハラ 一飛 左安打 遊ゴロ 二飛
1 ナカノ 中前安打 三犠打 二ゴロ 二ゴロ
9 サトウ 遊ゴロ 三飛 遊飛 (ヤ)捕ゴロ
10 モリモト 空振三振 右前安打 空振三振 二ゴロ

東村山

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
シミズ 8 9 2 3 3 3
ヤマダ 1 0 0 0 0 0

町田工業

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
ナカノ 4 6 4 3 7 6
タカバヤシ 5 3 4 4 2 2