[ 準決勝 ]福知山成美 VS 京都翔英

[ 準決勝 ]福知山成美 VS 京都翔英

2015年10月3日、秋季京都大会2次戦準決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

福知山成美

9 森下リ
6 笹原
7 田井中
3 西浦
8 矢野
4 北尾
5 立川
2 藤田
1 川上

京都翔英

8 大谷
7 新田
4 森元
5 川本
2 石原
6 阿部
9 高向
1 瀧野
3 高野

2年ぶりのセンバツを狙う福知山成美と、3年ぶりのセンバツを狙う京都翔英の京都では上位常連校同士の一戦。

まず守る翔英はエースの瀧野投手が先発します。

京都翔英先発の瀧野投手
京都翔英先発の瀧野投手

1回表の成美は先頭の森下リズム選手がレフトフェンス直撃の2塁打で出塁、さらに続く笹原選手のライト前ヒットで無死13塁といきなりビッグチャンスを作ります。

3塁へ進む森下リズム選手
3塁へ進む森下リズム選手
初回のピンチにマウンドへ集まり、ポジションへ戻る翔英石原捕手
初回のピンチにマウンドへ集まり、ポジションへ戻る翔英石原捕手

しかし、このピンチの場面での瀧野投手は圧巻の内容。
クリーンアップを迎えますが、田井中、西浦両選手を内野フライに打ち取り、最後矢野選手をサードゴロにとり無失点で凌ぎます。

初回の大チャンスを逃した成美ですが、先発はエースの川上投手。

福知山成美エースの川上投手
福知山成美エースの川上投手

1回裏の川上投手は制球に苦しみます。
先頭の大谷選手、3番の森元選手に四球を与え、さらに翔英4番の川本選手がセンター前ヒットでつなぐと1死満塁の大ピンチを招きます。

ここで翔英はドラフト候補の呼び声も高い石原捕手を迎えますが、またも四球で押し出し。
翔英がまず1点を先制します。

京都翔英先制の場面
京都翔英先制の場面

さらにビッグイニングの場面でしたが、ここで阿部選手はセカンドゴロ併殺打に倒れ、1回裏の京都翔英の攻撃は1点に終わります。

両チーム、ビッグイニングになるような攻撃を最少得点に終わった1回の攻防。
続く2回表もこの流れが続きます。

成美は6番北尾選手からの攻撃。
四球で出塁すると1死後、8番藤田選手のレフト線へのヒットで1死13塁と同点のチャンスを掴みます。

ここで続く川上選手のセカンドゴロがエラーを招き同点に追いつくと、2死23塁となり2番笹原選手のセンターへの飛球はヒットとなり2点を勝ち越します。

2点タイムリーヒットの笹原選手
2点タイムリーヒットの笹原選手

続く田井中選手のサードゴロもエラーを招き、2死13塁から、4番西浦選手がライト前タイムリーヒットを放ちこの回4点目。
4-1と福知山成美がリードを広げます。

タイムリーヒットの西浦選手
タイムリーヒットの西浦選手

序盤から荒れた展開になった両チームの試合ですが、この後5回終わるまで両チームランナーを出し合いながら、チャンスも作りますが要所を瀧野、川上両エースが抑え4-1のままで前半5回を終えます。

次の1点が大事な展開になってきますが、成美は6回表でした。
1死後、1番の森下リズム選手が四球で出塁。
盗塁と、翔英・石原捕手の送球がセンターへ抜ける間に3塁へ達し、1死3塁のビッグチャンスを作ります。

ここで笹原選手がスクイズを成功し、5-1と成美がリードを広げます。

スクイズを成功させた笹原選手
スクイズを成功させた笹原選手

7回表も成美。
先頭の5番矢野選手がレフト前ヒットで出塁すると、犠打で1死2塁とし、7番立川選手がレフト前ヒットで1死13塁と追加点のチャンスを作ります。

しかしここは、藤田選手が併殺打に倒れ成美は追加点をあげることができません。

すると8回裏、翔英はこの回先頭の4番川本選手がライト線への2塁打で出塁すると、続く石原選手がライト前ヒットで無死13塁のチャンスを作ります。

ライト前ヒットの石原選手
ライト前ヒットの石原選手

さらに石原選手が二盗を決め、無死23塁と大きなチャンスを作ります。
しかし、ここで続く阿部選手以下が凡退し、このチャンスを無得点に終えてしまいます。

諦めない翔英は9回裏も先頭の9番山本選手が、センターオーバーの2塁打で出塁すると1死23塁のチャンスを作ります。

しかし3番森元選手、4番の川本選手が凡退しゲームセット。
福知山成美が2回表の集中攻撃で挙げた得点を守りきり5-1で決勝進出を決め、2年ぶりの近畿大会出場を決めました。

まずその成美。
成美と言えば代名詞の「打線」ですが、決してホームランバッターがいるというわけでありませんが、森下リズム選手、田井中選手などの鋭い当たりが今チームも目立ちます。

2次戦始まってから、主砲の西浦選手に当たりがなかったことが心配でしたが、この試合ではタイムリーを含む4打数2安打と結果を残しました。

打線に関しては全盛期のオールコールドというほどの破壊力はありませんが、十分潜在能力も秘めた「成美らしい攻撃的打線」だと思います。

特に森下リズム選手、田井中選手のように機動力が使えるのも魅力です。
この試合ではプロ注目とされる翔英の強肩捕手・石原選手を相手に3回盗塁を試み、2回成功させました。

一方投手を含めたディフェンス。守備は翔英の3エラーに対し、ゼロとよく守りきりました。
守備は安定しているといえますね。

そしてエースの川上投手。
これが今春の龍谷大平安戦を含めて4試合目の観戦。
失礼ながら決して剛速球を投げるわけではありません。

そこだけに注視し、なぜ部員数も多い名門チーム。
川上投手に拘るかと思いましたが、ようやくわかりました。
140キロのストレートを投げ込むわけではありませんが、川上投手、好投手ですね!

平安との決勝、川上投手が先発するか分かりませんが、近畿大会では間違いなく先発してくるでしょう。
皇子山で再会できることが楽しみです。

対して敗れた京都翔英。
敗因はチャンスにあと1本が出なかったことにつきます。

点差はやや開きましたが、実力差はほぼ無かったと思います。
ただ翔英が平安や成美のステージに上がるためには、こういったチャンスを確実にビッグイニングに結びつける「何か」だと思います。

個人個人のスペックに対し、チームとして「あと一歩」が続く近年の結果は、一高校野球ファンとしても、もどかしい気持ちです。
近畿大会へ行き、センバツを狙う「資格」は福知山成美と同等だったと思います。

来夏、甲子園へ再び帰ってくるチームになれるように、この試合の悔しさを胸に厳しい冬を越して欲しいと思います。

福知山成美、京都翔英、京都の高校野球を盛り上げるために、さらにステップアップしていただけることを、高校野球ファンの一人として期待しています。

福知山成美
040 001 000=5
100 000 000=1
京都翔英

成H9 E0
翔H8 E3

成 川上 ー 藤田
翔 瀧野 ー 石原