[ 一回戦 ] 桐朋 VS 成蹊(簡易版)

2017年7月9日、第99回全国高等学校野球選手権西東京大会一回戦

府中市民球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

成蹊
6 松井
8 左合
9 田伏
5 安齋
1 石井
7 岩田
3 青木
4 入交
2 小林

桐朋
6 兼杉
2 野宮
9 丸茂
3 齋藤
7 田中
4 石塚
8 正司
1 中村
5 鈴木

先攻は成蹊、桐朋はエースの中村投手が先発。

桐朋エースの中村投手

1回、2回と成蹊の攻撃を三人づつで抑える上々の立ち上がり。

対する成蹊もエースの石井投手が先発。

成蹊エースの石井投手

1回、2回とこちらも桐朋を無得点に抑えてきましたが、3回裏、桐朋は先頭9番・鈴木選手のショートへの内野安打、続く1番・兼杉選手のヒットで12塁とチャンスを作ると、2番・野宮選手の犠打が敵失を誘いまず1点を先制します。

鈴木選手が先制のホームイン

尚無死13塁から3番・丸茂選手のレフト前ヒットで桐朋が1点を追加します。

丸茂選手のタイムリーヒット

さらに1死満塁から恐らく先発セカンドの糸田選手(石塚選手の誤りかもしれません・・・)がセンター前に2点タイムリーヒットを放ち4-0とリードを広げると、成蹊は背番号10の山田投手に継投します。

糸田選手のタイムリーヒット
成蹊2番手の山田投手

しかしこの回、さらに2連続押し出し四球を与えてしまい一挙6点を奪われ、桐朋の流れを止めきれません。

桐朋は6回裏にも1死から2番・野宮選手の内野安打を足掛かりに1死満塁とすると、5番・田中選手の打席でボークが宣告され1点追加、さらに自身もライトにタイムリーヒットを放ちこの回2点を追加し8-0と大きく試合をリードします。

田中選手のタイムリーヒット

2点以上を返さなければ7回でのコールドゲームが成立する成蹊。

先頭8番・入交選手が四球で出塁すると、1死2塁となり1番・松井選手が右中間を破る2塁打を放ちまず1点を返します。

入交選手が反撃のホームイン

この後さらに三振振り逃げや四球で2死満塁と攻め、コールドゲーム阻止への意地を見せる成蹊でしたが反撃もここまで。
8-1で桐朋が勝利し次戦へコマを進めました。

成蹊
000 000 1=1
006 002 x=8
桐朋

成 石井、山田 - 小林
桐 中村 - 野宮

成 H4 E2
桐 H8 E0