yellow32 のすべての投稿

塔南 VS 綾部

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年4月26日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

綾部

6萌抜
2白丸
8荒木
9小嶋
3岡部
7篠田
5太田
1足立
4柳井

塔南

8徳永
4島田
9藤田
3前田
7木曽田
5松山
2芦田
6米野
1大江

綾部先発の足立投手
綾部先発の足立投手
塔南先発の大江投手
塔南先発の大江投手

初回、塔南が木曽田選手の2ランホームランなどで3点を先制します。
綾部は2回裏、太田選手のライト前タイムリーで1点を返しますが、直後の3回表に芦田選手の2点タイムリーで序盤3回を終えて、塔南5-1綾部とリードします。

塔南は7回表に木曽田選手のタイムリーなどで2点を追加。
7回裏から塔南は左の川瀬投手へ継投します。

試合は8回表にも塔南が4点を追加し、そのままコールドで勝利しました。

塔南 302 000 24=11
綾部 010 000 00=1

龍谷大平安 VS 日星

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2014年4月26日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

日星

2亀井
9浅野
5山崎
8山上
3川野
6新宮
7金子
4上林
1浪江

龍谷大平安

8徳本
9大谷
4姫野
3河合
7中口
5常
6石川
2高橋祐
1犬塚

龍谷大平安の犬塚投手
龍谷大平安の犬塚投手
日星の先発浪江投手
日星の先発浪江投手
プロ入りした日星の亀井捕手
プロ入りした日星の亀井捕手

この試合、序盤からセンバツ優勝後、初めての公式戦になった平安ペースで進みました。

6回裏にはセンバツ決勝でもホームランを放った主砲・河合選手がライトスタンドへソロホームラン。
5-0と平安が優勢に試合を進めます。

しかし7回表、8回表と日星が反撃。
平安は二番手に田丸投手から、センバツ優勝投手の中田投手へ継投しますが平安5-4日星と詰め寄ります。

日星も浪江投手から波田野投手、内藤投手と継投しますが、8回裏に河合選手に犠牲フライで1点を追加され、そのままゲームセット。
序盤のチャンスをいかしきれなかったことが、終盤のもつれになったゲームでした。

日星 000 000 220=4
平安 100 301 01x=6

京都成章 VS 東宇治

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2015年4月25日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

京都成章

7柴田
8松岡
5石濱
3桝井
4西井
2山本
8岡本
1齋藤
6北側

東宇治

6辻
4曽我
8西川
3林中
9大嶋
7笠井
1吉村
5古市
2渡邊

東宇治の先発吉村投手
東宇治の先発吉村投手
京都成章の先発齋藤投手
京都成章の先発齋藤投手

京成章 113 411 2=13
東宇治 002 000 0=2
(7回コールドで成章が勝利)

※詳細の情報は残っていません。

立命館宇治 VS 北稜

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2015年4月25日、春季京都大会2次戦

太陽が丘球場

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

北稜

9牛尾
8林雅
4中野
5林大
3山田
6岩本
2渡邊
7中山
1山本

立命館宇治

5上西
4村尾
9奈良
2林
3伊藤
7村井
8森
1山上
6森田

立命館宇治の山上投手
立命館宇治の山上投手
北稜の山本投手
北稜の山本投手

1回、2回と立命館宇治がチャンスを作るも無得点。
耐えた北稜は4回表に3番の中野選手、4番の林選手とクリーンアップに連続長打が出て先制。
さらにこの回1点を加えて2点をリードします。

その直後、立命館宇治は9番の森田選手が犠牲フライで1点を返します。
尚この記事は2015年8月に書いているのですが、森田選手、こう見ると1年生の頃からスタメンで起用されていたんですね!

6回裏には再度、森田選手のタイムリー2塁打で同点に追いつきます。

立命館宇治が2-2の同点に追いつきました
立命館宇治が2-2の同点に追いつきました

7回裏には村井選手のタイムリーで勝ち越すと、8回には一挙4点を追加した立命館宇治が、右の本格派・山上投手の8奪三振の好投も光り7-2で勝利し、ベスト8へコマを進めたゲームでした。

北  稜 000 200 000=2
立宇治 000 101 14x=7

2013秋季近畿大会 | 龍谷大平安 VS 智辯学園

2013年10月26日に奈良・佐藤薬品スタジアムで行われた、秋季近畿大会の準々決勝。
勝ったほうがベスト4で事実上来春のセンバツ代表に選ばれることは間違いない、大一番。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

平安の先発は、府大会ではベンチにすら入っていなかったサウスポーの高橋くん。
ダイナミックな投球フォームに将来性を感じます。

 

そして対する智辯。
こちらはプロ注目のスラッガー岡本くん。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

ほぼ全打席、平安も勝負を避けるほどのオーラ。
この試合は4打席回ってきて1打数ノーヒット。3四球でした。

 

さて試合は序盤から平安が攻め立てます。
京都大会から平安戦は見てきましたが、このクラスの相手でも十分に通用する打線は、全国でも楽しみです。

 

しかし、なかなかあと一本が出ず、重い空気でしたが、途中センスのある姫野くんにソロホームランが飛び出し、平安が2-0と終盤戦へ。

 

智辯も1点を返し、最終回も2死ながらランナーを3塁まで進めますが、最後はサードゴロ。
平安がベスト4進出一番乗りとなりました。

 

とにかく両者雰囲気もありましたし、力は互角だったと思いますが、今年の平安はこの数年の中では一番完成度が高いように感じます。

スター選手は不在なんですが、全員が2塁打を打てるような、どこからでも得点できる攻撃力が魅力です。強いて言えば投手陣がやや不安なんですが、前チームのような福岡くんという絶対的エースがいないほうが、この平安というチームは継投にも踏み込みやすいのでしょうか。

 

とかく「繋がり」のある好チーム。
久しぶりに全国でも勝負強い京都勢を見せて欲しいと思います。

2013秋季近畿大会 | 報徳学園 VS 関大北陽

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年10月26日の秋季近畿大会、報徳学園と関大北陽戦。

 

勝てばベスト8をかけた伝統校同士の戦いは、序盤は報徳が敵失にも上手く乗り効果的に得点を重ね3-0とリードを広げる展開。

 

報徳学園、エースの中村くんはキレのあるストレートと、時に気合十分な熱血漢。

 

一方、北陽もリードは許すも、体格ではむしろ報徳に勝り、エースナンバーの内川くんも力のあるストレートで、報徳に挑んでいきます。

 

試合が動いたのは5回。
北陽はこの回一気に追いつき、そのまま逆転に成功。

 

4-3とリードします。

 

しかし、報徳は終盤、またしても上手い得点を重ね、8-4と再逆転。
試合は決まったかに思えましたが・・・

 

9回裏、北陽は一時チャンスをつぶし2死まで追い詰められるも、そこから怒涛の攻撃!
8-6と2点差に追い上げ、さらに同点の可能性を迎えるまで粘りましたが、そこでゲームセット。

 

報徳は思った以上に体格も細い選手が多かったのですが、やはり伝統校は、得点重ねるのがどこも上手いですね。

 

そして北陽。
こちらが甲子園に近づくのも久しぶりですが、懐かしい名前で思わず嬉しくなります。
かつては阪神元監督の岡田氏など多くのプロ野球選手を輩出した、名門中の名門。

 

26日の試合で同じく敗退した、PLと共に夏の復活が楽しみな古豪です。

2013秋季近畿大会 | 福知山成美 VS PL学園

2013年10月26日、奈良県の佐藤薬品スタジアムで行われた、事実上のセンバツ予選。
秋季近畿大会の観戦へ。

 

第一試合は、この夏に甲子園に出場している、京都2位の福知山成美と、名門復活なった大阪2位のPL学園。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

このPLのユニフォームを見ると、小学生時代にKK時代を経験している世代としては、なんとも言えない威圧感を感じてしまいます。

 

試合は序盤、成美が2点を先制したところで、私も遅ればせながら現地到着。

 

5回裏にPLが一気にたたみかけ一時は2-2の同点に追いつきますが、成美もすかさず6回表に1点を勝ち越し、3-2のまま試合は終盤戦へ。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

京都大会の紫野戦で初めて見た石原くんも調子が良さそう。
単打は打たれるタイプですが、連打は許しません。
コントロールもよく、見逃し三振の場面もありました。

 

試合は9回裏にPLはランナーを3塁まで進めますが、最後のバッターがサードへのファールフライでゲームセット。

 

成美がベスト8へ進出しました。

 

今年の成美は打力があるという評判ですが、まだつながりという点ではイマイチという印象。
ただ個々はしっかりとバットも触れていたので、つながりが出てくると、石原くんは安定度では、前チームの仲村渠(なかんらかり)くんよりも同等か、上な感じもするので、成美自身に期待が持てそうです。

 

一方のPL学園。
打力は成美とほぼ同レベルだったと思います。

 

好投手が揃う近畿大会や、全国大会では大阪府大会序盤のような猛攻は出来なくて当然だと思います。
やや感じたのは投手力。
先発の鈴木くんは見れませんでしたが、二番手のサウスポー谷くん、三番手の右の澁谷くん、まとまった好投手だと思いますが、誰か抜けてエースと呼べる存在にはまだなりきれていないように感じました。

 

PL学園の久しぶりの甲子園は事実上断たれた敗戦ですが、もう一回り成長して、夏の甲子園を期待しています!

2013秋季京都大会 | 福知山成美 VS 紫野

2013年9月28日の秋季京都大会準々決勝。
ベスト4歳後のイスを争うのは、この夏甲子園に出場した福知山成美と、公立の紫野。

 

仲村渠(なかんらかり)投手という大黒柱が抜けた新チームの成美を支えるのは、こちらも前評判の高い左の石原くん。

 

対する紫野といえば、かつて山田投手(2013現在京産大)を擁して旋風を起こした時以来の上位進出。

 

試合は早々に成美がリードを広げていきますが・・・

 

FJ311538

 

 

2ホームランが出たものの、やや淡白に感じた成美打線。

 

一方の紫野はショート松永くんが目立ちましたね。
まるで2013夏の甲子園を沸かせた花巻東の千葉くんを彷彿させるかのような、小さな巨人。

 

パワーはありませんが、野球センスというか身体能力が相当高いんでしょうね。
走攻守に大活躍でした。

 

成美はまだまだ、新チームが固まってないのでしょうが、噂の「強打線」は感じませんでした。今年も石原くんを中心に守り勝っていくチームカラーなのでしょうか?

 

今後に注目していきたいです。
試合は5-1で福知山成美がベスト4に入りました。

2013秋季京都大会 | 立命館宇治 VS 京都外大西

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月29日の秋季京都大会準々決勝。

 

この大会優勝候補とされた立命館宇治に、直前の試合で、夏準優勝していた鳥羽にコールド勝ちを納めていた、京都外大西が挑みました。

 

注目は西高の復活なるか?

 

立命館宇治のエースは夏も投げていた山上くん。
今大会注目の選手の一人でもあるだけに、やはり球は速いですね。

 

ただ、夏の京都共栄戦も観戦していましたが、速いんですが、バットには当てられていた印象を持っていたので、どれだけ自慢のストレートを伸ばせているか?
また、空振りを取れる変化球を身につけれたか?でしたが・・・

 

試合の序盤は西高ペース。
ブラスバンドも入り、伝統のオリジナル応援マーチの演奏も入り、俄然西高が押していきます。

キーになったのは2回表の西高。
1死満塁と攻め込むも追加点が取れず、直後に逆転。

 

さらに3回裏には立命館宇治が追加点は取るのですが、レフトに回っていた先発の福田くんがヒットの打球を後逸し、満塁のランナーを一掃してしまい、5-1と大きく立命館宇治がリードしました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

一時はコールドもあるかと思いましたが、今年の西高は反発力がありますね!
最後まで好投手山上くんを攻め立て15安打で5点。

 

立命館宇治が勝ったものの10-5とよく粘ったという印象です。

 

勝負にタラレバは禁句ですが、それでも2回表の西高の攻撃で、1点でも追加し、かつ3回のあのエラーさえなければ、このゲームどっちに転んだかわかりません。

 

今年の京都外大西はやるな!
これが率直な感想です。
春も西高のゲームはぜひ見てみようと思います。

 

 

 

2013秋季京都大会 | 龍谷大平安 VS 京都翔英

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月28日の秋季京都大会準々決勝は、楽しみにしていた龍谷大平安と京都翔英戦。

 

平安は京都学園戦を見る限り、正直「こんなものなのかな?」という印象を受け、榎本くんのイメージがまだ強い、京都翔英に勝てるのかな?という戦前の予想をしていました。

 

しかしこの一戦はさすが、今の京都高校球界のトップに君臨するチームの対決。
試合前から気合十分。

 

平安も京都学園戦より明らかに気合の乗りが違ったように見えました。
新鋭の翔英は西田くんを先発させますが、2回に3失点すると、翔英のエースナンバーである18を背負った左の高田くんにスイッチ。

 

この高田くんもいい体格していますね。
翔英も3回に平安先発、犬塚くん、二番手の中田くんを攻め2点を返し、さすが京都の横綱対決!と思える流れになるかと思ったのですが・・・

 

終盤に翔英のミスも重なり、一気に平安が加点。
終わってみれば11-2で平安の圧勝に終わりました。

 

この試合見て感じたのは翔英の新チームはまだまだ途上段階にあるということ。
対する平安ですが、「今年は力強いなぁ!」と感じました。

 

特に野手陣で印象に残ったのは、セカンドを守る3番打者の姫野くん。
確実性と長打を備えたいい選手ですね。

 

京都学園戦の時点ではこの「力強さ」を感じれなかったのですが、強豪相手に眠れる獅子が目を覚ましたように感じた一戦でした。