Category Archives: 野球

2013秋季京都大会 | 西城陽 VS 府立工業

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月22日の太陽が丘球場での秋季京都大会の第一試合。

 

2012年に10年暮らした東京から戻って、13年から春・夏・秋と高校野球の現地観戦を楽しんでいます。

 

西城陽はそんな中、一度「生」で見たかったチーム。
イメージとして毎年京都のベスト8に顔を出す上位常連の公立チーム。

 

対する府立工業も数年前に春季京都大会を制するなど、力を持っている北部の強豪公立チームという印象で、楽しみにしていた一戦。

 

試合は西城陽は伊達くん、府立工業は坪倉くんと、共にエースナンバーでない投手同士の戦い。
序盤から西城陽が得点を重ねていくも、府立工業はエースナンバーをつけた丹羽くんが出てきたときには、完全に勝負ありという展開。

 

まだ秋季の公立なので、チームも完全に固まっていないでしょうが、やや府立工業の戦い方は、このセンバツは完全に捨てて、春から夏を見据えた戦いをしているように感じました。

 

一方の西城陽は試合巧者という印象。
伊達くんもキレのいいボールを放るピッチャーですが、上位常連の私学勢にどれだけ通用するか、今後も注目していきたいピッチャーです。

 

試合は6-1で西城陽が勝利しました。

2013秋季京都大会 | 龍谷大平安 VS 京都学園

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

2013年9月22日、太陽が丘球場で行われた、秋季京都大会の二次戦に観戦にいきました。

 

今春のセンバツに出場した龍谷大平安と、古豪京都学園の一戦です。

 

平安の夏までの前チームには福岡くんという絶対的エースが存在しましたが、
この秋からの新チームはどんな戦力だろうと注目。

 

京都学園の先発山本くんは変則的なフォームのサウスポー。
一回から平安打線は活発で、終わってみれば8-1の7回コールド勝ち。

 

平安は左の犬塚くん、右の中田くんの継投。
両投手ともストレートもそこそこ速く、さすが選手層は厚いなと感じさせましたが、絶対的なエースという存在ではなかったように感じます。

 

打線もよかったのですが、見ている私の平安に求めるレベルが高いということもありますが、このゲームでの感想は、「平安大丈夫かな?次戦の京都翔英戦は乗り越えられるかな?」という印象。

 

名門強し!という印象は受けなかったのが事実でした。

 

福知山成美 VS 鳥羽

以前観戦した一部データが残っていたので、記録をあらためてブログに記載します。

2013年7月26日、夏季京都大会決勝

わかさスタジアム京都

【スタメン】※球場でメモってますので誤字などあるかもしれません

鳥羽

6 荒居
4 神崎
5 番場
3 野渕
8 花田
7 内田
9 宮西
2 川北
1 遠藤

福知山成美

5 日下部
8 桑原
2 佐野
3 坂本
7 木村
1 仲村渠
7 出口
6 平本
4 西田

福知山成美のエース仲村渠投手

福知山成美のエース仲村渠投手

鳥羽のエース遠藤投手

鳥羽のエース遠藤投手

初回、鳥羽は1死後、2番の神崎選手のヒットがでるも、140キロ超のストレートを持つ仲村渠投手が2奪三振と上々の立ち上がりをみせ、無得点に終わります。

横浜DeNAの桑原選手の弟、桑原大輝選手のバントシーン

横浜DeNAの桑原選手の弟、桑原大輝選手のバントシーン

3回表も鳥羽は1死2塁とランナーを出すものの後続断たれ無得点。

すると成美は4回裏、4番坂本選手のヒットなどで無死12塁のチャンスを掴みます。
ここで鳥羽のエラーが生まれ成美が1点を先制。
この回2点を先制します。

5回表鳥羽にチャンスがありましたが、無得点に終わると直後の5回裏、成美は2死から3番佐野選手、4番坂本選手に連打でさらに1点を追加、さらにこの回1点を追加し5回終了時点で成美4-0鳥羽と成美がリードする展開で後半戦へ。

7回裏にも1点を追加した成美は、8回表ピンチを招きますが、鳥羽の攻撃を無得点に抑えると、9回もそのまま乗り切り5-0で福知山成美が勝って優勝。

5年ぶり4回目の夏の甲子園出場を決めました。

優勝を決め喜ぶ福知山成美ナイン

優勝を決め喜ぶ福知山成美ナイン

優勝インタビューに答える福知山成美の田所監督

優勝インタビューに答える福知山成美の田所監督

優勝旗授与のシーン

優勝旗授与のシーン
準優勝の鳥羽ナイン

準優勝の鳥羽ナイン

鳥羽 000 000 000=0
成美 000 220 10x=5