OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塔南 VS 綾部

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年4月26日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

綾部

6萌抜
2白丸
8荒木
9小嶋
3岡部
7篠田
5太田
1足立
4柳井

塔南

8徳永
4島田
9藤田
3前田
7木曽田
5松山
2芦田
6米野
1大江

綾部先発の足立投手

綾部先発の足立投手

塔南先発の大江投手

塔南先発の大江投手

初回、塔南が木曽田選手の2ランホームランなどで3点を先制します。
綾部は2回裏、太田選手のライト前タイムリーで1点を返しますが、直後の3回表に芦田選手の2点タイムリーで序盤3回を終えて、塔南5-1綾部とリードします。

塔南は7回表に木曽田選手のタイムリーなどで2点を追加。
7回裏から塔南は左の川瀬投手へ継投します。

試合は8回表にも塔南が4点を追加し、そのままコールドで勝利しました。

塔南 302 000 24=11
綾部 010 000 00=1

スポンサードリンク