[ 決勝戦 ] 駒場東邦 VS 早大学院

[ 決勝戦 ] 駒場東邦 VS 早大学院

2018年9月24日
平成30年度秋季東京大会
決勝戦 稲城中央公園

スタメン

※グラウンドアナウンスをメモしていますので聞き間違いなどあるかもしれません

駒場東邦
8 8梶川L
6 6今井R
2 2植松R
5 5長坂R
7 7寺山L
4 4南澤L
9 9田村R→R9 13イグチ
1 1松岡R
3 11デクラL

早大学院
4 4ウエノヤマR→5
8 8マスダL
6 6カミバヤシR
3 3コウシロ?L→4
2 2ウメダL→2 12 タサキ?
1 1ノグチR→3
5 5オオタニR→1 10ハラL
9 9ミゾグチ?R→H マツノブ→R クマガイ
7 7オクヤマ→9

観戦記

秋季大会二連覇を目指す駒場東邦と、覇権奪回を目指す早大学院の頂上対決。

まず守る早大学院、先発はエース右腕ノグチ投手。

一回表、駒場東邦の攻撃を伸びのあるストレートを要所要所で確実に決め、三者連続三振と素晴らしい立ち上がりを見せます。

代わって守りにつく駒場東邦。
先発はエース右腕松岡投手。
スタメンのほとんどが前チームから残る、経験豊かなメンバー。

こちらは、自慢の速球は見せ球に、変化球を主体に打たせてとるピッチング。
1回裏の早大学院の攻撃を三者凡退と上々の立ち上がり。

2回表、駒場東邦は5番・寺山選手まで初回から5者連続三振でしたが、6番・南澤選手の三塁線へのセーフティバントが敵失を誘い初めてのランナーを出しますが、後続続かず無得点に終わります。

0-0のまま迎えた3回表、駒場東邦は先頭8番・松岡選手が両チーム通じて初ヒットをセンター前に。

9番デクラ選手、1番・梶川選手と連続四死球で無死満塁となります。

早大学院は一旦伝令を走らせますが、2番・今井選手のショートゴロの間に1点を先制します。

尚1死23塁と追加点のチャンスが続きますが、ここはノグチ投手が踏ん張り、後続続かず1点止まり。

その裏の早大学院は三者凡退に終わり、序盤3回終わり1-0と駒場東邦がリードします。

早大学院は4回裏、ここまで三者凡退が続いてましたが、1死から2番マスダ選手がチーム初安打。

二盗と内野ゴロで2死3塁と攻めますが、後続続かず無得点に終わります。

前半5回はそのまま1-0と駒場東邦がリードして終わり、グラウンド整備明けた6回表、駒場東邦は2死から5番・寺山選手がレフト線に2塁打で出塁すると、2連続四球で2死満塁と追加点のチャンス。

ここで先ほどヒットの松岡選手を迎えますが、ここはセンターフライに終わり追加点を挙げることができません。

両投手が好投し続け、そのまま1-0出迎えた8回表でした。
駒場東邦は2者連続三振で2死ランナー無しから6番・南澤選手がショートゴロエラーで出塁。
続く田村選手が上手くライト前に運び、13塁 とし早大学院が伝令を挟みます。

打席には8番・松岡選手。
その時ファーストランナーが二盗を試みると、サードランナーの南澤選手もスタート。

早大学院も素早い対応で、三本間に挟みますが、最後捕手からの送球が、やや逸れた隙にホームイン。
貴重な2点目を奪います。

ここで早大学院は、背番号10番、左のハラ投手に継投。

なお続くピンチに松岡選手を見逃し三振にとり、それ以上の追加点は許しません。

この1点で試合の大勢は決まったかに思いましたが、その裏でした。

早大学院は先頭6番、サードに回ったノグチ選手がサードゴロエラーで出塁すると、四球とさらに敵失で無死満塁とします。

打席には9番オクヤマ選手。
駒場東邦バッテリーはスクイズを警戒したか、やや外めに外したボール。
少しリードの大きいサードランナーに捕手牽制が入りますが、このボールがサードの頭上を越す暴投となり1点を返します。

尚無死12塁から、オクヤマ選手は犠打を失敗。
1死12塁から1番ウエノヤマ選手がライト前ヒットで1死満塁。

一打逆転の場面を作ります。

しかしこの絶体絶命のピンチに、松岡投手は2番マスダ選手を空振り三振。
3番カミバヤシ選手もショートゴロに抑え反撃を1点に抑えます。

試合はそのまま9回も両チーム追加点を奪えず、2-1のまま試合終了。

駒場東邦が2年連続9回目の優勝を飾り、準優勝の早大学院。
さらに直前に行われた3位決定戦で勝利した、早稲田実の三チームが、神奈川で行われる秋季関東大会へ出場することが決まりました。

勝った駒場東邦、さすがは経験豊富なメンバーを擁していますので、その経験の差もこの大会では発揮されたのではないでしょうか。

大黒柱の松岡投手は、やや自慢の速球の威力が春ほどではないように見えました。
故障あがりであれば、まだまだ先のある投手なので大事にこの先の大会も戦って欲しいところ。

それでもこの試合、変化球を主体に強豪早大学院打線を打たせてとるピッチング。
被安打4、7奪三振、与四死球は1、1失点の完投勝利で、軟式球界を代表する好投手の片鱗を見せてくれました。

早大学院も先発ノグチ投手が二桁10個の三振を奪う好投を見せ、実力校同士の頂上決戦は、両投手の意地をぶつけた白熱した好ゲームとなりました。

両チームともぜひ東京勢のレベルの高さを、関東で見せて欲しいと期待しています。

Advertisement

スコア

駒場東邦
001 000 010=2
000 000 010=1
早大学院

駒場東邦は2年連続9回目の優勝
両チームと早稲田実が関東大会へ

駒 1松岡 - 2植松
早 1ノグチ、10ハラ - 2ウメダ

駒 H3 E3
早 H4 E2

個人成績

打撃成績

※公式記録ではありません
駒場東邦

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席 第五打席
8 8梶川L 見逃三振 四球 四球 四球 二ゴロ
走者守備妨害でアウト
6 6今井R 空振三振 遊ゴロ(1) 空振三振 投ゴロ ボーク
三ゴロ
2 2植松R 空振三振 三飛 投ゴロ 右飛 空振三振
5 5長坂R 空振三振 空振三振 一邪飛 空振三振
7 7寺山L 見逃三振 空振三振 左線2塁打
三盗
空振三振
4 4南澤L 三ゴロ失
二盗
三ゴロ 四球
二盗
遊ゴロ失
本盗(1)
9 9田村R 遊飛 左飛 四球 右前安打
二盗
R9 13イグチ
1 1松岡R 中前安打 中飛 中飛 (ハ)見逃三振
3 11デクラL 死球 死球
二盗
牽制死
三ゴロ 死球

早大学院

選手名 第一打席 第二打席 第三打席 第四打席
45 4ウエノヤマR 遊ゴロ 右飛 二ゴロ 右前安打
8 8マスダL 二ゴロ 左前安打
二盗
空振三振 空振三振
6 6カミバヤシR 空振三振 投ゴロ 右飛 遊ゴロ
34 3コウシロ?L 投ゴロ 投ゴロ 右前安打 投ゴロ
2 2ウメダL 空振三振 一ゴロ 空振三振
2 12 タサキ? 中前安打
二盗死
13 1ノグチR 右飛 二ゴロ 三ゴロ失 三ゴロ
5 5オオタニR 三ゴロ 空振三振
1 10ハラL 四球
9 9ミゾグチ?R 投ゴロ 遊ゴロ
H マツノブ 捕ゴロ失
R クマガイ
79 7オクヤマ 空振三振 遊ゴロ 捕牽制悪送球(1)
捕邪飛

投手成績

駒場東邦

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1松岡 9 4 1 7 1 0

早大学院

選手名 イニング 被安打 与四死球 奪三振 失点 自責点
1ノグチ 7 2/3 3 7 10 2 1
10ハラ 1 1/3 0 0 2 0 0