[ 三回戦 ] 東海大菅生 VS 桐朋(簡易版)

2017年7月15日、第99回全国高等学校野球選手権西東京大会三回戦

ネッツ多摩昭島スタジアム

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

桐朋
6 兼杉
2 野宮
9 丸茂
3 齋藤
7 田中
4 石塚
8 正司
1 中村
5 鈴

東海大菅生
6 田中
4 松井
8 佐藤
3 片山
5 奥村
7 猪股
9 深澤
2 鹿倉
1 山内

3年連続西東京大会を準優勝している強豪の東海大菅生と桐朋の一戦。
先攻はすでに今大会2勝挙げている桐朋。
東海大菅生の先発は背番号10の山内投手。

東海大菅生先発の山内投手

1回表、桐朋は先頭1番の兼杉選手が四球で出塁すると、続く野宮選手もレフト前ヒットで続くと、この後2死13塁と先制のチャンスを広げますが無得点に終わります。

ヒットを放った野宮選手

代わって守りにつく桐朋の先発はエースの中村投手。

1回裏の東海大菅生は1死から2番・松井選手が死球で出塁、盗塁とその送球が外野の逸れる間に3塁へ進み1死3塁と絶好のチャンスを作るも後続続かず無得点に終わります。

すると直後の2回表、桐朋は1死から7番・正司選手がレフト前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁の正司選手

さらに中村選手、鈴木選手に連打が生まれ1死満塁とすると、1番・兼杉選手の投手強襲安打がセンターへ抜ける間に2者が生還、桐朋が2点をリードします。

先制タイムリーの兼杉選手

2点を追う展開になった東海大菅生は3回裏。
先頭1番の田中選手が四球で出塁すると、1死後、盗塁を決めると3番・佐藤選手がライト戦にタイムリー3塁打を放ち1-2とその差を1点と縮めます。

タイムリー3塁打の佐藤選手

さらに4番・片山選手が四球でつなぐと、5番・奥村選手がセンターへ犠牲フライを放ち2-2の同点に追いつきます。

佐藤選手が同点のホームイン

さらに東海大菅生は5回裏、先頭3番の佐藤選手がライト前ヒットで出塁すると盗塁と、送球がセンターへ抜けていく間に無死3塁とすると4番・片山選手のライトへの犠牲フライで1点を勝ち越します。

片山選手の勝ち越し犠牲フライ

7回裏も東海大菅生は2死から3番・佐藤選手がライトオーバーの3塁打で出塁しますが、4番・片山選手は凡退し追加点を奪うことはできません。

3塁打の佐藤選手

直後の8回表から東海大菅生は2年生エースの戸田投手に継投。

東海大菅生エースの戸田投手

8回表の桐朋は先頭2番・野宮選手がセンター前ヒットで出塁すると、1死後4番・齊藤選手が死球でつなぎ、内野ゴロの間に2死13塁と一打同点のチャンスを作ります。

2死13塁と同点のチャンス

しかし後続が続けず無得点に終わると、9回表も桐朋はランナーは出すものの無得点。
強豪を相手に全くの互角の勝負を展開した桐朋でしたが、惜しくも一歩及ばず東海大菅生が4回戦へコマを進めました。

桐朋
020 000 000=2
002 010 00x=3
東海大菅生

桐 中村 - 野宮
菅 山内、戸田 - 鹿倉

桐 H7 E0
菅 H8 E0