タグ別アーカイブ: featured

[ 二次戦・一回戦 ] 立命館 VS 桂

2017年5月4日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません


7 竹口
9 上嶋
2 北村
6 牧野
8 志賀
3 岡崎
5 野村
4 田中
1 綱島

立命館
8 高山
9 義村
2 平戸
3 三浦
4 藤野
6 広田
7 脇坂
1 森山
5 辻本

昨秋の一次戦でも対戦のある両校。
その試合は6回コールドゲームで立命館が勝利しましたが、一冬越して両チームどれほど成長したか楽しみな一戦。

桂先攻で始まった試合、立命館のマウンドは背番号10の森山投手が先発。

立命館先発の森山投手

1回表、桂は2死から3番・北村選手が立命館守備陣のエラーで出塁すると、続く4番・牧野選手がセンター前ヒットで2死13塁、さらに牧野選手が二盗を決め、2死23塁と先制のチャンスを作りますが後続が続かず無得点に終わります。

対する桂は背番号10の綱島投手が先発。

桂先発の綱島投手

1回裏、立命館は先頭の高山選手が四球で出塁すると、続く義村選手がライトスタンドへ先制のツーランホームラン。

先制ホームランの義村選手(右から二人目)

さらに続く平戸選手も四球を選んだところで、早くも桂は継投。
エース左腕の岡投手がマウンドへ挙がります。

桂エースの岡投手

1死後、5番・藤野選手のライトオーバーの2塁打で平戸選手がホームを狙うも、ここは桂守備陣がしっかりと守り立命館に追加点を与えることを許しません。

3回表、桂は先頭・9番の岡選手がライトスタンドへ反撃の狼煙をあげるソロホームラン。
2-1と立命館のリードは1点に変わります。

ソローホームランの岡選手

岡投手がマウンドに上がってから、初回の勢いを止められた感のある立命館打線でしたが、4回裏2死から7番・脇坂選手がセンター前ヒットで出塁すると、8番・森山選手が右中間を破る三塁打で1点を追加。
3-1と立命館が再度リードを2点に広げます。

タイムリー三塁打の森山選手

しかし秋とは異なり逞しくなった桂攻撃陣をここから発揮してくれました。

5回表、2死走者無しから3番・北村選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く4番・牧野選手がセンターバックスクリーンに同点のツーランホームラン。
3-3の同点に追いつきます。

同点ホームランを放った牧野選手

立命館も負けていません。
その直後の5回裏、同じく2死走者無しから3番・平戸選手が死球で出塁すると、4番・三浦選手の左中間を破る二塁打で1点を勝ち越すと、藤野、広田選手と3連打で一気に3点を上げ6-3と3点リードで前半5回を終了します。

勝ち越しタイムリー二塁打を放ち塁上でガッツポーズの三浦選手

グラウンド整備明けた6回表から立命館は、2番手にエース右腕の多田投手がマウンドへ上がります。

立命館エースの多田投手

7回表、桂は1死から2番・上嶋選手が死球で出塁すると、続く北村選手の打席でボークがあり2塁へ進塁。
その後2死となって、この試合当たっている4番・牧野選手が4打数4安打となるタイムリーヒットをセンター前に運び1点を返し、6-4と立命館のリードは2点に変わります。

この試合4安打と大当たりの牧野選手

秋から成長した姿を存分に見せ、五分五分の試合展開に持ち込んだ桂ですが、反撃もここまで。
結局このまま6-4で試合は終了し、立命館がベスト8進出で、夏のシード権を獲得しました。

敗れた桂からですが、秋とは見違えるチーム力。
岡投手は、山城の松本投手にどこか似ているやや変則的なフォームから伸びのあるボールで立命館の中盤を抑えました。

打線も先発・森山投手のスライダーに苦戦していましたが、主砲・牧野選手の大車輪の働き等で秋はコールド負けした相手に五分の試合を展開しました。
この夏はノーシードですが、面白い存在の一チームだと思います。

対する立命館。
桂に中盤粘られましたが、それでも最後は突き放して勝利するところは地力の高さを改めて証明した格好。

多田投手、森山投手は上位勢でもそうそう攻略するのが簡単なタイプではありませんし、打線も活発。

まだまだ「得意」な春季大会で活躍が期待できますが、夏本番でも十分に頂点を狙っていける戦力だと思います。
両チーム共に、夏に期待できる力があると思いますので、楽しみに夏を待ちたいと思います。


001 020 100=4
200 130 00x=6
立命館

桂 綱島、岡 - 北村
立 森山、多田 - 平戸

桂 H10 E0
立 H10 E

本塁打
桂 岡①、牧野②
立 義村②

【打撃成績】

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
7 竹口 右飛 四球 見逃三振 一ゴロ 三ゴロ
9 上嶋 空振三振 投ゴロ
二盗
三ゴロ 死球 遊安打
R 藤関
2 北村 遊ゴロ失 右飛 中前安打 ボーク
空振三振
中飛
6 牧野 中前安打
二盗
中前安打 中越本塁打(2) 中前安打(1)
8 志賀 空振三振 見逃三振 中前安打 二ゴロ
3 岡崎 投ゴロ 中前安打 遊ゴロ 遊強襲安打
二盗死
5 野村 二ゴロ失 投前犠打 (多)投ゴロ 右飛
4 田中 二飛併殺打 死球 三ゴロ 二ゴロ
1 綱島
1 岡 右越本塁打(1) 二ゴロ併殺打 二ゴロ 二ゴロ

立命館

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
8 高山 四球 右飛 空振三振 二飛
9 義村 右越本塁打(2) 中飛 一ゴロ 右前安打
三盗死
2 平戸 四球 空振三振 死球 中飛
3 三浦 (岡)遊ゴロ 中飛 左中間二塁打(1) 四球
4 藤野 右越二塁打 右飛 中前安打(1) 三ゴロ
6 広田 遊ゴロ 中飛 中前安打(1)
二盗
一ゴロ
7 脇坂 空振三振 中前安打 見逃三振
1 多田 遊強襲安打
1 森山 中前安打 右中間三塁打(1)
7 野々村 中飛
7 近藤 右飛
5 辻本 遊飛 空振三振 空振三振
H 福田 投ゴロ
5 坂井

【投手成績】

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
綱島 0 1 2 0 2 2
9 9 2 6 4 4

立命館

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
森山 5 7 2 4 3 3
多田 4 3 1 1 1 1

[ 二次戦・一回戦 ] 京都成章 VS 京都翔英

2017年5月4日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

京都翔英
8 大谷
4 山本
6 阿部
2 川本
5 新田大
9 林ヶ谷
3 岡田
1 内橋
7 田中

京都成章
4 山本
6 椎原
3 茂木
7 川岸
9 井上
2 北田
5 江頭
1 北山
8 西畠

昨秋は共に二次戦に進出した実力チーム同士の対戦。
まず先攻は京都翔英。

先発のマウンドは洛星戦で圧巻の投球を見せたエース北山投手。

成章エースの北山投手

1回表、翔英は1死から、2番・山本選手が四球で出塁すると、続く阿部選手のライト前ヒットを成章・井上選手が後逸してしまい、その間に山本選手がホームイン。
1-0と翔英がリードします。

「先制打」を放ち2塁へ進塁する阿部選手

代わって守りにつく翔英はエース内橋投手が先発。
力強さも増したストレートと変化球のコンビネーションで2つの三振を奪い、三者凡退。上々の立ち上がりを見せます。

翔英エースの内橋投手

成章は2回裏。
先頭4番の川岸選手が四球で出塁すると、ボークで2塁へ進塁。
5番・井上選手の左中間を破る二塁打でホームに還り1-1の同点に追いつきます。
この回さらに2死満塁と勝ち越しのチャンスを作りますが、後続続かず同点止まりとなります。

同点二塁打の井上選手(サード狙いタッチアウトでベンチに戻るシーン)

続く3回裏も成章は先頭2番・椎原選手がレフト線へ二塁打を放ちチャンスメイクしますが、期待のクリーンアップが抑えられ無得点に終わります。

しっかりと耐えた翔英は4回表、1死から6番・林ヶ谷選手がレフト線を破る長打・・・
かと思われましたが、ファールと判断したかスタートを切っておらず単打に終わります。
これが影響したのが続く岡田選手のセンターオーバーの二塁打で、林ヶ谷選手一気に本塁を狙いますが、成章の中継プレーが早くタッチアウト。
二塁まで進んでいれば・・・と思いたくなるプレーで翔英絶好のチャンスを逃します。

林ヶ谷選手がホームでタッチアウト

両者譲らず1-1のまま前半5回を終了し、グラウンド整備明け直後の6回表、試合が動きます。

翔英は先頭4番・川本選手からの打席。
2球目がキャッチャーへのファールフライ・・・かと思われましたが、成章・北田捕手がミットに当てますが捕球しきれずファールとなった直後、ライトスタンドへ大きなソロホームラン。
2-1と翔英が勝ち越します。

勝ち越しホームランの川本選手(右から二人目)

しかし直後の6回裏、1死から6番・北田選手のサードゴロを翔英・新田選手がファーストへ悪送球。この間に北田選手一気に3塁まで進むと、続く江藤選手がセンター前に同点タイムリーヒットを放ちすかさず同点に追いつきます。

江藤選手の同点タイムリーヒット

両投手100球を大きく超える中、終盤も相手を寄せ付けませんが、9回表、翔英が大きなチャンスを作ります。

先頭8番・内橋選手が四球で出塁すると、犠打と内野安打で1死13塁の絶好の勝ち越しのチャンス。
さらに2番・山本選手の打席で、ファーストランナーの大谷選手が二盗を決め1死23塁とさらにチャンスが拡大しますが、山本選手のファーストゴロで、三塁ランナーの内橋選手が飛び出してしまい、三本間に挟まれアウト。
決定機を生かすことができず無得点に終わります。

終わりは突然でした。
9回裏、2死から成章は2番・椎原選手、3番・茂木(しげき)選手の連打で13塁のチャンス。
ここで迎えるはここまでノーヒットも頼れる主砲・川岸選手。

翔英バッテリーも1ボール2ストライクと追い込みながら、外角に際どく攻めましたが4球目。
まさかの暴投で三塁ランナーの椎原選手がサヨナラのホームイン。
京都成章が昨夏チャンピオン、秋も準優勝でこの大会も優勝候補の一角だった京都翔英を倒してベスト8に進出。
夏のシード権を獲得しました。

サヨナラ勝利に沸く成章椎原選手(左端)、川岸選手(右から二人目)

まず勝った成章。
翔英を相手に一歩も引かず堂々たる戦いぶり。がっぷり四つに組んでの勝利は実力がないと出来ない芸当。
今期の成章が十分甲子園を狙える実力を持っていることを示したと思います。

しかし反省点は10奪三振、2失点に強打の翔英を抑えた北山投手。
この試合与10四死球を与え、終わってみれば170~80球を数える投球数になっていました。
京都の頂点を狙うため、夏は連投もありますので、次回は制球面でも微調整が出来るところを見せて欲しいと思います。

敗れた翔英、秋にも感じましたがやや「雑」なところが見受けられるのが気になるところ。
翔英の場合、このチームカラーは良い方に進むこともあるのですが・・・

この試合では4回の林ヶ谷選手のレフト線を破ったにも関わらず・・・の場面に、9回の決定機等。
やや厳しい評価とさせて頂いたのも、このチームも十分甲子園を狙う力はありますし、翔英は次に甲子園にいけば必然的に「3度目の正直」で甲子園での勝利を回りも意識すると思います。

そこではミスをした方が不利になることは間違いありません。
良く考えればこの大会、早い時点でミスをした方が負けるという、全国大会のような厳しさを経験できたとも言えると思います。
試合終了時、内橋投手が泣き崩れていたことが印象的でした。

胸に喫する想い、夏の大会で存分に発揮して欲しいと思います。

京都翔英
100 001 000=2
010 001 001x=3
京都成章

翔 内橋 - 川本
成 北山 - 北田

翔 H6 E3
成 H9 E2

本塁打
翔 川本①

【打撃成績】

京都翔英

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 大谷 四球
牽制死
空振三振 四球 見逃三振 二安打
二盗
4 山本 四球 三ゴロ 遊直 四球 一ゴロ
6 阿部 右前安打
右失(1)
四球
牽制死
中飛 左前安打
2 川本 四球 空振三振 右越本塁打(1) 投飛
5 新田大 牽制悪送球
二直
一邪飛 空振三振 空振三振
97 林ヶ谷 一飛 左線安打 四球 二ゴロ
3 岡田 左飛 中越二塁打 二ゴロ 空振三振
1 内橋 空振三振 空振三振 空振三振 四球
7 田中 四球 見逃三振 四球
R9 高田海 牽制死 投前犠打

京都成章

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
4 山本 見逃三振 中飛 空振三振 遊ゴロ 二ゴロ
6 椎原 空振三振 左線二塁打 二ゴロ失 中飛 遊安打
3 茂木 二ゴロ 中飛 空振三振 中前安打 右前安打
7 川岸 四球 一ゴロ パスボール
空振三振
左飛 パスボール(1)
9 井上 ボーク
左越二塁打(1)
死球 空振三振 遊ゴロ
2 北田 二直 左前安打 三ゴロ失 空振三振
5 江頭 右前安打 投前犠打 中前安打(1) 投ゴロ失
1 北山 右前安打 中飛 投前犠打 右飛
8 西畠 四球 左飛 三邪飛
H 今井 二ゴロ

【投手成績】

京都翔英

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
内橋 8 2/3 9 3 7 3 2

京都成章

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
北山 9 6 10 10 2 1

[ 二次戦・一回戦 ] 綾部 VS 乙訓

2017年5月3日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

綾部
8 材木
4 中島
3 湯浅
6 梅原
7 津田
2 曽根
9 河村
1 四方裕
5 蘆田

乙訓
8 大森
4 大上
9 吉田
5 池田
3 大西
6 片岡
2 牧
7 横山
1 冨山

昨秋はまさに一戦ごとに力をつけベスト4進出。
快進撃を見せこの春も、選抜前の練習試合では強豪の滋賀学園にも勝利したという乙訓と、北部で最近安定した強さを見せる綾部の公立勢の一戦。

先攻は綾部、乙訓の先発は昨秋も活躍した、背番号11、左腕の冨山投手。

乙訓先発の冨山投手

1回表、綾部は先頭の材木(ざいき)選手がレフト前ヒット、続く中島選手もライト前ヒットと2安打を放ちますが、攻撃がちぐはぐで無得点に終わります。

代わって守りにつく綾部の先発はエース右腕、四方投手。
1回裏、乙訓は先頭の大森選手がセンター前ヒットで出塁すると、続く大上選手が四球でつなぎチャンスを作ります。

綾部エースの四方投手

しかし続く3番・吉田選手は何度かバントの構えを見せるも決めることが出来ず、結果セカンドゴロ併殺打でチャンスをつぶし無得点に終わります。

両チームチャンスを生かすことができなかった初回。
試合が動いたのは直後の2回表の綾部でした。

2死後、7番・河村選手が左中間を破る三塁打で出塁すると、続く四方選手がセンター前に弾き返し1点を先制します。

綾部四方選手の先制タイムリーヒット

直後の2回裏の乙訓。
先頭5番の大西選手が四球で出塁しますが、またもしっかりと送ることが出来ず、結果「三振ゲッツー」などチグハグな攻撃が目立ちチャンスを生かせません。

3回途中ですでに60球に到達していた冨山投手に代え、秋はエースナンバーをつけていた川畑投手が背番号10で2番手のマウンドへ上がります。

乙訓2番手の川畑投手

1死13塁というピンチでしたが、ここは川畑投手が踏ん張り、綾部はさらに追加点のチャンスを生かすことができません。

すると直後の3回裏、乙訓は先頭1番・大森選手の内野安打を皮切りに、1死2塁から3番・吉田選手の左中間を破る二塁打で1-1の同点に追いつきます。

吉田選手の二塁打で大森選手が同点のホームイン

しかし流れは綾部。
前半終了間際の5回表、先頭3番・湯浅選手がセンター前ヒットで出塁すると、4番・梅原選手の右中間への二塁打で無死23塁と絶好の勝ち越しのチャンスを作ります。

1死後、6番・曽根選手がレフト前に2点勝ち越しタイムリーヒットを放つと、河村選手、四方選手の連打でさらに1点を追加。
蘆田選手のスクイズも決まりこの回一気に4点を勝ち越し5-1で綾部がリードして前半を終了します。

曽根選手の2点タイムリーヒット

グラウンド整備明けた6回裏、乙訓は先頭6番・片岡選手がレフト前ヒットで出塁すると、四球などで2死満塁のチャンスを作りますが後続続かず無得点に終わります。

続く7回裏も乙訓は1死後、4番・池田選手が右中間を破る二塁打で出塁するも、5番・大西選手のショート後方への飛球(ヒットか飛球かという当たり)で、池田選手が飛び出してしまい、結果ショートフライ併殺打となり、またもチャンスを生かすことができません。

綾部は8回表、先頭1番・材木選手がセンター前ヒットを放つと、犠打と四球で1死満塁の追加点のチャンスを迎えますが後続続かず無得点。
両チーム決定機を逃し5-1で綾部がリードしたまま最終回の攻防へ入ります。

3塁へ進む材木選手

9回表のマウンド、乙訓はエースナンバーの右腕・田中投手がマウンドへ上がります。
代わり端、綾部の攻撃をきっちりと三人で抑えて、9回裏の乙訓の攻撃を待ちます。

乙訓エースの田中投手

追い詰められた乙訓。
9回裏は1番からの功打順。1死後、2番大上選手が四球で出塁しますが、反撃もここまで。
後続続かず無得点に終わり、5-1で綾部が勝利しベスト8入りを果たしました。

この試合、秋の実績だけを見れば「格上」の乙訓に綾部が挑む構造でしたが、試合は終始綾部が流れも掴んで支配し続けた印象でした。

特に14安打を放った打線ですが、秋には龍谷大平安打線も抑えていた乙訓・冨山投手らから「ラッキーヒット」ではなく芯に捉えた打球が多く思いました。
先発した四方投手も手元でカウントしていると140球を超える熱投でしたが、最後まで球威も衰えず勝利に大きく貢献しました。

一方の乙訓。
この試合は秋に感じた勢いは残念ながらなく、この試合に関して言えば完全な「力負け」に終わってしまいました。
特に初回、2回の走者が出た後に、バントを狙うのですが上手く決めることが出来ず、結果カウントを悪くして強攻策に出てそれが裏目に出る等、打線の繋がりが機能しませんでした。

それでも先発の冨山投手、2番手の川畑投手ともに秋より力強さも出てきましたし、体格のいい田中投手と投手陣も豪華になっていますし、この試合は乙訓にとって「上手くいかなかった」ゲームだと思います。
この内容が実力ではないと思いますので、夏巻き返しを期待したいです。

綾部
010 040 000=5
001 000 000=1
乙訓

綾 四方裕 - 曽根
乙 冨山、川畑、田中 - 牧

綾 H14 E1
乙 H7 E0

【打撃成績】

綾部

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 材木 左前安打
牽制死
空振三振 中前安打 左飛 中前安打
4 中島 右前安打 四球 遊ゴロ 二飛 投前犠打
3 湯浅 空振三振 右前安打
二盗
中前安打 見逃三振 四球
6 梅原 空振三振 投飛 右中間二塁打 右前安打 四球
7 津田 遊ゴロ (川)二ゴロ 三ゴロ 二ゴロ 遊飛
2 曽根 二飛 空振三振 左前安打(2) 三ゴロ 中飛
9 河村 左中間三塁打 二ゴロ 中前安打 四球 (田)左飛
1 四方裕 中前安打(1) 投ゴロ 左越二塁打(1) 一前犠打 左飛
5 蘆田 右前安打 四球 投前犠打(1) 二ゴロ 空振三振

乙訓

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 大森 中前安打 二安打 二強襲安打
二盗死
四球 左飛
4 大上 四球 三前犠打 空振三振 左飛 四球
9 吉田 二ゴロ併殺打 左中間二塁打(1) 四球 二飛 中飛
5 池田 見逃三振 中飛 中前安打 右中間二塁打 一邪飛
3 大西 四球
盗塁死
四球 空振三振 遊飛併殺打
6 片岡 空振三振 左飛 左前安打 四球
2 牧 遊ゴロ失 一邪飛 四球 中飛
7 横山 パスボール
四球
二飛 投前犠打 空振三振
1 冨山 空振三振
1 川畑 右飛 空振三振
H 渋谷 右飛

【投手成績】

綾部

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
四方裕 9 7 9 7 1 1

乙訓

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
冨山 2 1/3 6 1 3 1 1
川畑 5 2/3 8 4 1 4 4
田中 1 0 0 1 0 0

[ 二次戦・一回戦 ] 山城 VS 大谷

2017年5月3日、春季京都大会2次戦一回戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモしていますので誤字などあるかもしれません

山城
5 今井
4 山本
3 萬徳
8 越田
2 澤井
7 岡山
9 松永
1 松本
6 田畑

大谷
4 内田
7 杉浦
9 河村
8 西川
2 平和
3 門脇
5 久我
1 若駒
6 小笠原

今チーム前評判の高い古豪大谷と、同じく春夏合わせて4度の甲子園出場経験のある公立山城の一戦(ちなみに大谷は春1度甲子園出場の実績)。

まず守る大谷はエースナンバーの右腕・若駒投手が先発。

大谷先発の若駒投手

1回表の山城の攻撃を三人で抑え、上々の立ち上がりを見せます。

代わって守りにつく山城はエース左腕の松本投手。

山城エースの松本投手

1回裏の大谷の攻撃を三者連続空振り三振と、素晴らしい立ち上がり。
両投手が持ち味を発揮して初回の攻防を終えます。

試合が動いたのは直後の2回表の山城。
先頭4番の越田選手がレフト前ヒットで出塁すると、盗塁と6番・岡山選手のヒットで1死13塁の絶好のチャンスを作ります。
ここで7番・松永選手がライトへ飛距離十分の犠牲フライを放ち、1点を山城が先制します。

松永選手の犠牲フライ

山城・松本投手は3回を終えて、大谷をノーヒット、ランナーも許さない完ぺきな立ち上がり。

すると4回表、山城は2死から5番・澤井選手、6番・岡山選手の連打で12塁とすると、松永選手も四球で繋ぎ2死満塁と攻めますが、8番・松本選手が投手ゴロに倒れ追加点のチャンスを逃します。

直後の4回裏、大谷は先頭1番・内田選手がセンターオーバーの三塁打を放ち、この試合初めて大谷がランナーを出塁させます。さらに続く杉浦選手の打席、1ボール、2スートライクから松本投手がボークをとられ同点に追いつき、4回を終えて1-1と振り出しに戻ります。

ボークで内田選手が同点のホームイン

さらに大谷は続く5回裏、先頭5番・平和(ひらわ)選手のレフトオーバーの二塁打を足掛かりに、犠打で1死3塁とすると、7番・久我選手のライト前タイムリーヒットで1点を勝ち越し。
前半5回を終えて2-1で大谷がリードします。

勝ち越しタイムリーヒットの久我選手

グラウンド整備が明けた6回表の山城の攻撃。
先頭3番の萬徳選手が四球で出塁すると、大谷は右下手投げの背番号15・瀧谷投手へ継投します。

大谷2番手の瀧谷投手

続く4番・越田選手がセンター前ヒットを放ち無死13塁とすると、5番・澤井選手のセカンドゴロ併殺打の間に、萬徳選手が同点のホームを踏みます。

萬徳選手が同点のホームイン

大きな意味を持ち始めた「次の1点」。
挙げたのは8回表の山城でした。

先頭1番・今井選手がショートへの内野安打で出塁すると、犠打と外野フライで2死3塁とします。
ここでこの試合当たっている主砲の越田選手。
初球を思い切って振りぬくと打球はそのままレフトスタンドへ勝ち越しとなるツーランホームラン!

勝ち越しホームランの越田選手

貴重な2点を勝ち越し、4-2と山城が大きなリードを取ります。

9回表から大谷は一次戦でノーヒットノーランを達成した背番号10の右腕、辻投手がマウンドに上がり、3人でしっかりと山城の攻撃を抑えます。

大谷3番手の辻投手

2点のビハインドのまま最終回の攻撃を迎えた大谷は、1死後、4番・西川選手が左中間を破る二塁打で出塁すると、続く平和選手がレフト前にタイムリーヒットを放ち4-3とその差1点まで詰め寄りましたが、大谷の粘りもここまで。
山城が勝利しベスト8進出。
夏の大会でのシード権を獲得しました。

反撃のホームを踏む大谷、西川選手

この試合、中盤に大谷がリードを奪ったイニングもありましたが、終始山城がペースを握った展開。
エースの松本投手もやや体をひねりながら、打者からすると打ちにくそうなタイミングで10個の三振を奪う好投。
秋季大会も平安を慌てさせた試合もあったようですし、夏に向けて面白い存在になりそうなチームです。

一方の大谷、秋季に続き二次戦には駒を進めてきましたがまたも8強を目前に敗退となりました。
この試合気になったのが、野手陣では本城選手、投手では森岡投手の姿を確認できなかったこと。
裏返せばまだ夏に向けて「切り札」も残っている状況だとは思いますので、あと一歩が続く現状を乗り越えて古豪復活を夏に見せて欲しいと思います。

山城
010 001 020=4
000 110 001=3
大谷

山 山本 - 澤井
大 若駒、瀧谷、辻 - 平和

山 H9 E0
大 H7 E0

本塁打
山 越田➁

【打撃成績】

山城

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
5 今井 右飛 遊ゴロ併殺打 中飛 遊安打
4 山本 二ゴロ 中飛 中飛 投前犠打
3 萬徳 二ゴロ 二ゴロ 四球 右飛
8 越田 左前安打
二盗
空振三振 (瀧)左前安打 左越本塁打(2)
2 澤井 見逃三振 中前安打 二ゴロ併殺打(1) 左飛
7 岡山 右前安打 左前安打 左前安打
二盗死
(辻)空振三振
9 松永 右犠飛(1) 四球 三ゴロ 二ゴロ
1 松本 遊ゴロ 投ゴロ 四球
二盗死
一ゴロ
6 田畑 左前安打 二ゴロ 遊ゴロ

大谷

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
4 内田 空振三振 中越三塁打 見逃三振 遊ゴロ併殺打
7 杉浦 空振三振 ボーク(1)
空振三振
二安打 一ゴロ
9 河村 空振三振 捕邪飛 二ゴロ併殺打 遊ゴロ
8 西川 見逃三振 空振三振 死球 左中間二塁打
2 平和 一飛 左越二塁打 左飛 左前安打(1)
R 松本
3 門脇 二ゴロ 投前犠打 パスボール
空振三振
見逃三振
5 久我 右飛 右前安打(1) 遊飛 中飛
1 若駒 二ゴロ 捕前犠打
1 瀧谷
H 吉岡 死球
1 辻
6 小笠原 右飛 空振三振 右前安打

【投手成績】

山城

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
松本 9 7 2 10 3 3

大谷

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
若駒 5 0/3 5 2 2 1 2
瀧谷 3 4 1 0 3 2
1 0 0 1 0 0

[ 三回戦 ] 履正社 VS 高槻北

2017年4月30日、春季大阪大会三回戦

履正社茨木グラウンド

【スタメン】 ※一般に発表されていないため誤り多数あるかと思いますが参考までに。

高槻北
9 背番号9
4 背番号4
6 背番号6
3 背番号13
8 背番号8
7 背番号17
5 背番号5
2 背番号2
1 背番号16

履正社
9 石田
4 溝邉
5 安田
7 若林
8 濱内
3 白瀧
6 西山
2 片山
1 田中

先のセンバツで2度目の準優勝という成績を残した履正社。
いつも機会なく、実はこの試合が初めての甲子園以外での観戦。

まず守る履正社は背番号11の右腕・田中投手。

履正社先発の田中投手
履正社先発の田中投手

1回表、高槻北は先頭、背番号9の選手が四球で出塁しますが、続く打者がサードライナー。
ランナー飛び出し併殺。この後三振で三人で攻撃を終えます。

代わって守りにつく高槻北の先発は背番号16の左腕。

高槻北先発の背番号16
高槻北先発の背番号16の左腕

1回裏、履正社は先頭の石田選手がレフト前ヒットで出塁すると、盗塁と犠打で1死3塁となり、注目の3番、安田選手を迎えます。

安田選手は四球を選びますが、同時にパスボールとなり1点を先制します。

一塁へ向かう安田選手と、ホームインする石田選手(奥)
一塁へ向かう安田選手と、ホームインする石田選手(奥)

さらに若林選手も四球で12塁となると、5番の濱内選手が左中間を破る2塁打で1点を追加します。

タイムリー2塁打の濱内選手
タイムリー2塁打の濱内選手

この回さらに1死23塁から6番・白瀧選手がレフトへ犠牲フライを放ち1点追加。
計3点をとって、3-0とリードします。

高槻北もすぐに反撃。
2回表、先頭・四番の背番号13の選手がライト前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁の背番号13の選手
ヒットで出塁の背番号13の選手

さらに続く背番号8の選手のサードゴロを、履正社安田選手が弾いて12塁とします(公式発表ないためエラーとカウントします)。
さらに犠打で1死23塁としますが、7番・背番号5の選手の投手ゴロでサードランナー飛び出しホームでタッチアウト。
このチャンス生かせず高槻北は無得点に終わります。

すると直後2回裏の履正社。

先頭8番の片山選手がレフトスタンドへソロホームラン。
1点を追加します。

ソロホームランの片山選手
ソロホームランの片山選手

さらに四球とヒットで無死12塁となり、高槻北はエースナンバーの右腕へ継投します。

高槻北2番手の背番号1の右腕
高槻北2番手の背番号1の右腕

この後1死満塁となり、4番・若林選手がセンター前にヒットを放ち2点を追加。
6-0とリードを拡げます。

2点タイムリーを放つ直前の若林選手
2点タイムリーを放つ直前の若林選手

さらにチャンス続き2死満塁から7番・西山選手がライト前に2点タイムリーヒット、続く8番片山選手がこのイニング2打点目のタイムリーヒットをレフト前に運び、合わせて6点を追加。
9-0と履正社が大量リードの展開になります。

2点タイムリーヒットの西山選手
2点タイムリーヒットの西山選手

3回裏も履正社は1死から2番・溝邉選手がレフト線への2塁打で出塁。
続く安田選手がライト前ヒットで13塁とチャンスを作りますが後続続かず無得点に終わります。

ライト前ヒットの安田選手(左から3人目)
ライト前ヒットの安田選手(左から3人目)

直後の4回表。
高槻北は1死から4番・背番号13の選手がライト線に二塁打を放ち出塁します。

2塁打の背番号13の選手
2塁打の背番号13の選手

さらに四球のランナーを出し1死12塁から、6番・背番号17の選手が左中間を破る2塁打で2点を返します。
(3塁を狙ってタッチアウト)

2点を返し盛り上がる高槻北ベンチ
2点を返し盛り上がる高槻北ベンチ

少しづつ序盤の履正社の一方的なペースから、高槻北も落ち着きを取り戻しつつある4回裏。

履正社は先頭6番・白瀧選手がセンター前ヒットで出塁すると、四球続き1死満塁と追加点のチャンスを迎えますが、1番・石田選手がショートゴロ併殺打に倒れ無得点に終わります。

5回表から履正社は背番号19の左腕・岡田投手へ継投します。

履正社2番手の岡田投手
履正社2番手の岡田投手

代わり端、5回表の高槻北は、先頭8番・背番号2の選手のセカンド後方への飛球は履正社・溝邉選手が追いつけず、センターへの2塁打(公式発表ではありません)となります。

さらに犠打で1死3塁とすると、続く1番・背番号9の選手の投手ゴロの間にホームインし3点目を挙げます。

この後3点目のホームを踏んだ高槻北背番号2の選手
この後3点目のホームを踏んだ高槻北背番号2の選手

9-3で前半5回を終了。
グラウンド整備明け、6回は両チームとも静かな攻撃時間となりましたが7回裏。

履正社は先頭の8番・片山選手(すみません打順ずれて記録している可能性があります)がレフト前ヒットで出塁すると、犠打で1市2塁となり、1番・石田選手を迎えます(打順をずれて記録してりいる可能性があります。すみません・・・)。

ここでレフト線を破る二塁打が生まれ、セカンドランナーが一気にホームイン。
10-3と7点差がついたことで、サヨナラコールドゲームとなりました。

履正社恐らく片山選手がサヨナラのホームイン
履正社恐らく片山選手がサヨナラのホームイン

序盤、履正社のソツのない攻撃はさすが全国準優勝チームといった印象でしたが、3回、4回のチャンスをいかせなかったことで点差以上に、中盤は高槻北の粘りが目立った試合となりました。

特に2安打を放った4番を打った背番号13の選手は、体格でも履正社に勝るとも劣らない好選手。中盤だけのスコアでは全国クラスの履正社と五分に渡り合えた経験は、夏に大きな自信に繋がったのではないかと思います。

履正社、高槻北これからも注目していきたいと思います。

高槻北
000 210 0=3
360 000 1x=10
履正社
※7回コールドゲーム

高 背番号16、背番号1 ― 背番号2
履 田中、岡田 ― 片山

高 H4 E0
履 H13 E1

【打撃成績】
高槻北

選手名 第一打席 第二打席 第三打席
9 背番号9 四球 空振三振 投ゴロ(1)
4 背番号4 三直併殺打 遊ゴロ 投ゴロ
6 背番号6 空振三振 二ゴロ 中飛
3 背番号13 右前安打 右線二塁打 空振三振
8 背番号8 三ゴロ失 四球 右飛
7 背番号17 犠打 左中間二塁打(2) 空振三振
5 背番号5 投ゴロ
本憤死
捕ゴロ 二ゴロ
2 背番号2 空振三振 (岡)中二塁打 三振
1 背番号16
1 背番号1 投ゴロ 投前犠打

履正社

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
9 石田 左前安打
二盗
左前安打 遊ゴロ 遊ゴロ併殺打 左前二塁打(1)
4 溝邉 犠打 (背1)三振(スリーバント失敗) 左線二塁打 右飛
5 安田 四球
パスボール(1)
四球 右前安打
二盗
二ゴロ
7 若林 四球 中前安打(2) 空振三振 右飛
83 濱内 左中間二塁打(1) 右前安打 三ゴロ 死球
3 白瀧 左犠飛(1) 遊直 中前安打
R 松原
1 岡田 三振(スリーバント失敗)
6 西山 中飛 右前安打(2) 二ゴロ 遊直
2 片山 左越本塁打(1) 左前安打(1) 四球 左前安打
1 田中 四球 空振三振
H 筒井 四球 投前犠打


【投手成績】

高槻北

選手名 ニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
背番号16 1 0/3 4 3 0 4 6
背番号11 5 1/3 9 4 4 6 4

履正社

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
田中 4 3 2 3 2 2
岡田 3 1 0 3 1 1

[ 二回戦 ] 東海大仰星 VS 牧野

2017年4月29日、春季大阪大会二回戦

東海大仰星グラウンド

【スタメン】 ※一般に発表されていない上、現地場内アナウンスを聞き取りながらですので誤り多数あるかと思いますが参考までに。

牧野
1 青木
2 中山
7 シモベ
3 北野
6 田中
5 奥山
8 オオムロ
4 浜田
9 ワタナベ

東海大仰星
7 薄田
4 後藤
3 古井
5 仲村
9 及川
8 イチヤナギ
2 津澤
6 カナガワ
1 ナカジマ

まず守る東海大仰星。先発は背番号18の左腕、ナカジマ投手。

東海大仰星、先発のナカジマ投手
東海大仰星、先発のナカジマ投手

1回表の牧野、先頭の青木選手が四球で出塁すると、続く2番・中山選手がライト前ヒットで繋ぎます。
3番・シモベ選手は投手前に送りますが、これが内野安打となって無死満塁と大きなチャンスを迎えます。

ヒットで出塁の中山選手
ヒットで出塁の中山選手

4番・北野選手のレフトフライは浅くランナー動けませんが、続く5番・田中選手がレフト前に弾き返し、まず牧野が1点を先制します。

田中選手の先制タイムリーヒット
田中選手の先制タイムリーヒット

さらにこの回、東海大仰星の守備の乱れもあって1点を追加。
2-0と牧野がリードします。

代わって守りにつく牧野。
先発は背番号7の青木投手。スリークオーター気味のモーションですが、たまにアンダーハンドでも投げる変則的な右投げ投手です。

牧野先発の青木投手
牧野先発の青木投手

 

アンダーハンドも交える青木投手
アンダーハンドも交える青木投手

1回裏、東海大仰星は先頭・薄田選手が死球で出塁も牽制死。
2死後四球のランナーを二人出しますが無得点と、ホームグラウンドでありながら牧野にペースを握られた立ち上がりとなってしまいます。

しかし仰星は続く2回裏。
先頭の6番・イチヤナギ選手がチーム初安打となるレフト前ヒットで出塁。

ヒットで出塁のイチヤナギ選手
ヒットで出塁のイチヤナギ選手

続く津澤選手が死球で繋ぐと、ボークと四球で1死無死満塁となります。
ここで迎えた1番・薄田選手の打球はセカンドゴロ。
併殺打かと思われた次の瞬間、牧野、浜田選手が打球を後逸。
打球が外野を抜けてしまった間に、走者一掃となり3-2と東海大仰星が逆転に成功します。

ナカジマ選手が逆転のホームイン
ナカジマ選手が逆転のホームイン

続く3回裏も東海大仰星は敵失と、風に流されたラッキーなヒットも重なり1死23塁と追加点のチャンス。

ここで7番・津澤選手がレフト前ヒットを放ちさらに1点を追加。
この後カナガワ選手のセンターへの犠牲フライも加わり2点を追加。5-2とリードを広げます。

津澤選手がレフト前ヒット
津澤選手がレフト前ヒット

さらに東海大仰星は4回裏。
先頭2番・後藤選手のレフト前へ抜けそうな打球を、牧野サードの奥村選手が好捕も、ファーストへ悪送球となり無死2塁となったところで、その奥村選手(背番号1)がマウンドへ上がります。
(先発青木選手はレフトの守備へつきます)

牧野2番手の奥村投手
牧野2番手の奥村投手

代わり端、四球と犠打で1死23塁と仰星はチャンスを広げると、5番・及川選手がレフト前タイムリーヒットで2点を追加します。

7点目のホームを踏む古井選手とセカンドへ向かう及川選手
7点目のホームを踏む古井選手とセカンドへ向かう及川選手

さらに1死2塁から、6番・イチヤナギ選手のセンター前タイムリーヒット、死球をはさみ8番・カナガワ選手のセンター前タイムリーヒット等で3点を追加。

4回裏に5点を加えた東海大仰星が10-2と大量リードの展開となります。

9点目のタイムリーヒットを放ったカナガワ選手(1塁ベース上)
9点目のタイムリーヒットを放ったカナガワ選手(1塁ベース上)

5回表の牧野の攻撃から、東海大仰星はエース右腕の河内投手がマウンドへ。
目測ですが130後半程の重いストレートを投げるピッチャーです。

東海大仰星エースの河内投手
東海大仰星エースの河内投手

代わり端の5回表、牧野は敵失のランナー一人を出しますが無得点に終わります。

10-2と8点差のまま迎えた6回表、牧野は先頭4番・北野選手の打球はセカンド後方への飛球。
この試合、風が強く流された打球を追って、セカンドとライトが交錯しヒットで出塁します。

さらに田中選手のセカンドゴロを、仰星、後藤選手が併殺狙ってセカンドへの送球が悪送球となり無死12塁、犠打で1死23塁とチャンスを作り、続く8番・オオムロ選手の内野ゴロの間に北野選手が還り牧野3-10とその差を7点に縮めます。

北野選手が牧野3点目のホームイン
北野選手が牧野3点目のホームイン

続く7回表の牧野。
この回1点以上を挙げないと、コールドゲームが成立してしまいますが、まず先頭9番・ワタナベ選手へ代打起用。
カワグチ選手がセンター前ヒットで出塁します。

ヒットで出塁のカワグチ選手
ヒットで出塁のカワグチ選手

この後、三振と2番・中山選手のヒットで1死12塁とすると、3番シモベ選手がライト前にタイムリーヒットを放ち4-10とコールドゲーム成立を阻止します。

沸きあがる牧野ベンチ、代走でホームを踏んだ背番号6のタニグチ選手
沸きあがる牧野ベンチ、代走でホームを踏んだ背番号6のタニグチ選手

さらに1死12塁の場面で主砲・北野選手は何度も鋭い当たりのファールで粘りますが空振り三振。
試合はそのまま東海大仰星が10-4で牧野を振り切り勝利しました。

エースと4番の勝負は河内投手が空振り三振で勝利
エースと4番の勝負は河内投手が空振り三振で勝利

まず勝った東海大仰星ですが、快心のヒットこそ少なかったですが、相手のミス、隙に乗じて一気に畳みかけたのは、さすが甲子園出場経験もある名門校といったところ。
この世代の大阪は、先のセンバツで大阪桐蔭が優勝し、さらに履正社も準優勝と「全国のツートップ」を擁する激戦区ですから、夏の甲子園も相当ハードルが高いのは事実。

それでも河内投手ら上位勢とも力勝負を出来る選手もいますので、熱い大阪の夏を盛り上げてほしいと思います。

敗れた牧野ですが、とにかく目立ったのは元気なベンチ。
女子部員の大きな声は試合前ノックから試合終了まで途切れることはありませんでした。
まるでアウエーであることをわすれさせ、ホームグラウンドで試合を行っているかのようなムードを作り上げていたのは胸が熱くなるほどでした。

選手もそれに応え、最後は意地でコールドゲームを阻止。
点差こそ6点差ついていますが、名門チームを相手に一歩も引かない堂々たる戦いぶりでした。

両チームのナイスファイトにスタンドから拍手を送らせて頂きました。

あとこれは余談ですが、東海大仰星グラウンドは2回目ですが、本当に素晴らしい設備。
観戦用のスタンドに場内アナウンスもあり、一野球ファンとして東海大仰星の関係者の方に感謝いたします。

牧野
200 001 100=4
032 500 00x=10
東海大仰星

牧 青木、奥村ー中山
東 ナカジマ、河内ー津澤

牧 H7 E4
東 H8 E3

【打撃成績】
牧野

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
17 青木 四球 見逃三振 見逃三振 見逃三振 右飛
2 中山 右前安打 三ゴロ 遊ゴロ失 右前安打 四球
75 シモベ 投安打 一飛 投ゴロ 右前安打(1) 遊ゴロ失
3 北野 左飛 遊ゴロ 中前安打 空振三振 飛球
6 田中 左前安打(1) 遊ゴロ 二ゴロ失 パスボール
空振三振
51 奥山 見逃三振 右前安打
二盗死
三前犠打 投ゴロ
8 オオムロ 三ゴロ野選(1) 遊ゴロ 一ゴロ(1) 左飛
4 浜田 投飛 三ゴロ 左飛 空振三振
9 ワタナベ 三飛 (河)投ゴロ
H カワグチ 中前安打
R タニグチ
9 背番号17 遊直

東海大仰星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
7 薄田 死球
牽制死
二ゴロ失(3) 遊ゴロ 右飛 三ゴロ
4 後藤 左飛 二ゴロ 三ゴロ失 中越二塁打
三塁でアウト
遊飛
3 古井 四球
二盗
二ゴロ (奥)四球 二ゴロ 四球
二盗死
5 仲村 四球 遊ゴロ失 投前犠打 右飛 左飛
9 及川 二飛 投前犠打 左前安打(2) 空振三振
9 宮崎 二飛
8 イチヤナギ 左前安打 右前安打
二盗
中前安打(1) 左邪飛
2 津澤 死球 左前安打(1) 死球 遊ゴロ
6 カナガワ ボーク
空振三振
中犠飛(1) 中前安打(1) 三ゴロ
1 ナカジマ 四球 四球
H イト 左犠飛(1)
1 河内 中越三塁打


【投手成績】

牧野

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
青木 3 0/3 3 6 1 5 1
奥村 5 5 3 1 5 4

東海大仰星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
ナカジマ 4 4 1 2 2 1
河内 5 3 1 4 2 2

春季京都大会一次戦の結果まとめ

2017年の春季京都大会の一次戦の結果を記録用にまとめます。
今年は色々あって例年より観戦が少なくなっております。

【Aゾーン】
【一回戦】
乙訓 8-4 西城陽
【二回戦】
乙訓 3-1 京都廣学館
城南菱創 11-6 堀川
【決勝戦】
乙訓 9-2 城南菱創

【Bゾーン】
【一回戦】
大谷 3-0 紫野
※大谷の辻投手がノーヒットノーラン達成
【二回戦】
大谷 11-6 京都学園
京都産業大附 6-3 亀岡
【決勝戦】
大谷 9-2 京都産業大附

【Cゾーン】
【一回戦】
京都翔英 12-4 京都文教
【二回戦】
京都翔英 14-3 日吉ヶ丘
洛東 14-7 同志社国際 ※観戦記
【決勝戦】
京都翔英 7-3 洛東

【Dゾーン】
【一回戦】
花園 3-0 西乙訓
【二回戦】
花園 9-1 西乙訓
東宇治 4-3 西京
【決勝戦】
東宇治 9-7 花園

【Eゾーン】
【一回戦】
山城 4-3 嵯峨野
【二回戦】
山城 11-5 須知
洛西 4-3 京都工学院、洛陽工、伏見工
【決勝戦】
山城 4-0 洛西

【Fゾーン】
【一回戦】
桃山 11-7 木津
【二回戦】
同志社 5-1 桃山
立命館宇治 9-2 田辺
【決勝戦】
立命館宇治 7-0 同志社

【Gゾーン】
【一回戦】
立命館 18-6 朱雀
【二回戦】
立命館 4-0 京都すばる
北嵯峨 7-0 北桑田
【決勝戦】
立命館 10-6 北嵯峨

【Hゾーン】
【一回戦】
鴨沂 8-5 久御山
京都国際 14-0 洛北
【決勝戦】
京都国際 4-3 鴨沂

【Iゾーン】
【一回戦】
龍谷大平安 9-1 園部
京都外大西 17-4 洛南
【決勝戦】
龍谷大平安 13-6 京都外大西

【Jゾーン】
【一回戦】
京都成章 4-0 洛星 ※観戦記
※京都成章の北山投手がノーヒットノーラン達成
城陽 10-0 京都教育大附
【決勝戦】
京都成章 8-6 城陽

【Kゾーン】
【一回戦】
6-1 南陽
京都八幡 15-1 向陽
【決勝戦】
7-3 京都八幡

【Lゾーン】
【一回戦】
塔南 15-7 京都両洋
北稜 3-0 鳥羽
【決勝戦】
塔南 11-4 北稜

【Mゾーン】
【一回戦】
南丹 2-0 東稜
東山 9-0 莵道
【決勝戦】
東山 11-3 南丹

【Nゾーン】
【一回戦】
網野 6-3 福知山
宮津 9-5 府立工
【二回戦】
京都共栄 7-1 網野
宮津 9-0 久美浜
【決勝戦】
京都共栄 4-3 宮津

【Oゾーン】
【一回戦】
東舞鶴 6-4 加悦谷
【二回戦】
大江 4-3 東舞鶴
綾部 10-0 海洋
【決勝戦】
綾部 7-0 大江

【Pゾーン】
【一回戦】
西舞鶴 4-3 峰山
【二回戦】
西舞鶴 4-3 福知山成美
日星 6-3 舞鶴工専
【決勝戦】
日星 3-2 西舞鶴

[ 一次戦 ] 洛東 VS 同志社国際

2017年4月16日、春季京都大会1次戦Cゾーン一回戦

洛東高校グラウンド

【スタメン】※一般に発表されていないため選手名不明

昨秋は共に残念ながら一次戦で敗退したチーム同士の対戦。
両チーム共、秋に観戦していたのでその後、どれだけ成長しているのかも楽しみな一戦でした。

先攻は洛東。

同志社国際エースの江上(?)投手
同志社国際エースの江上(?)投手

1回表、同志社国際の先発エース右腕・江上投手(恐らく)の制球が定まらない中、2四球で1死12塁と攻め、4番・背番号7の選手が右中間を破るタイムリー三塁打で2点を先制。
続く背番号9の選手がライト前タイムリーでさらに1点を追加。

先制し沸く洛東ベンチ
先制し沸く洛東ベンチ

その後自身も3塁へ進み1死3塁から6番・背番号10の選手のセカンドゴロの間に1点を追加。
いきなり4点を先制する展開になります。

代わって守りにつく洛東は、やや変則的な投げ方が特徴のエース右腕が当番(恐らく川畑投手)。

洛東エースの川畑(?)投手
洛東エースの川畑(?)投手

1回裏、同志社国際は先頭のディギンズ選手がレフト前ヒットで出塁すると、四球、内野ゴロ等で1死23塁と反撃のチャンス。
ここで4番・背番号2の選手がライトオーバーのタイムリー三塁打で2点を返し、初回を終えて4-2と、早くも乱打戦になりそうな気配が漂う展開になります。

同志社国際もすかさず反撃
同志社国際もすかさず反撃

2回表、洛東は1死から9番・背番号1の選手が四球で出塁し、上位に繋ぐとヒットと四球で1死満塁となり、2死後、5番・背番号7の選手がレフト前に2点タイムリーヒットを放ち6-2とリードを広げます。

背番号7の選手(一塁上)のヒットで2点追加
背番号7の選手(一塁上)のヒットで2点追加

洛東は続く3回表も先頭・6番の背番号10の選手がセカンドへの内野安打で出塁すると、続く背番号6の選手の犠打をファーストへ悪送球。
この間にランナーホームインで7点目を挙げると、さらに1死3塁から、9番・背番号1の選手の内野ゴロの間に1点を追加。
序盤3回を終えて、洛東が8-2と大きくリードする展開となります。

同志社国際は秋と同じく、4回途中からショートを守っているディギンズ選手が継投で2番手のマウンドへ。

同志社国際2番手のディギンズ投手
同志社国際2番手のディギンズ投手

反撃に移りたい同志社国際は、3回、4回、5回と得点圏にランナーを進めますが、あと一本が出ずに8-2のまま前半5回を終了します。

グラウンド整備明けの6回表。

洛東は先頭・背番号8の選手が四球で出塁すると、1死後、さらに連続四球で満塁と追加点のチャンスを迎えます。

ここで6番・背番号10の選手の打席でパスボール。
洛東グラウンドはホームベースのすぐ後ろにネットがあるので、傷口が広がりにくい構造ですが、サードランナーの背番号8の選手が好判断。
ホームを踏んで9-2とリードを広げます。
さらに背番号10の選手の内野ゴロでもう1点を追加し10-2とコールドゲーム成立に必要な点差がついてしまいます。

洛東10点目の場面
洛東10点目の場面

後のない同志社国際は6回裏、先頭・7番の背番号3の選手がレフト前ヒットで出塁すると、洛東のエラーもあって2死13塁とチャンスを作ります。
この場面で2番・背番号4の選手がライト前タイムリーヒットを放ち1点を返し10-3と、洛東のリードは7点に変わります。

タイムリーヒットを放った同志社国際背番号4の選手
タイムリーヒットを放った同志社国際背番号4の選手

7回表2死から、同志社国際は背番号9の恐らく左腕・小倉投手が3番手のマウンドへ上がっています。

同志社国際3番手の小倉投手
同志社国際3番手の小倉投手

7回裏、この回無失点で守り抜けばコールドゲームが成立する洛東は、右横手投げの背番号10の投手へ継投。
秋にも同じようなフォームの岸本投手がいたと思いますので、恐らく岸本投手かと思います。

洛東2番手の岸本(?)投手
洛東2番手の岸本(?)投手

同志社国際は先頭・4番の背番号2の選手がセンターオーバーの二塁打で出塁すると、1死3塁となり6番・背番号8の選手がセンターオーバーの二塁打を放ち1点を返し10-4とこの回でのコールドゲーム成立を阻止します。

同志社国際・背番号8の選手がタイムリー二塁打
同志社国際・背番号8の選手がタイムリー二塁打

しかし直後の8回表、洛東は内野安打と四死球で1死満塁のチャンスを作ります。
このチャンスで8番・背番号5の選手が押し出し四球を選び1点を追加すると、2死後、再び1番・背番号4の選手も押し出し四球を選びこの回2点を追加。
12-4とその差を8点に広げます。

同志社国際も諦めません。
8回裏、2点以上を挙げないと再びコールドゲームが成立する展開になりましたが、打順もよく先頭・1番のディギンズ選手が右中間を破る2塁打で出塁すると、続く背番号4の選手がヒットで繋ぎ、3番・江上選手を迎えます。

ここで江上選手がレフトオーバーのスリーランホームランを放ち12-7とその差を5点に縮め、さらに四球のランナーを許したところで洛東は背番号11の投手へ継投します。

ホームランを放った江上選手
ホームランを放った江上選手

勢いの止まらない同志社国際はヒットと四球で無死満塁。
絶好のチャンスを作りますが後続続けずさらなる追加点を挙げることができません。

ピンチを凌いだ洛東3番手の背番号11の投手
ピンチを凌いだ洛東3番手の背番号11の投手

試合は9回表も洛東は押し出し四球や、相手守備の乱れをついて2点を追加し、14-7とリードを広げ、9回裏の同志社国際の攻撃を無失点に抑え勝利しました。

まず勝った洛東ですが、秋にも感じましたがベンチメンバーもいつも「戦闘態勢」で元気のいいチーム。
試合に参加していないメンバーは一人もいないという姿勢は見ていても気持ちのいいチームです。

ベンチメンバーも前傾姿勢で試合に挑む洛東
ベンチメンバーも前傾姿勢で試合に挑む洛東

秋は京都外大西相手に見せ場なく敗れましたが、恐らく先発の川畑投手もストレートも力強くなり、強打の同志社国際打線を最少失点で抑え、勝利に大きく貢献しました。

打線も相手のミスをしっかりと得点に結びつけての大勝。
夏に向けても楽しみなチームになってきたと思います。

対する同志社国際は今チームは秋から3戦目の観戦。
個々のポテンシャルは非常に高いチームですし、チーム一丸となって勝利にこだわったゲームができれば「ひょっとして」を期待させるチームだと思っています。

この試合は3投手合わせて17与四死球(公式発表ではありません)。
洛東よりも多く安打を放ちながらまさに「自滅」したような展開でもありました。
これが実力ではないと思っていますので、夏の巻き返しを期待したいと思います。

洛東
422 002 022=14
200 001 130=7
同志社国際

洛 背番号1 、10、11 - 背番号2
同 背番号1(江上)、ディギンズ、背番号9(小倉)- 背番号5

洛 H11 E2
同 H15 E1

本塁打
同 江上③

【打撃成績】
洛東

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席 第七打席
背番号4 四球
二盗
左前安打 中前安打
二盗
三盗死
中飛 三ゴロ 四球(1) 空振三振
背番号8 空振三振 四球 中前安打 四球
二盗
二ゴロ失 一ゴロ
背番号2 四球 左飛 (デ)一ゴロ Gルールアウト (小)遊飛 右前安打
背番号7 右中間三塁打(2) 左前安打(2) 四球 四球 四球
盗塁死
空振三振
背番号9 右前安打(1) 空振三振 Gルールアウト 四球 三安打 三安打
背番号10 二ゴロ(1) 二安打 空振三振 パスボール(1)
二ゴロ(1)
死球 三犠打
背番号6 四球
二盗死
投犠打、
悪送球(1)
一ゴロ 四球 四球 四球
背番号5 投ゴロ 投前犠打 遊ゴロ 投ゴロ 四球(1) 四球(1)
背番号1 四球 二ゴロ(1) 右線三塁打
H 背番号16 投ゴロ
背番号15
H ナカムラ 空振三振
背番号11 遊ゴロ失(1)

同志社国際

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席 第六打席
616 ディギンズ 左前安打 中飛 右飛 Gルールアウト 左中間二塁打 中飛
背番号4 四球
二盗
空振三振 二飛 右前安打(1) 中前安打 一ゴロ失
18 江上 二ゴロ 二ゴロ 左前安打 空振三振 左越本塁打(3) 四球
背番号2 右越三塁打(2) 中前安打 二ゴロ (10)中越二塁打 四球 一ゴロ
91 小倉 空振三振 中前安打 遊ゴロ 二ゴロ (11)右前安打
87 背番号8 四球
二盗
空振三振 Gルールアウト 中越二塁打(1) 四球
背番号3 空振三振 左前安打 左前安打 三ゴロ失 空振三振
背番号5 中飛 右前安打 投ゴロ 三ゴロ 遊ゴロ併殺打
背番号7 見逃三振
H サカイ 見逃三振 二ゴロ失
背番号13 空振三振
H 背番号11 右飛


【投手成績】

洛東

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
背番号1 6 9 2 7 3 3
背番号10 1 0/3 4 1 1 4 4
背番号11 2 1 2 1 0 0

同志社国際

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
江上 3 1/3 7 5 1 8 8
ディギンズ 3 1/3 1 5 1 2 2
小倉 2 1/3 3 7 3 4 3

[ 一次戦 ] 京都成章 VS 洛星

2017年4月16日、春季京都大会1次戦Jゾーン一回戦

洛東高校グラウンド

【スタメン】※一般に発表されていないため選手名不明

昨秋も一次戦で対戦した両チームが再戦。
洛星は21世紀枠での選抜出場も話題になったので、注目度も高い試合。

まず守る洛星はエース右腕の水江投手。
新二年生ですが、秋よりも球質も重く感じ、この冬の成長を感じさせます。

洛星エース・北山投手
洛星エース・水江投手

1回表の京都成章は三人で攻撃を終えます。

対する京都成章は新三年生になったエース右腕・北山投手。
昨秋は万全でなかったかと思いますが、投球練習からいいボールを投げていました。

成章エースの北山投手
成章エースの北山投手

1回裏、洛星は2死ランナー無しから3番・背番号6の選手が死球で出塁。
盗塁で得点圏に進みますが、4番・背番号8の選手が空振り三振に倒れ無得点に終わります。

圧巻は2回裏。
北山投手の目測ですが140キロ前後は出ていそうなストレートの前に、洛星打線は三者三振。
続く3回裏の2死まで合わせて6者連続で北山投手が三振を奪います。

両投手が素晴らしい立ち上がりで序盤3回が終わりますが、試合が動いたのは4回表。
京都成章は1死後、3番・背番号3の選手がチーム2安打目のヒットをライト前に運ぶと、続く4番・川岸選手が目の覚めるような打球をセンターオーバーのホームラン。
2点を先制します。

先制ホームランの川岸選手
先制ホームランの川岸選手

さらにこの回、2死12塁とチャンスを作りますが、ここは水江投手が踏ん張り、北山選手を空振り三振にとって追加点を許しません。

このまま前半が終了し、成章・北山投手は9奪三振、ノーヒットと洛星打線をよせつけません。
対する洛星・水江投手も4回に捕まったといえ、3奪三振、2失点と好投します。

グラウンド整備が空けた6回表。
京都成章が再び水江投手を攻めます。

先頭3番・背番号3の選手がサード強襲安打で出塁すると、続く川岸選手が死球で繋ぐと、犠打で1死13塁と追加点のチャンス。
ここで6番・背番号5の選手がライト線へ二塁打を放ち3点目を挙げると、続く背番号2の選手が四球で1死満塁。

タイムリー2塁打の場面
タイムリー2塁打の場面

北山選手は三振に倒れ2死となりますが、9番・背番号4の選手が押し出し四球を選び4-0とリードを拡げます。

洛星打線も何とかくらいつきたいところですが、7回、8回共に3三振づつを奪われ、好投続ける北山投手を捉えることができません。

牽制悪送球で2塁へ
7回裏洛星、背番号2の選手が牽制悪送球で2塁へ

8回終えてノーヒットの洛星は9回裏も、2死から4番・背番号8の選手が四球で出塁するも、後続続けずゲームセット。
圧巻の投球を見せた北山投手が16奪三振、ノーヒットノーランの快投で京都成章が秋に続いて勝利を納めました。

ノーヒットノーランを達成した瞬間の北山投手
ノーヒットノーランを達成した瞬間の北山投手

この試合は北山投手の独壇場。
1年生の頃から京都で有名な投手でしたが、遂に「勲章」も手に入れたような内容。
夏もこれだけのピッチングを見せれば、甲子園復活も決して夢ではないと思わせる内容でした。

そして北山投手と同じく1年時から主力を張り、昨夏も注目された塔南・築山投手からホームランを放つなど活躍してきた主砲・川岸選手。
投打に京都でも屈指の選手を擁する京都成章。
かなり活躍が期待できるチームではないかと思います。

しかし敗れた洛星もエース・水江投手が秋からの成長を見せました。
秋は5回でKOされましたが、この試合は9回まで投げ抜き、4失点。
上位勢にもしっかりと対応できる力を見せました。

課題は打線でしょうか。
北山投手のようなパワーピッチングをする投手相手に、昨年のチームのようにしぶとく食い下がるような攻撃を夏には見せてくれると、水江投手がしっかりとしていますので、秋に続いて面白い存在になると思います。

京都成章
000 202 000=4
000 000 000=0
洛星

成 北山 - 背番号2
洛 水江 - 背番号5

成 H10 E0
洛 H0 E0

本塁打
成 川岸➁

【打撃成績】
京都成章

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
背番号8 二ゴロ 三ゴロ
H8 松下 三ゴロ
H7 背番号17 右飛 右飛
背番号6 遊ゴロ 中飛 左飛 右飛 死球
二盗死
背番号3 左飛 右前安打 三強襲安打 左飛 左前安打
投手牽制悪送球で走者2塁
79 川岸 右飛 中越本塁打(2) 死球 死球 二ゴロ
背番号9 空振三振 空振三振 三ゴロ
R8 ニシハタ 右飛 投ゴロ
背番号5 遊ゴロ 二安打 右線二塁打(1) 三ゴロ
背番号2 中前安打 左前安打 四球 遊ゴロ
1 北山 投前犠打 空振三振 空振三振 左前安打
背番号4 投ゴロ 遊ゴロ 四球(1) 中前安打

洛星

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
背番号5 右飛 四球
一塁牽制悪送球で走者2塁
空振三振 空振三振
背番号11 二ゴロ 空振三振 Gルールアウト 三ゴロ
背番号6 死球
二盗
遊ゴロ 見逃三振 投直
背番号8 空振三振 四球
牽制死
空振三振 四球
背番号2 見逃三振 右飛 四球
捕手牽制悪送球で走者2塁
右飛
背番号3 見逃三振 空振三振 四球
1 水江 空振三振 空振三振 見逃三振
背番号4 空振三振 遊ゴロ 空振三振
背番号7 空振三振 一ゴロ 見逃三振


【投手成績】

京都成章

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
北山 9 0 6 16 0 0

洛星

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
水江 9 10 5 4 4 4

第89回選抜高等学校野球大会まとめ

2017年、第89回センバツは大阪桐蔭が史上初の大阪決戦で、履正社を破り、5年ぶり2回目の優勝を果たしました。

【決勝】
大阪桐蔭(大阪)
110 001 005=8
000 000 030=3
履正社(大阪)

大 徳山、根尾-福井
履 竹田、松井-片山

大 H14 E0
履 H6 E0

【準決勝】
履正社(大阪)6-4 報徳学園(兵庫)
大阪桐蔭(大阪)2-1 秀岳館(熊本)

【準々決勝】
履正社(大阪)8-1 盛岡大附(岩手)
報徳学園(兵庫)8-3 福岡大大濠(福岡)
秀岳館(熊本)9-2 健大高崎(群馬)
大阪桐蔭(大阪)4-2 東海大福岡(福岡)

【二回戦】
履正社(大阪)1-0 呉(広島) ※観戦記
盛岡大附(岩手)5-1 智辯学園(奈良) ※観戦記
報徳学園(兵庫)4-0 前橋育英(群馬)
福岡大大濠(福岡)5-3 滋賀学園(滋賀)
※1-1の延長15回引き分け再試合後
健大高崎(群馬)10-2 福井工大福井(福井)
※7-7の延長15回引き分け再試合後
秀岳館(熊本)3-2 作新学院(栃木)
東海大福岡(福岡)11-8 早稲田実(東京)
大阪桐蔭(大阪)11-8 静岡(静岡)

【一回戦】
呉(広島)6-5 至学館(愛知)
履正社(大阪)12-5 日大三(東京)
智辯学園(奈良)9-0 熊本工(熊本)
盛岡大附(岩手)10-9 高岡商(富山)
報徳学園(兵庫)21-0 多治見(岐阜)
前橋育英(群馬)5-1 中村(高知)
福岡大大濠(福岡)6-3 創志学園(岡山)
滋賀学園(滋賀)6-2 東海大市原望洋(千葉)
健大高崎(群馬)11-1 札幌第一(北海道)
福井工大福井(福井)6-4 仙台育英(宮城)
秀岳館(熊本)11-1 高田商(奈良)
作新学院(栃木)9-1 帝京第五(愛媛)
東海大福岡(福岡)2-1 神戸国際大附(兵庫)
早稲田実(東京)5-4 明徳義塾(高知)
静岡(静岡)12-3 不来方(岩手)
大阪桐蔭(大阪)11-0 宇部鴻城(山口) ※観戦記