[ 四回戦 ] 関東一 VS 堀越

[ 四回戦 ] 関東一 VS 堀越

2016年7月16日、第98回全国高等学校野球選手権東東京大会四回戦

神宮球場

【スタメン】
※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

堀越

5 矢口
4 鈴木
6 佐藤洸
7 重松
2 木村
3 高山
9 秋田
1 佐藤大
8 佐藤叶

関東一

8 本橋
9 宮本
7 米田
2 佐藤佑
3 石橋
6 村瀬
5 山川
4 宮田
1 佐藤奨

昨夏は「オコエフィーバー」で話題になり、甲子園でもベスト4進出。
今チーム、オコエ選手が卒業してからも秋・春とともに東京大会を優勝し、今春はセンバツにも出場(初戦で東邦に敗退)した、今東京で最も勢いのあるチームの一つ関東一と、春夏5回づつ甲子園に出場した実績のある堀越の、東京を代表する名門対決となった一戦。

まず守るは関東一、左腕エース、佐藤奨投手が先発します。

関東一、先発の佐藤奨投手
関東一、先発の佐藤奨投手

1回表の堀越、1死後、2番佐々木選手がレフト前ヒットで出塁。
続く佐藤洸選手の内野ゴロの間に2塁まで進塁するも、後続続かず無得点に終わります。

対する堀越は、右のエース佐藤大投手が先発。

堀越先発の佐藤大投手
堀越先発の佐藤大投手

1回裏、関東一は同じく1死から2番宮本選手がライト前にヒットで出塁。すかさず二盗を決めると、3番米田選手の内野ゴロの間に3塁まで進塁するも後続続かず無得点と、両チーム同じような展開で初回の攻防を終えます。

試合がまず動いたのは3回裏の関東一。
先頭の9番、佐藤奨選手がセンター前ヒットで出塁します。
この後、続く本橋選手の犠打が捕手前の飛球。

一旦キャッチャーがボールを見失い、フェアーゾーンに落ちますが、結果ランナースタート切れず併殺打となり、関東一はチャンスを逃したように見えましたが、2番宮本選手が四球で出塁後、すかさず初球で二盗を成功させると、3番米田選手がレフト前に弾き返し、宮本選手がホームイン。
1点を先制します。

宮本選手がホームイン、思わずガッツポーズ
宮本選手がホームイン、思わずガッツポーズ
先制タイムリーヒットの米田選手
先制タイムリーヒットの米田選手

さらに続く佐藤佑選手がレフト線を破るタイムリー二塁打で、ファーストランナーの米田選手がホームイン。
3回を終えて2-0と関東一がリードする展開となります。

米田選手が2点目のホームイン
米田選手が2点目のホームイン
タイムリー二塁打の佐藤佑選手
タイムリー二塁打の佐藤佑選手

関東一はさらに5回裏も2死走者無しから、3番米田選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く佐藤佑選手もレフト前ヒットでつなぎます。

ピンチの場面でマウンドで話し合う堀越バッテリー
ピンチの場面でマウンドで話し合う堀越バッテリー

2死12塁の追加点のチャンスで5番石橋選手の打球は走者一掃となる左中間を破る二塁打で、4-0と前半5回を終えて、関東一が優位にゲームを進めていきます。

走者一掃二塁打の石橋選手
走者一掃二塁打の石橋選手
関東一の得点シーン
関東一の得点シーン

一方、前半5回を終えて3安打、3塁も踏めない堀越打線でしたが、6回表、2死走者なしから3番佐藤洸選手が死球で出塁すると、すかさず二盗を決めます。
ここのチャンスで4番重松選手がレフト前に弾き返し、堀越ようやく1点を返します。

ホームインする堀越、佐藤洸選手
ホームインする堀越、佐藤洸選手
タイムリーヒットの重松選手
タイムリーヒットの重松選手

直後の6回裏から堀越は背番号11、左腕の関口投手へ継投します。

堀越2番手の関口投手
堀越2番手の関口投手

6回裏、関東一は1死走者無しから7番山川選手がライト前ヒットで出塁すると、続く宮本選手が四球、その後佐藤奨選手の内野ゴロの間に2死23塁となりますが、1番本橋選手がファーストゴロに倒れ無得点に終わります。

すると直後の7回表、堀越は先頭6番高山選手がライト前へのポテンヒットで出塁すると、1死後、関口選手への代打背番号15の神山?選手がサードゴロエラーでつなぎ、さらに2死になって、1番矢口選手がセンター前ヒットを放ち2死満塁と絶好のチャンスを作ります。

ここで2番鈴木選手は投手ゴロですが、ファーストへ悪送球。
2者生還して3-4と1点差に詰め寄ります。

高山選手が2点目のホームイン
高山選手が2点目のホームイン

小刻みな継投策に入った堀越は、7回裏から背番号10の右腕、秋山投手がマウンドに上がります。

堀越3番手の秋山投手
堀越3番手の秋山投手

秋山投手は代わり端、四球のランナーを一人出しますが、ノーヒットで無得点に抑え、7回終えて4-3と関東一のリードはわずか1点のまま終盤に突入します。

終盤流れが堀越に向いたまま、迎えた9回表、先頭7番の秋田選手が一振り!
ライトスタンドへのソロホームランが生まれ、土壇場で堀越が4-4の同点に追いつきます。

同点本塁打の秋田選手
同点本塁打の秋田選手

9回裏から堀越は背番号18の川島が4番手のマウンドへ上がります。

堀越4番手の川島投手
堀越4番手の川島投手

同点に追いつかれた関東一は、9番佐藤奨選手からの攻撃ですが、ここで代打背番号13の選手を送ります。
しかしセカンドゴロで1死。
続く1番本橋選手は死球で出塁すると、犠打で進み2死2塁となって、この試合2安打1打点と当たっている3番米田選手を迎えます。

一打サヨナラの場面で、振り切った打球はライトスタンドに一直線!
劇的なサヨナラ2ランホームランで6-4で関東一が名門対決を制しました。

米田選手のサヨナラホームラン
米田選手のサヨナラホームラン
米田選手がホームイン、そして渾身のガッツポーズ
米田選手がホームイン、そして渾身のガッツポーズ

勝った関東一、秋春連続で東京チャンピオンのチームですが、この試合は終盤かなり苦しみあわやという場面を迎えました。

しかし、追いつかれても逆転までは許さず、常に主導権を持ってゲームを支配できたことが、最後の劇的なシーンに繋がった格好となりました。
昨年のオコエ選手のような、規格外のスーパースター選手は不在ですが、全員で勝利をもぎ取りました。

対する堀越、終盤の粘りは見事の一言。
スタンドからも、「堀越は監督が代わってから素晴らしい」と絶賛の声がチラホラ聞こえていました。

あと一歩及びませんでしたが、この試合に関していえば、東京チャンピオンの関東一と互角のチーム力だったと思います。
堀越にも久しぶりの甲子園を今後期待したいと思います。

激闘を称えあう両軍の選手たち
激闘を称えあう両軍の選手たち 

堀越
000 001 201=4
002 020 002x=6
関東一

堀 佐藤大、関口、秋山、川島 - 木村
関 佐藤奨 - 佐藤佑

堀 H7 E0
関 H10 E1

本塁打
堀 秋田①
関 米田②

【打撃成績】

堀越

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
5 矢口 見逃三振 左前安打 中飛 中前安打 三ゴロ
4 鈴木 左前安打 遊飛 空振三振 投ゴロ失(2)
6 佐藤洸 一ゴロ 二ゴロ 死球
二盗
一ゴロ
7 重松 遊ゴロ 中飛 左前安打(1) 空振三振
2 木村 空振三振 右前安打 空振三振 遊ゴロ
3 高山 四球 二ゴロ 右前安打 空振三振
9 秋田 二ゴロ併殺打 中飛 見逃三振 右越本塁打(1)
1 佐藤大 右飛 三ゴロ
1 関口
H 神山? 三ゴロ失
R ?
1 秋山
H ? 投ゴロ
8 佐藤叶 遊ゴロ 空振三振 右飛 空振三振

関東一

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 本橋 三ゴロ 捕ゴロ併殺打 三ゴロ 一ゴロ  死球
9 宮本 右前安打
二盗
四球
二盗
二ゴロ (秋)内野ゴロ 犠打
7 米田 二ゴロ 左前安打(1) 中前安打 四球 右越本塁打(2)
2 佐藤佑 二ゴロ 左線二塁打(1) 左前安打 空振三振
3 石橋 左飛 三ゴロ 左中間二塁打(本憤二)(2) 三直
6 村瀬 二ゴロ 四球 (関)三振 右飛
5 山川  四球
二盗
投犠打 右前安打 左前安打
二盗死
4 宮田 二ゴロ 右飛 四球 右飛
1 佐藤奨 中前安打 遊直 二ゴロ
H 背番号13  二ゴロ


【投手成績】

堀越

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
佐藤大 5 7 3 0 4 4
関口 1 1 1 1 0 0
秋山 2 1 1 1 0 0
川島 0 2/3 1 1 0 2 2

関東一

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
佐藤奨 9 7 2 9 4 3