2013秋季京都大会 | 龍谷大平安 VS 京都翔英

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月28日の秋季京都大会準々決勝は、楽しみにしていた龍谷大平安と京都翔英戦。

 

平安は京都学園戦を見る限り、正直「こんなものなのかな?」という印象を受け、榎本くんのイメージがまだ強い、京都翔英に勝てるのかな?という戦前の予想をしていました。

 

しかしこの一戦はさすが、今の京都高校球界のトップに君臨するチームの対決。
試合前から気合十分。

 

平安も京都学園戦より明らかに気合の乗りが違ったように見えました。
新鋭の翔英は西田くんを先発させますが、2回に3失点すると、翔英のエースナンバーである18を背負った左の高田くんにスイッチ。

 

この高田くんもいい体格していますね。
翔英も3回に平安先発、犬塚くん、二番手の中田くんを攻め2点を返し、さすが京都の横綱対決!と思える流れになるかと思ったのですが・・・

 

終盤に翔英のミスも重なり、一気に平安が加点。
終わってみれば11-2で平安の圧勝に終わりました。

 

この試合見て感じたのは翔英の新チームはまだまだ途上段階にあるということ。
対する平安ですが、「今年は力強いなぁ!」と感じました。

 

特に野手陣で印象に残ったのは、セカンドを守る3番打者の姫野くん。
確実性と長打を備えたいい選手ですね。

 

京都学園戦の時点ではこの「力強さ」を感じれなかったのですが、強豪相手に眠れる獅子が目を覚ましたように感じた一戦でした。

2013秋季京都大会 | 西城陽 VS 峰山

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月28日、京都わかさスタジアムでの秋季京都大会準々決勝。

 

この試合の先週も西城陽の試合を観戦していましたが、2週続けて。
相手は甲子園経験校の峰山。

 

個人的に好きなチームの一つで、「生」で峰山の野球を見るのは初めてだったので、楽しみにしていた一戦でした。

 

西城陽は先週に続いての伊達くんが先発。
対する峰山はエースの松本くんが先発。

 

投手戦というよりは、両チームなかなか攻めきれないという印象のゲームは、中盤、一旦峰山が逆転し、1-2とリードするも、そこから急にゲームが動き出し、終盤は確実に得点した西城陽が5-2でベスト4入りを果たしました。

 

まだまだ両チームとも、未完成の部分が大きいと感じましたが、最後マウンドに登った西城陽のエース山中くんはなかなかいい体格をしていました。

 

この後、結局は平安に敗れて近畿大会は逃しますが、春にたくましくなった西城陽をまた見たいと思います。

2013秋季京都大会 | 西城陽 VS 府立工業

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月22日の太陽が丘球場での秋季京都大会の第一試合。

 

2012年に10年暮らした東京から戻って、13年から春・夏・秋と高校野球の現地観戦を楽しんでいます。

 

西城陽はそんな中、一度「生」で見たかったチーム。
イメージとして毎年京都のベスト8に顔を出す上位常連の公立チーム。

 

対する府立工業も数年前に春季京都大会を制するなど、力を持っている北部の強豪公立チームという印象で、楽しみにしていた一戦。

 

試合は西城陽は伊達くん、府立工業は坪倉くんと、共にエースナンバーでない投手同士の戦い。
序盤から西城陽が得点を重ねていくも、府立工業はエースナンバーをつけた丹羽くんが出てきたときには、完全に勝負ありという展開。

 

まだ秋季の公立なので、チームも完全に固まっていないでしょうが、やや府立工業の戦い方は、このセンバツは完全に捨てて、春から夏を見据えた戦いをしているように感じました。

 

一方の西城陽は試合巧者という印象。
伊達くんもキレのいいボールを放るピッチャーですが、上位常連の私学勢にどれだけ通用するか、今後も注目していきたいピッチャーです。

 

試合は6-1で西城陽が勝利しました。

2013秋季京都大会 | 龍谷大平安 VS 京都学園

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月22日、太陽が丘球場で行われた、秋季京都大会の二次戦に観戦にいきました。

 

今春のセンバツに出場した龍谷大平安と、古豪京都学園の一戦です。

 

平安の夏までの前チームには福岡くんという絶対的エースが存在しましたが、
この秋からの新チームはどんな戦力だろうと注目。

 

京都学園の先発山本くんは変則的なフォームのサウスポー。
一回から平安打線は活発で、終わってみれば8-1の7回コールド勝ち。

 

平安は左の犬塚くん、右の中田くんの継投。
両投手ともストレートもそこそこ速く、さすが選手層は厚いなと感じさせましたが、絶対的なエースという存在ではなかったように感じます。

 

打線もよかったのですが、見ている私の平安に求めるレベルが高いということもありますが、このゲームでの感想は、「平安大丈夫かな?次戦の京都翔英戦は乗り越えられるかな?」という印象。

 

名門強し!という印象は受けなかったのが事実でした。

 

当サイト「種種雑多」について

はじめまして。

当サイト「種種雑多」は2013年10月27日に、特にテーマを決めず、自分の感じたことを種種雑多、自由に書いていきたいという趣旨の元にはじめました。

あれから3年ほど。
(現在2016年5月22日。)

今ではほとんどの記事が、趣味の高校野球観戦と、会社のある、大阪や、10年以上過ごした東京を中心にしたランチ食べ歩き記録として運営しています。

これからも野球に関しては、出身の京都を中心に、多くの高校野球チームを球場や、学校グラウンドに観戦して、一人でも多くの方に「甲子園だけが高校野球でない」。

「甲子園以外でもこんなに熱く、感動できる試合がある」ことを伝えていければいいなぁと思っています。

まだまだ京都の高校野球ブログとして認知はされていませんが、微力ながら、その情報発信源にいつかなれたら、運営者としても幸いなことだと思っています。

今後ともご贔屓、よろしくお願いします。

福知山成美 VS 鳥羽

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2013年7月26日、夏季京都大会決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

鳥羽

6 荒居
4 神崎
5 番場
3 野渕
8 花田
7 内田
9 宮西
2 川北
1 遠藤

福知山成美

5 日下部
8 桑原
2 佐野
3 坂本
7 木村
1 仲村渠
7 出口
6 平本
4 西田

福知山成美のエース仲村渠投手

福知山成美のエース仲村渠投手

鳥羽のエース遠藤投手

鳥羽のエース遠藤投手

初回、鳥羽は1死後、2番の神崎選手のヒットがでるも、140キロ超のストレートを持つ仲村渠投手が2奪三振と上々の立ち上がりをみせ、無得点に終わります。

横浜DeNAの桑原選手の弟、桑原大輝選手のバントシーン

横浜DeNAの桑原選手の弟、桑原大輝選手のバントシーン

3回表も鳥羽は1死2塁とランナーを出すものの後続断たれ無得点。

すると成美は4回裏、4番坂本選手のヒットなどで無死12塁のチャンスを掴みます。
ここで鳥羽のエラーが生まれ成美が1点を先制。
この回2点を先制します。

5回表鳥羽にチャンスがありましたが、無得点に終わると直後の5回裏、成美は2死から3番佐野選手、4番坂本選手に連打でさらに1点を追加、さらにこの回1点を追加し5回終了時点で成美4-0鳥羽と成美がリードする展開で後半戦へ。

7回裏にも1点を追加した成美は、8回表ピンチを招きますが、鳥羽の攻撃を無得点に抑えると、9回もそのまま乗り切り5-0で福知山成美が勝って優勝。

5年ぶり4回目の夏の甲子園出場を決めました。

優勝を決め喜ぶ福知山成美ナイン

優勝を決め喜ぶ福知山成美ナイン

優勝インタビューに答える福知山成美の田所監督

優勝インタビューに答える福知山成美の田所監督

優勝旗授与のシーン

優勝旗授与のシーン
準優勝の鳥羽ナイン

準優勝の鳥羽ナイン

鳥羽 000 000 000=0
成美 000 220 10x=5

京都を中心にした高校野球観戦や、食べ歩き記録の紹介!