東京の野球場

東京の球場・試合会場紹介

ここでは私が観戦に訪れたことのある東京の球場・会場の紹介をさせていただきます。 実際に訪問される際には公式情報と併せて参考にしていただければと思います。 野球場 明治神宮球場 神宮第二球場 府中市民球場 ネッツ多摩昭島スタジアム 多摩一本杉球場 ダイワハウススタジアム八王子 高校グラウンド 帝京高校 府中工業高校

明治神宮球場

概要 ご存知、プロ野球のヤクルトスワローズの本拠地であり、東京の高校野球の聖地。 秋季、東西の夏の都大会の決勝戦の会場です。 球場に入るには 都大会では800円。 秋の明治神宮大会は1,300円の入場料が必要。 大体、試合開始1時間前にチケットの発売、開門になります。 2017年は夏の準決勝以降、秋も同様にチケットぴあで前売りがありましたので、高野連からの情報をチェックしてください。 バックネット […]

神宮第二球場

概要 神宮球場に隣接した球場。 通常、トーナメントの序盤戦の会場ですが、春季大会は決勝戦の会場になることもあります。 球場に入るには 公式戦入場料は800円。 大体、試合開始1時間前にチケット販売と、開門が始まります。 どこで観戦すればいいか 全席自由席。 外野席はなくバックネット裏中心の内野のみです。 球場施設 バックスクリーンはセンター方向でなく、ライト後方。 手書きボードです。 またトーナメ […]

府中市民球場

概要 主にトーナメント序盤戦の公式戦会場。 球場に入るには 800円の入場料。 大体、試合開始1時間前にチケット発売と、開門が始まります。 どこで観戦すればいいか 全席自由席です。 だいたい1塁側、3塁側はそれぞれのチームの応援席になります(境界線などは特にありません)。 球場施設 バックネット裏も広く、新しい球場ではありませんが快適に観戦できます。 トイレ あります。 売店 なし。 府中駅近くで […]

ネッツ多摩昭島スタジアム

概要 トーナメントの序盤戦で使用されることが多い公式戦会場です。 球場に入るには 入場料は800円。 試合1時間前あたりからチケット発売と開門が始まります。 どこで観戦すればいいか バックネット裏中心の内野席から応援。 1塁側、3塁側は各チームの応援席ですが、席数が少ない為、大応援団を擁するチームが登場する日はすぐに満席になります。 球場施設 必要最小限。 屋根もありませんので、夏は暑さ対策を各自 […]

多摩一本杉球場

概要 トーナメント序盤戦で使用されることが多い公式戦会場です。 球場に入るには 入場料は800円。 だいたい試合開始1時間前からチケット発売と開門が始まります。 どこで観戦すればいいか バックネット裏からのみの観戦。 球場施設 こちらの球場の座席は独立しておらず長ベンチのため、混雑する試合は座席は詰めて座るようにしましょう。 また京王多摩センター駅から歩ける距離でもあるのですが、行きは登り坂のため […]

ダイワハウススタジアム八王子

概要 トーナメント序盤戦で使用されることの多い公式戦会場です。 球場に入るには 公式戦の入場料は800円です。 大体、試合開始1時間前からチケット販売、開門が始まります。 どこで観戦すればいいか バックネット裏中心の内野席は比較的多いです。 1塁側、3塁側はどこの球場も応援席になります。 球場施設 屋根はありませんが、トイレ付近に少しだけ陽を避けれるスペースがあります。 トイレ あります。 売店 […]

府中工業高校グラウンド

概要 秋季、春季の一次戦で公式戦会場として利用されることが多いです。 球場に入るには 公式戦は自由に観戦できます。 学校グラウンドでの試合は無料です。 どこで観戦すればいいか 空いてるスペースでの観戦。 バックネット裏は記録員のプレハブ舎があるため観戦するスペースがありません。 球場施設 座る場所がほとんどないため携帯椅子があると便利です。 場内アナウンスが流れますが、バックネット近辺でないと聞こ […]

帝京高校グラウンド

概要 春季、秋季の一次戦で利用されることが多いです。 球場に入るには 公式戦は自由に観戦できます。 学校グラウンドでの試合は無料です。 どこで観戦すればいいか 外野からのみの観戦。 球場施設 神宮に合わせて天然芝で整備されたキレイなグラウンド。 観戦は外野の幅が細い縁に立って見ることになります。 また名門高校らしく優勝盾などが校舎に飾ってあります。 トイレ 学校のトイレを貸していただけます。 売店 […]