[ 二次戦二回戦 ] 日大三 VS 修徳

[ 二次戦二回戦 ] 日大三 VS 修徳

2017年10月14日、秋季東京大会二次戦二回戦
神宮第二球場

スタメン

※球場の音声をメモしていますので聞き間違いなどあるかもしれません

日大三
5 金子
4 木代
6 日置
9 大塚
8 中村
3 飯村
2 齊藤
7 柳澤
1 井上

修徳
5 篠原
6 大房→H 泰田→1 竹田→1 福吉→H 松澤
1 坂本→6
3 牧野
7 須藤→H7 染田
9 横手
8 石田
2 田畑
4 中木→H 中西→4 小林

観戦記

昨年の秋季大会準優勝で選抜に出場した名門・日大三と、春夏合わせて5回の甲子園出場経験のある修徳の対戦。

試合前の名将小倉監督のノック

先攻は日大三、まず守る修徳はエース坂本投手が先発。

修徳エースの坂本投手

1回裏、日大三は先頭・金子選手が四球で出塁すると、犠打と外野フライで3塁まで進塁すると、4番・大塚選手のレフト線への3塁打で1点を先制します。

大塚選手が先制3塁打を放つ

代わって守りにつく日大三の先発は、背番号11番、右腕の井上投手。

日大三先発の井上投手

1回裏の修徳の攻撃をキレのいい変化球を主体に、2つの三振を奪う三者凡退と上々の立ち上がりを見せます。

日大三は2回表も、先頭6番・飯村選手がセンター前ヒットで出塁すると、1死後、8番・柳澤選手のレフトへの飛球を、修徳・須藤選手が飛びつき捕球を試みますが、追いつけず、さらに打球が後方を転々とする間にランニングホームランとなり2点を追加。
3-0とリードを広げます。

ランニングホームランを打った柳澤選手

さらに3回表、日大三は1死から3番・日置選手がサードゴロエラーで出塁すると、4番・大塚選手のレフト前ヒットで12塁とチャンスを広げ、2死後、6番・飯村選手のライト前ヒットで1点を追加します。

飯村選手のタイムリーヒット
齊藤選手のレフト前へのタイムリーヒット

尚13塁のチャンスが続き、7番・齊藤選手がレフト前ヒットでさらに1点を追加。
5-0と日大三が大きくリードを広げる展開となります。

一方2回までノーヒットの修徳は3回裏、1死から8番・田畑選手がライト前にチーム初ヒットを放ちます。

ヒットで出塁の田畑選手

さらに中木選手のファーストゴロで2塁へ進塁すると、1番・篠原選手のセンター前ヒットでホームに戻り1点を返します。

篠原選手のタイムリーヒット

4回表の日大三の攻撃から、修徳は背番号10番・左の竹田投手へ継投します。
(坂本選手はショートに入ります。)

修徳2番手の竹田投手

代わり端、1死から1番・金子選手が四球で出塁。
さらに木代選手が空振り三振に倒れますが二盗を試み、その際、捕手からの送球がセンターへそれて2死3塁とチャンスを広げます。
ここで3番・日置選手はショートゴロかと思いましたが、一塁への送球が高くセーフ(記録エラー)、日大三はノーヒットで1点を追加します。

金子選手が6点目のホームイン

劣勢かと思った修徳ですが、4回裏、1死から4番・牧野選手がショート内野安打で出塁すると、代打・染田選手がファースト強襲ヒットで続き1死13塁とし、さらに6番・横手選手が四球でつなぎ1死満塁とチャンスを広げます。

チャンスに盛り上がる修徳ベンチ

ここで7番・石田選手がレフト前に弾き返し1点を返し、さらに1死満塁と修徳のチャンスが続きます。

石田選手のタイムリーヒット

さらに田畑選手のセカンドゴロで1点を返し、2死23塁とさらなる反撃のチャンスが続きますが、9番・中木選手がセカンドゴロに倒れ、この回の反撃は2点に終わりますが、3-6とその差3点にまで差を縮めます。

直後の5回の攻防。
まず日大三はこの試合初めての三者凡退に終わると、その裏、修徳は先頭1番・篠原選手がライト前ヒットで出塁すると、2番、途中出場の竹田選手の犠打で2塁へ進塁。
1死2塁でクリーンアップを迎えます。

修徳4番の牧野選手

しかしこのチャンス、後続続かずに無得点に終わります。

すると直後の6回表、日大三は1死から9番・井上選手がレフト線2塁打で出塁。
しかし1番・金子選手のショートゴロで飛び出してしまいタッチアウト。

2死1塁となり、流れが修徳に傾むいているかと思いましたが、2番・木代選手が四球でつなぐと3番・日置選手がレフト線2塁打で1点を追加し、尚23塁とします。

金子選手が7点目のホームイン

さらに4番・大塚選手がライトへ流し打った打球はそのままスタンドイン。
スリーランホームランでこの回4点を追加。
10-3と大きくリードを広げます。

大塚選手の打球はライトスタンドへ
ホームに戻る大塚選手

7回表の日大三の攻撃、先頭6番・飯村選手が四球で出塁すると、修徳は背番号11番・右の福吉投手へ継投します。

修徳3番手の福吉投手

続く齊藤選手が犠打で送り、8番・柳澤選手が四球でつなぎ1死12塁としますが、ここは後続続かず無得点に終わります。

7点差のまま迎えた7回裏、修徳は1点以上を返さないとコールドゲームが成立しますが、井上投手が三者凡退に抑え試合終了となりました。

コールドゲームとスコアだけを見れば日大三の圧勝で終わりましたが、試合は決して一方的ではありませんでした。
「タラレバ」になりますが、5回裏、1点でも返せばさらにもつれた展開になったのではと思える展開でした。

日大三は前チームの櫻井選手、金成選手といった超大型選手はチームを引退しましたが、昨年の決勝戦にもスタメンで出場していた金子選手、日置選手は残り一丸となって打線はどこからでも得点できる力が引き続きあります。

井上投手も中盤やや修徳の勢いに飲み込まれかけましたが、あと一歩を耐え7回を「完投」。
これからの成長が楽しみな投手です。

一方の修徳、先ほど触れたように、結果はコールド負けですが中盤の反撃はお見事。
あと一歩及びませんでしたが、強豪の日大三を相手に五分の試合内容を見せてくれました。
上位勢との紙一重の実力差をこの時期に味わえたことはプラスになると思います。

一冬越えてたくましく成長したチームを春に見れることを期待しています。

Advertisement

スコア

日大三
122 104 0=10
001 200 0=3
修徳

7回コールドゲーム

日 井上 - 齊藤
修 坂本、竹田、福吉 - 田畑

日 H10 E0
修 H7 E2

本塁打
日 柳澤②、大塚③

個人成績

【打撃成績】

日大三

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
5 金子 四球 中飛 四球
二盗
遊ゴロ 二ゴロ
4 木代 三犠打 一ゴロ 空振三振 四球
6 日置 右飛  三ゴロ失 遊ゴロ失(1) 左線二塁打(1)
9 大塚 左線三塁打(1) 左前安打 遊ゴロ 右本塁打(3)
8 中村 見逃三振 中飛 一ゴロ 右飛
3 飯村 中前安打 右前安打(1)  二ゴロ 四球
2 齊藤 一邪飛  左前安打(1) 遊ゴロ (福)投犠打
7 柳澤 左線走本(2) 二ゴロ 一ゴロ 四球
1 井上 三ゴロ (竹)三ゴロ 左線二塁打 中飛

修徳

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
5 篠原 二ゴロ 中前安打(1)  右前安打 空振三振
6 大房 空振三振
H 泰田 遊ゴロ
1 竹田 投犠打
1 福吉
H 松澤 遊飛
16 坂本 空振三振 右飛 中飛 中飛
3 牧野 空振三振 遊安打 四球
7 須藤 四球
二盗死
H7 染田 一強襲安打 空振三振
9 横手 二飛 四球 中飛
8 石田 遊ゴロ 左前安打(1) 中飛
2 田畑 右前安打 二ゴロ(1) 中前安打
4 中木 一ゴロ 二ゴロ
H 中西 左飛
4 小林

日大三

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
井上 7 7 2 5 3 3

修徳

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
坂本 3 6 1 1 5 3
竹田 3 3 2 1 5 4
福吉 1 0 1 0 0 0